則本昂大選手は2018年に3085球も投げたということで、今年の不調や怪我はその負担とかあったのかもしれませんね。 巨人の菅野選手も2018年に3000球を超えて投げていましたが今年故障などがありました … こんにちはー!12球団野球ブロガーのひらっちと申します。2019年3月8日に仰天のニュースが入ってきました。, 楽天のエース則本昂大投手がコンディション不良を訴えていたが、3月初旬に病院で精密検査を受けたそうです。, その結果が右肘の靭帯損傷だったそうで、手術を決断。石井一久GMは”チームとしては痛いがメンテナンス的な意味合いが強い“と説明しました。入団1年目からフル回転で働いていましたからとうとう勤続疲労が来てしまったのでしょうか?楽天のチームへの影響、復帰時期はいつになるのか?メジャーの夢はどうなるのか見ていきたいと思います。, 則本といえば新人投手として2013年開幕投手に抜擢!その年は15勝8敗防御率3.34と大活躍し、この年はマー君ことエース田中将大投手が24勝0敗という奇跡的な成績をおさめ、2番手投手として優勝&日本一に貢献!新人王も獲得し、結婚も発表するなど則本にとっては素晴らしい年となりました。, 2014年からは田中が大リーグに移籍してしまったので楽天のエースとしてチームを引っ張る立場に。2年連続開幕投手を務め、14勝10敗 防御率3.02 奪三振204で最多奪三振王を獲得!2014年は無四球5回、完封7回という圧倒的な数字を残し楽天のエースとしてふさわしい風格と実力を備えた投手に成長を果たします。, その後もMAX158kmの速球を主体に10→11→15→10と入団6年連続二けた勝利達成と5年連続最多奪三振という偉業を成し遂げます。, 楽天成らずともパリーグを代表するエースとして引っ張る存在となっていました。年間イニングも平均180-200投球回数を残していただけにやはり勤続疲労が来てしまったのでしょうか?投手の肘、肩は消耗品と言われていますから, 則本投手は2019年も開幕投手候補でチームを引っ張る予定でしたが2月23日巨人とのオープン戦を首が寝違えたとのを理由に回避、その後コンディション不良で調整をしていましたが、都内で精密検査を受けたところ右肘に慢性的なものですが右肘に損傷が見つかったようで、そこを中心にバランスが悪くなる可能性があるからメンテナンスの意味も含めて手術した方が良いという結論になったそうです。, クリーニング手術も軟骨や関節周辺に形成された骨棘を取り除く手術の事をいうそうでクリーニング手術も数種類あるそうで、その種類によっては1ヶ月前後復帰のズレがあるそうです。なのでまだ正確な復帰時期は未定だそうです。, マスコミの報道では前半戦絶望と出ていました。楽天のチーム事情もあるかもしれませんが、今年は無理せず, 楽天といえば則本と岸の2枚看板で3番手以降は美馬、辛島、塩見などがいて去年チャンスを与えた藤平、古川あたりがどう伸びて来るのかというのが注目された2019年ですが、その則本が抜けた楽天はどう穴埋めをしていくのでしょうか?, 単純計算で143試合×9イニング=1287イニング以上はあるわけでその中でも約1/6を投げてくれる則本投手はとても貴重な存在でした。その1/6を埋める投手はおそらく現れないでしょう。可能性があるとすれば藤平投手ですが、まだ年間投げ切った経験のない投手なので、やはり美馬、辛島、塩見の中から180イニングくらい投げてくれる投手を探す必要性が出てくるでしょう。古川も91イニング去年は投げていますから今年はローテーションに入り最低でも規定投球回数クリアを求められてくるでしょう。そこに安楽や近藤投手など若手投手の飛躍も必須となってくるかもしれません。もしくは広島から移籍してきた福井がフル回転となるか新外国人投手の獲得に動く可能性も十分あると言えるでしょう。, 則本の大リーグの可能性ですがやはり大きな痛手ですね。FAを獲る時期が伸びてしまいますし、他の投手も育っていない現状を見ると球団も簡単には手放さないでしょうし、32.3歳での挑戦ですと時期的にも全盛期を過ぎている可能性もありますからこの怪我で可能性が薄まったといってもいいかもしれません。, 則本投手の離脱はチームにとって物凄い痛手になると思いますが、逆に若手にはチャンスが多く与えられるでしょう。キーマンは美馬、辛島、塩見の復調、藤平、古川、福井の飛躍、新外国人投手の獲得。予期しない投手の出現全員で埋めていく姿勢がないと今年の楽天も厳しいかもわかりません。. 2012年ドラフト2位で入団後マー君の2番手投手として活躍!マー君が抜けてからはエースに, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 中田翔は過大評価されすぎ?FA移籍してもメンタル弱いから打てない!