日本サッカー協会においては、第1~4種、女子、およびシニアの合計6種類の種別がある。主に年齢によって区分されており、登録前年度の3月31日における年齢を基準としている。 第1種. 2種登録選手(2しゅとうろくせんしゅ)とは、jリーグクラブの日本サッカー協会第2種チーム(18歳以下の選手で構成されるチーム)に所属しながら、jリーグの公式戦に出場することを認められたサッカー選手のことである。. 1種(社会人・大学・専門等) 2種(高校・u-18) 3種(中学・u-15) 4種(小学・u-12) 女子 シニア(0-40) フットサル 審判 審判情報 審判委員会 審判講習会 役員一覧 技術・指導者 技術・指導者情報 トレーニングセンター 技術委員会役員一覧 医科学委員会 医科学委員会情報 年齢に関する制限のないチームを指す。 2種登録選手(2しゅとうろくせんしゅ)とは、Jリーグクラブの日本サッカー協会第2種チーム(18歳以下の選手で構成されるチーム)に所属しながら、Jリーグの公式戦に出場することを認められたサッカー選手のことである。, Jリーグの公式戦に出場できるのは、原則としてJリーグクラブの第1種チーム(トップチーム・サテライトチーム)に登録された選手に限られる。しかし例外として、同一クラブの第2種チームに登録されている選手であっても、所定の手続きを経て「第2種トップ可」としてJリーグに登録することで出場が可能となる。, なお、過去に原則としてトップチームへの登録は1チーム5人までとなっている、という記述が当ページでなされていたものの、2016年のJリーグ規定集にはJ1.J2及びJ3での第2種トップ可についての人数制限に関する記述は無い。[2], 2種登録選手とは「選手の登録種別が第2種」という意味ではなく、あくまで「第2種チームに登録されている選手」という意味である。「第2種」という種別はチームに対してのみ存在し、選手に対して存在するものではない(日本サッカー協会の規定においては、選手の登録種別はアマチュアかアマチュア以外かの2種類しかない)。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=2種登録選手&oldid=69554459, (2) Jクラブの2種チームに所属し、次の各号の条件を満たした選手には、所属クラブが参加する試合への出場資格が与えられる。, ③ 協会への選手登録時にドーピング検査実施に関する親権者の同意書が提出されていること.