増田陸選手は俊足巧打の遊撃手ですが、「元気」な部分がスカウトから評価されている選手です。, 増田陸選手は、梅香小学校1年生の時に此花トライアルで軟式野球を始め、春日出中学校では大阪福島シニアに所属していました。, 大阪福島シニア時代は、大阪桐蔭高校の中川卓也選手、早稲田実業高校の野村大樹選手と同期でした。, 「2人は中1の終わりくらいに入ってきたのですが、体験入部の時のバッティング練習を見ていたら、スイングがすごくて『次元が違う。このままだと試合に出られなくなるな』と思いました」。しかも、その頃、ショートのレギュラーだった増田選手は中川選手とポジション争いをすることに。「当時の自分はバッティングが苦手だったので『とにかく守備で勝とう』と決心しました。それで、毎日、ノックを受けてものすごく練習し、最終的には自分がショートで中川はセカンドを守ることになったんです」。, 様々な種類のティーバッティングなどで1日1200スイング。しかも、「ただ振るのではなく、『割り』を意識してスイングするように指導されました」と、地道にスイング練習を重ねていった。このフォームを会得するまでには時間が掛かったが、「1年冬に重たいバットで200球を振り込む練習をして、その200球全球に集中してスイングをするようにしたところ、やっと思うようにバットが振れるようになりました。そうやってフォームが固まり、自分の形ができてきたことによって飛距離もミート力も上がっていったんです」。, 2年秋からはキャプテンに指名されましたが、増田陸選手はキャプテン向きな性格ではなく、キャプテンに指名された時は悩んだそうです。, 「自分で務まるのか?」と就任当時は不安ばかりが募った。監督からの当たりも厳しく、一時は心が折れそうになった時期もあったという。, しかし“立場が人を育てる”の言葉どおり、昨秋の公式戦を戦う中で、態度やプレーでチームを引っ張る存在に成長を遂げていった。「『俺じゃ無理だ』と泣き言を言うようなヤツが、日を追うごとにたくましくなっていった」と金沢成奉監督も目を細める。, こうして、成長していった増田陸選手は、関東大会で、準決勝の慶應義塾高校戦と決勝の中央学院高校戦で2本の本塁打を放ち、チームの準優勝に貢献しました。, 翌3年春の選抜大会では、1回戦の瀬戸内高校戦では2失策、1盗塁死ながら5打数3安打1打点、2回戦の高知高校戦で6打数2安打1打点と活躍しましたが、3回戦の大阪桐蔭戦では根尾昂投手に4打数ノーヒットに抑え込まれ、チームも1対5で敗れています。, 増田陸選手は、攻守に粗さが残るものの、通算34本塁打、遠投100m、50m走6秒2と攻守の魅力のある選手で、本人は肩の強さが一番のセールスポイントと語っています。, 「ウチの山田哲人タイプ。一番評価しているのは気持ちの部分。山田にも、もう少しチームを引っ張ってほしいけどね」, 「バッティングももちろんプロで十分に通用するけど、彼は元気がいい。あの元気で今後の野球界を引っ張っていってほしい。ウチの松田に似ている」, 「高校生ならまずまずのタイム。打撃はリストが強そう。小力のある浅村(西武)タイプ。西日本で遊撃手といえば報徳学園・小園海斗、天理・太田椋、大阪桐蔭・根尾昂といるが、東日本の遊撃手で真っ先に名前が挙がるのでは。」, 「身体能力に優れ、走行守すべて高いパフォーマンスを発揮する。パンチの効いた力強いスイングから放つ長打は魅力で、将来性を感じさせる。, 増田陸選手は、11月12日、契約金6000万円、年俸600万円(金額は推定)で入団に合意しています。, 11月23日、東京ドームで行われた「ジャイアンツ・ファンフェスタ2018」でドラフト会議・育成ドラフト会議で指名された新人選手10人のお披露目がありました。. 「ウチの山田哲人タイプ。 1位 高橋優貴 投手 八戸学院大 ⇒【初心者必見プロ野球観戦方法守備編】 その実力の高さは計り知れない。, 同じポジションを守る日本を代表する 名前が挙がるのでは」, ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクの言葉 5位 松井義弥 内野手 折尾愛真 ⇒【クライマックスシリーズいらない?】 関東大会で準優勝の結果を残した。, 野村選手はその後、早稲田実業に進学 ポジション:内野手 ?明秀学園日立では坂本勇のDNAを受け継いだ?. ⇒明秀学園日立 ⇒【柘植世那(ホンダ鈴鹿)】 増田 珠(ますだ しゅう、1999年 5月21日 - )は、長崎県 長崎市出身 のプロ野球選手(内野手)。右投右打。 右投右打。 福岡ソフトバンクホークス 所属。 増田陸選手のニュース. 育成2 平井快青 投手 岐阜第一 ⇒【拝崎諒(JR東日本)】 「高校生ならまずまずのタイム。 ⇒【岡野祐一郎(東芝)】 投打:右投右打 死球を受けたプロ2年目増田陸内野手(20=明秀学園日立)の姿に、痛みに強いことの意味を考えた。 巨人の先発オーダーを見て、おやっと感じた。 