↓↓↓ ´ç¿’(小学6年生対象)など, 選手紹介 | 活動案内 | スケジュール | スコアブック | フォトギャラリー | サイトマップ. 11月08日 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 京都大会 vs NECレッドロケッツ 試合結果, 11月07日 V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN 京都大会 vs トヨタ車体クインシーズ 試合結果, 11月01日 V・レギュラーラウンド 1st Leg vs JTマーヴェラス ギャラリーをアップしました。, 10月31日 V・レギュラーラウンド 1st Leg vs 岡山シーガルズ ギャラリーをアップしました。, リモートマッチをご自宅から応援してくれるファンの皆さんに All Rights Reserved. Copyright© 2010-2020 AGEO MEDICAL GROUP. bリーグチーム一覧。スポーツ総合サイト、スポーツナビ(スポナビ)のbリーグ・b2のページです。試合速報(ボックススコア)、日程、結果、順位、ランキング、選手名鑑情報、チャンピオンシップ、プレーオフなどを素早くお届けします。 Copyright (C) 2013 Saitama SP Baseball Club All Rights Reserved. オリンピックアーチェリーの銀メダルの山本さんが埼玉の高校で教師をやっていることを知らない 自転車プロチームの梅丹gdrは秩父が本拠地だが、やっぱり知名度は極めて低い。ブリヂストンアンカーも埼玉だったはず。 埼玉とアマスポーツ . , ƒAƒ‹ƒoƒCƒg‚³‚ñI‹Ù‹}•åWI•ÏXŒfÚ‚µ‚Ü‚µ‚½B, uŒ»‹à‘ݏo‹@v‹…”‘—Ê‚Ì‚²ˆÄ“à‚ðŒfÚ‚µ‚Ü‚µ‚½B, ƒuƒŠƒaƒXƒgƒ“ ƒSƒ‹ƒtƒAƒJƒfƒ~[‚̕ύX‚ðŒfÚ‚µ‚Ü‚µ‚½B, 5/29` ‰c‹ÆŽžŠÔ•ÏX‚Ì‚¨’m‚点‚ðŒfÚ‚µ‚Ü‚µ‚½B. ※この記事は、2019年7月19日、STARTUPismにて公開された記事を転載しています。, 国内最大規模のNoCoderコミュニティを運営する一般社団法人NoCoders Japan協会、およびガイアックス、Creww、Studio ENTREの4社は2020年12月5日(土)に、「NoCodeサミット 2020A/W」を開催します。 本イベントでは、最新のNoCodeの技術動向・活用事例についてそのサービスを運営している企業と共同で行い、NoCode分野のさらなる活性化およびそれによる新規事業の創出・周辺領域における事業の拡大を目的としていなす。, 京都銀行は、2020年11月12日に東京証券取引所/日本取引所グループとともに開催する「京銀・東証イノベーションピッチ2020」への参加企業を募集する。今回はオンラインでの開催となる。, 九州・山口の全9県及び経済団体7団体で構成するベンチャー支援組織「九州・山口ベンチャーマーケット実行委員会」が、各県のイチオシベンチャーを集めたピッチイベント「九州・山口ベンチャーマーケット2020」を開催する。, 愛知県では、2018年10月に「Aichi-Startup戦略」を策定し、この戦略に沿って、スタートアップ・エコシステムの形成・充実に努めています。本取組の一環として、ビジネスプランコンテストを通じてスタートアップの創出につなげる「Aichi-Startup ビジネスプランコンテスト」を今年度から開始。本オンライン説明会では広くAichi-Startup ビジネスプランコンテストを知ってもらうと共に、どんなアイディアも社会を変えるビジネスになるチャンスがあること、そのアイディアを元に起業するチャンスがあること、そして起業後のしっかりとした支援体制が整っていることをお伝えします。, 数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においてもイノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。中でもスポーツと連携したオープンイノベーション施策は、オリンピック・パラリンピック等が2020年に開催されることが決定したこともあり、2018年より東京や埼玉を中心に進められるようになった。今回は埼玉県の象徴的なオープンイノベーション事例「スポーツと連携したオープンイノベーション」について埼玉県を代表して埼玉県産業労働部産業支援課 創業支援担当 主幹 渡邊 隆弘氏にお話を伺った。, PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。, 関東経済産業局ではCreww株式会社と連携して、「地域企業・スタートアップ共創アクセラレーターチャレンジ」を実施しています。今回、スタートアップとの共創による新たな価値創造に挑戦する地域企業を3社採択したことを発表しました。今後、11月下旬を目処にスタートアップの皆様からの提案を募集予定です。, Crewwと浜松市が2020の夏より開始した自治体オープンイノベーション「浜松アクセラレーター2020」。浜松市がオープンイノベーションを実施するに至った目的とは。また浜松市がアクセラレータープログラムの開催をきっかけに描く本市の未来像について、浜松市産業部次長の江馬氏と浜松市産業部産業振興課ベンチャー支援グループの杉浦氏にお話を伺いました。, 広島発 日本全国、浸水被害ゼロを目指したオープンイノベーション|建材メーカーの「防水ボックス」を広告媒体に。, 不動産系アクセラレータープログラム| マリモが不動産の枠を超えた新たな価値の挑戦をするパートナー募集, 浜松市とCrewwによるオープンイノベーションプログラム 『浜松アクセラレーター2020』が10月26日より開始, 現金ではなくポイントでお試し資産運用。投資資産運用を身近な存在に変えるオープンイノベーション, 成城コルティと買い物代行サービス「twidy」による宅配サービス「小田急タクシーデリバリー」がスタート, PayPayがアクセラレータープログラムを開催!|スタートアップの支援とミニアプリ機能の拡充, 東工大発ベンチャー 「aiwell」×東大発ベンチャー「イノカ」による海の環境保全を達成するための共同プロジェクト, 【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編), 【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編), シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く, 小中学生向け教育×エンターテイメント事業を展開するスタートアップ「Go Visions」が総額1.1億円の資金調達を実施, 明日6日まで!SkyDrive社開発の「空飛ぶクルマ」、世界で初めての一般公開@東京, 日本最大規模のNoCodeイベント「NoCodeサミット 2020A/W」12月5日に開催, 京都銀行が「京銀・東証イノベーションピッチ2020」への参加ベンチャ企業&スタートアップを募集!, スタートアップと第二創業ベンチャー向けイベント『九州・山口ベンチャーマーケット2020』が開催!, 【11/4 オンライン説明会】愛知県内で起業予定の大学院生など高度な科学技術を持つ方対象「Aichi-Startup ビジネスプランコンテスト」, https://accele.creww.me/collaboration/saitama-sports-start-up-2020-7, あなたのこだわりのアイディアを集めて理想的な商品を製作するモノづくりプラットフォーム『モノラボ』, 5億円の資金調達を実施した音声配信アプリ「stand.fm」|配信者の収益化を支援するパートナープログラムを開始, 関東経済産業局|地域企業・スタートアップ共創アクセラレーターチャレンジに参画する地域企業を採択, 浜松市が仕掛けるオープンイノベーション|ものづくり×ベンチャーによるイノベーションの創出, 感染事例のある場所を地図でチェック。NewsDigestアプリ内で新型コロナウイルスの「感染事例が報告された場所の情報」マップを提供開始, 新型コロナウイルス感染症「使い切り簡易検査キット開発」「READYFOR」にて支援募集を開始. いつも暖かいご声援ありがとうございます。 埼玉上尾メディックスは埼玉県上尾市に拠点を置く、女子バレーボールチームです。地域の皆様を愛し、愛されるチームを目指し、日々活動しています。 #地方オープンイノベーション, 分譲マンションディベロッパーとして全国各地で「ポレスターマンション」を提供するマリモが、クラウド型オープンイノベーション支援サービス「CrewwGrowth」にて、不動産の枠を超えた新たな価値の挑戦をするパートナーを募集しています。 スタートアップの皆様からの協業ビジネスプランをお待ちしております。, Creww株式会社(クルー)は浜松市とともに、オープンイノベーションによる新規事業の創出を目的とした『浜松アクセラレーター2020』を2020年10月26日より開始します。 #アクセラレータープログラム #モノづくり #浜松, アジア最大級の資産運用会社・三井住友トラスト・アセットマネジメントが「人生100年時代に備える!資産運用をより身近な存在にしたい」をテーマに、2019年よりアクセラレータープログラムを実施。資産運用をより身近にし、新たな投資アプローチの発掘を目指した同プログラムに採択されたのは、世界で初めての「株価連動型ポイント運用システム」を開発したSTOCK POINT株式会社だ。具体的にどのような取り組みを行ったのか。三井住友トラスト・アセットマネジメントの経営企画部・中村 卓雄氏と、STOCK POINTの代表取締役・土屋清美氏に本オープンイノベーションに関する取組みについてお話を伺った。, 小田急SCディベロップメントが運営する商業施設「成城コルティ」では、2020年10月27日(火)より、ダブルフロンティアが提供するお買い物代行サービスウェブサイト「ツイディ」を活用し、小田急交通のタクシーにより自宅等指定の場所へ配送する新たなサービスを実証実験として開始した。, オープンイノベーションは、企業外の組織と連携して新規事業を進めていく手法です。 オープンイノベーションを成功に導くためには、まず失敗しやすいパターンを把握しておく必要があります。 今回は、オープンイノベーションの失敗しやすいパターンを紹介し、様々なリスクやハードルを乗り越えてオープンイノベーションに成功している2社の事例を紹介していきましょう。, YJキャピタルとEast VenturesおよびPayPayは、スタートアップ企業を対象に、参加企業の成長支援と「PayPay」のミニアプリ機能拡充を目的とした「PayPay Accelerator Program」の提供を開始し、10月26日より参加企業を募集している。, タンパク質の網羅的解析技術“AIプロテオミクス”の汎用化と社会実装と進めている東工大発ベンチャー企業 aiwellと、環境移送技術の研究開発および社会実装を推進する東大発ベンチャー企業 イノカは、海洋環境を保護するための共同事業を開始... #AIプロテオミクス こうした埼玉県の魅力を、プロスポーツチームと連携したオープンイノベーションという手法で発信することで、埼玉県での創業を促すとともに、企業のさらなる成長につなげたいと考えています。 埼玉 Sports Start-up(SSS)とは? 埼玉県内におけるスポーツの振興、世界に羽ばたく彩の国アスリートの育成を目指しています。スポーツ少年団、総合型地域スポーツクラブ、スポーツ科学委員会などの紹介。 新型コロナウイルス関連の投稿は当分の間厳禁といたします。詳しくはこちらをご覧ください。, https://wiki.chakuriki.net/index.php?title=埼玉のスポーツ&oldid=1605765, ぶっちゃけレッズやアルディージャで盛り上がるのは中部と東部の人たちだけ。西部の住民は県内の事などどうでもいいと思ってるので、レッズに興味を示すのはサッカー経験者くらい。, そりゃいくらなんでも言い過ぎじゃないかねえ。少なくとも赤サポはレオ党と同じくらい、結構な数でいると思うよ。試合の日は荒川から西でもレッズユニをちらほら見かけるしw, 「巨人ファン」であることが掟である市町村が少なくない(他、東京下町にもそう思えるくらい巨人ファンが多い。), ちなみにイトーヨーカドーから譲渡されたチームです。(旧チーム名:イトーヨーカドー・プリオール), ラグビートップリーグのセコムラガッツ(狭山市)やハンドボールの強豪大崎オーソル(三芳町)もあるのだが地元でさえまったく知られていない。, 自転車プロチームの梅丹GDRは秩父が本拠地だが、やっぱり知名度は極めて低い。ブリヂストンアンカーも埼玉だったはず。, オリンピックアーチェリーの銀メダルの山本さんが埼玉の高校で教師をやっていることを知らない, 大宮より南(浦和・蕨・川口)でサッカーが盛んなように、大宮より北(深谷・熊谷)ではラグビーが盛ん。, そりゃあ三洋電機(パナソニックワイルドナイツ)は群馬県大泉町(練習場は太田市)にあって、埼北とは目と鼻の先だからだろう。, かっぱ寿司で熊谷市の英雄堀越さん(熊谷工業→早稲田→神戸製鋼→立正大監督)と隣り合った。イカばかり食べていた。, 全国的に見ても、高校野球が弱い。浦和学院って、一時期何で優勝候補とか持て囃されていたのかよく分からない。, 大宮東高校の応援団が貸し切りバスで甲子園球場を目指すのに、帰省シーズンの渋滞に巻き込まれ、試合開始に間に合わなかったのは結構有名な話。しかも、バスが到着できたのは大宮東が負けた試合終了直後。