最終更新: yoshio555 2019年02月27日(水) 15:49:39 履歴. 石動美空(演:高田夏帆) キンタロス(CV:てらそままさき) 物語のカギを握る人物たち。, 仮面ライダーゴースト(CV:西銘駿) 万丈龍我/仮面ライダークローズ(演:赤楚衛二) pixivで「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」のイラストを投稿する, 2018年12月22日公開。 仮面ライダージオウ 仮面ライダービルド 『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』(へいせいかめんライダー20さくきねん かめんライダーへいせいジェネレーションズフォーエバー)は、2018年12月22日より公開された[1]。平成最後の仮面ライダー映画でもある[2]。, キャッチコピーは「時代が終わる。すべてがはじまる。」「仮面ライダーを愛してくれたあなたへ ― あなたの記憶に、彼らは生きているか。」。, 『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』シリーズの第3弾で平成仮面ライダー20作記念映画であり、特撮テレビドラマ『仮面ライダージオウ』と『仮面ライダービルド』をメインとしたクロスオーバー作品。『ビルド』としては3本目、『ジオウ』としては1本目の劇場作品である。また、両作品のほか平成仮面ライダーシリーズ第1作である『仮面ライダークウガ』、『ジオウ』と同じくタイムトラベルを題材とした『仮面ライダー電王』、平成仮面ライダーシリーズ10周年記念作品の秋の陣にあたる『仮面ライダーW』も大きく扱われており、平成仮面ライダーシリーズの歴代主役仮面ライダーも登場する。, 本作品は平成仮面ライダーシリーズがテレビで放送されている現実に近い世界を舞台としており、仮面ライダーや怪人が各作品の世界から現れるというメタフィクション構造となっている。, 脚本は『ジオウ』メインライターの下山健人、監督は『ビルド』最多監督の山口恭平がそれぞれ担当。山口は本作品が劇場作品初担当である。, 2018年10月14日には茨城県庁前でエキストラ約500人を動員し、県庁前4車線道路を8時間に渡って完全封鎖するという、大がかりなロケが行われた[3]。, 監督の山口は、『ビルド』のテレビシリーズ撮影終了後にVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』を経て本作品に参加した。山口は、脚本の下山や東映プロデューサーの白倉伸一郎が記念作品であることから気合が入っており、本作品での脚本は10稿以上におよんだことを証言しているほか、こだわった要素として仮面ライダーの特徴である「バイク」と「キック」を挙げている‎‎。バイクは一部を除き主役ライダーのマシンを実車で登場させており、早い段階で整備を依頼して実現に至った。キックは以前の映画のような一斉にキックを放つのではなく、各ライダーが個々にキックを放つ、キック技を持たないライダーは共通点が多い他のライダーとまとめる形をとっており、個々の持ち味を強調している。, メタフィクション構造とした理由について白倉は、「平成仮面ライダー」という括り自体が現実世界から観た分類であるため、それを扱う作品はメタにならざるを得ないと述べている。また、本作品のテーマについては、白倉が平成仮面ライダーを振り返る際に「東日本大震災の時に仮面ライダーは何をしていたのか」ということを切り離すことはできず、現実の津波や原発事故に対して仮面ライダーは何もしてくれなかった、すなわち「現実に仮面ライダーは存在しない」という事実を突きつけられた当時の子供たちと向き合うことが必要であると定義したうえで、『仮面ライダー電王』の「記憶こそが時間」という理論を応用し、仮面ライダーは虚構だが視聴者の心の中には存在しているということを掲げている。, ティード役の大東駿介は、東映プロデューサーの大森敬仁による推薦で起用された。アタル役の福崎那由他とシンゴ役の斎藤汰鷹はオーディションで選ばれ、山口は「二人とも他の候補者とは特に輝きが違った」と述べている。, 野上良太郎役の佐藤健の出演はファンサービスのサプライズであり、台本には該当シーンの箇所は印刷しない、撮影スケジュール表には当日は撮休(撮影休暇)として関係者を遮断する、ダミー映像で演奏した音楽を録音する、初号試写で該当シーンをカットする、試写会を行わないなど数々の情報統制が行われた[4][5]。