All Rights Reserved. 告発の行方 the accused♥酒場で3人の男にレイプされた女性。犯人に有利な状況下、強姦では罪に問えず軽い刑で収監。被害女性を思い取引してでも刑務所に入れた検事補だが女性は納得しなかった。検事補はレイプを囃し立てた客を告訴する事で女性の尊厳を守ろうと…。あらすじ・ネタバレ 嫌がっているのに無理やり行為をさせられたことには変わりない。犯人は犯人として裁かれるべきだし、罪を償うべきだというお話の映画「告発の行方」だったのだ。. 通報してきた電話の声の男・ケン(バーニー・コールソン)を突き止め、証言を頼む。 被害者の素行 『告発の行方』(こくはつのゆくえ 原題:The Accused)は、1988年のアメリカ映画。 アメリカで深刻な社会問題となっているレイプにスポットを当てた問題作。 サラ役を演じたジョディ・フォスターが第61回アカデミー主演女優賞、第46回ゴールデングローブ賞 主演女優賞 を受賞した。 「告発の行方」ラストシーン・感想 なぜ被害にあった後にさらに傷つかなくてはいけないのか。 スポンサーリンク 監督 ジョナサン・カプラン (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 鶏が先か卵が先か…… 映画「プリデスティネーション(2014)」の感想など(ネタバレあり).    ケリー・マクギリス Copyright (C) 2020 GYAO Corporation. やがて原告がマリファナを服用していた事が発覚、裁判は絶対不利となっていく……。. いくら検査のためとはいえ、女性医師相手とはいえ、裸にされて写真を撮られ、股を開かれて器具をつっこまれ、最後のセックスまで赤裸々に聞かれるのはやっぱりキツイ。, さらに映画「告発の行方」の裁判では、被告の弁護側から被害者がふしだらだったと強調され、まるで晒しもののようにされる。 1988. 映画「告発の行方」で被害者の女性は、被害時だけでなくその後何度も屈辱的な行為を受ける。 映画「告発の行方」で被害者の女性は、被害時だけでなくその後何度も屈辱的な行為を受ける。 いくら検査のためとはいえ、女性医師相手とはいえ、裸にされて写真を撮られ、股を開かれて器具をつっこまれ、最後のセックスまで赤裸々に聞かれるのはやっぱりキツイ。 盛り場に露出度の高い服装で行こうが、お薬を吸っていようが、酔って男とイチャつこうが、そんなことは性的暴行された事実とは何も関係ないのだ。 まぁ映画「告発の行方」では、生半可な犯人じゃ、見てる側までサラにも責任があったって考えになるから犯人を超ゲスにしてるんだろうね。 しかしジョークとは言え、“彼氏の前であの男とやってみたい”ってサラが言ったのはやりすぎな気がするんだ。 投票・確認するにはログインしてください。. 直接かかわった犯人ではなく、現場にいて周りを囃し立てた男たちを教唆罪で訴えることに。 ケンの証言により囃し立てた男たちは教唆の罪で有罪になったのだった。, 囃し立てた男がクズすぎる。事件後までサラを罵ってくるし、主犯の大学生男もニヤニヤ余裕ぶっこいてるし。 『告発の行方』(こくはつのゆくえ 原題:The Accused)は、1988年のアメリカ映画。, サラ役を演じたジョディ・フォスターが第61回アカデミー主演女優賞、第46回ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)を受賞した。, ある夜、一軒の酒場から1人の若い男が飛び出してきて、公衆電話から警察に店でレイプ事件が起きていると通報した。彼に続いて店から飛び出してきた若い女性が、通りがかりの車に助けを求めてきた。その女性サラは、酒に酔ってマリファナを吸っていたところを、3人の男たちからレイプされたのだという。, 地方検事補キャサリンはこの事件の捜査を行うが、加害者たちは合意の上での行為(和姦)と主張、サラに有利な証拠も何1つなく、キャサリンは渋々司法取引に応じる。それを知ったサラは深く傷つき、自傷行為まで起こしてしまう。, そんなサラの姿を見たキャサリンは事件の再捜査を決意、レイプを煽り唆した男たちを暴行教唆の罪で告発するのだった。, http://www.imdb.com/title/tt0094608/trivia?tr=tr0754014, http://www.imdb.com/title/tt0094608/trivia, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=告発の行方&oldid=78310560. Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. スポンサーリンク 出演 ジョディ・フォスター この映画が公開された、1988年。このころ私はまだ子供だが、親のお下がりでもらったラジオで毎週日曜日に落合恵子さんの番組... 赤信号、皆が渡れば怖くない?1人が奇声を上げて走り出せば、良いのだと、楽しい事だと錯覚するかもしれないでもそれを側から見... 露出度の高い服を着て、マリファナを吸い、酒を飲んでいる女性は、レイプされて当然か?自らが挑発して、自業自得としてレイプさ... 「Yahoo!映画」はYahoo! 勝ち目がないと言われながらも、裁判を引き受けた女性検事補は調査を開始するが、被害者の女性は酒に酔っており、被告側の男たちは和姦を主張していた。. 特にエリートで品行方正、家族にも恵まれているキャサリンが、自分とかけ離れた環境にいるサラに親身になれないのは分からなくもない。 告発の行方. サラも法廷での証言を決意するのだった。 やっぱりサラにも責任の一端はあるんじゃないかと考えてしまう……。が、この映画「告発の行方」的にはそんなことは関係ないと伝えたくて、あえてサラに極端なことをさせてるんだろう。 犯人がサラが挑発してきたとか、誘ってきたとか言うのはもちろん検事補であるキャサリン(ケリー・マクギリス)だって最初は無意識に似たようなことを感じてるんだろう。, この映画「告発の行方」では、キャサリンが女性だからってサラに同情しないのも現実的。 告発の行方(1988)の映画情報。評価レビュー 469件、映画館、動画予告編、ネタバレ感想、出演:ジョディ・フォスター 他。 場末の酒場で起きた複数の男によるレイプ事件。勝ち目がないと言われながらも、裁判を引き受けた女性検事補は調査を開始するが、被害者の女性は酒に酔っており、被告側の男たちは和姦を主張していた。 しかし犯行時に店にいた男にののしられ、自暴自棄になって自動車事故で自傷したサラを見て、キャサリンはやっと本気でサラと一緒に戦うことを決意する。 場末の酒場で起きた複数の男によるレイプ事件。勝ち目がないと言われながらも、裁判を引き受けた女性検事補は調査を開始するが、被害者の女性は酒に酔っており、被告側の男たちは和姦を主張していた。やがて原告が... 被害後の屈辱 続きをみる. 決して良い暮らしをしているわけでもなく品行方正でもない若い娘、サラは地元の酒場で暴行されてしまう。, サラは司法制度を相手に、一回で諦めることなく戦を挑む。サラと女性検事補キャサリンは彼女を襲った男たちでなく、周りで仕掛け犯罪をあおった男たちをも追いつめていくのだった。, 以下ネタバレOKの方はスクロールを (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 映画「告発の行方」の感想など(ネタバレあり) 場末の酒場で起きた複数の男によるレイプ事件。. かれは主犯の一人の大学生と親友なので証言を拒むが、最後はサラのために法廷で証言をする。 ≪あらすじ≫ サラ(ジョディ・フォスター)の普段の素行があんまりよくないもんだから、周囲は被害にあったのは自己責任の部分が大きいと内心思う人がいっぱい。 JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。. だからこそ司法取引に応じて犯人を過失傷害であげたわけだ。 All Rights Reserved.