Photo by Andrey Yurlov / Shutterstock, Inc. 千葉ロッテマリーンズの選手には、まだまだ名選手がたくさんいる。中でも歴代ドラフト1位選手で活躍している選手は多く、往年の名プレイヤーから現役選手まで幅広い顔ぶれがチームを支えてきた。どのような選手がいたのか振り返る。, 西岡剛選手は、2002年ドラフト1位で千葉ロッテに入団。2004年以降、当時のコーチであった高橋慶彦氏の指導の下で、今や彼の代名詞であるスイッチヒッターを習得する。2005年には41盗塁で盗塁王を獲得するなど俊足さも生きていく。またベストナイン選出とゴールデングラブ賞をセカンドで受賞し、バッティングだけでなく守備の面でもチームに貢献した。2006年にはWBC日本代表のセカンドとして出場するほか、2年連続で盗塁王にも輝く。2010年には、日本プロ野球記録を更新する27回猛打賞を達成するほか、シーズン200安打も到達するなど、首位打者と最多安打も同時に獲得し大活躍。同年末にはメジャーツインズに移籍し、2012年には阪神タイガーズに入団。現在も活躍を続けている。, 唐川侑己選手は、2007年ドラフトの目玉、中田翔選手、佐藤由規投手とともに高校ビッグ3の一角として注目を集めた。その甘い顔立ちとルックスで人気も高く、ドラフト1位でロッテに入団した。2008年に1軍に昇格すると、プロ初先発で初勝利をあげ、平成生まれのプロ野球選手で勝利投手となった第1号になった。オーバースローで投げる速球と切れ味鋭いスライダーが武器でチームの柱として活躍を続けている唐川投手。今後のさらなる活躍に期待だ。, 荻野貴司選手は、2009年のドラフト1位で指名を受け入団。チームでは25年ぶりに新人で外野手開幕スタメンを勝ち取る。俊足を生かした盗塁は目を見張るものがあり、開幕から25盗塁をマークするも、途中でケガに見舞われる。2011年には、移籍した西岡の後を受けショートへコンバートするもまたやケガに泣かされる。2012年以降は慣れ親しんだ外野へ再度戻りプレー。2014年には、オリックス戦でプロ野球初となる、初回先頭打者初球ランニングホームランを記録した。打撃センスも素晴らしいものがあり、ミートする能力に長けている荻野選手。ケガに負けずに戦う彼の活躍に今後も期待しよう。, 石川歩選手は、2013年のドラフト1位にて入団。ルーキーイヤーから開幕1軍スタートを切って活躍し、パリーグ新人王に輝く。コントロールを意識するために、セットポジションから投球することが多く、スリークォーターから投げる投球には安定感がありバランスが取れている。時には150km/hを超える速球を投じたり、また時にはスローカーブやシンカーをいれてくるなど、相手打者にとっては絞りにくい組み立てができる投手だ。現在2年目のシーズンを終え、通算で52試合に登板している石川投手。2015年シーズンは、先発投手の柱として大活躍。来年以降のますますの活躍が期待されている。, 小林雅英は、1998年度ドラフト1位にて入団。2001年からは本格的に抑え投手に抜擢されるようになり、プロ野球記録となる6日間連続セーブ記録を打ち立てる。翌2002年には、17試合連続セーブとパリーグ新記録を樹立する。その後もセーブを重ね2005年には史上4人目となる通算150セーブを達成するとともに、日本シリーズの胴上げ投手になり日本一を経験する。2007年にはインディアンスと盟約し海を渡った小林投手。その後、巨人、オリックスへと戦いの場を移し引退。現在はオリックスにて2軍育成コーチを任されている。, 千葉ロッテマリーンズの歴代ドラフト1位選手の活躍を紹介してきた。その時代を駆け抜けてきたスター選手たちの活躍が、今の千葉ロッテマリーンズに繋がっているのだ。今後も活躍するその姿を応援していこう。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. 関連ページ:【番外編】プロ野球各球団のマスコット達を紹介! ~パ・リーグ編~ - 野球の記録がここにある, 本業のSEをしながら本サイトを運営中 / 球団より選手応援派なので贔屓選手の成績で気分が上下します / 2017年に野球知識検定2級合格。1級合格を目指して絶賛勉強中 / Twitterでも野球のことばかりつぶやいてます↓, 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 日本のプロ野球選手一覧 > 千葉ロッテマリーンズの選手一覧 . サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 千葉ロッテマリーンズは熱狂的なファンが多く、その応援は球場を揺らすほど。そんな声援の中でプレーする千葉ロッテマリーンズの選手たちの中には、ドラフト1位で入団し、活躍している選手が数多くいる。