日ハム残留が最適?, プロ野球2019新外国人の評価は?外国人枠が気になる?セ・リーグ成績予想!広島・ヤクルト・巨人編, ヤクルトが16連敗で過去のセリーグプロ野球記録を更新?セリーグ各チームの連敗記録を振り返ろう. 風吹けば名無し その後、炎症と共に水も引くのですが、その後遺症として、関節部分に遊離軟骨と呼ばれる小さな骨が出てくることがあります。, 野球のピッチャー場合は、一般の人間と比べて、投球動作によって日常的に肘を多く使っています。, 試合での全力投球はもちろんのこと、練習でも多く投球し、さらに長期間に渡って肘を酷使しているので、遊離軟骨や骨棘が多く出やすい傾向にあります。, 2018年には、DeNAの井納投手と平田投手、巨人のカミネロ投手、阪神の石崎投手、西武のカスティーヨ投手、さらに米メジャーリーグ・カブスのダルビッシュ有投手らがこの肘のクリーニング手術を受けています。, この怪我は、靭帯の断裂・損傷などとは異なり、選手生命に関わるような怪我ではありません。 rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0e652aa6.4b546b08.0e652aa7.a56e1198";rakuten_items="ctsmatch";rakuten_genreId="0";rakuten_size="200x600";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="on";rakuten_auto_mode="on";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on";rakuten_ts="1599535562179"; ©Copyright2020 野球愛好部.All Rights Reserved. マー君も若い時に横浜スタジアムで左手だけど、村田君にホームランを食らったのが悔しかったのか? イスにどーーーん⤵️. 2020/09/08(火) 07:44:34.61 2017年10月から野球ブログも開始!!, 野球仲間の交流や面白い企画をやりたいと思っています。 則本 昂大(のりもと たかひろ、1990年12月17日 - )は、滋賀県犬上郡多賀町出身[1]のプロ野球選手(投手)。右投左打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。, 大滝小学校時代には「多賀少年野球クラブ」に所属し、5年生からエースに[4]。主将として全日本学童軟式野球大会(水戸市)出場、近畿ろうきん杯学童軟式野球大会(阪神甲子園球場) 優勝。また、水泳を習っていたため、それにより怪我をしにくい体が作られた[4]。多賀中学校では軟式野球部に所属し、滋賀県立八幡商業高等学校入学後に硬式野球に転向した。高校時代は2年生から主戦投手となるも、甲子園の出場経験は無し。, 三重中京大学進学後は1年秋からリーグ戦に出場。2年次の第59回全日本大学野球選手権大会では広島経済大学戦で救援登板するも、のちにプロでも対戦することになる柳田悠岐にサヨナラ安打を打たれ敗戦を喫した[5]。3年次はナゴヤドームのスピードボールコンテストに一般参加し143キロを記録している。4年次の第61回全日本大学野球選手権大会の1回戦で大阪体育大学相手に延長10回を投げ、大隣憲司(近大)や藤岡貴裕(東洋大)の持つ大会記録の19奪三振を超える20奪三振(参考記録)を記録し、特別賞を受賞した[6]。大学通算でリーグMVP1回、ベストナイン2回を受賞。三重県リーグ通算成績は33勝0敗、防御率0.56[7]。大学時代の同期には宮﨑駿、河野大樹がいる。, 2012年のドラフト会議で東北楽天ゴールデンイーグルスから2位指名を受けた。同年11月に開催された第43回明治神宮野球大会では2回戦で法政大学に敗れる。11月23日に楽天と契約金7000万円、年俸1200万円で仮契約した[8]。背番号は「14」。なお、ドラフトでプロからの指名がなかった場合は日本生命に進む予定だった[6]。また、三重中京大学は2013年春に閉校したため、則本らは同大学の最後の卒業生となった[9]。, 2013年、新人選手で唯一、一軍キャンプのメンバーに参加した[10]。3月29日の福岡ソフトバンクホークスとの開幕戦でプロ入り初登板・初先発を果たしたが、新人の開幕投手は、1984年の高野光以来29年振り、パシフィック・リーグでは1958年の杉浦忠以来55年振りだった[11][12]。6回1/3を投げ4失点で敗戦投手となった。