2017年に放送され人気と注目を集めた大人のラブ・サスペンスドラマ『カルテット』。このドラマの脚本を担当しているのは、坂元裕二です。これまでに手がけた作品はどれも大ヒット作となっている坂元裕二脚本のおすすめドラマをご紹介します。, 2017年の『カルテット』や2016年の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』など、そのシーズンに放送されたドラマの中でもとりわけ注目と話題を集めている、坂元裕二脚本作品。リアリティにあふれ共感できるストーリー展開と、思わず登場人物に感情移入してしまうセリフが特徴です。 孫悟空役を香取慎吾、沙悟浄を内村光良、猪八戒を伊藤淳史、三蔵法師を深津絵里が演じました。また、孫悟空の筋斗雲が羽状になっていたり、水川あさみ演じる凛凛など、原作にはないこのドラマだけのオリジナルキャラクターや設定も大きな見どころでした。, 韓国の大ヒット映画『猟奇的な彼女』を、設定を日本に置き換え大胆アレンジしたドラマがこちらの作品です。 織田裕二の主演ドラマ視聴率ランキングtop10! ※ランキング結果は、主演ドラマ限定となっています。 では、第10位から発表します! (そのドラマの動画を視聴する方法、またはdvdをレンタルする方法もリサーチしました!) 第10位 真夜中の雨 13.7% 脚本:坂元裕二 Sponsored Link 母親の愛というものを存分に感じられるドラマになっている。家族ドラマならぬ母娘ドラマだ。母親の愛情とはこんなにも強いものなのだということを教えてくれる。, 【逮捕されてからがグダグダ】 ・可愛い子供が主役のドラマが見たい 放送日:2010年4月14日〜6月23日 夫が疾走している主婦の巻真紀を松たか子、真紀の行動を探っているチェロ奏者・世吹すずめに満島ひかり、普段は美容院で働いているヴィオラ奏者の家森諭高(いえもり ゆたか)には高橋一生、有名な指揮者を祖父に持つ別府司は、松田龍平が演じました。, 虐待やネグレクトを題材に扱った『Mother』、結婚生活は送っても、なかなか夫婦になれない男女を描いた『最高の離婚』、30代の男女の間の空気を心情の変化を繊細に描いた『カルテット』。坂元裕二作品は、どれも時代の空気を自然にストーリーの中に取り込み、それを登場人物の何気ない会話にまで反映させています。 出典:週刊ポストセブン, 坂元さんの作品、確かに見慣れていないと「セリフが長い」「不自然」ととらえられてしまうこともあるみたいで、今回のドラマ『カルテット』でも、会話がもったいつけていて好きになれないといった意見もありました。, 坂元さんのドラマは、ドラマ好きかどうかを見極める“リトマス試験紙”です。良さがわからない人は、本当のドラマ好きではないと思いますし、坂元さんの作品に何にも感じない人は、人に関心がない、人間関係がうまくない人だと私は思います。 自身も母に捨てられた過去を持つ鈴原奈緒には、松雪泰子が扮しました。虐待を受ける少女・道木怜南は、芦田愛菜、母の道木仁美には尾野真千子、仁美の恋人・浦上真人には綾野剛、奈緒の里親・鈴原籐子に高畑淳子、奈緒の実母・望月葉菜を田中裕子が演じました。, 2組の夫婦のすれちがい生活を通して、現代の30代の結婚感や恋愛感が辛辣に描かれる作品が『最高の離婚』です。真面目で神経質な性格の夫と、がさつで家事が苦手な妻、と正反対の性格の二人が結婚生活を送っていく上で直面するトラブルは、男女問わず多くの人の共感を呼びました。 それ見た時に [CDATA[ 2016年秋ドラマも出揃って、どれを見ればいいのか迷ってしまいますね。 いよいよはじまった2017年冬ドラマ。話題作がたくさんありすぎて何を見たらいいか迷っちゃいますね。 WordPress Luxeritas Theme is provided by "Thought is free". 怜南の母親。シングルマザー 奈緒の母親。シングルマザー 脚本:坂元裕二 ... こんな人におすすめ. 恋と仕事に悩む男女の姿を等身大に描いたリアリティあふれるストーリーが魅力の坂元裕二作品。これまで話題や注目を集めたドラマの影には、坂元裕二の脚本があるのです。, 伝説的人気を誇る永遠の名作ドラマ『東京ラブストーリー』。月9ドラマ枠の人気の火付け役的存在でもありました。愛媛から上京した青年が、東京での生活、恋や仕事に翻弄されていく様子を美しくもリアルに描き、当時働く女性の大きな共感を得た作品です。 そのこだわりが垣間見えるエピソードに、『それでも、生きてゆく』に出演した女優、満島ひかりさんへの直談判が挙げられます。, 「青春ゾンビ」というブログにて詳しく書かれていたので抜粋します。 