大井記念(おおいきねん)は、特別区競馬組合が大井競馬場で施行する地方競馬の重賞競走である。南関東グレードはSI。正式名称は「デイリー盃 大井記念」、デイリースポーツを発行する神戸新聞社が優勝杯を提供している。, 1956年(昭和31年)6月27日創設。大井競馬場で施行される重賞のうち、創設以来半世紀経つのは他に羽田盃、東京ダービー、東京大賞典、金盃の4競走である。創設以来金盃、報知オールスターカップと並んで、上半期の南関東サラブレッド古馬の目標となるロングディスタンス戦であった。1996年に「帝王賞」が4月開催から6月開催に変更してからは、同競走の前哨戦として位置付けられている。なお2014年以降は上位2着までに帝王賞の優先出走権が付与されている[3]。, 第1回から第17回までは2400m、第23回から第39回までは2500m、第40回から第58回までは2600mで実施された。2014年の第59回からは金盃と施行距離を交換する形で、2000mで実施されている。なお、東京大賞典が距離を短縮した1998年から2013年までは大井競馬場の競走の中で最長距離であると同時に、ホッカイドウ競馬の王冠賞、ステイヤーズカップ、金沢競馬場の北國王冠とともに国内最長のダート重賞でもあった。, 負担重量は2002年まではハンデキャップだったが、2003年からはクラス別定となり、2018年にSIへの格上げとともに定量となった。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大井記念&oldid=77639288. šã€Œå¹³å’Œå³¶I.C.」から約5分, 1471台(1000円、オートバイは200円) 大井競馬場. 出走資格. 3,100万円. 地方競馬共有馬主クラブ「ビッグダディオーナーズクラブ」のページです。地方競馬で馬主を一緒に楽しみましょう!それぞれが馬主ですので、口取りや調教師へのインタビューも可能です。 大井記念(おおいきねん)は、特別区競馬組合が大井競馬場で施行する地方競馬の重賞 競走である。 南関東グレードはsi。正式名称は「デイリー盃 大井記念」、デイリースポーツを発行する神戸新聞社が優勝杯を提供している。 副賞は、特別区競馬組合管理者賞(2019年) 愛知県競馬組合営の競馬に出走した競走馬に関して、馬主等に支給する賞金等の支給基準を次のとおり定める。 1 馬主に関するもの (1) 賞金. ※特定日のみ2123台に拡張(お盆や年末開催など), copyright 1998-NAR (The National Association of Racing) All Rights Reserved, レーティング・全周パトロールビデオ. サラブレッド系 3歳以上(牝) 1着賞金. 距離. 負担重量. 愛知県競馬組合営名古屋競馬賞金等支給基準. 3歳53kg、4歳以上55kg 2020年10月2日まで、GⅠ及びJpnⅠ競走1着馬2㎏増、GⅡ及びJpnⅡ競走 1着馬1㎏増(ただし、2歳時の成績を除く) ダート右回り 1,800m. 地方競馬場ごとのレベル差ってどれくらいあるの?って気になったことありませんか。ここでは地方競馬場をレベル順に紹介し、さらに地方競馬と中央競馬とのレベル差についても分析してみました。