パレスチナ問題(パレスチナもんだい、アラビア語: القضية الفلسطينية‎、ヘブライ語: הסכסוך הישראלי-פלסטיני‎)は、パレスチナの地を巡るイスラエル人(シオニスト・ユダヤ人ら)とパレスチナ人(パレスチナ在住のアラブ人)との関係から生じた紛争を一個の政治問題として扱った呼称。パレスチナ・イスラエル問題と表記することもある。 イスラエル・パレスチナ問題を考えるには、イスラエルとパレスチナ自治区を理解しないこと難しいため、両者についてまずは確認していきましょう。 (上の画像でWEST BANKとGAZAがパレスチナ自治区に当たる場所) イスラエルは中東のパレスチナ(地域)に位置する国家で、北はレバノン、北東はシリア、東はヨルダン、そして南はエジプトと接しており、国民はほぼユダヤ教徒。 また、イスラエル側とパレスチナ自治区側によって微妙に解釈が異なりますが、イスラエル側の解釈によれば、パレスチ … シリア内戦や、イスラム教徒同士の衝突や、クルド人問題など、「中東」という地域で紛争や戦争が多すぎることの原因について調査したので分かったことを報告します。中東の国々で、やたらと戦争や紛争や内戦が多い理由予備知識:中東の位置イランという国と、 現在のイスラエル・パレスチナ問題にはどのような原因があるのでしょうか?そして解決にはどんな壁が立ちはだかるのでしょうか?歴史を見ていきながら、なぜ現代でも紛争は終わらないのか、イスラエル・パレスチナ問題についてなるべくわかりやすく解説します。 【ホンシェルジュ】 イスラエルと、周辺のアラブ諸国の間で大規模な戦いが4回起こった「中東戦争」。一体何が原因で、何のために争っていたのでしょうか。アメリカやソ連、イギリス、フランスなど大国の思惑も入り乱れる複雑な戦争の、流れと特徴をわかりやすく解説していきます。