2018/11/3 国連が多国籍軍として介入し、空爆を放ったことから戦争... (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}). 湾岸戦争が起こったとき、イラクの経済や景気は極めて悪化の一途をたどっていま... 湾岸戦争とイラク戦争はどのように違うのでしょうか。 ミベオノという理系漫才師コンビの三部です。薬剤師の資格を持っています!「理系」や「薬剤師」と聞くと、「自分からは遠い世界」と感じる方もいるでしょう。しかし、「ボトックス注射」や「たばこ」はどうでしょうか? 湾岸戦争はイラクがクウェートに侵攻したことがきっかけとなりました。 もともとアメリカはイラクを支援していましたよね。 「中東が、大国同士の代理戦争の場にされてしまっている」 紛争が多い中東の中でも、上記の 「シリア内戦」は、大国同士の代理戦争の分かりやすい具体例です。 「シリアの現アサド政権」を支援する国家. ... 湾岸戦争というのはイラクがクウェート侵攻したことがきっかけで始まりましたが、それだけで湾岸戦争が始まったわけではありません。 もともと湾岸戦争を知るためにはその前の戦争のことも知っておかなければ... アメリカは一体なぜ湾岸戦争を始めたのでしょうか。 【ホンシェルジュ】 イスラエルと、周辺のアラブ諸国の間で大規模な戦いが4回起こった「中東戦争」。一体何が原因で、何のために争っていたのでしょうか。アメリカやソ連、イギリス、フランスなど大国の思惑も入り乱れる複雑な戦争の、流れと特徴をわかりやすく解説していきます。 | majisaru(史学部卒の歴史好き) 宗教戦争?利権?領土問題?代理戦争?さまざまな要素がからみあい、混迷をきわめた中東情勢。この戦争は歴史になにを示したのでしょうか。それは「人間の決断が平和をもたらす」ということだったかもしれません。〈中東戦争〉の歴史をごいっしょに。 中東 の近現代史を ... 「代理戦争」という言葉をここでは使用したが、例えば、現在のシリア内戦を見てみるとわかる。 アラウィー派と呼ばれる アメリカの歴史ナビではアメリカ独立戦争・アメリカ独立宣言・アメリカ領土拡大・南北戦争・米西戦争・奴隷解放宣言・第一次世界大戦・世界大恐慌・第二次世界大戦・冷戦・湾岸戦争・イラク戦争・同時多発テロ・リーマン・ショックなどのアメリカ史の重要な出来事を紹介しています。, 2018/11/3 二度と戦... 1990年8月、イラクがクウェートに侵攻したことによって湾岸戦争が始まりました。 湾岸戦争というのは1990年8月、イラクがクウェートに侵攻したことにより多国籍軍が派... 湾岸戦争でアメリカがイラクを攻撃した理由とは一体なんなのでしょうか。 多国籍軍... 湾岸戦争が起こったとき、日本は一体どのようにこの湾岸戦争に対応すれば良いのか究極の選択が迫られたといえます。 湾岸戦争と中東戦争はどのように違うのでしょうか。また、違うのであれば湾岸戦争と中東戦争はどのように関わってくるのでしょうか。冷戦が起こっている最中も世界では様々な戦争が行われていました。その1つが中東戦争です。そして湾岸戦争は冷戦が終わった 漫画『おかしな転生』は、古流望原作のライトノベル小説を、飯田せりこがコミカライズした漫画作品。「小説家になろう」で1億3000万PV突破の王道スイーツ・ファンタジーは、2020年8月現在、原作は既刊15巻、漫画版は既刊... ファブリーズのCMでの注目後、さまざまな役柄を経験し、俳優としての実力をつけてきた高杉真宙。テレビドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』では、切なすぎる犯罪者の演技が高く評価されました。この記事では彼がテレビドラマや映... グローバル化が進むなか、互いの宗教や文化を理解することは、ビジネスシーンにおいても日常生活においても不可欠になっていくでしょう。この記事では、教養として知っておきたい宗教に関するおすすめの入門書を紹介していきます。. 