高校生歴代最速の163キロをマークした佐々木朗希投手(3年)の大船渡が初戦でサヨナラ負けしました。注目投手の未登板に、故障疑惑が囁かれています。本当でしょうか。検証の緊急リサーチです。, 5月18日に行われた春季岩手県大会。1回戦の釜石戦で、佐々木朗希投手は「4番・右翼」でスタメン出場しました。, ゲームは、先発の背番号「10」の和田吟太投手(3年)が1回裏に、6連打で4点を失う苦しいスタートです。, それでも、2回表に木下大洋外野手(3年)の2ランで2点差の4-2に。先発の和田も2回以降は無失点の好投を見せました。, しかし、延長10回裏、安打とけん制悪送球、2四球で無死満塁とされ、サヨナラ安打を許して、悔しい初戦敗退です。, 佐々木朗希投手は、打者として4打数1安打1打点1四球を挙げました。でも、ブルペンで肩をつくることもなく、1球も投げることなく、チームはサヨナラ負けで初戦敗退。東北大会出場はおろか、8強進出で得られる夏の岩手大会のシード権も逃しました。, 大船渡の佐々木朗希(ささき・ろうき)投手(3年)は、報道陣の前で悔しさを噛(か)み締めるばかりでした。, 「チームが負けてしまって、すごく悔しいです。チャンスで1本が打てなかった。夏に甲子園に行きたいです」, 国保陽平監督は佐々木朗希をマウンドに送るどころか、ブルペンで救援に備える投球練習すらさせませんでした。試合前のキャッチボールの段階で、外野手用のグラブを使っていたほどです。, 「(佐々木を)登板させることも考えていましたが、和田が一生懸命投げていた。勝ちを付けさせたいと思い、引っ張りました」, 「ブルペンには入りませんでしたが、気持ちの準備はしていたと思います。コンディションは悪くありません」, — Satoshi Skicaptain (@SSkicaptain) 2019年5月18日, うーん故障ではないとはいえやはり骨密度の問題で登板回避した…と捉えるべきなんでしょうか?, 佐々木くんに心中するってのは困りますけどね…プロやMLBを見据えた起用法ならば大船渡が甲子園に出るという期待はしませんよ, 故障させずに大人になって欲しいから、甲子園行けなくてもいいじゃん! 竹内まりやライブ2020のチケット入手方法は?東京と大阪の会場や日時に予算も調査! 今年初めての連投で、2日間で計9イニングを投げました。, しかし、大事な夏の甲子園予選のシードが懸かった春季県大会で、1球も投げることすらありませんでした。, 9回裏から、あるいは10回裏の無死満塁のピンチで、佐々木朗希投手を投入していれば、大船渡は勝てたかもしれませんよね。誰だって、常識的に考えます。しかし、国保陽平監督は、投げさせませんでした。, 実際、2018年の岩手大会、大船渡は初戦でシードの強豪、盛岡三と当たりました。佐々木朗希投手が完投して被安打4、2失点の11-2で退けたものの、大船渡は3回戦で佐々木朗希投手を温存、西和賀に3-2と逆転負け、惜敗しました。, 改めて、々木朗希投手の“故障疑惑”が浮上しています。佐々木朗希投手はU18合宿で、星稜の奥川恭伸投手(3年)らトップクラスの選手に刺激を受け、張り切って163キロを投げてしまったのが実情なんです。, 2018年秋季県大会157キロ、2019年3月31日の作新学院との練習試合で150キロ台を連発。4月のU18合宿で、163キロを投げたときはレッドゾーンを振り切っていたはずです。, あのエンゼルスの大谷翔平投手でさえ、日本ハム時代の2016年CSで、自己最速の165キロを投げた際、, まだ、大人の身体になり切っていない佐々木朗希投手が、163キロを投げたときの肩や肘への衝撃は想像もつきません。, 打者としては出場できても、投手としては投げられない異変が起きているとしたら、登板回避の理由も説明できます。, 野球ファンは、打者としての佐々木朗希君を見たいのではありません。投手としての佐々木朗希君を見たいんです。