それ以来、フジテレビにて数々のドラマの脚本を担当、日本のドラマ脚本の第一線で活躍します。 ... こんにちはうさぎ♪です。4月から始まるドラマ『貴族探偵』月9も30周年を迎えるということで、フジテレビさんもかなり気合の入ったドラマを送り出してくる模様です。視聴率も当然気になりますが、内容もかなり気になるものになっています。というわけで今... こんにちはうさぎ♪です。 2017年に放送され人気と注目を集めた大人のラブ・サスペンスドラマ『カルテット』。このドラマの脚本を担当しているのは、坂元裕二です。これまでに手がけた作品はどれも大ヒット作となっている坂元裕二脚本のおすすめドラマをご紹介します。 道木仁美(29歳):尾野真千子 奈緒を産んだ本当の母親, 小学1年生の怜南(芦田愛菜)は、母親とその彼氏から虐待を受けています。代理担任となった奈緒(松雪泰子)は、薄々には怜南が虐待されていることに気付きますが、特に助けることはせず本当の担任教師に任せようとします。, ある日の寒い夜、奈緒は、怜南の家の前のゴミ捨て場に怜南がゴミ袋に入れられて捨てられているのを発見します。それをきっかけに奈緒は、怜南を虐待から助けるために怜南を誘拐して怜南の母親になることを決意します。そこから、奈緒と怜南の逃亡生活が始まるのです。, 小学校の代理の担任教師が、親に虐待されている教え子を助けるために、誘拐して逃げるという内容のドラマで、微笑ましいシーンはあってもワハハと笑えるシーンは一切なし。, ドラマの中には色んな母親が出てくるのだが、本当の母親や血の繋がらない母親のそれぞれの母親の子供に対する愛情に毎回泣かされる。どの母親にもリアリティがあり、世の母親は共感できるのではないだろうか。また、母親ではない方でも、母親の愛情というものがどんなものなのかというのを感じることができると思う。このドラマを見た後は、つい自分の母親のことを考えてしまうだろう。, 【とにかく泣ける】 ¨ãƒ»æ³¨ç›®ã®ã‚¤ã‚±ãƒ¡ãƒ³ã‚’チェック, 台本中、女性への「ブス」というセリフに対し…? 兼近大樹の対応に「さすが」「かっこいい」の声, 父に叱咤されたアイドルファンの娘 祖母の対応に「最高」「かっこよすぎる」, はぁ?夫が言い放った衝撃のひと言に震えた件【ママならぬ日々95話】, 「ピンクは女の子じゃないとダメ」と言われた父 とった行動に「素晴らしい!」の声, 「怖すぎる」 マッチングアプリで出会った人とLINEをしていると次第に…?, 脚本家・坂元裕二のドラマ4選 『カルテット』ロスのママに…. こんにちはうさぎ♪です。 こう ちょっと手がね、震えてて しかし、それで終わらないさすがの坂本さん、それから何度もオファーを繰り返し、それでも断られるという連続の末、なんと満島さんに直談判しに行ったらしいです。, そしたら会いに来て 主演にTOKIOの松岡昌宏さんが女装をして家政夫役を演じるという「ネタドラマ」風の体裁ながら、実は脚本が『下町ロケ... こんにちはうさぎ♪です。4月から始まるドラマ達。春だからか、どの局も結構気合が入っているような気がします。どのドラマを見るのか迷ってしまいますね。さて、今回は、フランケンシュタインンが人間の女性の恋をするという、今の時代にマッチしているのか... こんにちはうさぎ♪です。 広告代理店で働く主人公の永尾完治役は織田裕二、帰国子女で天真爛漫な性格の赤名リカを鈴木保奈美、完治の幼なじみの三上健一に江口洋介、完治が高校時代から思っていた女性・関口さとみ役は有森也美が務めました。, 『東京ラブストーリー』で主演を務めた織田裕二の久しぶりの月9ドラマ主演作品が、こちらの『ラストクリスマス』です。30代後半の仕事のできる男性である主人公・春木健次は、爽やかで男っぽいルックスも魅力。女性社員からの人気も集めています。 几帳面で神経質な性格の夫・濱崎光生を瑛太、がさつな性格の妻・濱崎結夏を小野真知子、光生の大学自時代の恋人上原灯里を真木よう子、灯里の夫・上原諒を綾野剛が演じました。, カルテットを結成しているアマチュア演奏家の4人の男女の恋愛模様を時にコミカルに時にシリアスに描いたドラマ『カルテット』は2017年の1月から3月に放送されました。 テンポのいいストーリーに好感を持つ視聴者も多いみたいで、... なんと19歳の時に『第1回フジテレビヤングシナリオ大賞』を受賞してデビューしてます。すごいです。, その2年後、デビューからわずか4年目で『東京ラブストーリー』が大ヒット!社会現象になるほどのヒットを生み出しました。当時なんと23歳。主演の織田裕二さん、鈴木保奈美さんと同年代だという事実!すごいです。, 「セリフが長い」「不自然」ととらえられてしまうこともあるみたいで、今回のドラマ『カルテット』でも、会話がもったいつけていて好きになれないといった意見もありました。. 