新人の開幕投手で敗戦を喫したのは、1950年の成田啓二、1962年の城之内邦雄以来51年ぶり史上3人目で、パ・リーグでは初となった[13]。2度目の先発となった4月5日の千葉ロッテマリーンズ戦(Kスタ宮城)で6回2失点、パ・リーグの新人では1番乗りとなるプロ初勝利を挙げた[14]。4月27日の埼玉西武ライオンズ戦(西武ドーム)では7回1失点で2勝目を挙げ、この勝利は球団通算500勝目となった[15]。7月5日のソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)では1回4失点で降板し敗戦投手となり、翌6日の同戦で1点ビハインドの3回から中継ぎ登板で3回1/3を無失点で抑えて救援勝利を挙げた[16]。8月29日のオリックス・バファローズ戦(ほっともっと)では新人勝利の球団新記録の12勝目[17]、シーズン最終登板となった同年10月12日のオリックス戦(Kスタ宮城)ではパ・リーグの新人として1999年の松坂大輔以来となる15勝目を挙げた[18]。ロッテとのクライマックスシリーズファイナルステージ(Kスタ宮城)では第2戦で先発し、9回を1失点11奪三振だったが、チームは延長戦で敗れた[19]。, 読売ジャイアンツとの日本シリーズでは、球団のシリーズ初試合となった第1戦(Kスタ宮城)で1952年の大神武俊以来、新人としては61年ぶり3回目となる開幕第1戦で先発登板した[20]。8回2失点、10奪三振の内容で好投するも打線が完封され、敗戦投手となった[21]。第5戦(東京ドーム)では2-0で迎えた6回から2番手で登板し、7回裏に村田修一にソロ本塁打と、9回裏にも村田の適時打で同点とされた。延長戦の10回表に打席が回り、そのまま打席に入ると西村健太朗から四球を選んで出塁、その後銀次の適時打でホームに生還し、決勝の勝ち越しとなる得点を記録した。その裏を三者凡退に抑えて日本シリーズで初の勝利投手となった[22]。3勝3敗で互いに王手をかけた第7戦では3-0で迎えた7回から2番手で登板し無失点で抑え、美馬学と則本と田中将大の継投で3-0で巨人に完封勝利し、チームは初の日本一を達成した[23]。, 日本シリーズの終了後に、チームでは2007年の田中将大以来2人目のパシフィック・リーグ最優秀新人(新人王)を受賞した[24]。12月24日には、八幡商での1年後輩で、同校野球部のマネジャーを務めていた女性との結婚を発表した[25]。同月29日には、出身地の滋賀から「滋賀県民スポーツ大賞」の特別賞、出身地の多賀町から「たがスポーツ大賞」をそれぞれ授与された[26]。, 2014年、3月28日の開幕戦の西武戦(西武ドーム)に先発したが、2リーグ制以降、新人から2年連続で開幕投手を務めたのは54年ぶり史上3人目で[27]、9回1失点でプロ初完投勝利を挙げた[28]。4月18日の日本ハム戦(コボスタ宮城)でプロ初完封勝利を挙げる[29]が、4月25日のオリックス戦(京セラドーム大阪)でプロ入り後最多の9失点で敗戦投手となった[30]。5月9日のロッテ戦(QVCマリン)3回表二死から6月3日の阪神タイガース戦(コボスタ宮城)7回表一死にかけて、28回2/3イニング連続無失点を記録した[31]。6月21日の阪神戦(甲子園)で7安打無四球で完封し、交流戦1シーズン最多の4完封勝利を記録するなど[32]4勝1敗の成績で日本生命賞を受賞した。6月は4勝1敗の成績で自身初の月間MVPを受賞した[33]。しかし7月以降は先発で5度登板して勝利投手になれず、8月には中継ぎに異動したが、8月15日のロッテ戦(コボスタ宮城)で2週間ぶりに先発、1安打無四球の内容の準完全試合で10勝目。球団初の新人から2年連続2桁勝利を達成した[34]。9月19日の日本ハム戦(コボスタ宮城)で13奪三振の完封勝利を記録し、NPB史上6度目の出場野手全員からの奪三振と、球団新記録のシーズン7完封勝利を挙げた[35][36]。最終的には204の三振を奪い、自身初のタイトルとなる最多奪三振を獲得。イニングも両リーグ最多の202回2/3を投げた(うち28登板199回1/3は先発)。オフの10月9日に、日米野球2014の日本代表に選出された事が発表された[37]。先発した第3戦で5回を無安打無失点の快投を見せ、その後も西勇輝、牧田和久、西野勇士が無安打無失点を続け日米野球史上初の継投ノーヒットノーランを達成した[38]。契約更改では球団から3年3億円の複数年契約を提示されたが「まだ2年目なので、1年1年勝負したいと思います」と語り、複数年契約を拒否した[39]。, 2015年、3年連続で開幕投手となり、ルーキーから3年連続での開幕投手は58~60年の杉浦忠以来で2人目[40]。