2011年 澤村拓一(巨人) 身長:181cm 2009年 松本哲也(巨人) 日本通運「侍ジャパン」応援サイトでもFull-Countスペシャル記事を配信中!. ドラフト当日特設ページはこちら2020年指名結果12球団指名採点主な指名漏れ選手ドラフト指名予想ドラフト候補2021ドラフト指名予想, 9月を過ぎ、10月に入ってもドラフト1位指名を公表するチームは現れない。田中正義、佐々木千隼、寺島成輝、藤平尚真、今井達也を巡る動きの全容。そして、2016年ドラフト候補への感謝。, 例年であれば、その年のNO.1選手を指名する北海道日本ハムや横浜DeNA、福岡ソフトバンクなどは、9月の段階では田中正義の指名がほぼ確実としてもおかしくなかった。しかし、北海道日本ハムは高校生の台頭を受けて、U18アジア選手権にもスカウトを派遣し、高校生の動向を追い続ける。春まで栗山監督からも母校の後輩である田中正義へのコメントが出ていたものの、田中正義投手の故障以降はそのコメントがピタリと止まっていた。, 田中正義の状態はどうなのか、秋に復帰登板を果たしてもスカウトの中では何か引っかかるものがあった。これまでになかったような荒げた声を発しながらバッターに向かっていく田中正義も、何かを掴むため必死になっている様子だった。, 最初に指名を公表したのは、例年指名選手を読むのが難しい千葉ロッテだった。17日のスカウト会議で田中正義投手の1位指名を決定して公表し先制攻撃を仕掛けた。直後の会見で佐々木千隼投手の名前も挙げるなどしていたが、再び戻った松本編成部長が田中投手を発表するというという異例の公表だった。それに呼応して広島と巨人でが10月19日、ドラフト会議の前日のスカウト会議を終え巨人は堤GMが「明日は田中投手で行きます」と公表すると、広島も松田オーナーから「田中でいくよ」と公表された。, 東京ヤクルトは18日のスカウト会議で寺島成輝の1位指名を決めていたことが後にわかる。当日の新聞記事では真中監督の「1位候補は2、3人かな。正直、決めかねている。当日まで悩みます」というコメントが書かれているが、実際には寺島投手の1位指名を決定しており、隠しておくのに必死だったという。, また19日には横浜DeNAの高田GMも「誰にするのか、俺の中では決まっている」と話し、これが明治大の後輩・柳裕也投手だった。福岡ソフトバンクもその時点で田中正義投手の1位指名でほぼ決まっていた。北海道日本ハムはドラフト前日に1位指名を決定したが公表はしなかった。しかしそれは田中正義投手で、当日のスポーツ紙は全紙とも田中正義を予想していた。, オリックスはフロント側では田中正義の指名で決まり、前日のスカウト会議で福良監督にも説明をする。しかし福良監督は肩の故障がある田中投手が来年開幕から投げられるのかを疑問視し、故障のない山岡泰輔投手の獲得を主張する。これは前年に投手が欲しかったものの吉田正尚選手の指名を決めていたフロントへの気持ちもあったのだろう。結局ドラフト当日のスカウト会議でオーナーも了解し福良監督の主張通り、山岡投手の単独1位指名が決まる。, 中日は今井達也投手の1位指名を決めていた。しかし当日、西武が今井達也投手を指名するという情報が入る。その時点で単独指名が有力とみられた柳裕也投手の指名に切り替えた。ドラフト前に横浜DeNAの高田GMが決めていたのは柳の1位指名で結果的に重複をしてしまう。, そして阪神である。フロントもスカウト陣も佐々木千隼投手、田中正義投手の投手に絞っていた。田中投手は肩の故障が気がかりだったが、佐々木投手は1年目から勝てる最も即戦力に近い投手と評価し、前日に佐々木投手の1位指名で決定をしていた。しかし阪神は監督が最終的に1位指名を決定する。当日午前中のスカウト会議で、野手の1位指名を思い描いた金本監督が白鴎大・大山悠輔選手のリストをもってスカウト会議に来る。