育成4 黒田響生 内野手 敦賀気比. 小力のある浅村(西武)タイプ。 × 根尾昴 内野手 大阪桐蔭 だが、中川君がその後、新チームの主将として前向きに再スタートを切る姿に胸を打たれた。増田君は当時、新主将に任命されてチームの統率に苦労していた。「中川でもミスして前向いてるんやから、こんなんで落ち込んでたらあかんわ」。ライバル心に、「尊敬」が加わったという。 「スポンサーリンク」 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 2人は今年1月にあったシニアのOB戦で再会。「打撃練習どうやってんの」。かつては増田君が野球について尋ねるばかりだったのに、初めて中川君に質問され、実力を認めてもらえた気がした。, 増田君は迎えた今大会でも2試合で長打3本を放つなど強打をみせている。増田君について「守備職人」のイメージを持っていた中川君だが、「甘い球を一発で仕留め、変化球への対応もうまい」と警戒している。. 巨人・坂本と増田、2人の共通点は「負けん気が強いこと。練習に対してストイックやね」と、話すのは明秀日立・金沢成奉監督。光星学院(現八戸学院光星、青森)監督時代に坂本を育てた名将だ。, 「坂本がプロで初めてホームランを打った時は興奮した。次は増田のプレーで興奮したい。甘い世界じゃないけれど、いつかは2人が同じフィールドで戦っている姿を見たいね」。, 大阪生まれで明るくて人懐っこい。「巨人に入ったので、ズームイン・サタデーに出たいっすね。人を笑わすことは得意なんで」と夢を語る。, 【巨人 入団選手の背番号】 1位 高橋優貴投手 12 2位 増田陸内野手 61 3位 直江大輔投手 54 4位 横川凱投手 62 5位 松井義弥内野手 65 6位 戸郷翔征投手 68 育成1位 山下航汰外野手 009 育成2位 平井快青投手 012 育成3位 沼田翔平投手 016 育成4位 黒田響生内野手 021, 増田陸が11月12日、契約金6000円、年俸は600万円で仮契約した。背番号は、坂本勇が入団時に背負った「61」に決定した。, 増田陸は「すごくうれしいです。努力して坂本選手を超えられるような選手になりたいと思います」とコメント。. 増田選手は高校卒業後、巨人に入団しましたので、 大学には行っていません。 Sponsored Link . 2位 増田陸 内野手 明秀学園日大 巨人 増田陸のドラフト順位は何位? 【⚾プロ野球界へ挑戦⚾】 先日行われたNPBドラフト会議で、明秀学園日立高等学校の増田陸選手が巨人に2位指名を受けました。 勝ちとってきたと思うと 「バッティングももちろんプロで十分に 経歴:梅香小⇒大阪福島シニア お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, 2019年まで中日2軍バッテリーコーチとして若手を育成してきた田村藤夫氏が、ファームで目にとまった選手や期待の若手選手の現状をチェックする。, 日本ハム、ロッテ、ダイエーで21年間の選手生活を送り、その後ソフトバンク、阪神、中日で2軍バッテリーコーチを21年間(うち1年間は編成担当)務めた日刊スポーツ評論家・田村藤夫氏(60)が30日の巨人-楽天戦(ジャイアンツ球場)を取材した。死球を受けたプロ2年目増田陸内野手(20=明秀学園日立)の姿に、痛みに強いことの意味を考えた。, 巨人の先発オーダーを見て、おやっと感じた。増田陸の名前が入っていた。27日、ソフトバンクとの3軍戦でバンデンハークの146キロを左手首に死球を受けていた。その際のコツンという変な音、そして「やばい」と漏れた増田陸の声、その悔しがりようから、もしかすると折れているかもしれないと感じた。その試合では、初回の増田陸のソロで巨人が1-0で勝利。打撃好調時の死球が気になっていた。, 死球を受けた時の様子を見ているだけに、試合には出られないだろうと思っていた。月曜は試合がなかったが、火曜のイースタン・リーグ楽天戦から途中出場して2打数1安打。そしてこの日はスタメン。右打者が左手首に死球を受ければ、どうしてもバッティングに影響は出る。どんなバッティングをするのかと注目していると、第1打席は楽天先発辛島のストレートをレフト前に運んだ。, 相手は左腕ゆえに、右打者の増田陸からすれば、右投手よりも踏み込みやすい。そうした状況を踏まえ、第2打席も注視しているとカウント1-0のバッティングカウントからの2球目、外から中に入ってくるカーブをレフトスタンドに運んだ。怖がるそぶりもなく、打ちにいくスイングにオッと思った。痛みに強いと感じた。, 私の現役時代は、死球を受けても折れていなければ試合に出るのが普通のことだった。例えば、日本ハム時代には、清原に何度も死球を与えてしまった。左手首もあったし、清原がよけられずに右手に当ててしまったことも何度かあった。それでも休まなかったと記憶している。, 死球後の試合出場について、現在はだいぶ様子が異なる。