熱気にあふれる中、2013年5月26日15時40分、第80回日本ダービーがスタート。 続けてGⅡ大阪杯で2着となった後、再び天皇賞(春)に挑戦するも1番人気には応えられず7着と言う結果に終わった。 スタート後、キズナは最後方からレースを進めた。最後の直線で一気に伸び、粘るトウカイパラダイスを差し切りゴールイン。ダービーの時からほとんど衰えないレースぶりを披露した。 2戦目の黄菊賞も大外から差し切って2馬身半差の快勝。世代のクラシック有力候補として名が挙がるようになってきた。 そして2012年10月、佐藤哲三騎手を鞍上に迎え京都競馬場の新馬戦でデビュー。 キズナの黄菊賞から2週間後、主戦騎手の佐藤哲三が京都10R高雄特別で落馬してしまう。 特に左腕のけがは重く、事故後3か月たってようやく親指が動かせるようになったと言うほどの重傷だった。 ある意味、キズナとは対照的な位置に居る馬なのかもしれない。 当初は有馬記念での復帰を目指していたが、後に2014年シーズンの全休が決定した。 そして8月、キズナは凱旋門賞のためにフランスへと渡った。 »³... ¼¡¤Î¥Ú¡¼¥¸¤Ï¡Öº´Æ£Å¯»°µ³¼ê(3)¡Ø¥¨¥¹¥Ý¤ÎÁö¤ê¤Ï¡¢¸µºå¿À¡¦ÀÖÀ±Áª¼ê¤ÎÅðÎݤ¬¥Ò¥ó¥È¡Ù¡×¤Ë¤Ê¤ê¤Þ¤¹¡£. 2番人気に皐月賞馬ロゴタイプ、3番人気がエピファネイアというオッズとなっていた。 そして2015年9月に屈腱炎を発症、引退する事となった。 父ディープインパクトを彷彿とさせる追い込みで、先頭のエピファネイアに詰め寄り、ついには差し切った。 なお、一冠目の桜花賞と皐月賞も、外国人騎手のC・デムーロとM・デムーロの兄弟が分け合う形で勝利している。. 世代の有力馬エピファネイア、コディーノも参戦した中で、キズナはその2頭に次ぐ3番人気に推されていた。 ・世代の有力馬と言われたコディーノだが、このレースではデビューからずっと騎乗してきた横山典弘ではなく、外国人ジョッキーのC・ウィリアムズが騎乗していた。 近年不振だった武豊騎手だったが、この大一番でその存在感を見せつけた。 理由はローテーションの問題。弥生賞から毎日杯は中2週と短い間隔であり、皐月賞も毎日杯から2週間後に行われる。 そのため有力馬に乗れる機会も少なく、GⅠの勲章からも遠ざかっていた。 なお、コディーノはダービー卿チャレンジトロフィーの5着を最後に2014年6月11日に疝痛で死亡している。 前哨戦のニエル賞を、イギリスダービー馬ルーラーオブザワールドとの叩き合いを制し、見事一着。 キズナ(英: Kizuna)は、日本の競走馬。おもな勝ち鞍は2013年の東京優駿、ニエル賞、京都新聞杯、2014年の大阪杯。馬名の由来は漢字の「絆」から。, 2010年3月5日、北海道新冠町のノースヒルズで産まれた[2][3][4][5]。本馬の母・キャットクイルは半姉にビワハヤヒデ、ナリタブライアンを輩出したパシフィカスがいる血統。本馬の半姉である初仔のファレノプシスはG13勝、半兄の3番仔サンデーブレイクはピーターパンステークス(米G2)優勝、ベルモントステークス(米G1)3着という実績を残していた[2]。本馬を出産したときは20歳という高齢出産となった[6]。, 1歳時の2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生。ノースヒルズ代表の前田幸治はその2週間後にトランセンドでドバイワールドカップに遠征したが、その際現地のホテルや競馬場でも様々な人から日本を思いやる温かい言葉をかけてもらったことに感銘を受け、震災を機に盛んに使われるようになった『絆』という名を、当時牧場で一番の期待を受けていた本馬に「キズナ」と名付けた[6]。, 当歳時~1歳10月までをノースヒルズで過ごし、母キャットクイルの馬名から、牧場現場では「キャット」と呼ばれていた[3]。ノースヒルズで栄養コンサルティングを務めるスティーブ・ジャクソンは、定期的に同牧場のすべての生産馬に付ける評価で本馬に対しては常に最上ランクの「A」評価を記録し続けていた[3]。, 管理先は前田幸治の指名で栗東トレーニングセンターの佐々木晶三に決まった[6]。佐々木は生後1カ月程の時の本馬を見て「素晴らしい馬でした。体がしっかりしているし、雰囲気もオーラもあった」といい、『これで男にならなかったら(ダービーを勝てなかったら)、ぼくは最悪の調教師です』と前田に語るほどに絶賛した[6]。