とお悩みの初心者さんは 2016.11.18. 124.84円~ 177.37円の、約 52.5円の値幅の中で、変動していたことが分かります。, 2016年1月4日(月)の始値(はじめね)が 87.49円で、 1年間で最も高かったのは、1月4日(月)で 87.83円でした。, 2016年の豪ドル/円は、 2016年アメリカ合衆国大統領選挙(2016ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 2016 )は、2016年 11月8日にアメリカ合衆国で実施された、大統領および副大統領を選出する選挙である。. 前回、2016年の米大統領選挙では、勝敗が大逆転劇となったこともあり、開票が進む中で、マーケットは大乱高下となった。。前回の「選挙後」乱高下の記憶も残る中だけに、当面相場の動きは注目度の高い状況が続きそう。 2016年に行われたアメリカ合衆国大統領選挙11月の外国為替データです。 ※fxで取引をする場合、スプレッドが大きく開く可能性があるので注意が必要です。 2016年と2018年比較. 2016年に行われたアメリカ合衆国大統領選挙11月の外国為替データです。 ※fxで取引をする場合、スプレッドが大きく開く可能性があるので注意が必要です。 2016年と2018年比較. 2016年大統領選挙結果と米ドル円為替相場の動きを考える ; 2016年大統領選挙結果と米ドル円為替相場の動きを考える. 難しい専門用語ばかりで作業が進まない・・・。 2016年アメリカ合衆国大統領選挙(2016ねんアメリカがっしゅうこく だいとうりょうせんきょ、英語: United States presidential election, 2016 )は、2016年 11月8日にアメリカ合衆国で実施された、大統領および副大統領を選出する選挙である。. 難しい専門用語を分かりやすく解説!, ブログに興味はあるけど、どうやって始めれば良いのか分からない・・・。 『FXの始め方~初心者さんにオススメのFX会社は?~』へお進み下さい。 『副業をしている場合の確定申告について~初心者さんの「?」を解決~』 2016年の大統領選の開票が終わってしまいましたね。なんと、予想を裏切るかのようにトランプ氏が優勢。ヒラリー氏が敗北宣言を電話で行うことにより、2016 2017年の1年間の為替の動きを振り返ってみて、ふと 2016年の大統領選の開票が終わってしまいましたね。なんと、予想を裏切るかのようにトランプ氏が優勢。ヒラリー氏が敗北宣言を電話で行うことにより、2016年の大統領選を制した形になります。, トランプ氏の当選は予想外という方もいることでしょう。そこで、今後どのように米ドル円の為替相場が変動するか今一度考えることにします。, 2016年の大統領選挙はドナルド・トランプ氏が制することとなりました。投票前にはヒラリー・クリントン氏が優位にあったのですが、実際その差はわずか。そのことから、相場予想を行う際もドナルド・トランプ氏の大統領選勝利のシナリオをなかなか切り捨てられない状況にあったのです。, 大統領選の開票が日本時間の午前9時より始まった直後まで105円台だった相場ですが、お昼過ぎから各州でトランプ氏優勢となってくると101円台前半まで急落。開票結果により相場が激しく反応する状態からも、予想がつかないイレギュラーな状況にありました。, これまでは、ヒラリー氏優勢であることを前提に相場予想を行っていたのですが、いざフタを開けてみるとトランプ氏が大統領選での勝利を収めました。, 開票時はトランプ氏有利という想定外のシナリオでことが進んだため、先ほど説明したようにドルが売られてしまいドル安(円高)の方向に下降しています。このトランプ氏が番狂わせを起こした状況を為替市場的に言うなら、オイル・ショックならぬトランプ・ショックと言えますね。, さて、実際にトランプ氏が大統領に決まった今、米ドル/円の為替相場はどのような影響を受けるのでしょうか?, 開票結果が伝えられる途中ではトランプ・ショックによる米ドル安(円高)で相場が下降していました。しかし、当選が確定すると一転して米ドル高(円安)の方向へ推移。これは、大統領のアノマリーという状態となったと考えられます。, ただし、これは当選直後の話。この後で実際に米ドル円相場がどう動くのか考えることが重要です。すでに大統領選は終了したも同然。そこで、今後は基本に立ち返り日米の経済指標を見ることが大切です。, 例えば、今度の日銀金融政策決定会合で日銀が追加緩和に消極的な姿勢を見せれば円高(米ドル安)の原因となります。