冷戦の最中、日本はアメリ... 憲法第9条で戦力の不保持を謳った日本ですが、1990年に始まった湾岸戦争は日本にも様々な問題や影響をもたらしました。 代理戦争(だいりせんそう、英語: proxy war)とは、主体が直接的に戦争に関与することなく、その他の主体を当事者として戦わせる戦争を言う。, 代理戦争は核兵器の出現によって、アメリカ合衆国とソビエト社会主義共和国連邦による、直接戦争が回避されるようになった冷戦時代に用いられるようになった概念である。具体的には朝鮮戦争やベトナム戦争などを取り巻く情勢を表すために使用された。その具体的な方法としては、代理戦争を戦う国家や勢力に対して軍事作戦の遂行に必要な人員や物資を提供する軍事援助(military assistance)の方法がある。援助を行うことによって軍事力の物的要素を補強するだけでなく、特殊部隊隊員が軍事顧問となって助言を行うことで運用効率の向上を期待することもできる。代理戦争は敗北による自国の軍事的損害を最小限に食い止めることが可能となるだけでなく、逐次状況に応じて軍事介入を行うことも可能であるために危機管理においても柔軟な反応が可能である。, 朝鮮戦争は超大国が自分が前線に出るのを恐れ、幾つかの衛星国を前線で戦わせる例であり、ソ連はアメリカとの直接戦争を防ぐ為に、北朝鮮の参戦要請を拒否して代わりに当時同盟国だった中華人民共和国を参戦させ、第一次インドシナ戦争でも中国にベトナム民主共和国への支援を肩代わりさせていた[1]。, このほか、代理戦争というものは存在せず、小国同士が戦争を開始するに当たって、自国が有利になるよう大国を誘引する逆代理が行われたと考える見方もある。本来の冷戦はイデオロギー対立であったが、ソ連と中国という同じ社会主義国家同士が代理戦争を行った実例もあり、代理戦争の中にはむしろ経済的な権益が動機となった物も多く、イラン・イラク戦争の場合は各国の複雑な利害関係が露呈した。結果として軍需産業が盛んな五大国の米ソ中英仏などが開発した兵器などのデモンストレーションや実験テストの場として利用されたものもある。, 社会主義国同士の代理戦争の背景には、ソビエト連邦と中華人民共和国の対立(中ソ対立)が、背景の一つとして挙げられる。また、米ソと異なり、中ソは中ソ国境紛争で事実上直接戦争したこともある。, 2000年代後半に入り、アメリカが推進する東欧MD問題や、旧ソビエト諸国の覇権をめぐってアメリカとロシアは鋭く対立するようになり、米ロ関係をメディアは「新冷戦」と表現するようになった。, 日本において派閥領袖や党首などの大物政治家たちの支援を受けている候補者の票争いが、あたかも大物政治家同士の争いとして捉えられることを代理戦争と形容されることがある。, ノンフィクション『仁義なき戦い 決戦篇』では、神戸市に拠点を置く山口組と本多会の対立が、異なる地域で抗争した(広島抗争)ことを、同書で「代理戦争」と記している。同書を原作に映画化もされている。, 演芸番組『笑点』の「大喜利」では、三遊亭小遊三(山梨県大月市出身)と林家たい平(埼玉県秩父市出身)による、お互いの出身地を用いた罵倒合戦を、双方の出身地名を取って「大月秩父代理戦争」(小遊三曰く第三次世界大戦)と称している[2]。これがきっかけで、大月市議会・秩父市議会および両市内の民間団体などで両市の交流などの話が取り上げられるようになったが、久喜邦康秩父市長は「大月とは縁もゆかりもない」、「(大月市訪問を)敵地視察」などと、これを踏まえた際どい冗句を飛ばしたこともある。また2010年6月には大月市で、10月には秩父市で行われた小遊三とたい平の二人による落語会の席で、久喜邦康・石井由己雄[3]両市長によるご当地自慢のトークバトルもそれぞれ行われた。, 特に格闘技ではライバル同士だった選手の直弟子同士の対戦や、ライバル同士の団体を退団した選手同士が第三者のリングで対戦することをマスコミが代理戦争と称するケースがある。