ウラディミール・バレンティン の名言. 背番号: 6 ポジション: 内野手 身長 / 体重:186cm / 85kg 生年月日:1988年12月14日 投打:右投右打 村田 修一の名言集. 吉川 尚輝の名言集. (ことだま野球を熱くする名言集集英社より引用), センバツまであと1ヶ月。君たちがガンバっている毎日の努力が甲子園で発揮できますように!, 小さなボールと1本のバットには運命と人生がつまっている。 Copyright© Copyright ©  心に残る名言集・格言│~最大級~ All rights reserved. (ことだま野球を熱くする名言集集英社より引用), 失敗するのは誰でも怖いもの。イケイケドンドンでガンガンプレーした時の失敗は、誰も怒らないよ。, やらないことには、結果が出るかでないかわからない。先に答えを欲しがるのは、甘えでしかない 画像数:60枚中 ⁄ 1ページ目 2020.08.22更新 プリ画像には、坂本勇人 名言の画像が60枚 あります。 一緒に 空、 砂の塔、 元気になれる名言、 ポエム、 神社 も検索され人気の画像やニュース記事、小説がたくさんあります。 (ことだま野球を熱くする名言集集英社より引用), 学年が終わろうとしています。嫌なこともいろいろあったかもしれません。でも、楽しいことはそれ以上にあったはず。, Newday!Newday!要するに「打たれても気にするなよ」ということだ。「まだ次の日、がんばればいいじゃないか」と。 (ことだま野球を熱くする名言集集英社より引用), 高校での3年間が間違いなく一番しんどかったです。でもね、高校での3年間がなかったら、間違いなく今の僕はいないんですよ。 上原 浩治の名言集. いい刺激の中でできている。 (ことだま野球を熱くする名言集集英社より引用), バッティングでダメだったら守備でがんばろう。守備がダメだったらバットで取り返そう。引きずったまま、どっちもダメっていうのが最悪じゃないですか。 さかもと はやと. 松井 秀喜 の名言 [No.2] 坂本 勇人 410 根拠の無い自信を持って、 それを裏付ける努力する。 坂本 勇人 の名言 [No.3] 大谷 翔平 304 無駄な試合や 無駄な練習というのはない。 大谷 翔平 の名言 [No.4] イチロー 175 夢を掴むことというのは 一気には出来ません。 2020年3月28日2020年4月20日 高橋 優貴の名言集. 松井 秀喜の名言集. 野球魂 , (ことだま野球を熱くする名言集集英社より引用), 積極的に動いて自分をアピールしよう。受け身で待っていたって、いいことなんか何もない。 野球の面白さや魅力を伝えるべく、私、つれボーに加えて複数の野球仲間と共に楽しく記事を執筆しています。 ストレッチは必ず試合が終わって家に帰っても行う。何年もずっと続けている。打撃も守備も柔軟性は大事, 打撃は技術だけでは絶対にうまくいかない。流れや状況判断も大事なんだ。それを阿部さんが教えてくれた。, 子どもたちが僕たちの試合を見て、やっぱり野球選手はすごいんだなというプレーを見せたい, グラブを選ぶ時には、柔らかすぎず硬すぎず、グラブをはめたフィット感を大事にしています, 捕球はグラブの捕球面をボールに早めに合わせるようにしています。あと、判断するときに大切なのは、とにかく一球一球集中することですね, (プロ野球選手の条件とは?)才能、努力…。そして数字では推し量ることのできない「何か」が必要. (ことだま野球を熱くする名言集集英社より引用), 野球の試合の中には、人生のすべての要素が詰まっている。 NPB・MLBに多くの記録を残した、イチローの名言について紹介したいと思います。心に響き、考えさせる言葉を「思考」「行動」「心構え」「目標」の4つの項目にまとめました。自分と向き合いたい時などに是非ご覧ください。, キミはなんでそう、火に油を注ぐようなことを言うかな? まるで、某球団のマスコットみたいだよ, 名前出しちゃったよ……今回は元メジャーリーガー、イチロー選手の名言についてまとめてみました!, どうやって、ヒットを打ったのかが問題です。たまたま出たヒットではなにも得られません。, 逆風は嫌いではなく、ありがたい。どんなことも、逆風がなければ次のステップにいけないから。, 苦しみを背負いながら、毎日小さなことを積み重ねて、記録を達成した。苦しいけれど、同時にドキドキ、ワクワクしながら挑戦することが勝負の世界の醍醐味。, 結果が出ない時、どういう自分でいられるか。決して諦めない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。, 今自分がやっていることが好きであるかどうか。それさえあれば自分を磨こうとするし、常に前に進もうとする自分がいるはず。, 自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会ったときに、「お、自分はまだまだいける」と思います。, 自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべき。, 自分の器が広がっているとは感じていません。