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. ちょうど1年前、高校球界を揺るがす事件が、岩手で起きた。大船渡の3年生だった「令和の怪物」こと佐々木朗希(現・ロッテ)を巡って、県大会決勝でまさかの「登板回避」という判断が下された。将来を嘱望される右腕を守る“英断”か、甲子園を目指す球児の夢を絶つ“独善”か──1年の時を経て、國保陽平監督が「あの日」の真実を初めて明かした(取材・文/柳川悠二=ノンフィクションライター)。, 令和の怪物こと佐々木朗希(18)がいた夏から365日、今も大船渡を指揮する國保陽平(33)は、まるで憑き物が落ちたように、活き活きと采配を振っていた。, 岩手高野連の独自大会となった今夏初戦。笑顔で選手に声をかけ、身振り手振りを駆使して積極的に策を講じていく。, 常に表情が硬直していて悲壮感が漂い、どこか選手との距離も感じられた1年前とは何もかもが違った。國保は言う。, 「プレッシャーがあったんでしょうね。(佐々木を)壊しちゃいけないというプレッシャーが。あの若さで、あの高い身長(190cm)で、滑らかなフォームで、変化球もうまくて、牽制もうまいという才能は、世界の野球の歴史を変えるかもしれない。だからこそ、壊さずに次のステージへつなげなければならないと思っていました」, 昨年の岩手大会では國保は東京から押し寄せたメディアに取り囲まれていた。地元出身の部員ばかりの公立校である大船渡は、その春に163キロを記録したエース・佐々木を軸に勝ち上がり、強豪私学・花巻東との決勝までたどり着いた。, だが、前日の準決勝で129球を投げていた佐々木は、「故障を防ぐため」という理由で起用されなかった。控え投手たちが打ち込まれ、2対12で大船渡は大敗。令和の怪物が甲子園の土を踏むことはなかった。, 試合後、学校には苦情の電話が殺到し、登板回避は賛否両論の大騒動に発展した。國保の采配に、佐々木やバックを守るナインは納得していたのか──私はその疑問が拭いきれず、拙著『投げない怪物』(小学館刊)などで問題提起を続けた。, 以来、國保とは冷戦状態にあった。U-18W杯が開催された韓国でも、秋季岩手大会でも、私の質問に無言を貫いた。采配の真意を、部内での真実を、私はただただ知りたかった。2020年夏、沿岸南地区1回戦に10対1で勝利したあと、國保は開口一番、私にこう告げた。, 「昨年、私のバントの指示を批判されましたよね? 実はあれ、サインミスだったんです」, 昨春の岩手大会のこと、一死1、3塁のチャンスで國保は、前の打席で本塁打を放っていた5番打者にスクイズではなく、送りバントを命じた。國保は当時、「6番以降の打者にチャンスで打席に立つ経験を積ませたかった」と説明。私はこれを迷采配と書いた。そのことを言っているのだろう。, 「今日もサインミスが5、6個ありました。それでも選手は必死で戦ってくれた」と話し、「今日は正直に話します」と笑った。國保からの歩み寄りに一瞬たじろいだものの、私はずっと消えなかった疑問をぶつけていった。, 「歩き方を含めた彼の様子を見て、決めました。高校3年間で一番、ケガのリスクがあるな、と。球が速い彼の場合、肩やヒジだけでなく、身体のどこに故障が出てもおかしくないですから」, 試合当日、解せなかったのは、4番を任せていた佐々木を打者としても起用しなかったことだ。, 「疲れている佐々木よりも、野手のほうが振れるだろうし、(勝利には)可能性があるのではないか。そう判断しました」, しかし、私には、甲子園出場と、佐々木の将来を天秤にかけ、後者を選択したように映った。花巻東戦では、先発に、4番手に目されていた3年生・柴田貴広を起用し、大量失点するや2年生左腕を投入した。端から勝負を諦めているかのような選手起用だった。私は、責任を背負い込んだふたりが試合後に泣き崩れていた姿が忘れられない。, 「もちろん、勝負を捨てたわけではありません。花巻東の強力打線には、右サイドで変則の柴田のほうが、初登板で疲れもないし、少しでも抑えられるのではないかという期待がありました」, 試合前、國保は佐々木に「先発では起用しない」とは伝えていたが、「リリーフとしても野手としても起用しない」とは伝えていない。