開幕から好投しても打線の援護に恵まれず勝ち星が伸び悩み、8月25日のオリックス・バファローズ戦で10敗目を喫する[41]。それでも、9月、10月に4勝を記録し、10月1日のソフトバンク戦では6回2失点の好投で3年連続の2桁勝利を記録した[42]。最終的には10勝11敗と負け越したものの防御率は2.57で自身初の防御率2点台を記録した。奪三振はリーグ最多の215個で、2年連続の最多奪三振を獲得した。7月16日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手に選出された事が発表された[43]。9月10日に、第1回WBSCプレミア12の日本代表候補選手に選出された事が発表された[44]。10月9日に、最終ロースター28名に選出された事が発表された[45]。11月8日、韓国との開幕戦において、二番手でリリーフ登板し、自身最速の157km/hを計測した[46]。同月19日の韓国との準決勝では1回0/3、4失点で敗戦投手となった[47]。, 2016年、2リーグ制では初となる、新人から4年連続で開幕投手を務め、7回3失点11奪三振の力投で開幕戦を勝利で飾る[48]。その後の2試合で二桁奪三振を記録し、史上初となる開幕から3試合連続で二桁奪三振勝利を達成した[49]。8月6日に二桁勝利を達成したことで新人から4年連続二桁勝利となった。その後は勝ち星が伸びず5連敗を喫したが、最後の登板となった10月2日のソフトバンク戦で6回無失点の好投で約2ヶ月ぶりの勝利投手となった。奪三振は216個で、野茂英雄以来の3年連続の奪三振王に輝いた。, 2017年、第4回WBCの日本代表に選出。その影響を考慮し、新人から続いていた開幕投手の連続記録は4年で途切れたが、4月4日のソフトバンク戦で、6回1失点の好投でシーズン初勝利を記録した[50]。4月19日の西武戦から5月25日のオリックス戦まで6試合連続2桁奪三振を達成し、野茂以来26年ぶり2人目の記録となった[51]。6月1日の巨人戦では、NPB新記録の7試合連続2桁奪三振を達成した[52]。6月8日のDeNA戦でも2桁奪三振で8試合連続2桁奪三振としてNPB記録を更新した[53]。6月15日のヤクルト戦(神宮)では7回6失点と崩れ、連続試合2桁奪三振の世界記録更新はならなかった[54]ものの、最終的に、自己最多タイの15勝をマークし奪三振は自己最多の222個で4年連続最多奪三振のタイトルを獲得した。, 2018年は2年ぶりに開幕投手を務め、勝ち星は付かなかったが8回1失点の好投でチームの2年連続開幕戦勝利に貢献した。4月6日のソフトバンク戦で通算1000奪三振[55]、5月19日の日本ハム戦で通算1000投球回を達成した[56]。7月には右肘の違和感で投球回、球数制限を設けての登板があり、シーズン終盤には喘息で先発を回避することもあった。シーズン最終戦となった10月13日のロッテ戦(ZOZOマリン)で2点リードした状態から先発で4回を無失点と好投した古川侑利をリリーフ。2014年以来となる中継ぎ登板で3イニングを投げてそのままチームは勝利し、新人から6年連続2桁勝利となる10勝目を挙げた。また、奪三振数はリーグトップとなり、史上3人目となる5年連続最多奪三振を記録したが、西武戦には4試合に登板して防御率9.70の4敗、防御率は自己ワーストの3.69、得点圏の被安打率は3割を超えた。, 2019年には開幕前に楽天と7年の大型契約を結んでいたことが明らかとなり、生涯楽天宣言をした[57]。右肘の手術を行ったことも影響してこの年は5勝に留まった。故障者特例を含めて国内FA権の日数に達したものの、オフにはこれを行使した上での残留を表明、「生涯楽天」を改めて表明する形となった[58]。, リリースの瞬間、顔を上に反らす独特のスリークォーター[61]から繰り出す、気迫を前面に押し出す投球スタイル[4]。, 平均約148km/h[59]・最速158km/h[62]のフォーシーム、平均約134km/hのスライダー[59]、平均約139km/hのフォークボール[59]の3球種が、全投球の約9割を占める。その他にも、カーブ・チェンジアップ[59]・スプリット[63]などを使用する[注釈 1]。, 球団側の計測によると、速球の回転数は平均2300rpm台後半・最高2500rpm超(MLB投手の平均越え)という結果だった[64]。また、NPB通算の奪三振率は9.4[65]、5度の最多奪三振のタイトルを獲得した。, 多彩な変化球を操るが、その中でもスライダーに対する評価が高い。非常に柔らかい手首[66]を駆使し、状況に応じて様々な種類に投げ分ける。それゆえ、ファンの間からは“七色のスライダー”と称される[10][66]。