原油価格は、新型コロナの影響で落ち込んだ経済活動の再開に伴う原油需要の回復見通しを背景に、大きく値を戻してきました。opecが公表した8月月報では、2020年の世界の石油需要見通しがやや引き下げられたものの、相場の反応は限定的でした。 1324 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<6E3AFE1F6978D947B8B80E67CBE181FB>]/Index[1305 41]/Info 1304 0 R/Length 102/Prev 1109564/Root 1306 0 R/Size 1346/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream h�b```�#��F� cc`a�� а`�E��8L=�~����QC�p�����~G�F��k�^T�oc�s�8�a�]{E�I�?2d�o�A W�{�>)�$���Ɔ�2q�䇍.���965�L��* ブログを報告する. h�b```��,��@���� (���-�%���� [a���r���ۂ�=�I^��b� z�5��\��t�n�����=�qn�u�f��P�@l*��u����tN�V�H�ͭ%���"&y�).jpj1�,)�P���Ѷ@`a���in@�j�+X�Z�:MEf�rG�L�|���DF&9�T�h����a����xB�TIB`E��=��}J e Q�� 通常、減産によって原油は値上がりしますが、今回は新型コロナウイルスによる需要低下が理由のため、減産でも原油価格が下落しました。 そして日本では、2020年4月20日のガソリン価格が4月13日の週(前週)と比較して、1円安の130円/Lを記録しました。 endstream endobj 442 0 obj <. 472 0 obj <>/Filter/FlateDecode/ID[<379D8D124A89E145A41604DB3B0490AE><84B9FF60E34E0D489F7234DE90A2F4CB>]/Index[441 58]/Info 440 0 R/Length 138/Prev 459862/Root 442 0 R/Size 499/Type/XRef/W[1 3 1]>>stream %PDF-1.5 %���� ; 2020年の原油価格は1バレル=57~58ドル台で安定的に推移し、その平均は1バレル=58.5ドルになるという(2019年の原油価格の平均は57ドルだった)。 441 0 obj <> endobj 0 「OPECプラス」とは石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成される会合で、石油の「中期的な生産政策の方針」を決めています。, 今回はこの「OPECプラス」の結果を踏まえ、原油価格の今後の見通しを考察してみたいと思います。, 「OPECプラス」が開催された結果、参加各国は7月に減産量を日量960万バレル規模とすることを承認しました。, 減産量は6月の日量970万バレルを10万バレル下回るものの、当初7月に減産が予定されていた日量770万バレルを上回る結果になっています。, さらにその後も、「OPECプラス」による協調減産期間が、8月以降も規模を縮小しつつ2022年4月まで続く予定です。, 2020年の年明けには60ドル前後であった「WTI原油先物」がこれまで大きく変動してきたので、順を追って見ていきましょう。, 新型コロナウイルスの感染拡大によって、石油需要が減少したため原油価格の下落圧力が強まりました。, しかし「OPECプラス」においてロシアが減産に合意せず、サウジアラビアが原油の増産方針を発表したことを引き金に供給過多が懸念されて価格が急落しました。, 原油の貯蔵能力のない投資家が「WTI原油先物」を投げ売りし、価格が暴落したことによって遂に「史上初のマイナス」を記録することになったのです。, また新型コロナウイルスからの経済復活の見通しが立ち始めたことから、受給が改善するとともに、「WTI原油先物」の価格が回復傾向になりました。, 「原油価格」の今後の見通しを考える上では、「需要」と「供給」を考える必要があります。, まず「需要」面ですが、まだ新型コロナウイルスの影響が完全に払拭されたとは言えない状況です。, 今後も同様の状況が続くと思いますが、「需要」回復の指標は飛行機の国際線が以前の水準で運行されることではないかと個人的に考えています。