それは他の選手に対しても同じ。すべてを独断で決めた。, 「選手が納得しているのか、ということですよね? 納得している者もいれば、いない者もいる。個々人で違うのかなと思います。事前に、本人に相談したら、『投げたいです』と言うのは明らかだった。野手に伝えたら、『僕らが朗希をサポートするので、投げさせてやってください』と言うに決まっています。一言でも彼らに相談したら、(佐々木の登板を)止められなくなると思いました。もし疲労困憊の状況でマウンドに上がったら、力んで投げて、肩、ヒジ、腰、股関節、膝……想像でしかありませんが、将来に残るようなケガのリスクは高かったんじゃないかなと思います」, 「あの日のことをきちんとお話しするのは初めてです。決断が正しかったのか、間違っていたのか。毎日のように逡巡していました。準決勝で他の投手を起用していたらどうなっていたか、と。(決勝で先発した)柴田をもっと鼓舞してあげれば良かったな、とか。答えは……見つからないです」, 決勝の試合後、佐々木は報道陣に、「投げたかったです」という一言を残した。佐々木との間で、決勝の起用法に関して言葉を交わすことはこれまであったのだろうか。, 「ありません。『甲子園に行きたかったです』とも『投げなくて良かったです』とも聞いていません。本心を僕にぶつけることが、僕にとって酷だと気を遣ってくれているんだと思います」, 岩手・盛岡一高出身の國保は、筑波大に進み、卒業後は米国の独立リーグも経験。佐々木の入学と同時に大船渡に赴任した。将来を見据えた判断の背景には、米国での経験も大きい。, 「佐々木が1年の夏に、147キロを出したんです。(メジャーリーグの)ストラスバーグであったり、大谷翔平選手だったり、彼らのレベルに挑戦できる一握りの才能だと思いました。MAXが160キロを超え、アベレージで155キロを投げるような高校生は過去に例がない。専門の医師や大学の恩師に相談し、手探りで指導しました」, 昨年のドラフトでは4球団の競合となり、佐々木は千葉ロッテに入団した。2月のキャンプから一軍に帯同し、5月のシート打撃登板では、160キロを二度、記録した。しかし、それからノースロー調整が続き、7月14日にようやくキャッチボールを公開。國保は「直接、見ているわけではないので」と前置きしたあと、こんな見解を示した。, 「少なくとも高校を卒業する段階では、血液検査の結果や骨密度を測る限り、彼の成長は止まっていなかったと思います。成長期に分泌されるような物質が血液の中にありましたから。100マイル(160キロ)を投げる投手はメジャーにもいますが、成長が止まっていない段階で100マイルを投げれば、身体への反動は大きい。現在は球速に耐え得る体作りの段階ではなく、体作りができる状態になるのを待つ段階ではないでしょうか」, 私は、甲子園切符の懸かった地方大会の決勝で「投げさせない」という判断を下したことは、高校野球の転換点になると確信している。実際、直後の甲子園ではエースを温存し、継投策を駆使して勝ち上がる高校が急増し、日本高野連は今春のセンバツ(中止)から球数制限の導入を決めた。, 新時代の高校野球を象徴する出来事が、あの登板回避だった。1年の時を経て、当事者として、決断の過程を後世に残す必要性を自覚し、國保も重たい口を開く気になったのだろう。, この夏、怪物のいない大船渡は沿岸南地区代表決定戦で敗れ、県大会に進めなかった。試合後、國保は主将の吉田昂生と、先発した前川真斗のふたりをベンチ前に呼んだ。, 吉田には「つらかったな」と伝えた。先発した左腕の前川には「ナイスピッチング!」と讃えた。, このふたりだけが昨夏の決勝を経験した3年生だった。両者にかけた言葉は、逡巡する1年を過ごしてきた自身と、誰より佐々木の3年間に対する労いの言葉ではなかったか。