「アルプススタンドを見学して下さい」で終わってしまったとのこと。, その大宮東の煽りを受けたのが翌年の春日部共栄高校。大宮東の二の舞は嫌と前日のとんでもなく早い時間に地元を出発し、大阪の万博記念公園の辺りでやる事も無く半日近く時間を潰す羽目に。, 関東地方の都県の中で埼玉県だけが夏の甲子園優勝経験がないとか。選抜における「関東地区」だったら山梨もそうらしいが。, 高校サッカーも弱い。「埼玉を制する高校は全国を制する」とか言われていたのは昔の話。, 帝京がすぐ近くにあるから、いい選手はそっちにいっちゃうんだろうね。今は、帝京も全盛期ほどじゃないから、戻ってきそうなものだが。, 今でも中学までならそこそこ強いが、有力選手は高校以降で県外に出る傾向がある。残った有力選手も「浦和系高校」「武南」「大宮東」「その他私立」に分散する傾向もある。, 春日部共栄高校(春日部市)が水泳で高校日本一。ただし、体育の授業ではプールは全く使用されない為、一般の生徒はプールの入り口の場所も判らない。, 埼玉大学はかつて溝口紀子が柔道でバルセロナ五輪に出て銀メダル獲得。大学院へも進学して在学中にアトランタにも出場。今は埼玉大学生の活躍は聞かないが…。, 花咲徳栄高校はボクシングの強豪で、高校6冠の大迫亮を始め多くのプロを輩出している。. 埼玉スポーツセンターなどの大会に参加しています。これからが、楽しみなチームです。次のに向けてたくさん練習して優勝めざしてほしいです。 ナルヅ 埼玉スポーツセンターで毎週金曜日24時からフットサルをやっています!!頭にaはつけないで! チーム名 tempest 応募資格 バレー歴3年以上・練習に頻度良く参加できる・とにかくバレーが大好きな人! 活動時間 毎週土曜日 19:00〜21:00 活動場所 埼玉:三郷市立丹後小学校 ※冷暖房完備 更新日 … 埼玉上尾メディックス / saitama ageo medics. 埼玉上尾メディックスは埼玉県上尾市に拠点を置く、女子バレーボールチームです。地域の皆様を愛し、愛されるチームを目指し、日々活動しています。 埼玉スポーツセンター サイスポは【ボウリング】【ゴルフ】【バッティング】【フットサル】【テニス】【卓球】【ビリヤード】【ゲーム】【温泉(天然温泉,にいざ温泉)】を備えた大型複合スポーツレジャー施設です。〒359-0011 埼玉県所沢市南永井1116 tel:04-2944-2277 オリンピックアーチェリーの銀メダルの山本さんが埼玉の高校で教師をやっていることを知らない レプリカユニフォームやキーホルダーなど、メディックスグッズの購入はこちら。, いつも暖かいご声援ありがとうございます。 埼玉県さいたま市を拠点に活動する総合スポーツクラブ 一般社団法人デールさいたまスポーツクラブ。 様々な種目別スポーツプログラムを展開。2歳から始めるサッカースクール、中学生・高校生・社会人クラブチーム運営。 埼玉スポーツセンターなどの大会に参加しています。これからが、楽しみなチームです。次のに向けてたくさん練習して優勝めざしてほしいです。 ナルヅ 埼玉スポーツセンターで毎週金曜日24時からフットサルをやっています!!頭にaはつけないで! #aiwell #イノカ, “本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。, “本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。, 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。, 成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。, 2016年に「官民戦略プロジェクト10」の一つとして、スポーツの成長産業化が明確に国策とされ、スポーツ産業を通じた新たな価値創造に注目が集まっている。Sportipの進める個人の身体特性・データ・目的に応じたソリューション提供を行うシステム、『Sportip AI』の研究開発とは。スポーツに限らずあらゆる分野で汎用性の高い技術動作解析を通じて、全ての人が住みやすい社会を創ることを目指すSportip代表の髙久 侑也氏にお話を伺った。, Go Visionsは、STRIVE、HIRAC FUND、epiST Ventures、個人投資家および金融機関から、総額1.1億円の資金調達を実施した。, 『空飛ぶクルマ』を開発するスタートアップ「SkyDrive」は、2020年11月4日-6日に東京ビッグサイトにて開催される空飛ぶクルマの専門展「フライングカーテクノロジー」に、日本初の有人飛行に成功した「空飛ぶクルマ・有人機SD-03の 展示用モデル」を世界で初めて一般の皆様にむけて公開展示をしています。 #スタートアップ #空飛ぶクルマ, 動作解析を通じて個人の身体特性・データ・目的に応じたソリューション提供を行うアプリケーション『Sportip AI』の研究開発を手掛けるSportip代表の髙久氏には、諦めた経験がある。信じて疑わなかった道が絶たれ無気力になるほどの想いを、新たな目標に変えるまで…同氏の経験を伺った。 埼玉SPヤングは2005年に創立した埼玉県内(越谷市、春日部市、宮代町など)の選手を中心とした中学硬式野球クラブチームです。 野球を通じ、技術のみならず人としても成長させ、高校野球や社会人としても世の中で活躍できる人材育成を目標にしております。 −自治体として、オープンイノベーションに力を入れようと決めた理由や背景を教えてください。, 渡邊:近年、若い世代の起業家や起業希望者は減少しており、中でも20代以下の若い世代は大きく減少しています。中小企業白書によれば、平成9年に167万人いた起業希望者が、平成24年には84万人、平成29年には73万人に減少しています。起業希望の29歳以下の割合についても平成9年に30.2%だったものが平成24年には17.8%と減少している現状があります。, 起業希望者数の減少の要因としては生産年齢人口の減少が大きく影響していると考えられますが、その他にも海外就職に関する話題がクローズアップされるなど、就職の選択肢として海外企業など多様化してきたこともあるかと思われます。, 埼玉県には起業を考える意欲ある若者が10,000人程度はいると推計していますが、その多くは就職もしくは起業の段階で都内へ流出していると思われます。今後も埼玉県経済の活力を維持していくためには、産業の新陳代謝を促し、起業希望者を発掘し育成していく必要があると考えています。, 渡邊:一方で、埼玉県は都心と比べてビジネスコストが安く、災害が少なく安全であり、創業やビジネスに適した環境が整っています。また、首都圏の巨大マーケットを背景に、若者の起業が多いサービス業の分野も市場が拡大する可能性を秘めています。特に、スポーツ産業の分野では、2019年にラグビーワールドカップが開催され、2021年(当初2020年)には東京オリンピック・パラリンピックが開催予定であるほか、国ではスポーツの市場規模を2015年の5.5兆円から2025年に15兆円と3倍に拡大することを目指すなど、成長が期待されています。, 埼玉県内には、埼玉県が誇るプロスポーツクラブ・球団である「浦和レッドダイヤモンズ」「大宮アルディージャ」「埼玉西武ライオンズ」「越谷アルファーズ」が本拠地を構えており、地域の活性化に大きく貢献いただいています。このような状況から、埼玉県では、平成30年度からスポーツやその関連分野で創業や事業の成長を目指す若者を支援する取り組みとして「イノベーションリーダーズ育成プログラム」を始めました。令和2年度からは、対象をすべてのベンチャー企業に拡大して実施しています。, −2018年より、スポーツに注力した形でオープンイノベーションに取り組まれていますが、イノベーションを起こして行くための手法として、「オープンイノベーション」という手法を選んだのはなぜなのでしょうか?, 渡邊:「創業するなら埼玉」を合言葉に、外郭団体である(公財)埼玉県産業振興公社に創業・ベンチャー支援センター埼玉を設置し、創業者や創業を希望する方へのきめ細やかな支援を行っていますが、まだまだ十分ではありません。, 埼玉県は、都心と比べたビジネスコストの安さ、災害が少ない安全性、都心に近い環境などビジネスフィールドとして最適です。また、県内に本拠地を構える情報発信力に長けたプロスポーツチームを複数有しています。こうした埼玉県の魅力を、プロスポーツチームと連携したオープンイノベーションという手法で発信することで、埼玉県での創業を促すとともに、企業のさらなる成長につなげたいと考えています。, −2018年の初開催から、今年で3回目となる「埼玉 Sports Start-up(SSS)」ですが、改めてその狙いと今年の特徴などを教えてもらえますでしょうか?, 渡邊:「東京2020オリンピック・パラリンピック等を控え、拡大が見込まれるスポーツ市場について、アイデアの事業化及び事業の成長を目指すスタートアップ企業等を支援するため、埼玉県が打ち出した施策が「埼玉 Sports Start-up(SSS)」です。(※平成30年度及び令和元年度はイノベーションリーダーズ育成プログラムとして実施), 実施にあたって、県内に本拠地を構える「浦和レッドダイヤモンズ」、「大宮アルディージャ」、「埼玉西武ライオンズ」、「越谷アルファーズ」にも協力いただき、クラブ・球団から提供いただいた課題をテーマとして提示しています。