, 最終的に完全に需要が戻るのは、「東京オリンピック」くらいになることを覚悟しておいた方がいいかもしれません。, 「OPECプラス」が毎月「共同閣僚監視委員会(JMMC)」を開く予定で、減産の順守状況や市場動向を確認しながら、小刻みに生産政策を調整するとのことです。, 国の財政収支が均衡する原油価格はサウジアラビアが1バレル83ドル台。ロシアが予算で設定した水準は42ドル台です。, また、アメリカのシェールオイルも損益分岐点が1バレル50ドル前後と言われています。, このことから考えると、「適正価格」となるためには、少なくとも原油価格急落前の「50〜60ドル/バレル程度」までは価格が上昇する必要があると考えています。, 結論として、「50〜60ドル/バレル程度」となるまでは受給の調整が図られることになるのではないかと予想しています。(※あくまでも個人的な予想です), 「OPECプラス」で減産継続が発表され、今後はまだ原油価格が上昇していくと個人的に予想しています。, 以下の記事で「原油に投資する方法」と「私が購入した金融商品」を紹介しているので、良かったらご覧ください!, 今後は投資している「原油関連の金融商品」の売り時が重要になってくると思っているので、引き続き「原油価格」に注目していきたいと思います。, はじめまして。「investor19」です。 All rights reserved. %PDF-1.5 %���� h�bbd```b``Q�K@$S'�d��ܬ`�3 ��&�dT�G��~@��ND�s�M0��"U��H�C`�� RD������������������ =�] h��W�o�F�W�c�!��(8N�z[� J� �?��5�H�� �_�zdI��@�m�`H�ݑ<>�ǣ�V� &�rL��3C��Ђ)Hf����G��� &M4�,�x��:�LYR�SΠ��Ly��WEKH2-*3�iE�k�*�0m���/���M��ܸX=�S�\�I�h��� ��'�W|����b�&~t����m��9�3������)�]����]/wx�5�Ԕ����&U]��_�t]�]�1���K���v�td&Hfޮq �|�4�/���T^�t�kǏS�z`��'��e���UwtT�b0Db2(E뭈zRܖ����T6���_��g�m�m�'�zW�&~���y��O=��%��I��f�N]�f!��+��z^]o\Ȋf7宫������|��C�'Z1��ZV�>9)����������1��� <11月10日(火)WEBセミナー開催>「社会貢献&教育」を両立させる超優良ビジネス/やる気スイッチグループが提唱する「学習塾」経営の全貌, 三井住友DSアセットマネジメント株式会社 調査部2020.8.21マーケットレポート, 本連載は、三井住友DSアセットマネジメント株式会社が提供するデイリーマーケットレポートを転載したものです。, ■北米の代表的な原油指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物価格は、8月に入り、40米ドルを上回る水準で底堅く推移しています。8月17日には、1バレル=42.89米ドルで取引を終了し、3月初旬以来、終値ベースで約5ヵ月半ぶりの戻り高値を付けて引けました。, ■投資家のリスク選好姿勢が続くなか、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成するOPECプラスによる協調減産の順守が報じられ、原油需給緩和への懸念が後退したことが好感されました。, ■8月12日に公表されたOPEC月報8月号によると、2020年の世界の原油需要予想は日量9,063万バレルと、前月の同9,072万バレルからやや減少しました。前年比では同906万バレル減少すると予想しています。, ■2021年の原油需要は、同9,763万バレルに回復すると見込んでいます。2020年比で同700万バレル増の見通しを維持しました。これは新型コロナの感染拡大による混乱が世界的に収まるとの想定に基づいています。, ■原油価格は、新型コロナの影響で落ち込んだ経済活動の再開に伴う原油需要の回復見通しを背景に、大きく値を戻してきました。OPECが公表した8月月報では、2020年の世界の石油需要見通しがやや引き下げられたものの、相場の反応は限定的でした。, ■今後は、主要産油国の協調減産の動向に加えて、世界で歯止めがかからない新型コロナの感染拡大の動向や、原油価格が40米ドルを上回ってきたことで採算が改善するシェール企業を中心とした米国の原油生産の動向などが注目されます。