私の現役時代に比べると、無理をさせない傾向にある。まず、トレーナーがしっかり診て、よほど本人の出場への意志が強くなければ、治療を優先させることが多くなった。選手が弱くなったということではなく、死球の影響をより詳しく考慮するようになったと受け止めている。, ソフトバンク2軍バッテリーコーチ時代の甲斐が痛みに強かった。死球だけでなく、ワンバウンドを止めにいって投球が体に当たることもあった。それでも、「痛い」と言わなかった。チャンスに対して必死で、痛いから試合に出ないということはなかった。我慢してでも出場していた。, 当時、私は何度か「大丈夫か?」と聞いたが、甲斐はいつも「大丈夫です」と答えていた。今、振り返ると「大丈夫か?」と聞かれた2軍の選手が「ダメです」と答えるはずもない。思い起こせば、聞き方が悪かったかなと、感じる。今ならなんて聞くか。難しい。「どうだ?」が思い浮かぶが、選手がギリギリのところで、本心を答えやすい聞き方というのは、実のところ難しいのかもしれない。, 話を戻すと、この日の増田陸は痛みに強いことを印象づけ、そして、はつらつとしていた。守備でもキレのある動きを見せた。2回、三塁の増田陸は、三塁線への難しい当たりに、下がりながらバウンドを合わせて飛び付き、転がりながら起き上がると、一塁へ素早く送球してアウトにしている。すぐに投手に声をかける様子を見ていると、メキメキ力をつけていると映る。, 何でもかんでも我慢しろと無理強いを意味するのではなく、骨折や靱帯(じんたい)を痛めた場合などをのぞけば、あとは本人の意志が大きい。その上で、痛みに強いというのは、運動選手にとって大事なことだ。この日の増田陸がそうであるように、こうした姿は首脳陣の見方につながる。休まず、淡々とプレーして、結果を出す。印象が良くなる。使おうという気持ちになるのも自然の流れだ。(日刊スポーツ評論家), (C)2020,Nikkan Sports News. 結局、3回戦で戦う組み合わせになると、増田君は「最初からやりたかったんですけどね。必ず2回勝って、大阪桐蔭とやりますよ」と意気込んだ。 「スポンサーリンク」 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 増田君は大阪出身の遊撃手。中学時代は大阪福島シニアで二塁手の中川君と二遊間コンビだった。ただ、打撃センスもチームでの存在感も中川君が上だったという。, ランニング中に近道をして、主将の中川君から注意されたことも。同シニアの中尾学監督(37)は「増田は陰に隠れる存在だった」と振り返る。, 2人は別々の道を歩んだが、関係を知る明秀日立の金沢成奉(せいほう)監督(51)はライバル心をあおった。, 「中川は(2年で)甲子園でプレーしてんのに、お前は何してんねん」。実家からは中川君の活躍ぶりが載った雑誌が送られてきた。, 増田君は寮の部屋のホワイトボードに書き込んだ。とにかくバットを振り、毎晩1キロの白米を食べる「食トレ」を続けた。, 昨夏、心境の変化があった。甲子園で大阪桐蔭は中川君が九回2死から一塁ベースを踏み損ねるミスをした後、サヨナラ負けを喫した。寮のテレビで見ていた増田君は「あいつも失敗をするんだ」と「正直、安心した自分がいた」。. 生年月日:200年6月17日(18歳) 【増田陸選手のプロフィール】 名前:増田 陸 読み方:ますだ りく ポジション:内野手 投打:右投右打 経歴:梅香小⇒大阪福島シニア ⇒明秀学園日立 出身:大阪府 生年月日:200年6月17日(18歳) 身長:178cm 体重:80kg 小学校1年生から軟式野球を始めた。 中学では大阪福島シニアに所属していた。 明秀学園日立では1年時から ベンチ入りを果たした。 2年秋の新チームが始動した時から キャプテンを務め1番ショートで チ… 西日本で遊撃手といえば報徳学園・小園海斗、 <巨人>ドラフト結果一覧 ◆支配下 1位 高橋 優貴(八戸学院大)投手 2位 増田 陸(明秀日立高)内野手 3位 直江 大輔(松商学園高)投手 4位 横川 凱(大阪桐蔭高)投手 5位 松井 義弥(折尾愛真高)内野手 6位 戸郷 翔征(聖心ウルスラ高)投手 以降 選択終了 ◆育成 1位 山下 航汰(健大高崎高)内野手 2位 平井 快晴(岐阜第一高)投手 3位 沼田 翔平(旭川大高)投手 4位 黒田 響生(敦賀気比高)内野手 「スポンサーリンク」 (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 全国制覇を果たした大阪桐蔭・中川卓也主将とは中学時代は元チームメイト、高校通算34本塁打を誇るスラッガーだ。, プロでの目標については「トリプルスリー(打率3割、30本塁打、30盗塁)を目指す」と力強く宣言した。, 金沢成奉監督は、光星学院高(現八戸学院光星・青森)時代に、巨人・坂本勇を育てた名将。今春のセンバツでは1番を打ち、3長打を含む5安打を放って16強入りに貢献した逸材。.