どんな選手がいるのか見ていくことにしよう。 この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをご覧ください。, 当サイトに掲載する情報は記事公表時点の正しいものを提供するよう努めております。ただし、提供している情報、リンク先などにより、いかなる損失や損害などの被害が発生しても当サイトでは責任を負いかねますので、ご了承ください。, リンク先の商品は当サイトが販売しているのではなく、各リンク先店舗での販売となります。購入方法、その他お問い合わせは各店舗までご確認ください。商品購入に関するトラブルに関しては、当サイトでは責任を負いかねますのでご了承ください。, また、当サイトのすべてのコンテンツ(プライバシーポリシー・免責事項を含む)は、予告なしに変更・削除されることがあります。, 当サイトに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。当サイト記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます(必ず引用元記事へのリンクをつけて頂きますようお願いいたします)。ただし、全文転載はお断りいたしております。引用許可範囲についても、事前予告なくこれを変更する事があります。また、当サイトのRSSを利用し、コンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。, このサイトへの問い合わせは、以下のメールアドレスへご連絡のほどよろしくお願い致します。尚、迅速な返信を心がけておりますが、事情により返信が遅れる場合がありますので、ご了承ください。, 当サイトにお問い合わせ頂いた個人情報は、お問い合わせへの返信対応のみの使用とし他の目的に利用することはございません。 hgpwingアットgmail.com 千葉ロッテマリーンズ(ちばロッテマリーンズ、英語: Chiba Lotte Marines )は、日本のプロ野球球団。 パシフィック・リーグに所属している。. 千葉ロッテマリーンズ公式ページ 千葉ロッテマリーンズ掲示板 千葉ロッテマリーンズの過去のドラフト指名一覧千葉ロッテマリーンズ/ドラフト最新記事以前のニュースはこちら補強ポイント分析2020年の戦力と将来のチーム予想※成績は10月3日終了時 千葉ロッテマリーンズ(ちばロッテマリーンズ、英語: Chiba Lotte Marines )は、日本のプロ野球球団。 パシフィック・リーグに所属している。. 日本一:4回. 千葉ロッテマリーンズは熱狂的なファンが多く、その応援は球場を揺らすほど。そんな声援の中でプレーする千葉ロッテマリーンズの選手たちの中には、ドラフト1位で入団し、活躍している選手が数多くいる。どんな選手がいるのか見ていくことにしよう。 クライマックスシリーズ:5回. 千葉ロッテマリーンズの選手には、まだまだ名選手がたくさんいる。中でも歴代ドラフト1位選手で活躍している選手は多く、往年の名プレイヤーから現役選手まで幅広い顔ぶれがチームを支えてきた。どのような選手がいたのか振り返る。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「広告 – ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。, 当サイトで利用しているGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」ではトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 ユーザーの同意なしに開示・提供することは一切ありません。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 ロッテオリオンズ(1969年〜1991年) 千葉ロッテマリーンズ(1992年〜現在) 獲得タイトル. 日本シリーズ出場:6回. aクラス:28回. 登録選手・指導者などのnpb球団所属記載に関する注意 ... 2019年ドラフト1位 18 ... 歴代 監督. リーグ優勝:5回 成績. サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. 千葉ロッテマリーンズの選手には、まだまだ名選手がたくさんいる。中でも歴代ドラフト1位選手で活躍している選手は多く、往年の名プレイヤーから現役選手まで幅広い顔ぶれがチームを支えてきた。どのような選手がいたのか振り返る。 bクラス:41回 本拠地の変遷. ポジション:投手 経歴:中京高-愛知学泉大-石川ミリオンスターズ 身長・体重:185cm・80kg 投打:右投右打 生年月日:1992/5/26 Photo by Eugene Onischenko / Shutterstock, Inc. 