その時点で佐々木投手は単独1位指名の可能性が高いという情報を掴みスカウトは佐々木投手を推したが、金本監督の意思は変わらなかった。, ちなみに大山選手は東北楽天が2位で指名を狙っており、1位・佐々木、2位・大山は難しいことは監督もスカウトも認識していたという。, 東北楽天の1位指名は全く謎だったという。関係者が最も驚いたのは阪神の大山選手指名とともに、東北楽天の藤平尚真1位指名だった。, 大学生投手が豊作と言われた2016年のドラフト会議、最後の年に田中正義投手などの波乱によって大きく動揺したものの、最終的には大学生投手2人が5球団指名重複という形となり、また大学生投手が5人1位指名されるなど中心だったのは間違と思います。しかし、高校生投手4人が1位指名され、ラストシーズンに大きく盛り返した形となりました。, 全体で高校生46人、大学生42人、社会人17人、独立リーグ10人の合計115人が指名され、114人がプロ入りをしました。114の夢が叶った瞬間ですが、それ以上に多くの、おそらく数えられないほどの夢が叶えられなかった瞬間でした。, しかし、夢が叶った選手と叶わなかった選手の差は、大きくないのだと思います。もう一度同じ候補選手でドラフト会議を行えば、おそらく違う選手が指名されたのかもしれません。, 指名されなかった選手は、自分が悪かった。努力が足りなかった。周りに申し訳ない、と落ち込んでいる選手もいるかもしれません。しかし、努力をしたからこそ、ドラフト会議でドキドキしながら指名を待っていたのだと思います。もしかすると指名された選手以上に努力していたのかもしれません。, また指名されなかった事で自分を責めることはありません。悪い事など何一つありません。, そして再びドラフト候補として名前が挙がるようになり、今度はその声が今よりも大きなものになって、そしてドラフト会議で名前が呼ばれる日が来るのを待っています。, プロ入りの夢が叶った選手は、本当におめでとうございます。しかしプロには、今までの精一杯の努力で夢をかなえた選手たちが集まっている舞台です。私たちはアマチュア時代に期待した以上の姿を、プロ野球の舞台で見せてくれるのを待っています。, 1996年のドラフト会議からスタートしたドラフト会議ホームページですが、その年に広島カープの2位で指名された黒田博樹投手が引退をしました。しかし千葉ロッテの井口選手がまだ現役を続けています。21年という歳月は重く感じますが、あっという間にも感じます。専修大で150キロを記録した黒田投手の姿が、今年見た風景にも思えます。, 2020年ドラフト会議、12球団指名選手12球団の指名採点主なドラフト指名漏れ選手, スポーツ紙各紙の1位指名予想と各球団の動きドラフト1位の12人ドラフト指名選手、この順位で取りたいこの選手, 【ドラフト総決算1】2020年ドラフト会議の指名選手の内訳から見える『大学生までの壁』. その後の外れ1位では桜美林大・佐々木千隼にロッテ、巨人、日本ハム、広島、DeNAの5球団が再び競合しロッテが交渉権を獲得した。各球団の指名候補が集中するドラフトとなった。 〇2017年 早実・清宮幸太郎に高校生最多タイの7球団が競合 2007年 上園啓史(阪神), 【パ・リーグ】 出身大学:白鴎大学, 白鴎大では野手に専念し、1年春から三塁手のスタメンとなり、ベストナインに選出される活躍を見せる。, 2年秋には最多打点のタイトルを獲得、4年春は、関甲新学生リーグ新記録となる8本塁打を放ち、大学日本代表入り。日米大学選手権でも日本の主軸を任されるまでに成長する。, 生年月日: 1994年06月08日 2016年のドラフトで阪神タイガースは、当初ドラ1位有力とされていた佐々木千隼投手(桜美林大学)ではなく、大山悠輔選手(白鴎大)を指名しました。