白倉は、前年冬映画の『平成ジェネレーションズFINAL』がレジェンドキャストの出演を大々的に宣伝した結果、映画を観ることが宣伝内容の確認になってしまってはいないかと反省したことから、映画館へ足を運んでくれた人へのご褒美としてサプライズを用意したほか、作品の根幹に『電王』の理論を用いていることから、良太郎の登場は必須であった旨を述べている。, 12月22日から24日までの公開3日間で、観客動員数42万人、興行収入5億1665万円をそれぞれ突破。平成仮面ライダーの映画シリーズ全体では『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』に次ぐ歴代2位、冬の仮面ライダー映画では歴代1位のオープニング成績を記録した[14]。2019年1月2日までに興行収入が10億円を突破した。また、同年1月1日から1月3日までの興行収入は1億5875万円と、冬映画としては最高記録を樹立した[15]。同年2月3日までの興行収入が15億円を突破した[16]。同月24日までに興行収入が15億4500万円を突破。歴代平成仮面ライダーの映画単独映画としては最高記録を樹立した[17]。, 高校生活を過ごす常磐ソウゴ / 仮面ライダージオウを明光院ゲイツ / 仮面ライダーゲイツとツクヨミが追いかけていた。その途中、アナザーデンライナーが墜落、その中からアナザー電王が出現した。ソウゴはゲイツと共にアナザー電王に立ち向かう。, 同じ頃、1人の少年シンゴを襲うアナザーWに桐生戦兎 / 仮面ライダービルドと万丈龍我 / 仮面ライダークローズが応戦。その途中、前の世界の記憶を失ったはずの猿渡一海 / 仮面ライダーグリスと氷室幻徳 / 仮面ライダーローグが加勢する。しかし戦いの後、幻徳は突然戦兎たちのことを、ツクヨミはソウゴたちのことを忘れてしまった。, 一方、ソウゴは仮面ライダーが大好きな少年、久永アタルと出会う。アタルは謎のイマジン、フータロスと契約していた。, その頃、アナザー電王、アナザーWを裏で操っているスーパータイムジャッカーのティードは暗躍を始め、戦兎を洗脳し、ジオウとクローズが対処している間にグリスを倒し、シンゴを連れ去ってしまう。, シンゴが敵の手に落ち、一海も負傷した絶体絶命の状況の中、アタルは「仮面ライダーは、現実の存在じゃない」という衝撃の事実を、戦兎とソウゴに伝えるのであった。, 店主は常盤順一郎のままだが、ツクヨミをただの客扱いしたりゲイツの名前を覚えていないなど、彼らに関する記憶がなくなっていることを窺わせる描写も見られる。, 作中ではnascitaと同じく美空が働いている他、従業員が一名確認できる。 「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」仮面ライダージオウ座談会 / 仮面ライダービルド座談会 / レジェンドプロデューサー座談会, “ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』”, https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001073.000011710.html, https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/04/kiji/20190104s00041000082000c.html, http://www3.cinematopics.com/archives/105205, “仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER:平成仮面ライダー単独映画で歴代首位の興行収入 15億4500万円突破”, https://mantan-web.jp/amp/article/20190225dog00m200034000c.html, “ネタバレ注意!本日公開「平成ジェネレーションズ FOREVER」にあるサプライズが”, 佐藤健のサプライズ出演以外も見どころ満載!