その後馴致を終え、1歳秋に大山ヒルズをキャンターで走るキズナを見た佐々木は「ディープインパクトそのままの走り方でした。着地の時間がすごく短く、すぐ次の動作に入る。これは大物になる、というおぼろな思いが確信に変わりました」という[6]。, 当初は2歳時の2012年6月にデビューする予定だったが挫跖のため延期し[6]、10月7日の京都競馬場の芝1800mの2歳新馬戦でデビューした。厩舎の主戦である佐藤哲三が騎乗、最後はリジェネレーションとの競り合いを制し1番人気に応えてデビュー戦を制した。2戦目の黄菊賞は後方から差しきって2勝目を飾った。, しかし、佐藤は11月にレース中の事故で負傷のため休養を余儀なくされ、次走の阪神で行われるラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは新たな鞍上に武豊を迎えて出走した。レースでは前目の競馬になったものの直線はエピファネイアに競り負けて3着に終わった。, 3歳の初戦として3月3日の弥生賞に出走。1,000mの通過タイムが61秒6というスローペースの展開で後方からの競馬となり、直線追い込むもカミノタサハラの5着に敗れて皐月賞への優先出走権を逃した。この敗戦を受けて、陣営は皐月賞を諦め、日本ダービーに照準を定めた[6]。, 次走は毎日杯に出走。武のエージェントからは3年前の同レースで落馬事故に遭っていたため別のレースにしてほしいと佐々木師に申し出があったというが、予定通りに出走[6]。ハイペースの中で後方に位置し、最後の直線でラスト3ハロン34秒3という2番目の馬より1秒以上速い末脚を繰り出して外から差し切り、2着に3馬身差の圧勝で重賞初制覇を飾った[7]。, 毎日杯の勝利で賞金的に皐月賞出走が可能になったもののこれを回避し、次走は距離が2200mに延びる5月4日の京都新聞杯に出走。スタートで出遅れ、道中最後方からの競馬になるが、上がり34.5秒の末脚で他馬を圧倒、重賞2勝目を挙げた。また、この後「日本ダービーを勝利した場合」という条件付きで10月6日にフランスのロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞へ参戦する予定であることが発表された[7]。, 満を持して参戦することとなった5月26日の東京優駿の枠番は1枠1番、単勝オッズは2.9倍の1番人気に支持された。レースでは鞍上の武豊がスタート直後から位置取りを下げ、道中は後ろから3頭目あたりの後方待機策を取った。最終直線に向き追い出すが、進路が狭くなりややもたつくも徐々に進出、残り200mあたりから更に加速して先行集団をまとめてかわし、そしてゴール直前に先に先頭に立っていたエピファネイアを捉え1/2馬身差をつけ優勝した。鞍上の武豊は東京優駿通算5勝目となった。なお、武はキズナの父・ディープインパクトに騎乗して2005年の東京優駿を勝利していたため、史上初の同一騎手による東京優駿父仔制覇となった。また、青鹿毛初のダービー馬となった。, 東京優駿優勝後の28日、佐々木調教師が9月15日にフランス・ロンシャン競馬場にて行われるニエル賞をステップレースとし、10月6日に同競馬場で行われる凱旋門賞への参戦を表明した[8]。3歳馬の凱旋門賞挑戦は2010年のヴィクトワールピサ以来2頭目となる。, 9月15日のニエル賞では道中後方からの競馬になり、直線で外に持ち出し先頭に立つと、内から来たこの年の英国ダービー馬・ルーラーオブザワールドの追撃を凌いで勝利した。10月6日に行われた第92回凱旋門賞では、道中後方2番手からレースを進め、フォルスストレート(偽りの直線)でオルフェーヴルの外側に密着しながら位置取りを上げていったが、トレヴの4着に終わった。, 凱旋門賞の後は、ファン投票で2位に支持された有馬記念(12月22日)に出走する方針でいたが、フランスから帰国後の体調が思わしくなかったこともありオーナーサイドと佐々木調教師が相談した結果、レース出走を回避することを決めた[9]。, 古馬となっての初戦は大阪杯が選ばれた。前年の菊花賞馬エピファネイアや牝馬二冠馬メイショウマンボと対戦する予定であることから有力馬が続々と出走を回避し、8頭立てで行われることとなった。当日はエピファネイアが単勝1.9倍で1番人気に支持され、キズナは2.9倍で2番人気に支持された[10]。パドックでは父のディープインパクトも見せていた尻っ跳ねを行っていたものの[10]、馬体重は昨年5月のダービー出走時より筋肉量が20kg増加した498kgで出走した[10]。