千葉ロッテマリーンズは熱狂的なファンが多く、その応援は球場を揺らすほど。そんな声援の中でプレーする千葉ロッテマリーンズの選手たちの中には、ドラフト1位で入団し、活躍している選手が数多くいる。どんな選手がいるのか見ていくことにしよう。, 当時、東京オリオンズの1967年のドラフト1位で入団した村田選手。2年目のロッテ時代に6勝するなど、先発ローテーションの1角に。1970年から当時の監督だった金田正一監督のアドバイスの元、村田投手の代名詞ともなるダイナミックな投法であるマサカリ投法が生み出される。その後、1974年には日本シリーズで優勝し、胴上げ投手にもなった。投球スタイルもこのから変化が生じ、これまでの直球で押すピッチングからフォークボールを織り交ぜていくスタイルに。1976年には最優秀防御率、1979年には最多勝のタイトルを受賞し、球界にその名を残している。1983年には肘の手術を受け、翌年にはカムバック。中6日・日曜日での先発起用ということで「サンデー兆治」とも呼ばれた。, ロッテ一筋でその現役生活をプレーしたまさに「ミスターロッテ」こと有藤道世選手。1969年のドラフト1位入団の1年目からサードのレギュラーの座を獲得し、21本塁打の成績を残すなど新人王を獲得する。1970年にはオールスターゲームにも選ばれ以降13年連続で出場するという記録も持っている。この年は、ロッテ優勝にも貢献し、5番で出場。打率3割、80打点、25本塁打という好成績でチームを牽引した。1973年には日本一にも貢献し、1977年いは打率.329で首位打者にも輝く。1985年には2000本安打も達成し、1987年引退後にはすぐ監督に就任した。, 伊良部秀輝選手は、1987年のドラフト1位にてロッテに入団し、入団1年目から1軍にて活躍。当時から156km/hの剛速球を武器にしていた。「平成の名勝負」とうたわれた西武清原との対決時にマークした158km/hは当時の話題となった。1994年には、オールスターゲームに選出の他、最多勝と最多奪三振のタイトルも手にする活躍を見せ、翌1995年には、最優秀防御率も獲得するなど、投手としての才能をさらに開花させていく。1996年には、ニューヨークヤンキースへ移籍し、初登板初勝利を手にし「和製ノーラン・ライアン」と呼ばれた。その後、エクスポズ、レンジャーズとメジャー球団を経て2002年に阪神タイガースへ入団し日本球界に復帰した。, 端正な顔立ちとそのルックスから横浜高校時代は甲子園のアイドルとも呼ばれた愛甲選手。3年生の甲子園決勝戦では、同じく早稲田実業で人気の高かったエース荒木大輔選手との投げ合いを制し日本一を経験している。1980年ドラフト1位でロッテに入団当初は投手としてスタートするが、4年目から野手に転向して精進を続ける。主砲落合博光に弟子入りし打撃向上に努めた結果、1986年にはファーストでレギュラーを獲得するようになる。その後、1992年にはゴールデングラブ賞の獲得や連続フルイニング出場歴代5位記録も打ち出す。1995年には中日に移籍し、代打の切り札として活躍した。, 1990年のドラフト1位にて入団した小宮山悟投手。ルーキーイアーから6勝を挙げるほか、チーム内では最多先発登板と最多投球回数を達成するなどの大活躍を遂げる。2年目のシーズンでは開幕投手を務める他、二桁勝利を獲得。その後も3年連続で開幕投手を任されることになる。ロッテ以降は、横浜、ニューヨークメッツへと移籍し、その緻密なコントロールから「和製マダックス」とも呼ばれるほどだった。2004年からはロッテに戻り、ボビーバレンタイン監督のもとでチームに貢献を果たす。現役引退後、早稲田大学に入学し修士号を得る他、野球解説者としても活躍中だ。, 千葉ロッテマリーンズ歴代ドラフト1位選手の紹介をしてきた。投手、野手にと輝かしい記録を持つ選手ばかりだ。ロッテには、まだまだ注目すべき優秀な選手がたくさんいる。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. 千葉ロッテマリーンズ歴代レジェンドランキングトップ5! ... 有藤氏は、1968年に近畿大学からドラフト1位でロッテオリオンズに入団。同世代には田淵幸一氏や山本浩二氏、星野仙一氏などがおり、当初は知名度が高くありませんでした。 早速ですが、千葉ロッテマリーンズの歴代ドラフト1位選手を確認していきましょう。 やはり、歴代1位のドラフト1位の選手だけあってアマチュア時代注目を集めていた選手ばかりですね。その時のチーム事情にもよると思いますが、高校・大学・社会人問わず万遍なく獲得している印象があります。 また、少し前になりますが1967年、1968年のドラフトでは村田兆治さん、有藤道世さんを獲得しています。獲得タイトルを見れば凄 …