坂元さんが「いや、あなたが出ること以外僕は想定していない」って言って 出典:週刊ポストセブン, 好きな人はここまで!でも、ドラマ好きな人ほど坂元作品を評価していますから、あながち間違いじゃないかもしれませんね。, 坂元裕二さん、脚本家でありながら、キャスティングにも非常にこだわるらしく、演技のできる俳優さんを指定することが多いみたいです。 Copyright © 2020 Movie Delight All Rights Reserved. 「あぁ私、この人と仕事・・・って言うか、 まとめ. 大学の理学部で講師として働く眞崎三郎は、温厚で生真面目な性格の青年です。ある日駅で酔っ払っている女性・高見凛子を助けますが、彼女は気が強くわがまままで横暴と三郎とは正反対の強烈なキャラクター。衝撃的な出会いと凛子のキャラクターから苦手意識を持っていた三郎ですが、彼女に内に秘めた純粋さや繊細さにいつしか惹かれていくのでした。 お釈迦様によって五百年もの間封印されていた孫悟空は、助けてもらった三蔵法師の弟子となり、天竺までの旅のお供をすることになりました。三蔵の弟子、沙悟浄、猪八戒と共に行く先々で悪さを働く妖怪たちを退治していきます。 週刊誌の記者 鈴原籐子(55歳):高畑淳子 特に評価されている作品と言えば, ・介護現場の過酷さ、社会格差などを描いた「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」も坂元作品でした。 『ラストクリスマス』は、『東京ラブストーリー』にも通じる、魅力的なキャラクターたちが繰り広げるオフィスラブに注目が集まった作品です。 仁美の恋人。怜南を虐待する この人と人生の中で大きく関わらなければいけない」って, ちなみに、この時手が震えていたのは満島さんではなく、坂元さんだったらしいですが・・。, 満島さん以外にも坂元さんに高い信頼を置いている俳優さんはまだまだいるみたいですが、それはまと次の機会に。, それにしても、かつてのベテラン脚本家の方々って、キャスティングにも結構入ってくるものなんですね。坂元さんだけかもしれませんが。, こだわって、熱く作品を作っていくという姿勢で臨んでいるというのが伝わってきて、今度のドラマ『カルテット』を見る目が変わりました。, あの豪華キャストが一堂に会すことができたのは、坂元さんのおかげなのかもしれませんね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, ネットフリックスで配信されているウィッチャードラマをはじめ、ゲームや原作小説などウィッチャーの世界を深く探求するブログです!. 休日はSTAYHOMEで動画見まくり。, ドラマ『Mother』は、動画配信サイト「Hulu」で全話見ることができます。初回登録後、2週間は無料でドラマや映画が見放題なので、無料お試し期間に一気見するのもありです。, 2006年放送のドラマ『14才の母』のネタバレあらすじ感想。タイトルの通り、14才の女性が妊娠して母親になるという内容で、主に妊娠してから出産するまでの物語です。14才という若い年齢での妊娠出産の苦悩が丁寧に描かれています。主演は志田未来。, 2010年放送のドラマ『流れ星』のネタバレあらすじ感想。難病の妹のために肝臓を提供してもらう代わりに借金を肩代わりするという契約で偽装結婚をした偽装夫婦の感動の愛の物語です。出演は、上戸彩・竹野内豊・北乃きい・松田翔太ほか。, 2011年放送のドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』のネタバレあらすじ感想。結婚を控えた幸せそうなカップルの愛が試されるストーリーです。もし婚約者の浮気が発覚したらあなたならどうしますか?出演は、戸田恵梨香・三浦春馬・武井咲など。, 2012年と2013年に放送されたドラマ『リーガルハイ』のネタバレあらすじ感想。風変わりな敏腕弁護士と正義感の強い新米弁護士が型破りな方法で事件の本質を突き戦う弁護士物語です。出演は、堺雅人・新垣結衣・里見浩太朗・田口淳之介ほか。, 2006年放送のドラマ『白夜行』のネタバレあらすじ感想。小学生の頃に実の母親と父親を殺した2人の男女が、お互いを守るために罪を重ね続ける悲しく切ないサスペンスストーリーです。出演は、山田孝之・綾瀬はるか・武田鉄矢・八千草薫ほか。, 2011年放送のドラマ『マルモのおきて』のネタバレあらすじ感想。文具メーカーに勤める独身サラリーマンが亡くなった親友の双子の子供を育てるというストーリー。心がほっこりしてほのぼのするドラマです。出演は、阿部サダヲ・芦田愛菜・鈴木福ほか。.