, ※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『原油価格は底堅く推移(2020年8月)』を参照)。, 投資情報グループは、総勢14名のプロフェッショナルを擁し、経済や金融市場についての運用会社ならではの高度な分析を社内外に情報発信しています。幅広い投資家に良質な情報を伝えるべく、活動する機会や媒体は多岐にわたります。年間で約800本の市場レポートを作成し、会社のホームページで公開中(2019年度実績)。, 【ご注意】●当資料は、情報提供を目的として、三井住友DSアセットマネジメントが作成したものです。特定の投資信託、生命保険、株式、債券等の売買を推奨・勧誘するものではありません。●当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、三井住友DSアセットマネジメント、幻冬舎グループは責任を負いません。●当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。●当資料に市場環境等についてのデータ・分析等が含まれる場合、それらは過去の実績及び将来の予想であり、今後の市場環境等を保証するものではありません。●当資料は三井住友DSアセットマネジメントが信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。●当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。●当資料に掲載されている写真がある場合、写真はイメージであり、本文とは関係ない場合があります。, メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。. M h�Nqe��X��X�fB!B�m�1f�{�1�Qb~ŵ� ����70�Ϡ��*P��h&���ph�����a����nm��&4��p����yW �Z�U�t� нH3Ӊ��c�� �y�r�ZCT12 p��q 原油価格:2020年度以降、iea の世界エネルギー見通し(2018 年11 月)に基づく上昇率(平均4.3%程 度)で推移。 ※ 為替:2020年度以降、実質為替レートが、短期的には内外金利差の影響を受けつつ、長期的に一定(物価上昇率 格差を相殺するように変動)。 1305 0 obj <> endobj 11/11 【WEB】 『お勧めの投資信託』を買う前に知っておきたい投信販売の実態, 11/11 【WEB】ネットで検索しても出会えない VIP向け相続対策専用保険の活用事例<2020年11月版>, 11/11 【WEB】相続税の「税務調査」の実態と対処方法~指摘率トップ、「名義預金」を税務署はどうみているか? ~, 11/12 【会場】 国内不動産オーナー必見!融資を活用した「海外不動産投資」の進め方, 11/12 【会場】 100%損金・50%損金がなくなったなんて大ウソ! 法人における最新の生命保険活用事例 <2020年11月版>, 11/14 【WEB】香港国家安全維持法・米中対立時代に通用する「海外資産管理会社」のつくり方、つかい方, 11/14 【会場】 保険を経由した移転で5倍も10倍も手残りが違う! 相続・資産運用・法人対策における生命保険活用事例 <2020年11月版>, 11/17 【WEB】 コロナショックでノックイン頻発!!富裕層が失敗した「仕組債」の実例研究, 11/17 【WEB】 銀行・証券会社では教えてくれない、日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方, 11/17 【WEB】ウィズコロナをリードすべく奮闘を続ける 「オーストラリア」の最新事情と投資環境, 11/17 【WEB】 個人でも活用が可能!いまこそ狙い目の小型航空機・ヘリコプター投資とは, 11/18 【WEB】一部の企業オーナーだけが実践している決算対策「オペレーティングリース」投資の基礎講座, 11/18 【WEB】 投資対象として大注目!