はたして、そのドラフト戦略は成功だったのでしょうか。, 生年月日: 1994年12月19日 体重:85㎏ 2013年 小川泰弘(ヤクルト) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); スポーツ紙や週刊誌の情報をまとめると、金本監督は、一番飛ばす打者=長距離砲を獲りたかった。, 佐々木を1位でいって2位で大山を獲りにいった場合、2順目はウェーバー制になるので、指名順が6番目となる阪神は100%大山を獲れない可能性がある(他球団が指名するかもとの情報があったそうです)。そのリスクを避けるため、1位でいった。, この話には裏事情もあったようで、2015年のドラフトでスカウト陣は今永昇太(DeNA)を押したそうですが、金本監督がそれをひっくり返して、高山俊選手を指名。, 新人王を獲得する活躍をするわけですが、その経緯から金本監督は自分の目に自信を持ち、スカウト陣も反論できないという下地が出来上がっていたようです。, 正直今年の阪神のドラフトは失敗だったと思いますが、この意見も含め以降はあくまで個人的な意見だと思ってお読みください。, それと、大山選手がダメとか、そういった話ではなく、あくまでチーム方針としての視点から話を進めたいと思います。, その変遷はマスコミから伝わっている情報以外にソースはありませんが、その真偽はさておき、直前に人選が変わった事実は確かなことです。, 例えばこれが、ある日の試合のスタメンオーダーの話で、練習を見た閃きから、とっさにその選手を先発に起用したとかいうのならまだわかります。, けど、ドラフトって現状のチーム状況を加味するのはもちろん、今後数年にわたってチームを担っていく選手の獲得をめざすわけで、言うまでもなく長期的な視点が必要です。, だからこそ、フロント、現場が一体となり、事前にドラフト戦略を練るのだと思いますが、それが直前で覆されるのもどうなのかなと・・・。, よくいえば柔軟性があるともいえますが、ドラフトのような球団が一体となって取り組み、長期的な視点が必要な仕事において、監督一人の意見であっさりと戦略がくつがえされるのが、果たしていい組織といえるのかという疑問もあります。, 個人的には、ドラフト1位選手の選定という大きな仕事を直前でころっと変えてしまうのは、どう好意的に見ても大きな組織としてはありえないように思います。, 「監督の思い切った決断」的に美談にされることもありますが、上でも書きましたが試合中の采配に関して最終的に監督の一存で判断するとかはありというか、まったくなんの問題もないと思いますが、やはり「組織のあり方」として今回のことはどうしても疑問を感じます。, 佐々木→大山にいった経緯は上述しましたが、さらにその背景に「投手は外国人でなんとかなる」という考えも金本監督の中にあったようです。, つまり、今シーズンは貧打に泣かされ、その解消に和製大砲の育成が急務。もちろん、投手のテコ入れも大切だけど、それは外国人選手を取ってきたらなんとかなる、という考えだということです。, 過去のドラフトの結果を見たら一目瞭然ですが、ドラフト1位の即戦力投手と野手であれば、圧倒的に投手の方がいい成績を収めています。, もちろん、ドラ1でも活躍できなかった投手は少なくありませんし、野手でも今期の高山や、高橋由伸など1年目から活躍した選手はもちろんいますが、アマチュア時代の実績がより直結するのは投手です。, 【セ・リーグ】 2012年 野村祐輔(広島) ホークスのドラフトの傾向としてシーズンの中で課題が露呈し 補強すべきところがあったとしても優勝すれば 高校生主体の育成ドラフトになる傾向があり これいい意味でも悪い意味でも未知数で不安定なんで ... 