, その他にも古くから因縁のある地域のチーム同士の試合や国際試合などにおける政治的問題を抱える国同士の試合などはしばしば代理戦争と形容されることがある。, 特にアメリカとソ連はオリンピックの開催地やチェスの世界王者決定戦[4]などで政治的な介入を行っている。, 油井大三郎; 古田元夫、「第二次世界大戦から米ソ対立へ」、樺山紘一; 礪波護; 山内昌之編 『世界の歴史 第28巻』 中央公論社、1998年。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=代理戦争&oldid=79912085. 科学技術の発達に大きく貢献し、ユダヤ教やイスラム教にとっての聖地・エルサレムが存在しているので常に国々の争いの中心になっている国家「イスラエル」の特徴について調査したので分かったことを報告します。 イスラエルという... 代理戦争の結果、自国側が勝つことができれば、自国が肩入れした国へ大きな政治的影響を及ぼすことができたり、石油などについての利権を獲得できるから, イランが核開発を進めているので、そのことが中東紛争のさらなる泥沼化や核戦争勃発の可能性を高めてしまっている, クルド労働者党(クルド人の独立国家建設を目指す武装組織)がトルコ政府相手に武力衝突を起こしたりして、, 大国が自国内で直接戦争をすると自国の被害が大きすぎるし、状況によっては核戦争や第三次世界大戦へ発展しかねないから, 「テロ支援国家」とは、国際的なテロリズム組織へ金銭や物資を支援している犯罪的国家のこと, ユダヤ教にとっては、エルサレム旧市街に残されている「嘆きの壁」は、ユダヤ教の律法である旧約聖書のなかでの重大な聖地, イスラム教にとっては、イスラム教の開祖・ムハンマドが昇天の旅を体験した場所に建てられた「岩のドーム」がエルサレム旧市街にあるので、エルサレム旧市街は重大な聖地. 湾岸戦争, 中東戦争というのは1948年から1973年までに起こっていたユダヤ人国家のイスラエルとその周りにあるアラブ国家の戦争を指します。, 1948年から1973年といってもこの中で4回大きな戦争が起こり、それぞれ第1回から第4回に分けられています。, アメリカ、イギリス、フランスがイスラエルの味方をし、ソ連がアラブ国家の味方をしていました。, 武器の支援も行っていたため、この中東戦争は代理戦争といった意味合いも含んでいます。, 最初はイスラエルの支援を行っていたイギリスとフランスは第3回中東戦争からアラブ側に回り、中国もイラン革命の後からアラブ側に回ります。, 1979年、フセインはイラクの大統領になり、今度はイランとイラクの間を流れている川の利権をめぐってイランイラク戦争が起こったのです。, この川の利権をめぐる争いはもっと昔から存在していましたが、これが表面化することによってイランとイラクの国際関係は悪化し、さらにもともとイランを支援していたアメリカはイスラム過激派の拡大を恐れ、イラクを支援するようになったのです。, イランイラク戦争によって経済的に低迷してしまったイラクは何とか経済を立て直そうと考えます。, しかし隣の国であるクウェートがOPECの規定を破り、石油を安く大量に輸出してしまったことにより、イラクはさらなる打撃を受けることだったのです。, そしてクウェートがイラクとの国境の間にある油田の開発を始めたことにより、イラクはクウェートを侵攻することに決めました。, 湾岸戦争は確かに中東戦争に関係しており、中東戦争の延長線上にある戦争だと言っても良いでしょう。. 皆さ... 哲学の本というと、難解すぎて手にとるのをためらったり、数ページで挫折したりしてしまうイメージがあるのではないでしょうか。しかし哲学は、生きていくうえで役に立つヒントを与えてくれる魅力的なものです。この記事では、予備知識... ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。. BLOOM』などな... 大人になってから数学を学び直したいと思った時に、おすすめの本を紹介していきます。