2020/11/7 土曜日 までにお届け. 同じく未来の仮面ライダーであるnew電王やダークドライブ、ポセイドンが主役ライダーの歴史に深く関わりがあるのに対し、オーズ・フォーゼの歴史に深く関わっていないアクアは仮面ライダーの歴史が失われていくストーリー上の都合が良かったためにキャスティングされたと思われる。 発売日当日に届き、子供も大満足しています。, 特典ありとの事でオンラインショップで購入しましたが入っておらずガッカリしました。同梱されているのかと思い商品の箱を開けましたが入っておらず。特典あり表記は信用しないと決めました。, 同時発売の3点がトイザらす限定セットになってお得に買えて良かったです。 在庫わずか プレゼントしてから録画したセイバーを見ながら毎日着けて遊んでいます。 。クラウドに好きなだけ写真も保存可能。, Amazon.co.jpが発送する¥2000以上の注文は通常配送無料(日本国内のみ), 仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX聖剣ソードライバー&水勢剣流水エンブレム&ライオン戦記ワンダーライドブック, BANDAI 仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX闇黒剣月闇&邪剣カリバードライバー, 【amazon.co.jp限定】仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX聖剣ソードライバー (購入特典『飛電の秘伝物語ワンダーライドブック』+『amazon.co.jp限定ワンダーライドブック型オリジナルパッケージ』つき), 仮面ライダーゼロワン 変身ベルト DX飛電ゼロワンドライバー&ゼロツープログライズキー&ゼロツ―ドライバーユニット, 仮面ライダーゼロワン 変身ベルト DXザイアサウザンドライバー&DXサウザンドジャッカー その他全5種 仮面ライダーサウザー なりきりセット クリーニング付き, 仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX闇黒剣月闇&邪剣カリバードライバー 仮面ライダーカリバー ジャオウドラゴン完全なりきりセット, (購入特典『飛電の秘伝物語ワンダーライドブック』付き) 仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX聖剣ソードライバー, 【購入特典『飛電の秘伝物語ワンダーライドブック』付属!】仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX聖剣ソードライバー&水勢剣流水エンブレム&ライオン戦記ワンダーライドブック, 【amazon.co.jp限定】仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX聖剣ソードライバー&水勢剣流水エンブレム&ライオン戦記ワンダーライドブック (購入特典『飛電の秘伝物語ワンダーライドブック』+『amazon.co.jp限定ワンダーライドブック型オリジナルパッケージ』つき), BANDAI 仮面ライダーセイバー DXキングエクスカリバー&キングオブアーサーワンダーライドブック, BANDAI 仮面ライダーブレイド ブレイバックル&ラウズアブゾーバー&ブレイラウザー, (購入特典『飛電の秘伝物語ワンダーライドブック』付き)仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX聖剣ソードライバー&水勢剣流水エンブレム&ライオン戦記ワンダーライドブック, BANDAI 仮面ライダーセイバー 納刀ベルト DXソードオブロゴスバックル&こぶた3兄弟ワンダーライドブック, COMPLETE SELECTION MODIFICATION デルタギア (CSM デルタギア) 仮面ライダー555 変身ベルト プレミアムバンダイ, BANDAI 仮面ライダーセイバー DX雷鳴剣黄雷エンブレム&ランプドアランジーナワンダーライドブック, 仮面ライダーウィザード 変身ベルト DXウィザードライバー & DXウィザードリングホルダーセット, 仮面ライダーゼロワン 変身ベルト DX滅亡迅雷フォースライザー&プログライズホルダー その他全5種アソートセット クリーニングクロス付き, 【購入特典『飛電の秘伝物語ワンダーライドブック』付属!】