横浜指名予想 パターン1 1位 小園(市和歌山)右投手 2位 飯田(横浜商大)右投手 3位 吉野(昌平)右外野手 4位 山下(法政大)左投手 5位 北山(東芝)右投手 6位 仲村(岡山学... 入団するかしないかはその時の本人の意思を尊重ってのはその通りではあるものの ドラフト前に12球団に対して育成なら入団しないと伝えておきながらやっぱり入団しますってのは褒められた話ではない 他球団か... 来年のカープは筑波大の佐藤密着マーク&指名お願いします。 他球団はほとんどが高知高校の森木になるでしょう, 早大・早川隆久投手が9回15奪三振1失点勝利、1位指名楽天「近いうちに球界を代表するエース」, 慶応大・木澤尚文投手は痛恨被弾、ドラフト1位指名ヤクルト高津監督「空振りを取れる球種ある」, DeNA、育成ドラフト1位の法政大・石川達也投手に指名あいさつ「藤平と投げ合いたい」, 日本ハムドラフト2位、中大・五十幡亮汰選手に指名あいさつ「周東さんに負けないように盗塁王とりたい」, 広島ドラフト3位、八戸学院大・大道温貴投手に指名あいさつ「ケガを感じ取れる力で40歳でも最多勝」, 巨人育成3位指名、敦賀気比・笠島尚樹選手は入団の可能性も「今は一番ベストな選択を」, DeNAドラフト4位・小深田大地選手に指名あいさつ「DeNAの応援歌が好きなので」, 広島ドラフト4位、智弁和歌山の小林樹斗投手に指名あいさつ、スカウト「1、2位で指名される選手」, 阪神がドラフト6位指名の三菱自動車岡崎・中野拓夢選手に指名あいさつ「教えてできるものではないセンス」, 西武が育成ドラフト5位の四国学院大・水上由伸投手に指名あいさつ、投手再転向1年半で150キロ, 広島ドラフト2位・森浦大輔投手に指名あいさつ「現段階なら中継ぎの方がイメージしやすい」, 日本ハム、ドラフト6位指名の今川優馬選手に指名あいさつ「雰囲気を変える可能性のある選手」, 福岡大大濠・毛利海大投手がセンバツ出場濃厚、中日スカウト「打者には速く見えると思う」, オリックスがドラフト3位・来田涼斗選手に指名あいさつ、乾スカウト最初の担当選手の獲得, 阪神、ドラフト4位の立命館大・榮枝裕貴捕手に指名あいさつ、大学リーグ通算.329の打てる捕手, 西武、ドラフト3位・東海大相模の山村崇嘉選手に指名あいさつ「他の選手より抜けている」, 北海道日本ハム、ドラフト3位の上武大・古川裕大選手に指名あいさつ、大学日本代表でバッテリー組んだ伊藤投手と共に活躍を, 市和歌山の152キロ右腕・小園健太投手は4回1安打無失点、好きな球団はソフトバンク. パ・リーグの「期待外れのドラフト1位」を、日刊spa!が取り上げている。2016年に5球団が競合した田中正義は、過去3年間での1軍登板が11試合のみ。 「最速163キロで『令和の怪物』と呼ばれた佐々木は2019年、ドラフト1位でロッテに入団。 今季は開幕から1軍に帯同、10月27日から2軍に合流していますが、1、2軍の公式戦に登板させず、フェニックス・リーグでの実戦デビューを目指していました。 2010年 榊原諒(日本ハム) 2011年 牧田和久(西武) 出身大学:桜美林大学, 日野高校出身。高校時代もエースだったが、通算30本以上のホームランを放っている強打者でもあった。, 4年春の首都大学リーグでは、67イニングを投げて自責点は2、防御率0.27という驚異的な成績を残す。, 武器はスリークォーターから繰り出される153㌔直球とスライダー、シンカー。大学通算24勝13完封。. 2007年 田中将大(楽天), 緑色で示したのが野手ですが、セ・リーグでは3名、パ・リーグにいたっては全員が投手で野手は0人です。