, 憧れの投手として、自身と同じ14番の背番号を背負った津田恒実を挙げている[67]。, 26先発1救援・180.1回。1point02.jpによる。不明球(0.1%・152.0km/h)は表からは除外した。, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/10/25/kiji/20181025s00001728372000c.html, http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2012112300217, http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130326-1102983.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/28/kiji/K20130328005495760.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/03/30/kiji/K20130330005504890.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/05/kiji/K20130405005553040.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/04/27/kiji/K20130427005693020.html, 2014年10月9日 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表!, トップチーム第一次候補選手発表!11月に行われる「WBSC世界野球プレミア12」へ向けて65名が名を連ねる, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/01/kiji/20170601s00001173327000c.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/06/08/kiji/20170608s00001173273000c.html, http://www.sanspo.com/baseball/news/20170615/gol17061520360004-n1.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/04/07/kiji/20180407s00001173027000c.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/19/kiji/20180519s00001173188000c.html, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/05/kiji/K20130205005128980.html, https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2017/06/26/___split_60/index.php, Takahiro Norimoto Japanese Leagues Statistics & History | Baseball-Reference.com, http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/02/19/kiji/K20130219005225330.html, https://www.rakuteneagles.jp/news/detail/00001575.html, “東北楽天ゴールデンイーグルスの則本昂(たか)大(ひろ)選手がCM出演 「冬の準備はお早めに!交通安全キャンペーン」に協賛”, http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M103622/201609013835/_prw_OR1fl_L6N15420.pdf, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=則本昂大&oldid=80355292, 新人によるシーズン公式戦開幕試合先発:2013年3月29日、対福岡ソフトバンクホークス1回戦(福岡ヤフオク!ドーム) ※球団史上初, 出場野手から全員奪三振:2014年9月19日、対北海道日本ハムファイターズ戦(楽天Koboスタジアム宮城) ※NPB史上16人目.