文系のため早々に数学と別れを告げた人や、学生時代の思い出から苦手意識がある人にこそおすすめしたいものばかり。ぜひチェックしてみてください。. それならばクウェート侵攻は一体なぜ起こったのでしょうか。 中東戦争(ちゅうとうせんそう、アラビア語: الصراع العربي الإسرائيلي ‎ Al-Sira'a Al'Arabi A'Israili、ヘブライ語: הסכסוך הישראלי-ערבי ‎ Ha'Sikhsukh Ha'Yisraeli-Aravi、英語: Arab–Israeli conflict )は、ユダヤ人国家イスラエルと周辺アラブ国家間の戦争。. どちらもイラクを相手にした戦争であり、アメリカがイラクを攻撃したという意味でよく似... 1990年から始まった湾岸戦争は様々な問題点をはらんでいました。 『進撃の巨人 The Final Season』や『五等分の花嫁∬』、『ご注文はうさぎですか? ... 戦争をすることによって景気が良くなるという表現があります。 詳しくはこちら, 【カイロ=飛田雅則】産油国リビアで東西勢力の内戦が泥沼となっている。東側の武装組織が支配するベンガジで10日、自動車テロが発生し国連職員3人が死亡した。国連安保理は同日の緊急会合で攻撃を非難した。国連が西側の首都トリポリを拠点とする暫定政権を支援しているため武装組織の関与が疑われている。トルコなどは暫定政権を、サウジアラビアなどは武装組織を支援し「代理戦争」となっていることも混乱に拍車をかけている。, ベンガジの爆破事件は東側を支配するハフタル司令官が率いる武装組織「リビア国民軍」が10日に西側のシラージュ暫定政権との間の停戦を受け入れた後に発生した。犯行声明は出ていない。停戦は国連が11日からのイスラム教の祝日「犠牲祭」に合わせて提案。ハフタル氏側は11日にもトリポリ近郊の空港を攻撃したとされる。暫定政権もこれに応戦し、戦闘拡大の懸念がある。, 4月にハフタル氏がトリポリ奪取を指示して以降、世界保健機関(WHO)によると戦闘で1千人以上が死亡した。国内勢力の主導権争いに加え、関係国がハフタル氏側と暫定政権側をそれぞれ支援していることも戦闘激化を助長している。, ハフタル氏はイスラム原理主義勢力と距離を置いた旧カダフィ独裁政権の軍高官で、イスラム過激派の排除を掲げる。同じく過激派に悩むサウジやエジプト、アラブ首長国連邦(UAE)が支援している。一方、国連が支援してきたシラージュ暫定政権はイスラム勢力と近い。サウジと対立するカタールやトルコなどが後ろ盾となってきた。, 欧州の足並みもそろっていない。フランスは東部の油田地帯に権益を持つことからハフタル氏に肩入れする。一方、旧宗主国イタリアも油田の利権を持ち、暫定政権を支援する。両国の介入も内戦を複雑にしている。, ロイター通信は6月下旬、暫定政権がハフタル氏側の拠点で米国製対戦車ミサイルやUAEの国名が記された中国製レーザー誘導弾を発見したと報じた。仏国防相は7月上旬、このミサイルについて「現地の仏軍を守るため購入した」と認めたが、行方不明になっていたと説明しハフタル氏への提供を否定。2011年に国連で対リビア武器禁輸が採択されたが、関係国による武器提供が疑われている。, リビアは11年に本格化した民主化運動「アラブの春」でカダフィ政権が崩壊後、新政府が成立したが、14年に東西に分裂。国連主導で15年に統一政府が設立され、シラージュ氏が暫定首相に就任したが、ハフタル氏がこの政府を拒否。国連などが仲介をしてきたが、対立は続く。, リビアは石油輸出国機構(OPEC)に加盟する産油国だ。英石油大手BPによると産油量は18年が日量101万バレルで世界全体の1%ほど。内戦で油田施設が襲撃され、カダフィ政権崩壊前の10年と比べ4割強も減った。政情不安によるリビアの供給減少は米中の貿易摩擦などによる世界経済の減速にもかかわらず、原油価格を下支えする要因の1つでもある。