レースでは道中最後方から最後の直線で鋭く伸び、粘るトウカイパラダイスをかわして優勝した[11]。, 迎えた5月4日の天皇賞(春)は単勝オッズ1.7倍の一番人気に支持され、ゴールドシップとともに最後方から競馬となったが、最後の直線は思ったほど伸びを欠きフェノーメノの4着に敗れた。国内のレースで敗れたのは前年3月の弥生賞以来約1年2ヶ月ぶりだった。2日後の5月6日、骨折していることが判明した[12]。この影響により予定していた凱旋門賞への挑戦を断念。当初は有馬記念復帰を目標としていたが間に合わず、年明けの京都記念を目標にすることとなった[13]。 しかし、武騎手が初めて手綱を取ったGⅢラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは、世代の有力馬エピファネイアに競り負け、さらに一旦は抜いた5番人気バッドボーイにも差しかえされての3着に終わった。, 明けて2013年、緒戦に皐月賞トライアルのGⅡ弥生賞を選んだキズナ。 なおこのレースを制したのは単勝6番人気の伏兵カミノタサハラ、2着は10番人気ミヤジタイガという決着となり、馬連馬券52300円という荒れた決着となった。 佐藤哲三騎手「キズナの“どや顔”見に行きたい」 ... 昨年11月に落馬負傷し、復帰を目指している佐藤哲三騎手(42)=栗東・フリー=が16日、 ラジオの競馬中継に出演するため阪神競馬場を訪れた。 そんなヤンチャなキズナのデビューもしっかり勝ってくれた佐藤哲三騎手はすごいと思います。彼が一緒に育て上げてきたと言ってくれてました。 ―― 初戦・2戦目と順調に勝利したキズナですが、オーナー自身ダービーを意識したのはいつごろでしょうか スタートから後方に控え、そのまま後方でレースを進めたキズナ。 しかし、そんな武騎手に馬を回し続けたのが、キズナの生産者にして馬主であるノースヒルズマネジメントである。 ・実は、この前週に行われた優駿牝馬(オークス)では、武騎手の弟である武幸四郎騎手が勝利しており、牡牝クラシックの二冠目を兄弟で分け合う形となった。 見事重賞制覇を飾り、疑念の声を弾き飛ばした。 そして、調教師の佐々木昌三氏も近年武騎手への騎乗依頼が増えていた。 入厩先はシーキングザパールやタップダンスシチーなどを管理していた佐々木昌三厩舎。 同期の有力馬であり、菊花賞馬となったエピファネイアや、同じく同期の牝馬二冠馬メイショウマンボといった強力な面子が集まり、回避する馬が続出。8頭立てという少頭数でのレースとなった。 馬主、調教師との「絆」、過去に乗った名馬との「絆」。 ダービーのために主戦騎手を切り捨てたが、この結果。勝ったのが「キズナ」とは、なんとも皮肉な話である。 生産者はノースヒルズマネジメント。 武豊騎手はこれでダービー5勝目という快挙を成し遂げた。 さらに、この馬の父親は武に3冠ジョッキーの名誉をプレゼントした名馬ディープインパクトである。 過去のダービー馬の名を冠した特別競走が行われるなどしたこの年の日本ダービー。 最後の直線で追い込みにかかったが前を捉えるには至らず、まさかの5着に終わった。 前を塞がれかけるも、その末脚は衰えることなく確実に前へと進んでいった。 この時点で、一部の競馬ファンからはキズナの力を疑問視する声も聞かれた。 その集大成を節目のダービーで披露したというのは、日本競馬界に残るエピソードになるのではないだろうか。 中2週続きのローテーションを嫌い、皐月賞を回避。狙うは、ダービー馬の称号ただ一つ。 その後2015年の京都記念で復帰し3着と言う結果を残す。 あぁ、そういや「キズナの鞍上が、当初のように佐藤哲三だったらここまで盛り上がってないよなw」とか言われてたな… 11: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2018/09/14(金) 23:05:42.24 ID:Cjtje2t+0 キズナの枠順は1枠1番で、単勝オッズ2.9倍の1番人気。 また、休養中にはオーナーの前田幸治から15年の有馬記念で引退する予定があることが発表された[14]。, 前年12月12日に帰厩して調整されたキズナは、予定通り京都記念から始動。このレースには前年の桜花賞馬・ハープスターも出走、実績断然のこの2頭による2強対決と注目された。人気もこの2頭が僅差で最後まで競り合い最終的に2番人気で出走。9ヶ月ぶりの実戦、プラス22キロの馬体重と前残りのゆるい流れも災いし、直線でメンバー随一の末脚で猛追するも、逃げたラブリーデイとスズカデヴィアスにハナ+クビ差届かず3着に敗れた。