仮面ライダーセイバー 変身ベルト DX聖剣ソードライバー, 仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DX戦極ドライバー 仮面ライダー鎧武&バロンセット, 商品詳細ページを閲覧すると、ここに履歴が表示されます。チェックした商品詳細ページに簡単に戻る事が出来ます。, © 1996-2020, Amazon.com, Inc. or its affiliates. 買うなら全部セットの物をと思いこちらにして本当に良かったです。限定でゼロワンの白い本も付いてきて、それがまたよかったです!, 聖剣ソードドライバー(7678)、水勢剣流水エンブレム(2750)、必冊ホルダー(3080)に、移動の費用や限定品を手に入れるために早朝並ぶ手間等を考え、これにしました。 在庫なし/入荷予定あり 在庫あり 変身ベルト(へんしんベルト)は . 変身ブームのきっかけとなった1971年の『仮面ライダー』の関連商品の一つとして、タカトクトイスから劇中のヒーロー・仮面ライダーが腰に巻いているベルトを模した玩具が発売された[2]。だがタカトク製のベルトは、ギミックのない風車だけが取り付けられている物や、角度によって絵が変わるプレートがはめ込まれている物で、あまり話題にはならなかった[3]。, 当時ポピーの取締役を務めていた杉浦幸昌は、子供にタカトク製ベルトを買い与えたが、「テレビと違って光らないし回らないからダメだ」という反応が返ってきた[2]。そこで杉浦は知人の試作屋に頼んでベルトの風車をモーターで回転するように改造してもらうと、杉浦の子は喜び、ベルトを友人に見せて回ったところ、その親たちから杉浦のもとに「そのベルトはどこに行けば買えるのか」という問い合わせの電話がかかってきた[2]。, 手ごたえを感じた杉浦幸昌は、東映に「光って回るベルト」の商品を1000円で販売したいと相談した[2]。この価格は他社製品と競合しないように考慮されたものだったが、東映は当時の玩具としては相当な高額である1500円を主張した[2]。設立間もないポピーにとっては賭けのような価格設定だったが、発売された「光る!回る!変身ベルト」は「テレビと同じ」というコンセプトが功を奏しヒット商品となった[2]。パッケージに「このベルトはライダーに変身する時に使われている物と同じです」と記された[2]。「光る!回る!変身ベルト」は1971年からの約2年で380万個を売り上げた[4]。, 以降も仮面ライダーシリーズのベルト玩具は、作品ごとの特徴に合わせてさまざまなギミックを取り入れながら、1975年の『仮面ライダーストロンガー』の「光る回る Sベルト 電光エレクトラー」まで続いた。, 同時期放送の『超人バロム・1』、『人造人間キカイダー』、『イナズマン』、『イナズマンF』などの商品も発売されたが変身プロセスが違うために『仮面ライダー』シリーズとはギミックが異なる。とはいえ「光る!回る!変身ベルト」の影響力は大きく、テレビ本編では光りも回りもしない『人造人間キカイダー』のベルトまでがタカトク製玩具では光って回るようになっている[3]。, 変身ブーム終息後、ベルトを用いる変身ヒーロー作品は実質的に仮面ライダーシリーズだけとなった。そのライダーシリーズの展開も断続的になっており、変身ベルト玩具はテレビ放映にあわせて市場への登場と撤退を繰り返している[注釈 1]。, 1980年の『仮面ライダースーパー1』の「光る回る 電動変身ベルト」は事実上ポピーブランド最後の変身ベルトであり[6]、以降のベルト玩具はバンダイブランドが中心となる。