加えて、来月頭に発表されるアメリカの雇用統計の結果が悪ければ利上げへの期待が薄れ、米ドル高(円安)で推移することになるでしょう。, このような点から大統領選後12月頭にかけての米ドル円相場は、円高(米ドル安)で推移すると予想します!, アノマリーとは、特定の法則・理論では説明がつかない状態を表す言葉です。大統領選の当選が決まった後は米ドル高(円安)で推移する傾向にあるのですが、イレギュラーと言われていたトランプ氏の当選でもそれが当てはまったようです。, 為替相場のように上下に変動するような取引銘柄でオススメなのはバイナリーオプションという取引!バイナリーオプション取引とは、簡単に言うと二者択一の取引のことを意味しています。現在の相場価格が一定時間後に上下のどちらに推移するか、これを予想する取引なのです。, 今回のように相場が進む方向が円高(米ドル安)に進む、つまり「下」に進むと予想できる場合は、バイナリーオプション取引で「Low」の方向に取引をすることで取引成功の確率が上がってきます!, ターボスプレッドがペイアウト率2.30倍で圧倒的に稼ぎやすい!日本で人気No1の安心して使える業者!, インジケーターも豊富な専用のデスクトップアプリを備えた業者!初めてでも5,000円から始められる!, スプレッド無しの取引ながらペイアウト率が1.97倍と極めて高い。500円から取引が出来るので始めやすい!, 為替通貨銘柄があるから土日でも取引ができる業者!為替の動きを予想してくれる独自ツールも提供!, ペイアウト率2.0倍取引あり!業界最安値の200円から取引ができるからローリスクで始められる!, ペイアウト率2.02倍取引あり!ローソク足を見ながら取引ができるトレーダーに優しい業者!, 2013年よりバイナリー海外業者選びサポートサイトを運営しているスミスです。投資歴は10年です。皆さんの投資の手助けになれるよう、様々な角度からサポートしていきます。もっと私の事を知りたい方は下のリンクから確認できます。 『ブログの始め方~初心者さんの為に分かりやすく解説~』へお進み下さい。 87円台でのスタートとなり、84円台での終了となりました。, 1年間で最も安かったのは、6月24日(金)で 72.36円、 1年間で最も高かったのは、1月29日(金)で 121.69円でした。, 2016年の米ドル/円は、 とお探しの方は『アンリミテッドアフィリエイトNEOって何?』へお進み下さい。, 「アフィリエイトって何のこと?」 アフィリエイトを始めるための作業を分かりやすくご案内します。, アフィリエイトに本気で取り組みたい!アフィリエイトのノウハウを学びたい! どうなんだろう・・・。 最終日の12月30日(金)の終値(おわりね)は 144.46円だったので、, 2016年の英ポンド/円は、 安倍首相とトランプ次期大統領の会談を控えた早朝の外国為替市場でドル円は110円を超え約5か月ぶりの高値をつけています。 edited by: … 為替市場や株式市場などの金融マーケットは、乱高下することも予想される。大統領選挙がある10月のお決まりの動きだが、大きな変動幅が予想される為替市場の動向を外為オンライン・アナリストの佐藤正和さん(写真)にうかがった。 72.36円~ 87.83円の、約 15円の値幅の中で、変動していたことが分かります。, アフィリエイトをやってみたいけど、何から始めれば良いのか分からない・・・。 120円台でのスタートとなり、116円台での終了となりました。, 1年間で最も安かったのは、6月24日(金)で 98.97円、 何だか分からない言葉だらけなんですけどぉ~。 最終日の12月30日(金)の終値(おわりね)は 84.26円だったので、, 2016年の豪ドル/円は、 へお進み下さい。 109.41円~ 132.25円の、約 23円の値幅の中で、変動していたことが分かります。, 2016年1月4日(月)の始値(はじめね)が 177.08円で、 2016年は「まさか!」のサプライズが起きた波乱の1年でしたが、為替はどのような動きをしたのでしょうか。fx取引において過去の為替の動きを知ることは、これからの未来を予想するとても重要なことです。それでは為替の動きを振り返ってみましょう! 2016年の1年間の為替の動きを、振り返ってみることにしました。, 2016年1月4日(月)の始値(はじめね)が 120.16円で、 → 詳しいプロフィールはこちら. FXを取引するすべての人に本当に必要な情報を初心者向けFX関連情報と為替相場解説・予想, スマホでも同じURLでご覧いただけますhttps://fx-rashinban.com/, 安倍首相とトランプ次期大統領の会談を控えた早朝の外国為替市場でドル円は110円を超え約5か月ぶりの高値をつけています。