「平ジェネFOREVER」は今劇場で見ないと100%後悔する | シネマズ PLUS, “佐藤健も出演した「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」5月ソフト化”, 映画「平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」(配給:東映株式会社)と連携したポスターの作成について, 星P(星野源)率いる「星プロ」シリーズが“平成仮面ライダー”とコラボ 渋谷駅にビジュアルも展開, “「平ジェネFOREVER」と「えいがのおそ松さん」がコラボ、6つ子がライダーに”, 「えいがのおそ松さん」×「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」 劇場版公開記念スペシャル・コラボビジュアル第2弾公開!, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=平成仮面ライダー20作記念_仮面ライダー平成ジェネレーションズ_FOREVER&oldid=80307651, 「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER メドレー D.A. マスカレイド・ドーパント そして本作は公開日初日に見に行く事が推奨されていた。 アタルと契約する謎のイマジン。その願いとは…?, いずれも平成二期に登場した戦闘員ポジションの怪人達である。 超時空の大決戦、大決戦!超ウルトラ8兄弟:本作と同様にフィクション扱いされる。, 仮面ライダーの劇場作品『MOVIE大戦』シリーズの第10作目。『平成ジェネレーションズ』シリーズの第3弾。, 「平ジェネFOREVER」が“電王映画”になった経緯とは?佐藤健の思いが明らかに-映画ナタリー. 概要. 永夢とタケルはレジェンドライダー3人と共に財前たちに立ち向かう。ハテナバグスターの攻撃にムゲン魂でも勝てず、敗れかけたタケルだったが、ノブナガゴーストから託されたテンカトウイツゴースト眼魂を使い テンカトウイツ魂に変身する。, そして、タケルは戦いの最中に見た財前の記憶から、隠されていた永夢の過去が明らかとなり、財前は永夢のゲーマドライバーにマイティアクションXガシャットとプロトマイティアクションXガシャットを差し込み、自身のエネルギーを加えることでゲームの世界へ追放しようとするが、永夢の体に異変が起き始める。, 宝生永夢がゲーマドライバーにカイガンゴーストガシャットを装填し、変身するエグゼイドの特殊形態。, ゴーストの基本形態、オレ魂をイメージした姿となり、いずれの形態は、ゴースト同様幽霊のように浮遊できる。, ゴーストがゴーストドライバーにエグゼイドゴースト眼魂を装填し、エグゼイドゴーストを纏って変身する特殊形態。変身音声は『伝説!ライダーの魂!』に登場した平成魂同様、「平成ライダー!新たな個性!これが平成!」。, 仮面ライダーエグゼイド アクションゲーマー レベル2をイメージした姿となる。マスクはエグゼイドの顔に変化し、パーカーの頭上にはエグゼイドの髪の毛に似たパーツが追加される[27]。, エグゼイド同様、アクロバティックな動きの格闘戦を得意とする。武器はガシャコンブレイカーも使用できるが、劇中ではガンガンセイバー(ブレードモード)[28]を使用していた。, ゴーストがテンカトウイツゴースト眼魂を装填して変身する派生形態[29]。変身音声は「信長!秀吉!家康!果たすのはいつ!テンカトウイツ!」[30]。, 織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑の力を借りることで、ゴースト、スペクター、ネクロムの3大ライダーの武器を使いこなすことができる[30][29]。, パーカーは金色。ヴァリアスバイザーには面頬の模様が浮かぶ[30]。フードと肩の形状は『甲子夜話』に収録された3人の性格を喩えた句に登場するホトトギスとなっている[28][30]。, 本作の怪人が使用するガシャコンバグヴァイザーとプロトガシャットは、財前らが幻夢コーポレーションを襲撃した際に黎斗から強奪したものである。, 『ゴースト』と『エグゼイド』双方でレギュラーを務める高岩・渡辺・永徳は、自身が演じる役同士の共演があるため『エグゼイド』側のキャラクターを優先的に演じ、『ゴースト』側のキャラクターは別の俳優が演じている[38]。, 檀黎斗 / 仮面ライダーゲンムを主人公とした全3話のスピンオフムービー。『仮面ライダーゴースト 伝説!ライダーの魂!』に続くバンダイ主導の企画である[40]。1エピソードは約10分で、映画本編とテレビシリーズ第11話の間を舞台とする[41]。, 歴代平成ライダーや実在するテレビゲーム(『ファミスタシリーズ』など)由来のガシャットや形態が登場。PART.II・IIIでは仮面ライダー響鬼も登場する[41]。