, 1987年の『仮面ライダーBLACK』の「テレビパワーDX変身ベルト」は、テレビ本編の変身や必殺技発動シーンの映像に組み込まれた特殊な閃光(パカパカ)にセンサーが感応し、ベルトのランプや風車が作動する[7]という、インタラクティブ・トイである[注釈 2]。テレビと連動しなくてもスイッチでギミックを作動できるほか、テレビパワーに反応する他の玩具に光信号を送ることができる[8]。しかしこのギミックは『BLACK』1作品のみで後には続かず、翌1988年の『仮面ライダーBLACK RX』の「アクションコントロール DX変身ベルト」では腕につけるブレスレット型アイテム「リストビット」を振ることで発する起動電波を受けて作動するという別のギミックが取り入れられている[9]。, 平成仮面ライダーシリーズが開始すると、変身ベルト玩具もまた復活した。2000年の『仮面ライダークウガ』の「ソニックウェーブDX変身ベルト」は、ステレオ放送が一般的になったテレビ放送にあわせてスピーカーを2個搭載し、それ以前のサウンド玩具に比べてテレビ本編の音との連動がより親密になっている[10]。さらにテレビ本編でのヒーローのパワーアップに合わせて、ベルトもまた中盤以降に発売された「ライジングパワーセット」との組み合わせによってギミックが強化。以後の商品展開の1年の流れを基本づけた[11]。, 2002年の『仮面ライダー龍騎』はキャラクターデザインが従来作から大きく変化し、ベルトは作品世界をより直截的に表現するようになった[12]。別売りのカードを読み取って音声を発する主要玩具が「龍召機甲ドラグバイザー」になったため、「変身ベルト Vバックル」は発想を一新して劇中で使用する「アドベントカード」を収納するトレイ機能(カードデッキ)を持たされた[11]。, 2003年の『仮面ライダー555』のベルトは「変身ベルト DXファイズドライバー」をはじめとして、携帯電話玩具と組み合わせるギミックを搭載。売り上げ100万本という大ヒット商品となった[13]。計算上では1人当たりベルトを2 - 3本購入したことになる[14]。また、別売りの武器玩具を側面や後部に接続して装備状態を再現する方式も本格化した。, 2005年の『仮面ライダー響鬼』の変身アイテムは「変身音叉 音角」であり、ベルト玩具「DX音撃棒セット」には太鼓遊びのギミックが組み込まれている。しかし太鼓は知名度が高くても子供の憧れの対象にはならず[14]、売り上げは低迷。バンダイボーイズトイ事業部の高橋秀行は「主役ライダーでベルト以外の道具を変身アイテムにしたこともありますが、あまり良い結果ではなかった」と述べている[15]。, 2006年には仮面ライダー生誕35周年を記念して、大人向け変身ベルト玩具「コンプリートセレクションシリーズ(通称・コンセレ)」の第1弾「仮面ライダー新1号 変身ベルト」が発売された。価格は31500円で[16]、子供向け玩具に比べるとサイズや造形を撮影プロップに近づけた本格的な仕様であり、普段は玩具を購入しない層も含めた大人のファンから高い評価を得た[17]。, 2008年の『仮面ライダーキバ』では、主人公の相棒モンスター「キバットバットIII世」を組み込んだ「変身ベルト&フエッスル DXキバットバット」が発売。初のキャラクターが付加されたベルトとなった[14]。この頃がライダー玩具の転換期であり、『龍騎』のように他アイテムに逸れることなく、変身ベルトを主要玩具とする路線が明確になる[15]。また、従来の「光」と「音」に加えて、キャラクターの「声」も玩具のギミックのテーマとされるようになった[18]。, ベルト本体にフォームチェンジや強化変身用のミニアイテムを装填することで、さまざまな音声や光が発動するギミックが定着する。ミニアイテムは収集欲を刺激することもあって、変身ベルト玩具は大きな人気を得ている[18]。なおギミックは劇中のヒーローが使用するものとまったく同じであることを基本コンセプトとして開発されているが、主役ライダーのベルトをテレビ番組放映開始と同時に商品を売り出す都合上、音声の収録は番組の第1話撮影よりもかなり前に行われる[19]。