続く大阪杯ではキズナ自身含めラキシス、スピルバーグ、ロゴタイプ、カレンブラックヒル、ショウナンパンドラのG1馬6頭が出走する中単勝オッズ1.4倍の圧倒的1番人気に支持されたものの、最後の直線での追い比べでラキシスに敗れ2着に敗れた。, 続く天皇賞(春)では単勝オッズ3.3倍と2年連続で1番人気に支持されての出走となった。後方から競馬を進めると、コーナーで徐々に進出して直線で追い出された。しかし、末脚は鳴りを潜めて7着に終わった。距離が長かったことやスタミナが問われるキズナに向かない展開になったことが敗因とされる[15]。, その後、5月13日に2015年の凱旋門賞の登録馬が発表されたが、キズナの名前はリストになかった[16]。佐々木調教師は「心身ともに疲れが出た」と遠征の断念を表明[17]。ただ、この段階では2016年度もワンアンドオンリーを伴っての凱旋門賞への出走を念頭において現役続行させることを前田幸治は宣言していた[18]。, このため、この秋は国内に専念することになるも、9月20日、右前繋部浅屈腱炎を発症していたことが判明し、佐々木調教師がオーナーの前田晋二と相談した結果、ローテーションを全て白紙に戻しこのまま現役を引退することになり、前述の天皇賞(春)が結果的に引退レースとなった。武豊は「復帰戦を楽しみにしていただけに、(引退は)非常に残念」とするコメントを残した[19]。9月24日付けで競走馬登録を抹消された[20][1]。9月24日、種牡馬入りの準備のため、鳥取県の大山ヒルズに移動した[21]。10月5日、JRAから北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬として繋養されることが発表された[22]。, 引退後は社台スタリオンステーションで種牡馬となり、2016年から種付けを開始。初年度の種付け料は250万円に設定されて269頭の繁殖牝馬と交配、翌2017年にも212頭に種付けを行った。産駒のデビューを待たず2018年には種付け料が350万円に増額されている[23]。, 2019年6月9日にルーチェデラヴィタが産駒の初勝利を飾る[24]と、7月21日にはビアンフェが世代最初の重賞である函館2歳ステークスに優勝し、産駒の重賞初制覇[25][注 1]。地方でもキメラヴェリテが北海道2歳優駿を制し、産駒のダートグレード競走初制覇[27]。最終的に産駒は27頭で34勝を挙げ、勝ち馬数30頭超えを記録したエピファネイアを抑えて新種牡馬リーディングを獲得した[28][29]。2歳リーディングでも父ディープインパクトに次ぐ2位にランクインし[30][注 2]、2020年の種付け料は600万円に増額された[23]。, 3月7日・8日の中央競馬において、サンデーサイレンスとディープインパクトに並ぶ記録となる「3歳馬産駒によるJRAでの週7勝」を達成[32]。8月22日の新潟2Rでミヤビマドンナが勝利を収め、歴代3位のスピードでJRA通算100勝となった[33]。, https://uma-furusato.com/winner_info/detail/_id_72055, https://uma-furusato.com/winner_info/detail/_id_72498, https://uma-furusato.com/winner_info/detail/_id_73084, スポニチ Sponichi Annex キズナ、凱旋門賞へ!佐々木師「コース形態も合うと思う」, http://www.hochi.co.jp/horserace/20140513-OHT1T50168.html, 2019年ファーストシーズンサイアーのJRA初勝利はキズナ | 馬産地ニュース | 競走馬のふるさと案内所, キズナが新種牡馬では第一号となるJRA重賞初制覇をあげる | 馬産地ニュース | 競走馬のふるさと案内所, 北海道2歳優駿(Jpn3)はキメラヴェリテが勝利 | 馬産地ニュース | 競走馬のふるさと案内所, 【JRA】新種牡馬キズナ産駒が土日で7勝、サンデーサイレンスと肩を並べる | 競馬ニュース, キズナがJRA通算100勝達成、史上3番目のスピード記録 | ニュース | 競馬ブック, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=キズナ_(競走馬)&oldid=79482215.