自分の能力をどれくらい発揮できるかが変わったと思います。, 自分を殺して相手に合わせることは、僕の性に合わない。まして上から色々言われて、納得せずにやるなんてナンセンスだと思います。, 進化する時っていうのは、カタチはあんまり変わらない。だけど、見えないところが変わっている。それがほんとの進化じゃないですかね。, 相手が変えようとしてくるときに、自分も変わろうとすること、これが一番怖いと思います。, 打率ではなく、ヒットを一本増やしたいとポジティブに考えるのです。そう思っていれば打席に立つのが楽しみになりますよね。, 大切なのは、自分の持っているものを活かすこと。そう考えられるようになると、可能性が広がっていく。, 努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうじゃない。努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、僕はそうだと思う。人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです。, 同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで、ぜんぜん結果は違ってくるわけです。, 憧れを持ちすぎて、自分の可能性を潰してしまう人はたくさんいます。自分の持っている能力を活かすことができれば、可能性は広がると思います。, 壁というのは、できる人にしかやってこない。超えられる可能性がある人にしかやってこない。だから、壁がある時はチャンスだと思っている。, 僕のプレイヤーとしての評価はディフェンスや走塁を抜きにしては測れない。どの部分も人より秀でているわけではないし、すべてはバランスと考えています。, 僕は天才ではありません。なぜかというと自分が、どうしてヒットを打てるかを説明できるからです。, アップの時には全力で走るとか、早く来て個人で練習しているとか、そんなことは僕にとって当たり前のこと。, キャンプでいろいろと試すことは、ムダではありません。ムダなことを考えて、ムダなことをしないと、伸びません。, びっくりするような好プレイが、勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなさないといけないプレイを確実にこなせるチームは強いと思います。, プレッシャーはかかる。どうしたってかかる。逃げられない。なら、いっそのことプレッシャーをかけようと。, やれることは全てやったし、手を抜いたことはありません。常にやれることをやろうとした自分がいたこと、それに対して準備した自分がいたことを誇りに思っています。, 何かをしようとした時、失敗を恐れないでやってください。失敗して負けてしまったら、その理由を考えて反省してください。必ず将来の役に立つと思います。, 気持ちが落ちてしまうと、それを肉体でカバーできませんが、その逆はいくらでもあります。, 自分が全く予想しない球が来たときにどう対応するか。それが大事です。試合では打ちたい球は来ない。好きな球を待っていたのでは終わってしまいます。, 自分の思ったことをやりつづける事に後悔はありません。それでもし失敗しても後悔は絶対に無いはずですから。, 自分を客観的に見て、やるべきことをやります。それは、どんなときにも変わらないものなのです。, 準備というのは、言い訳の材料となり得るものを排除していく、そのために考え得るすべてのことをこなしていく。, 小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。, 成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。, 前向きに食事をし、前向きに買い物をした。何事も前向きに行動することが可能性を生む。, 打てない時期にこそ、勇気を持ってなるべくバットから離れるべきです。勇気を持ってバットから離れないと、もっと怖くなるときがあります。そういう時期にどうやって気分転換をするかは、すごく大事なことです。, 特別なことをするために特別なことをするのではない、特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする。, 僕はいつも一生懸命プレーしていますが、今日はよい結果が出なかった。でも、だからといって後悔もしていないし、恥ずかしいとも思っていません。なぜなら、できる限りの努力をしたからです。, 僕は仰木監督によって生き返らせてもらったと思っています。監督はたとえ数試合安打が出なくても、根気よく使ってくれました。その監督に感謝するためにも、いい成績を残したかった。, 練習で100%自分を作らないと打席に立つことは出来ません。自分の形を身に付けておかないと、どん底まで突き落とされます。, グラウンドの上では自分の築きあげてきた技術に対する自信。今までやってきたことに対する自信。『やりたい』と思う強い気持ちが支えになります。, チームに乗せてもらうことはありますが、そういう時は少ないのです。チームの流れとは別のところで、自分をコントロールしてきたつもりです。