, 2013年の『仮面ライダー鎧武/ガイム』の「戦極ドライバー」は、後発商品「ゲネシスドライバー」のパーツを組み合わせることでさらなるギミックが発動する。変身ベルト同士の合体は仮面ライダー史上初の試みである[20]。, 同じく2013年より上記「コンプリートセレクション」派生商品として、塗装や収録音声などをグレードアップしつつDX変身アイテムの金型を流用することで価格を抑えた「コンプリートセレクションモディフィケーション」(COMPLETE SELECTION MODIFICATION, CSM)が展開されプレミアムバンダイ受注商品として販売されるようになっている。, 2014年の『仮面ライダードライブ』の2号ライダー・マッハと3号ライダー・チェイサーが共通して使用する変身ベルト「マッハドライバー炎」の玩具売り上げが好調だったことを踏まえ、翌2015年の『仮面ライダーゴースト』では、1号ライダー・ゴーストと2号ライダー・スペクターの変身ベルトを共通の物とした。この判断は大成功で、玩具「変身ベルト DXゴーストドライバー」は「日本おもちゃ大賞2016」にて「前年度ヒット・セールス賞」を受賞するに至った[21]。また、ゴーストの強化形態である「グレイトフル魂」の登場にあたっては、キーアイテムでパワーアップするのではなく、専用のベルト「アイコンドライバーG」を用いる形式にした。こちらも商業的には大きな成果を達成したものの、関係者が「次の作品で同じことはできない」と語るように、かなり挑戦的な試みであった[22]。, 2016年の『仮面ライダーエグゼイド』の「変身ベルト DXゲーマドライバー」では、キャンペーン品として数量限定で「DXエグゼイドゴーストアイコン」が購入者に無料配布された[23]。エグゼイドゴーストアイコンは前年販売されたゴーストドライバーとの連動商品であり、ゴーストからエグゼイドへと消費者の購買を繋げた。これ以降、主役ライダーのベルト購入者への「前作ライダーをモチーフとした新シリーズの連動アイテム」もしくは「新ライダーをモチーフとした前シリーズの連動アイテム」の配布が恒例となった。, 藤岡弘・佐々木剛(初代) | 宮内洋(V3) | 速水亮(X) | 岡崎徹(アマゾン) | 荒木茂(ストロンガー), 村上弘明(スカイライダー) | 高杉俊介(スーパー1) | 菅田俊(ZX:TVSP), 倉田てつを(BLACK→BLACK RX) | 石川功久(シン:OV) | 土門廣(ZO:映画) | 望月祐多(J:映画), 黄川田将也(THE FIRST・THE NEXT:映画)| 藤田富・谷口賢志・前嶋曜(アマゾンズ:Webドラマ), オダギリジョー(クウガ) | 賀集利樹(アギト) | 須賀貴匡(龍騎) | 半田健人(555) | 椿隆之(剣) | 細川茂樹(響鬼) | 水嶋ヒロ(カブト) | 佐藤健 (電王) | 瀬戸康史(キバ) | 桜田通(電王劇場版) | 井上正大(ディケイド) | 稲垣吾郎(G:TVSP), 桐山漣・菅田将暉(W) | 渡部秀(オーズ/OOO) | 福士蒼汰(フォーゼ) | 白石隼也(ウィザード) | 佐野岳(鎧武/ガイム) | 竹内涼真(ドライブ) | 西銘駿(ゴースト) | 飯島寛騎(エグゼイド) | 犬飼貴丈(ビルド) | 奥野壮(ジオウ), 高野八誠・加藤和樹(THE FIRST・THE NEXT:映画) | 朝日奈寛・(ゲスト)姜暢雄(アマゾンズ:Webドラマ), 要潤・友井雄亮・菊池隆則・(ゲスト)唐渡亮(アギト) | 松田悟志・涼平・萩野崇・高野八誠・高槻純・木村剛・一條俊・日向崇・(ゲスト)黒田アーサー・(ゲスト)和田圭市・(ゲスト)加藤夏希・小山剛志(声)・(ゲスト)弓削智久(龍騎) | 村上幸平・原田篤・(ゲスト)河西りえ・泉政行・(ゲスト)溝呂木賢・(ゲスト)ピーター・ホー(555) | 天野浩成・森本亮治・北条隆博・(ゲスト)黒田勇樹・(ゲスト)三津谷葉子・(ゲスト)杉浦太雄(剣) | 渋江譲二・川口真五・松田賢二・(ゲスト)片岡礼子・(ゲスト)松尾敏伸・(ゲスト)山中聡・(ゲスト)北原雅樹・(ゲスト)湯江健幸(響鬼) | 