, ちなみに、新人王には1年目の選手以外にも「前年までの出場が投手は30イニング以内、野手は60打席以内の選手」は対象となるほか、上記のリストがすべてドラフト1位の選手なわけでもありませんが、何がいいたいのかというと、圧倒的に投手の方が即戦力になりやすいということです。, そこであらためて「投手は外国人でなんとかなる」から野手をドラ1でという金本監督の意見について考えてみたいと思います。, まず外国人選手に関しては、投手も野手も主軸を担ってくれることを期待して球団は獲得をしてきます。, 当然のように投手も野手も当たり外れがあるわけですが、その確率はどっちがどっちとはなかなかいえません。, まして、今年は投手豊作の年といわれ、佐々木投手は一部では10年に一人ともいわれているくらいの逸材でした(その証拠に、一巡目の指名のくじが外れた全球団=5球団が佐々木投手を1位指名しています)。, ちなみに、阪神は現状で先発の柱であるメッセンジャーと、抑えのマテオの残留がきまってます。, 「投手は外国人でなんとかなる」ということは、さらに先発投手の外国人を取りにいくのでしょうか・・・。, いずれにしても、誰がどれだけ活躍するのかは実際にやってみないとわかりませんが、複数の球団が指名してくるような逸材の投手を取り、今までがそうだったようにクリーンナップを打てるような野手を外国人で補強するというほうが、チーム戦略としてはよっぽど筋が通っていると思います。, もちろん、チーム状況などを鑑みて、野手を2年連続でドラフト1位で獲得するといったことがあってもいいとは思うのですが、やはり野球の基本は投手でしょう。, これは素人のぼくが勝手にいっているだけではなく、野村克也、広岡達朗、落合博満といった名監督と呼ばれた人たちは、おしなべて投手を中心とした守備を重視しています。, 結果論ではなく、昨年の高山選手はよかったと思うのですが(東京六大学の安打記録を更新するといった実績もすばらしかった)、昨年高山選手を指名しただけに、よけいに今年は即戦力投手にいってほしかった。一ファンとしての声ですが、チームの戦力的にもそうすべきじゃなかったのでしょうか。, 「野手を育てる」と意気込む金本監督の熱意には期待しますが、打撃コーチのそれではなく、監督として大きな視野を持ったうえでの発言なのか多少不安もあります。, が、今回問題にしているのは、何度も書いていますが、球団という組織としての方針のあり方です。, 5年後、10年後、大山選手が大活躍して、佐々木投手がいまいちの成績になったとして、それを見て「やっぱり金本は正解だった!」というのは結果論で、そういう単純な話ではないと思います。, ただ、この1回だけと短期で勝負をしたら、ツキのあった素人が勝つこともあるでしょう。, もう少し具体的にいうと、麻雀で相手がリーチにいった場合、状況にもよりますが、こっちがよっぽど大きな手でもテンパってるのでもない限り、捨て牌は慎重になるはずです。, それを自分の手だけを見て、ガンガンいらない牌を切っていったりしたら、遠からず振り込むことになるでしょう。, そこで上の話になるわけですが、無茶な捨て牌をしても1回だけの勝負ということであれば、たまたまその時は当たり牌を放銃することなく、こちらが勝つといったこともあると思いますが、長期的にそんなことをしていると、トータルでは絶対に負けてしまいます。, つまり、今回のドラフトの件が数年後振り返ったときに、結果的に成功だったとしても、だからといってこんな場当たり的に戦略を変えているようなことをしていると、トータルとしてチームは強くならないと思います。, なので、冒頭に「失敗だと思う」と私見を述べさせてもらったわけですが、今回のドラフトを見て、金本監督の方針がとても心配になりました。, ただ、そういったことに関係なく、これも繰り返しになりますが、大山選手、佐々木投手の両人は、ぜひプロ野球の世界でも大活躍してもらいたいと思います。.