償却メリットも狙える「空き家」再生の最新事情, 11/25 【WEB】<企業オーナー・クリニックオーナー・個人投資家向け> 豊かな生活・タックスマネジメントのための「海外プチ移住」の進め方, 11/25 【参加者限定】 資産運用のプロから直接「本音」が聞ける! IFA口座開設済みのお客様限定/特別フリートークセッションライブ, 11/29 【福岡会場】 オンラインでは絶対に話せない 新しい法人保険の活用事例<2020年11月版>, 11/29 【福岡会場】 ネットで検索しても出会えない 相続対策・資産運用型保険の活用事例, 12/01 【WEB】 コロナショックの今だからこそ考えるべき 「老朽不動産」「負動産」の出口戦略(基礎編), 12/01 【WEB】 インターネット法務に精通した弁護士による初心者のための「仮想通貨」投資の法的リスクと対策, 12/02 【WEB】一部の企業オーナーだけが実践している決算対策 「オペレーティングリース」投資の基礎講座, 12/02 【WEB】 『お勧めの投資信託』を買う前に知っておきたい投信販売の実態, 12/03 【WEB】税制改正にコロナパンデミック...今こそ考える「ハワイ不動産」の出口戦略, 12/03 【WEB】 新型コロナ禍の今だからこそ考える 富裕層のための「社会貢献としての寄付」入門, 12/09 【WEB】 失敗事例から学ぶ「立退交渉・賃料増減額・新型コロナ渦の賃料減額対応」, 12/09 【WEB】 子弟の本格留学を考える富裕層のための 「スイス・ボーディングスクール」の知られざる魅力, 12/09 【WEB】香港国家安全維持法・米中対立時代に通用する「海外資産管理会社」のつくり方、つかい方, 12/13 【名古屋会場】 オンラインでは絶対に話せない 新しい法人保険の活用事例<2020年12月版>, 12/13 【名古屋会場】 ネットで検索しても出会えない 相続対策・資産運用型保険の活用事例, 12/15 【WEB】銀行・証券会社では教えてくれない、日本で買える「劣後債」投資の実情と具体的な取り組み方, 12/15 【WEB】 世界25ヵ国、約64兆円の機関投資家・富裕層資金を運用する、 米国アライアンス・バーンスタインだから語れる「人生100年時代の資産延命術」, 12/17 【WEB】弁護士が解説!特殊詐欺、知的財産権、建物明渡、相続… 富裕層のための「トラブルからの資産防衛」, 12/17 【WEB】コロナショックでノックイン頻発!!富裕層が失敗した「仕組債」の実例研究, 12/19 【WEB】<企業オーナー・クリニックオーナー・個人投資家向け> 豊かな生活・タックスマネジメントのための「海外プチ移住」の進め方, 12/19 【会場】国内不動産オーナー必見! 融資を活用した「海外不動産投資」の進め方. 原油価格は2020年から2021年にかけてやや上昇するものの、依然として消費が低迷することから、2019年(61ドル)に比べて低い状態が続く。 また世界銀行は、原油消費量は2023年まで、パンデミック以前の水準を下回る、と指摘している。 2020年07月31日 原油市場展2020年8月号~トピック:米国の需要を巡る不透明感が上値を抑制(pdf:360kb) 調査部 マクロ経済研究センター 2020年07月02日 原油市場展望2020年7月号~トピック:協調減産など供給サイドの要因が原油価格を下支え(pdf:357kb) ■北米の代表的な原油指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物価格は、8月に入り、40米ドルを上回る水準で底堅く推移しています。8月17日には、1バレル=42.89米ドルで取引を終了し、3月初旬以来、終値ベースで約5カ月半ぶりの戻り高値を付けて引けました。, ■投資家のリスク選好姿勢が続くなか、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成するOPECプラスによる協調減産の順守が報じられ、原油需給緩和への懸念が後退したことが好感されました。, ■8月12日に公表されたOPEC月報8月号によると、2020年の世界の原油需要予想は日量9,063万バレルと、前月の同9,072万バレルからやや減少しました。前年比では同906万バレル減少すると予想しています。, ■2021年の原油需要は、同9,763万バレルに回復すると見込んでいます。2020年比で同700万バレル増の見通しを維持しました。これは新型コロナの感染拡大による混乱が世界的に収まるとの想定に基づいています。, ■原油価格は、新型コロナの影響で落ち込んだ経済活動の再開に伴う原油需要の回復見通しを背景に、大きく値を戻してきました。OPECが公表した8月月報では、2020年の世界の石油需要見通しがやや引き下げられたものの、相場の反応は限定的でした。, ■今後は、主要産油国の協調減産の動向に加えて、世界で歯止めがかからない新型コロナの感染拡大の動向や、原油価格が40米ドルを上回ってきたことで採算が改善するシェール企業を中心とした米国の原油生産の動向などが注目されます。.