佐藤祐基・徳山秀典・内山眞人・加藤和樹・山本裕典・(ゲスト)弓削智久・(ゲスト)小林且弥・(ゲスト)虎牙光揮・(ゲスト)武蔵(カブト) | 中村優一・大塚芳忠(声)・三木眞一郎(声)・(ゲスト)渡辺裕之・(ゲスト)緑川光(声)・(ゲスト)神谷浩史(声)・(ゲスト)松村雄基・(ゲスト)古川雄大・(ゲスト)高尾日歌(電王) | 武田航平・加藤慶祐・柳沢なな・高橋優・松田賢二・熊井幸平・山本匠馬・新納慎也・(ゲスト)堀内健(キバ) | 戸谷公人・村井良大・森カンナ・デビット伊東・池内万作・牧田哲也・川岡大次郎・栗原功平・山中聡・累央・川原一馬・成松慶彦・鈴木拡樹・岡野友紀・北村栄基・水谷百輔・森陽太・岩間天嗣・坂本恵介・エンリケ・(ゲスト)入江雅人・(ゲスト)秋山奈々・(ゲスト)稲田徹(声)・(ゲスト)藤本たかひろ(声)・(ゲスト)田中大文(声)・(ゲスト)赤羽根健治(声)・(ゲスト)根本幸多(声)(ディケイド), 木ノ本嶺浩・(ゲスト)吉川晃司・(ゲスト)コン・テユ・(ゲスト)松岡充(W) | 岩永洋昭・君嶋麻耶・(ゲスト)荒井敦史・(ゲスト)浜田賢二(声)(オーズ/OOO) | 吉沢亮・(ゲスト)真野恵里菜(フォーゼ) | 永瀬匡・中山絵梨奈・相馬眞太・川口真五・高階俊嗣(声)・池田成志・(ゲスト)戸塚純貴・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)瀧澤翼・(ゲスト)載寧龍二・(ゲスト)小倉久寛・(ゲスト)陣内孝則・(ゲスト)奥仲麻琴(ウィザード) | 小林豊・高杉真宙・久保田悠来・松田岳・(ゲスト)百瀬朔・白又敦・松田凌・青木玄徳・佃井皆美・吉田メタル・波岡一喜・(ゲスト)小山力也(声)・(ゲスト)板尾創路・(ゲスト)田中偉登・(ゲスト)片岡愛之助・(ゲスト)安藤穂乃果・(ゲスト)斧アツシ(声)・(ゲスト)岩田さゆり・(ゲスト)河相我聞・(ゲスト)中村龍介・(ゲスト)鳥羽潤・(ゲスト)鷲見友美ジェナ(鎧武/ガイム) | 稲葉友・上遠野太洸・(ゲスト)綾部祐二・(ゲスト)及川光博・(ゲスト)松岡充(声)・(ゲスト)真剣佑・(ゲスト)片岡鶴太郎・(ゲスト)蕨野友也・(ゲスト)松島庄汰(ドライブ) | 山本涼介・磯村勇斗・(ゲスト)かでなれおん・(ゲスト)竹中直人・(ゲスト)八十島弘行・(ゲスト)ツネ・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)木村了・(ゲスト)沢村一樹(ゴースト) | 岩永徹也・瀬戸利樹・松本享恭・松田るか・小野塚勇人・甲斐翔真・貴水博之・(ゲスト)堂珍嘉邦(エグゼイド) | 赤楚衛二・武田航平・越智友己・小久保丈二・水上剣星・前川泰之・金尾哲夫(声)・(ゲスト)勝村政信・(ゲスト)進藤学・(ゲスト)趙珉和・(ゲスト)勝杏里(声)(ビルド) | 押田岳・渡邊圭祐・(ゲスト)大幡しえり・(ゲスト)多和田任益・(ゲスト)鈴木勝大・(ゲスト)入江甚儀・(ゲスト)財木琢磨・(ゲスト)菅原健・(ゲスト)中島健・(ゲスト)斉藤秀翼・(ゲスト)パパイヤ鈴木・(ゲスト)山口大地・(ゲスト)篠田諒・(ゲスト)ISSA・(ゲスト)杉田智和(声)・(ゲスト)坂井易直(声)(ジオウ), 岡田龍太郎・井桁弘恵・砂川脩弥・中川大輔・桜木那智・山口大地・中山咲月・速水奨(声)・(ゲスト)山本耕史・(ゲスト)伊藤英明・(ゲスト)福士誠治・(ゲスト)畑芽育・(ゲスト)小山悠・(ゲスト)後藤洋央紀(ゼロワン) | 山口貴也・青木瞭・富樫慧士・生島勇輝・岡宏明・唐橋充(セイバー), 『BLACK』放送当時バンダイは他にもテレビと連動して遊ぶ玩具を販売し、それらを「テレビパワー」シリーズとして商品展開した。テレビ番組『, 『THE 仮面ライダー SUMMER』小学館スペシャル9月号増刊、小学館、2013年8月、p.47, http://news.mynavi.jp/articles/2016/04/21/kamenrider/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=変身ベルト&oldid=75916903.