, 2017年1月より東映特撮YouTube OfficialでPART.IとPART.IIが順次配信されたが、完結編となるPART.IIIは2017年4月15日発売の「DX太鼓の達人ガシャット&仮面ライダーゲンムDVDセット」の3話収録DVDのみの公開となる[42][41]。, 監督の鈴村展弘は、配信作品は繰り返し視聴されると想定し、何度観ても飽きないアクションとすることを心がけた[40]。, PART.Iのみ登場。いずれもエグゼイドとゲンムが使用。エグゼイドの使用時では、アクションギアスーツの色は黒地に銀色のラインに変更されている。ゴーストゲーマーは#仮面ライダーエグゼイド ゴーストゲーマーを参照。, PART.IIのみ登場。エグゼイド、ブレイブ、スナイプの3人が使用。いずれの形態もレベル3に酷似しているが、ゲーマは出現せず、レベル2と同様ガシャットの絵柄を潜りぬけることで変身する。, エグゼイドがレベル2の状態からゲーマドライバーのレバーを閉じ、パックアドベンチャーガシャットを左のスロットに装填し、「大変身!」の掛け声と共にレバーを開き変身する特殊形態。, 変身音声は「マイティジャンプ!マイティキック!マイティマイティアクションX!アガッチャ!パクパクパックンアドベンチャー!パクッ!パクッ!パックマン!」。, アーマーの色が金色とオレンジであることと両腕の巨大アームを除けば、その姿はロボットアクションゲーマー レベル3に酷似している。敵から逃げつつパワークッキーを食べることによって立場を逆転することができる[41]。, ブレイブがレベル2の状態からゲーマドライバーのレバーを閉じ、ファミスタガシャットを左のスロットに装填してレバーを開き変身する特殊形態。, 変身音声は「タドルメグル!タドルメグル!タドルクエスト!アガッチャ!かっ飛ばせ!ストライク!ヒットエンドラン&ホームラン!かっ飛ばせ!ファミスタ!決めろ完全勝利!」。, その姿はビートクエストゲーマー レベル3に似ているが、スピーカーの部分が野球のボールを模しており、赤と白を基調とした野球のユニフォームを模した姿となっており、左手にはグローブをはめている。投手となり野球場のゲームエリアにて野球を行う(飛彩曰く投薬治療)。この時打者以外はバグスターウイルスとなっており、画面もファミスタを彷彿させるものとなっている。, スナイプがレベル2の状態からゲーマドライバーのレバーを閉じ、ゼビウスガシャットを左のスロットに装填してレバーを開き変身する特殊形態。, 変身音声は「ババンバン!バンババン!(Yeah!)バンバンシューティング!アガッチャ!ガンガン撃墜だ!ガスト・ノッチ!ガスト・ノッチ!バンバンハイスコア!ゼ・ビ・ウ・ス!」。, その姿はコンバットシューティングゲーマー レベル3に似ており、ガトリングガンなどを用いた空中戦を得意とする。戦闘する際、画面の左上にはスコアが表示される。, 藤岡弘・佐々木剛(初代) | 宮内洋(V3) | 速水亮(X) | 岡崎徹(アマゾン) | 荒木茂(ストロンガー), 村上弘明(スカイライダー) | 高杉俊介(スーパー1) | 菅田俊(ZX:TVSP), 倉田てつを(BLACK→BLACK RX) | 石川功久(シン:OV) | 土門廣(ZO:映画) | 望月祐多(J:映画), 黄川田将也(THE FIRST・THE NEXT:映画)| 藤田富・谷口賢志・前嶋曜(アマゾンズ:Webドラマ), オダギリジョー(クウガ) | 賀集利樹(アギト) | 須賀貴匡(龍騎) | 半田健人(555) | 椿隆之(剣) | 細川茂樹(響鬼) | 水嶋ヒロ(カブト) | 佐藤健 (電王) | 瀬戸康史(キバ) | 桜田通(電王劇場版) | 井上正大(ディケイド) | 稲垣吾郎(G:TVSP), 桐山漣・菅田将暉(W) | 渡部秀(オーズ/OOO) | 福士蒼汰(フォーゼ) | 白石隼也(ウィザード) | 佐野岳(鎧武/ガイム) | 竹内涼真(ドライブ) | 西銘駿(ゴースト) | 飯島寛騎(エグゼイド) | 犬飼貴丈(ビルド) | 奥野壮(ジオウ), 高野八誠・加藤和樹(THE FIRST・THE NEXT:映画) | 朝日奈寛・(ゲスト)姜暢雄(アマゾンズ:Webドラマ), 要潤・友井雄亮・菊池隆則・(ゲスト)唐渡亮(アギト) | 松田悟志・涼平・萩野崇・高野八誠・高槻純・木村剛・一條俊・日向崇・(ゲスト)黒田アーサー・(ゲスト)和田圭市・(ゲスト)加藤夏希・小山剛志(声)・(ゲスト)弓削智久(龍騎) | 