, リビアは欧州を目指すアフリカからの移民や難民の地中海を渡る際の「玄関口」の1つだ。リビア情勢の不安定化が続けば、難民問題を再燃させる恐れもある。, オープンイノベーションで生み出す 変化を乗り切る未来の働き方(東京海上日動火災保険). まず紀元前1280年ごろに、モーゼがユダヤの民をエジプトから脱出させ、ユダヤ教が誕生。しかし紀元前6世紀ごろに国が滅亡して以降、第二次世界大戦後にいたるまで「国がない民族」の受難の歴史がはじまります。次に出てきたのがキリスト教。ユダヤ教元来の神は「父なる神」と呼び「神の子」イエス・キリストへの崇敬をはじめました。戒律をはじめ教えはユダヤ教をベースとしつつ、独自の発展をはじめます。しかしその後、キリスト教の教えの中心は西洋に移ることに。, イスラム教が誕生したのは、610年。最後の預言者・ムハンマドが唯一神アッラー(ユダヤ教とキリスト教の「父なる神」と同一とされています)から受けたお告げに人びとが集い、一大共同体を成しました。その後彼らは〈イスラム帝国〉を建国します。イスラム帝国の政府の勢力内に、聖地・イスラエルはありました。こんなこともあって、イスラム教を奉じる国家の勢力圏内に置かれることになるのです。, 彼の後、半独立の地方政権が生まれます。基本的にアラブ民族は、部族単位で共同体が運営される政治文化でした。, 16世紀アラブの地に〈オスマン・トルコ帝国〉が登場します。コンスタンティノープルから地中海、アラブ諸国を統治下に置いたオスマン・トルコ帝国は多民族・多宗教国家。ゆるやかな統治の中、アラブ諸国は隆盛を迎えました。, しかし産業革命に遅れを取るなどして、西洋に対して厳しい立場に置かれます。第一次世界大戦後、弱体化していたオスマン・トルコ帝国は解体。これがアラブ諸国にとって大きな転機でした。, 第一次世界大戦中に行われた、いわゆる〈三枚舌外交〉により、イギリスに加え、フランスやロシアもやってきて、中東地域を分割することを決定しました。その内容とは「ユダヤ人の国を作っていいよ」「アラブ人の国を作っていいよ」と双方に都合のいい約束をするという、あきらかにのちの火種を作る内容でした。, しかし戦後、欧米3ヶ国、そしてアラブ諸国やユダヤ人のあいだで摩擦が生じます。結局イギリスはオスマン・トルコ帝国のいなくなったこの地域を〈イギリス委任統治領パレスチナ〉として植民地化しました。この地にユダヤ人が大量に移民をはじめたことから、お話ははじまります。, 〈シオニズム〉とは、旧約聖書に出てくる〈シオン〉という町にちなんだ名前。19世紀末から20世紀、古来から絶えないユダヤ人迫害はふたたびはじまろうとしていました。ユダヤ人国家を作ろう、もう誰にも自分たちを迫害させない……歴史のなかで、ユダヤ人たちの悲願がここに頂点を極めたのです。, ここで大きな役割を果たした作品があります。世界でもっとも影響力のある本の1つ『アンネの日記』。一少女の気丈な隠れ家生活とその最期は「こんなことをされて、ユダヤ人って本当にかわいそう!」欧米諸国のみならず、世界中の哀憐を引きました。ヒトラーのホロコースト政策への反動のようにして、ユダヤ人に対する同情は集まっていきました。, この地を長らく大切に治めてきたイスラム教徒にとって、十字軍を送り出したキリスト教徒はまぎれもなく「野蛮な侵略者」でした。20世紀に入ってからは勝手に領土分割された怨みもあります。それに乗じてやってきた、ユダヤ人。国「エルサレムは自分たちのもの!」と言い張って、アラブの民を追い出そうとします。さらに言えば、歴史を通じてキリスト教徒とユダヤ教徒は敵対関係でした。ことあるごとにホロコースト、ポグロムなど、いわれないユダヤ人虐殺が行われてきたのです。, エルサレムは聖書に定められた聖地。ユダヤ教、キリスト教、そしてイスラム教でも大元の教典が同じなのですから、その起源たるこの都市は大切なものなのです。守ろうとすることは、ときに戦うことを意味します。これは聖地奪還戦でもあったのです。