(文中敬称略), この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります. ドラ1「佐々木朗希」が抱える“故障” 甲子園断念騒動から1年で スポーツ 野球 週刊新潮 2020年7月30日号掲載 佐々木朗希( 他の写真を見る ) こちらでは、佐々木朗希投手の成績予想2020とロッテ一軍初登板はいつになるのかについてまとめました。たとえ高卒ドラフト1位投手といえどもルーキー・イヤーからの活躍はたやすいことではありません。過去の高卒ドラフト1位投手と比較して成績を予想! All rights reserved. 話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、2月11日に亡くなった野村克也さんが、生前に選んだ「昭和~平成・プロ野球ベストナイン」にまつわるエピソードを取り上げる。 ノムさんが選出、... 【プレミア12】千賀が侍ジャパンを辞退!理由は蓄積疲労、コンディション面の不安 11月の国際大会「プレミア12」に臨む侍ジャパンに選出されていたソフトバンク・千賀滉大投手(26)が、出場を辞退することが23日、分かった... 巨人は29日、1軍ヘッドコーチへの就任が決まった元木大介コーチ(47)、今季で現役を引退し、2軍監督に就任する阿部慎之助氏(40)をはじめ、来季のコーチングスタッフを発表した。 【巨人】来季コーチングスタッフ発表!... 西武・大石に戦力外通告!2010年6球団競合ドラ1が引退へ ハム斎藤佑&楽天福井と「早大三羽烏」も…引退は「けっこう前から決めていました」 西武の大石達也投手が3日、所沢市内の球団事務所で戦力外通告を受けた。今季、1... 【巨人】小林誠司捕手が右手を負傷… 骨折の疑いがあり精密検査へ 巨人・小林誠司捕手(31)が右手人さし指を負傷していることが22日、分かった。近日中に精密検査を受ける予定で、現段階では骨折している疑いがあるという。 ... 【阪神】藤浪晋太郎、藤川球児路線で成長? 1回限定出場では4試合で1安打無失点 プロ野球・阪神タイガースの藤浪晋太郎投手は、2020年10月6日にマツダスタジアムで行われた広島戦の9回に登板し、9球で抑えきる好投をみせ... 【ロッテ】佐々木朗希がフェニックスリーグ参加見送りへ「そこまで状態は上がっていない」, 【中日】坂本のゴールデン・グラブ賞に中日激怒!2位京田は「来年は取ります!打てばいいんでしょ」, 【ネット困惑】日本ハム・栗山英樹監督、来季も続投の方針… 球団最長更新の10年目へ, 【ボクシング】マロニーが井上戦を回想「彼は私にとって強すぎました」母国ラジオ局に出演, 【ロッテ】細川亨捕手が現役引退… 4球団渡り歩き日本一5度 「優勝請負人」がユニホームを脱ぐ. 大船渡高校の佐々木朗希投手です 157㌔を計測し、注目を集める佐々木朗希投手 佐々木朗希投手と大阪桐蔭との関係とは? 大船渡中学時代から佐々木朗希投手は凄かったんですね… 夏の甲子園大会に出場すれば、吉田輝星選手並みの注目は間違いなしです 日ハムが1位指名を示唆! 網野泰寛(ガチンコ!ファイトクラブ)の嫁(顔画像)や現在は?TOKIOの人気番組で活躍. 千葉ロッテのルーキー佐々木朗希は一軍に帯同しているが、登板の話は一向に出ていない 5月26日シート打撃後の筋力に関するデータが、通常時の数値に戻らなかったという 「実戦マウンドに立たせたら怪我をすると判断されました」と球界関係者は話している 異例ずくめの「甲子園高校野球交流試合」が閉幕し、プロ野球シーズンもようやく折り返し地点に突入した。となれば、昨夏の高校球界を盛り上げた「令和の怪物」のデビュー戦を待ちわびるファンも多かろう。だが、実戦はおろかマウンドに立つ気配すらないが… 佐々木朗希投手が完投して被安打4、2失点の11-2で退けたものの、大船渡は3回戦で佐々木朗希投手を温存、西和賀に3-2と逆転負け、惜敗しました。 165キロの大谷「肘が飛ぶかと思った」 改めて、々木朗希投手の“故障疑惑”が浮上しています。