村上幸平・原田篤・(ゲスト)河西りえ・泉政行・(ゲスト)溝呂木賢・(ゲスト)ピーター・ホー(555) | 天野浩成・森本亮治・北条隆博・(ゲスト)黒田勇樹・(ゲスト)三津谷葉子・(ゲスト)杉浦太雄(剣) | 渋江譲二・川口真五・松田賢二・(ゲスト)片岡礼子・(ゲスト)松尾敏伸・(ゲスト)山中聡・(ゲスト)北原雅樹・(ゲスト)湯江健幸(響鬼) | 佐藤祐基・徳山秀典・内山眞人・加藤和樹・山本裕典・(ゲスト)弓削智久・(ゲスト)小林且弥・(ゲスト)虎牙光揮・(ゲスト)武蔵(カブト) | 中村優一・大塚芳忠(声)・三木眞一郎(声)・(ゲスト)渡辺裕之・(ゲスト)緑川光(声)・(ゲスト)神谷浩史(声)・(ゲスト)松村雄基・(ゲスト)古川雄大・(ゲスト)高尾日歌(電王) | 武田航平・加藤慶祐・柳沢なな・高橋優・松田賢二・熊井幸平・山本匠馬・新納慎也・(ゲスト)堀内健(キバ) | 戸谷公人・村井良大・森カンナ・デビット伊東・池内万作・牧田哲也・川岡大次郎・栗原功平・山中聡・累央・川原一馬・成松慶彦・鈴木拡樹・岡野友紀・北村栄基・水谷百輔・森陽太・岩間天嗣・坂本恵介・エンリケ・(ゲスト)入江雅人・(ゲスト)秋山奈々・(ゲスト)稲田徹(声)・(ゲスト)藤本たかひろ(声)・(ゲスト)田中大文(声)・(ゲスト)赤羽根健治(声)・(ゲスト)根本幸多(声)(ディケイド), 木ノ本嶺浩・(ゲスト)吉川晃司・(ゲスト)コン・テユ・(ゲスト)松岡充(W) | 岩永洋昭・君嶋麻耶・(ゲスト)荒井敦史・(ゲスト)浜田賢二(声)(オーズ/OOO) | 吉沢亮・(ゲスト)真野恵里菜(フォーゼ) | 永瀬匡・中山絵梨奈・相馬眞太・川口真五・高階俊嗣(声)・池田成志・(ゲスト)戸塚純貴・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)瀧澤翼・(ゲスト)載寧龍二・(ゲスト)小倉久寛・(ゲスト)陣内孝則・(ゲスト)奥仲麻琴(ウィザード) | 小林豊・高杉真宙・久保田悠来・松田岳・(ゲスト)百瀬朔・白又敦・松田凌・青木玄徳・佃井皆美・吉田メタル・波岡一喜・(ゲスト)小山力也(声)・(ゲスト)板尾創路・(ゲスト)田中偉登・(ゲスト)片岡愛之助・(ゲスト)安藤穂乃果・(ゲスト)斧アツシ(声)・(ゲスト)岩田さゆり・(ゲスト)河相我聞・(ゲスト)中村龍介・(ゲスト)鳥羽潤・(ゲスト)鷲見友美ジェナ(鎧武/ガイム) | 稲葉友・上遠野太洸・(ゲスト)綾部祐二・(ゲスト)及川光博・(ゲスト)松岡充(声)・(ゲスト)真剣佑・(ゲスト)片岡鶴太郎・(ゲスト)蕨野友也・(ゲスト)松島庄汰(ドライブ) | 山本涼介・磯村勇斗・(ゲスト)かでなれおん・(ゲスト)竹中直人・(ゲスト)八十島弘行・(ゲスト)ツネ・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)木村了・(ゲスト)沢村一樹(ゴースト) | 岩永徹也・瀬戸利樹・松本享恭・松田るか・小野塚勇人・甲斐翔真・貴水博之・(ゲスト)堂珍嘉邦(エグゼイド) | 赤楚衛二・武田航平・越智友己・小久保丈二・水上剣星・前川泰之・金尾哲夫(声)・(ゲスト)勝村政信・(ゲスト)進藤学・(ゲスト)趙珉和・(ゲスト)勝杏里(声)(ビルド) | 押田岳・渡邊圭祐・(ゲスト)大幡しえり・(ゲスト)多和田任益・(ゲスト)鈴木勝大・(ゲスト)入江甚儀・(ゲスト)財木琢磨・(ゲスト)菅原健・(ゲスト)中島健・(ゲスト)斉藤秀翼・(ゲスト)パパイヤ鈴木・(ゲスト)山口大地・(ゲスト)篠田諒・(ゲスト)ISSA・(ゲスト)杉田智和(声)・(ゲスト)坂井易直(声)(ジオウ), 岡田龍太郎・井桁弘恵・砂川脩弥・中川大輔・桜木那智・山口大地・中山咲月・速水奨(声)・(ゲスト)山本耕史・(ゲスト)伊藤英明・(ゲスト)福士誠治・(ゲスト)畑芽育・(ゲスト)小山悠・(ゲスト)後藤洋央紀(ゼロワン) | 山口貴也・青木瞭・富樫慧士・生島勇輝・岡宏明・唐橋充(セイバー), パックマン - ミズ・パックマン - スーパーパックマン - パック&パル - パックランド - パックマニア - アレンジメント - バトルロイヤル, ハロー!パックマン - パックインタイム - ワールド - コレクション - ワールド2 - vs. - アレンジメント - パックピクス - Pinball Advance - パックンロール - - パーティ - パックマン&ギャラガ ディメンションズ - パックマンミュージアム, パックパニック - ナムコカーニバル - すべてがつながる気持ちよさ!