昨日、JRAより来年から外国人騎手に対しての騎手免許制度の基準を見直すとのが発表があった。これにより、今までに来日していた騎手の半数以上が免許を習得出来ない要項となり、ハードルが上がって更に狭き門へと変貌を遂げる。, この程、以前より議論に上がっていた外国人騎手への短期免許交付に対する諸条件の変更が伝えられた。, JRAの発表では、2003年以降に交付した193人(延べ人数)に対して新基準を照らしあわせた場合、半数近くが対象除外となる様である。上記、フランシス・ベリー騎手以外だと、近々ではアッゼニ騎手も除外される見込みだ。, 近年、多くの外国人騎手が来日し比較的簡単に免許を交付して来たJRA。元々、マナーなど文化の認識も大きく異なる人種故に日本特有のルールに反した行動から、度重なる騎乗停止処分を受けて来た。加えて、有力馬がこぞって外国人騎手へ回る様になり、日本の騎手が活躍する機会も年々減少傾向にあったのだ。それらの事から、「短期免許交付の条件見直しを」という声はかなり前から内外で挙がっていた。, いずれにせよ、今回の変更により更なる公平性の元で競馬が行われる様になって欲しい。もっと言えば、日本の若手にも騎乗馬の依頼が多くなって来ると思われ、そこをしっかりとモノにしてどんどんステップアップしてくれると言う事は無い。. 阪神競馬の日曜メインは牝馬チャンピオンを選ぶ「エリザベス女王杯」です。3歳馬と歴戦の古馬との激突が最大の見どころとなっています。今年は例年の京都競馬場ではなく阪神競馬場で開催ということで求められる傾向も変わってきそうです... 阪神競馬の日曜メインは牝馬チャンピオンを選ぶ「エリザベス女王杯」です。3歳馬と歴戦の古馬との激突が最大の見ど... 阪神競馬の土曜メインは2歳G2「デイリー杯2歳ステークス」です。この後の阪神JFや朝日杯FSはもちろん、来年... 福島競馬の日曜メインは七夕賞と並ぶ福島の伝統の一戦「福島記念」です。福島の芝2000mで行われるハンデ重賞で... 距離は2500mと長く、最後の長い直線に向けて構えることが多くなることからも、基本的には後傾ラップになること... 東京競馬の土曜メインはダートマイルのG3「武蔵野S」です。2014年から1着馬にチャンピオンズカップの優先出... 今週の阪神競馬では障害重賞の「京都ジャンプステークス」が開催。例年京都の障害3170mで行われているレースで... 11月8日(日)に東京競馬場で開催された第58回アルゼンチン共和国杯は、C.ルメール騎手が騎乗する3番人気のオ... 今週日曜阪神のメインレースは登録11頭と、フルゲート16頭に対して少頭数での開催になりそうなG3・みやこステ... G1ホースへの登竜門「アルゼンチン共和国杯」へ向けて各馬が最終追い切りを終えてきた。今回は追い切り映像やタイ... 東京競馬の日曜メインは「アルゼンチン共和国杯」です。古馬中長距離G1路線を占う上でも重要な一戦となります。 ... 【京都ジャンプS予想2020】注目の障害G3!オジュウチョウサンやタガノエスプレッソなど出走予定馬を考察, 【武蔵野S予想2020】砂の王者を目指す強豪が集結!タイムフライヤーやモズアスコットなど出走予定馬を考察, 【福島記念2020予想】福島名物のハンデG3!ヴァンケドミンゴやアドマイヤジャスタなど出走予定馬を考察, 【デイリー杯2歳S予想2020】クラシックにも繋がる2歳戦!レッドベルオーブやホウオウアマゾンなど出走予定馬を考察, 【エリザベス女王杯2020予想】3歳vs古馬の牝馬頂上決戦!ラッキーライラックやノームコアなど出走予定馬を考察, JRAアルゼンチン共和国杯(2020)は長距離でも速い上がりが使える“あの馬”に注目, 【アルゼンチン共和国杯2020予想】最終追い切り・調教内容が高評価の馬トップ3は?. 外国人騎手のjra通年免許取得者は今後現れるか? 2020/09/09 競馬コラム コラム班 現在でも岩田康誠騎手、戸崎圭太騎手、小牧太騎手など、JRAでもG1制覇を果たすなど、一線で活躍を続ける騎手が在籍しています。 競馬予想に役立つ最新情報をお届けするニュースメディア。データ・血統考察などの予想コラムも満載。, 安藤勝己騎手が地方からJRAに移籍して以降、様々な地方出身の有力騎手が中央で活躍してきました。現在でも岩田康誠騎手、戸崎圭太騎手、小牧太騎手など、JRAでもG1制覇を果たすなど、一線で活躍を続ける騎手が在籍しています。, その後はフランスからルメール騎手、イタリアからデムーロ騎手が来日し通年免許を取得。日本で腰を据えて騎乗するという新たな境地を切り開きましたが、その後モレイラ騎手がJRA通年免許取得を目指したものの一次試験で不合格となり、短期免許での来日は多数あるものの、通年免許取得はあとが続いていない現状です。, ひらがな、カタカナ、漢字と文字だけでも日本語の持つ特殊性は、賞金額が世界でも高額な部類に入る日本の中央競馬ながら、通年参加への障壁としては高くそびえ立つようです。, 最近ではフランスのミシェル騎手が通年免許取得を志しましたが、ここへきて更に大きな壁が立ちはだかることになりました。, 令和三年度からはJRAの調教師及び騎手免許試験要領が変わり、これまで二次試験からだった日本語試験が一次試験から会話能力を含めた口頭試験が実施されることになります。, 生活基盤が丸ごと変わってしまう通年滞在ではカルチャーショックの度合いも短期滞在と異なることが予想されるだけに、ルメール騎手やデムーロ騎手のように、日本での生活に溶け込むことが出来るかどうかは騎手としての適性と同じくらいに重視されるのかもしれません。, 競走馬にまつわる小ネタや、騎手の話。レースからちょっと外れた競馬の面白いことを更に見つけてみませんか?. 短期免許を取得する予定の騎手騎手期間mミシェル2021年cデムーロ2021年dレーン2021年oマーフィー2021年lヒューイットソン2021年lサレス2021年 ?rクアトロ2021年 ?mミシェル騎手は来日できるなら年内にも取得する意向を示していますが、おそらく年内は無理だと思いますので2021年の来日にな … 今最も旬の外国人騎手と言えばジョアン・モレイラ。 日本の通年免許試験を受けるも不合格となり話題となったが、香港ではもはやレジェンド的な存在と言える。 昨日、jraより来年から外国人騎手に対しての騎手免許制度の基準を見直すとのが発表があった。これにより、今までに来日していた騎手の半数以上が免許を習得出来ない要項となり、ハードルが上がって更に狭き門へと変貌を遂げる。 外国人騎手と言えば、かつて短期免許で来日し活躍したジョッキーが目立ちました。ただし 2017年から短期免許取得のルールが変わり 、来日する外国人騎手も大きく変化しています。.