, アラブ人とユダヤ人の対立……「じゃ、2つに分割しちゃえばいいじゃん」よその国のことだと思って……こんな乱暴な決議が可決されたのは、1947年のことでした。ユダヤ人は念願の国家〈イスラエル〉の建国を果たします。これにもちろん、もとから住んでいたアラブ人が怒らないはずはありませんでした。, この4度に渡る〈中東戦争〉が勃発したそのとき、時代は冷戦まっただなか。もちろん構図は〈西側VS東側〉の趣きを呈します。アメリカ、イギリス、フランスがイスラエルに援助を、そしてソ連がアラブ諸国に武器を輸出していました。さながら代理戦争のおもむきもていしていたのです。, 軍の強化に成功したイスラエルは勝利を重ねます。しかし〈第一次中東戦争〉での和平協定で成立した地図の上では、なんとユダヤ人がユダヤ教の聖地〈嘆きの壁〉に入れないという事態が発生。対するアラブ諸国もかんたんには引き下がりません。, 1951年に発生した〈二次中東戦争〉では、エジプトのナセル大統領がある決断をします。アフリカ大陸とヨーロッパ大陸をつなぐ〈スエズ運河〉国有化です。世界はビックリ仰天。とくに石油運搬ルートとして使っていたイギリス・アメリカは大反発しました。ここで彼らが考えついたのが「イスラエルを支援してエジプトに戦争をしかけよう」……戦争は泥沼におちいっていきます。, 完敗したアラブ諸国。足並みも揃わない状況へ陥ります。これに対して奥の手を繰り出します。原油の生産削減をする「石油戦略」です。資源がなければなんにもできません。, これが〈オイルショック〉。これは欧米諸国や日本にも影響をおよぼしました。トイレットペーパー買い占め騒動が起こったのもこのときです。そしてついに〈第四次中東戦争〉が勃発します。, 〈第三次中東戦争〉での権威失墜を快復すべくイスラエルに攻撃をしかけ、それの成功により国民的英雄になった、サダト大統領。しかしあるとき彼は悟りました。「このままでは永久に不毛な戦争が続く」。歴史を動かした、認識の転換でした。, エジプトはアメリカに急接近。イスラエルに対して和平の交渉を申し出ます。1978年、アメリカのカーター大統領の別荘〈キャンプ・デービッド〉で、憎みあっていたエジプトとイスラエルの国家元首はようやく握手したのです。, パレスチナの難民キャンプを拠点にテロが頻発した1970~1980年代、それに現在も中東ではニュースで騒がれるイスラム原理主義、過激派集団〈イスラム国〉をはじめ、不穏の火種がくすぶっています。, それでもサダト大統領の行動に学べるように、許しと平和の道を選ぶことは人間に可能でしょう。そう信じて今後の歴史を見守り、行動するしていくことが大切でしょう。, 韓国釜山2泊3日のモデルコース。韓国リピーターがおすすめする定番から最新スポットまで, 20世紀中葉から1978年まで長く続き、今なお火種のくすぶる〈中東戦争〉。イスラエル・パレスチナをめぐるこのゴタゴタについて、今回はできるかぎりわかりやすくご紹介します。一般に〈第一次中東戦争〉から先が語られることが多いですが、そもそも〈中東〉ってどんな土地?前史からていねいにさらっていきます。宗教戦争?利権?領土問題?代理戦争?さまざまな要素がからみあい、混迷をきわめた中東情勢。この戦争は歴史になにを示したのでしょうか。それは「人間の決断が平和をもたらす」ということだったかもしれません。〈中東戦争〉の歴史をごいっしょに。, その後、11世紀から13世紀にかけて行われた、キリスト教の聖地奪還計画〈十字軍〉のときにエルサレムをおさめていたのはイスラム諸国でしたが、その中でも重要な立ち位置を占めていたのは英雄・サラディンの作ったエジプトに拠点を置く〈アイユーブ朝〉。, 第二次世界大戦後に勃発した中東戦争は、4度に渡ってくりひろげられ、そのあいまにも戦闘が頻発するなど苛烈を極めました。, 「大元がおんなじ神様なら、仲良くできないものなの?」と素朴なギモンが日本人ならわいてくるもの。, 〈第二次中東戦争〉は結局、戦闘で負けたものの国際世論を味方につけ「英雄」となったナセル率いるエジプトの勝利。.