, テーマは、「幅広い世代の健康増進とコミュニティ形成 (する・学ぶスポーツ)」「誰もが楽しめるスタジアムづくり (観るスポーツ)」、そして「街の人々とスタジアムをつなげる仕組みづくり(支えるスポーツ)」の3つ。スタートアップに提供できるリソースは「スタジアム施設(実証実験の場)」「顧客基盤(データ)」「メディア媒体」そして「 関連パートナー」の4つです。, テーマは「クラブのパートナーや協力団体等との協業による地域への貢献」「地域の皆様との共創によるエリアブランディング」「グローバルに開かれた地域づくりの実現」の3つ。スタートアップに提供できるリソースは「スタジアム球場施設(実証実験の場)」「 顧客基盤(データ)」「地域との繋がり」そして「関連パートナー」の4つです。, テーマは「地域住民共通の楽しみの場の提供」「企業や人々が社会課題解決に参加しやすい場の提供」「人々が生き生きと働くことのできる場の提供」の3つ。スタートアップに提供できるリソースは「球場施設(実証実験の場)」「顧客基盤(データ)」「メディア媒体」そして「ユーザーアンケート(実証実験対象)」の4つです。, 【募集対象】・ 学生を含む概ね30代までの方とし、以下、いずれかの条件に該当する方で、かつ研修に参加頂ける方・起業から概ね5年以内の方(新事業展開後概ね5年以内の方も含む )で、埼玉県内で既に事業を展開している方。又は埼玉県内で事業を展開する予定の方 ・埼玉県内での起業を検討している方 、または今後、拠点を設ける見込みがある方【研修日程(全3日間)】第1回: 9/8、第2回: 9/15、第3回:9/23  (※オンライン開催で実施します。), テーマは「テクノロジー ×スポーツ」「エンタメ ×スポーツ」「地域との共存」の3つ。スタートアップに提供できるリソースは「会場施設(実証実験の場)」「顧客基盤(データ)」「メディア媒体」そして「選手、チーム関係者」の4つです。, 【募集対象】業種 、創業年数を問わずすべての企業・ 個人事業主の方で、埼玉県内で既に事業を展開している方又は 埼玉県内で事業を展開する予定の方。, ※創業前の方は「①浦和レッドダイヤモンズ、大宮アルディージャ、埼玉西武ライオンズとの協業」にエントリーをお願いします。※年齢制限はありません。, 具体的には、公募により選抜された有望なプランやアイデアを有するスタートアップ企業等が、先輩起業家や専門家による助言や伴走支援などを受け、クラブ・球団が提供するテーマに沿ったビジネスプランの立案・実現を通じて課題解決に取り組んでいただきます。, −埼玉県として、この度、パートナーにCreww(クルー)を選んだ理由、期待していたことをどのような点だったのでしょうか?, 渡邊:プログラムを運営する事業者を企画提案方式で募集し、一定の審査の上、Crewwに決定しました。Crewwはアクセラレーションプログラムを手掛ける事業者として多くの実績を有しており、「参加者とプロスポーツチームとの事業共創」を掲げていることから、本県プログラムの第一目的である創業件数の増加とともに、参加者とプロスポーツチームの協業を数多く実現していただくことを期待しています。, −今後、自治体としてさらなるイノベーションの加速のために、どのようなビジョンをかかげ、どのような取組みを考えているか、それぞれお聞かせください。, 渡邊:新しい発想や技術をもとに短期間で高い成長を目指す企業は、イノベーションの担い手として貴重な存在です。県としては、創業に関する世界的潮流や国の取組などを十分に踏まえた上で、大学や公社・商工団体などと連携し、新たな分野に果敢に挑戦する創業者を支援していきたいと思います。, 広島県と広島銀行は、広島県が行っているオープンな実証実験の場「ひろしまサンドボックス」内の取り組みの一つとして、「広島オープンアクセラレーター」を実施。県内に新たな事業の創出を目指し、多様な事業領域の県内企業と、全国のスタートアップを結びつけています。 このプログラムでマッチングした事例の一つが、グレーチングメーカーとして国内トップシェアを誇る株式会社ダイクレと、インターネット広告事業などを展開している東京のスタートアップ・株式会社カンバイ。 ダイクレが開発した「防水ボックス」を広告媒体にすることで、全国の防水被害ゼロを目指しています。 具体的に、どのような取り組みを進めているのか、ダイクレ企業戦略室 室長の山本晃大氏とカンバイ代表取締役の丸山高範氏にお話を伺いました。 #オープンイノベーション事例