, ハイレベルのスピードでプレイするために、僕は絶えず体と心の準備はしています。自分にとって最も大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。, バットの木は自然が何十年も掛けて育てています。僕のバットはこの自然の木から手作りで作られています。グローブも手作りの製品です。一度バットを投げた時、非常に嫌な気持ちになりました。自然を大切にし、作ってくれた人の気持ちを考えて僕はバットを投げることも地面に叩きつけることもしません。プロとして道具を大事に扱うのは当然のことです。, パワーは要らないと思います。それより大事なのは自分の『形』を持っているかどうかです。, 汚いグラブでプレイしていたら、その練習は記憶には残りません。手入れをしたグラブで練習をしたことは、体に必ず残ります。記憶が体に残ってゆきます。, 何かを達成した後は気持ちが抜けてしまうことが多いので、打った塁上では『次の打席が大事だ』と思っていました。, 決して、人が求める理想を求めません。人が笑ってほしいときに笑いません。自分が笑いたいから笑います。, 結果を出せないと、この世界では生きていけません。プロセスは、野球選手としてではなく、人間をつくるために必要です。, 試合後はロッカーや車の中で気持ちの整理をします。いい結果も、悪い結果も家には持ちかえりません。, 自分のしたことに人が評価を下す、それは自由ですけれども、それによって、自分が惑わされたくないのです。, 首位打者のタイトルは気にしない。順位なんて相手次第で左右されるものだから。自分にとって大切なのは自分。だから1本1本重ねていくヒットの本数を、自分は大切にしている。, 初心を忘れないことっていうのは大事ですが、初心でプレイをしていてはいけないんです。成長した自分がそこにいて、その気持ちでプレイしなくてはいけない。, 人のアドバイスを聞いているようではどんどん悪いほうにいきます。周りは前のフォームがどうだったとか言いますが実はそんなことはたいしたことではないのです。精神的なものが大きいと思います。どうやって気分を替えるかとかそういうことが大事です。, 妥協は沢山してきた。自分に負けたこともいっぱいあります。ただ、野球に関してはそれがない。, 僕は決して『打率4割』とは言わないんです。6割の失敗は許してやるわ、と。いつもそう言っているんです。, ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになる ということですね。, そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ。誰だってそうじゃないですか。つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。でも、僕は子供のころから、目標を持って努力するのが好きなんです。だってその努力が結果として出るのはうれしいじゃないですか。, プロ入りしたとき、2000本安打打てるようになれよとスカウトの方に声をかけてもらったことを思い出しますが、今日のことは、日づけが変わるまでには終わりたいと思います。次の目標は、次のヒットです。, やってみて「ダメだ」とわかったことと、はじめから「ダメだ」と言われたことは、違います。, 期待はいくらかけてもらっても構わないんですけど、僕は僕以上の力は出せないので、自分の力を目一杯出すしかないということですね。, 結果が出ないとき、どういう自分でいられるか。決してあきらめない姿勢が、何かを生み出すきっかけをつくる。, 高い目標を成し遂げたいと思うなら、常に近い目標を持ちできればその次の目標も持っておくことです。それを省いて遠くに行こうとすれば、挫折感を味わうことになるでしょう。近くの目標を定めてこそギャップは少ないし、仮に届かなければ別のやり方でやろうと考えられる。高い所にいくには下から積み上げていかなければなりません。, 今、自分にできること。頑張ればできそうなこと。そういうことを積み重ねていかないと遠くの目標は近づいてこない。, 他人の記録を塗り替えるのは7割、8割の力でも可能だが、自分の記録を塗り替えるには10以上の力が必要だ。, 僕が数字で満足することはあり得ません。なぜなら、数字が内容を反映しているとは限らないからです。目標を設定して、そこに到達すればそこで満足してしまって、先へ進む努力をしなくなるでしょう。毎打席、何かしら、学ぶべきこと改良すべきことがあります。満足は求めることの中にあるんです。, 僕は僕の能力を知っていますから、いくらでも先はあるんですよ。人の数字を目標にしているときというのは自分の限界より遙か手前を目指している可能性がありますけど、自分の数字を目指すというのは、常に限界への挑戦ですから。, 夢を掴むことというのは一気には出来ません。小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。, 最新ヒットを5分で解説!【11月2日付】Spotify Japan 急上昇チャート, 音楽の才能を開花させるYouTuber! オリジナル楽曲をリリースしたYouTuber特集.