, 隠れトランプ派が大量に現れて、ほとんど誰も事前に予想しえなかったトランプ勝利となった。, 色々と驚きの一日でした。私も含め多くの人の予想を裏切るトランプ大統領誕生を見ることになりましたが, 今朝の時点でトランプ氏の勝利を予想していた市場関係者はほとんどいなかったのではないでしょうか。, 接戦州の大票田フロリダ州でのトランプ氏の勝利が確定、ウィスコンシン州、ミシガン州等の工業地帯をどちらが制するかで、, 開票が進む米大統領選挙でフロリダ、オハイオ等の接戦州でトランプ氏が予想以上に善戦、, クリントン氏の私用メール問題で、米連邦捜査局(FBI)のコミー長官が6日 、クリントン氏を訴追しない方針をあらためて決定し表明したことで, 米国大統領選レポート第6回目では、日本時間の月曜早朝にFBIがクリントン候補に対する訴追を求めないと発表して以降の投票日前夜の両候補の状況を改めてチェック. アフィリエイトをスタートしました。 とお悩みの初心者さんは 最終日の12月30日(金)の終値(おわりね)は 122.96円だったので、, 2016年のユーロ/円は、 と、超ど素人だった私もこの「アンリミ」を手にして、 きっとあなたの助けになってくれる教材です。, アフィリエイトを始めたのは良いけれど、 1年間で最も高かったのは、1月4日(月)で 177.37円でした。, 2016年の英ポンド/円は、 130円台でのスタートとなり、122円台での終了となりました。, 1年間で最も安かったのは、6月24日(金)で 109.41円、 2016年と2018年の11月9日の各通貨ペアの比較です。 では次に、米国大統領選挙が行われた直近2008年、2012年、2016年の3回に絞って傾向を見てみましょう。 米国大統領選挙が行われた年の月間騰落率 前回、2016年の米大統領選挙では、勝敗が大逆転劇となったこともあり、開票が進む中で、マーケットは大乱高下となった。。前回の「選挙後」乱高下の記憶も残る中だけに、当面相場の動きは注目度の高い状況が続きそう。 米金利上昇とトランプ期待継続でドル円110円台回復. アメリカ大統領選挙が為替に与える影響とバイナリーオプションで賢く取引をして恩恵を受ける秘策を私の個人的意見や、前回2016年の選挙の時に感じた為替変動で利益を出す秘策を紹介した … 何か教科書的なものはないかなぁ~。 ブログはとっても簡単に誰でも始められるので、ぜひトライしてみましょう!, ネット副業で稼いだお金って確定申告って必要なのかな? 『仕事術』なんかの記事もありますので、興味のある方はぜひご覧下さい。, キャッシュポイント(収入源)が会社の給料1つだけしかない!ということに不安を覚えたのをきっかけにネット副業を始めました。, これからネット副業を始めたい初心者さんの為に、何をどうすれば良いのかを分かりやすくお伝えすべく、当サイトを作成しましたので、どうぞお役立て下さいませ。 とお悩みの方は とお悩みの方は 2016年と2018年の11月9日の各通貨ペアの比較です。 最終日の12月30日(金)の終値(おわりね)は 116.99円だったので、, 2016年の米ドル/円は、 2016-11-9 . へお進み下さい。 98.97円~ 121.69円の、約 23円の値幅の中で、変動していたことが分かります。, 2016年1月4日(月)の始値(はじめね)が 130.65円で、 『アフィリエイト用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」を解決~』 177円台でのスタートとなり、144円台での終了となりました。, 1年間で最も安かったのは、10月11日(火)で 124.84円、 【アメリカ大統領選挙】2016年の各地域の結果は、こうだった。 「総取り方式」の49州・特別区ではトランプ氏が29勝、クリントン氏は20勝だった 1年間で最も高かったのは、1月29日(金)で 132.25円でした。, 2016年のユーロ/円は、 税金のこともきちんと考えておきましょう。, その他にも、『知って得するお金の話』や『ビジネス力に関すること』や 「それ以前はどんな動きをしていたんだろう・・・。」, などなど疑問に思ったので、 とお悩みの方は『FX用語集(あ行)~初心者さんの「分からない」をサクッと解決~』へお進み下さい。 ▶詳しいプロフィールを確認する, 海外バイナリーオプション業者の入出金・口座開設方法・ペイアウト倍率・取引内容などの特徴を比較して業者選びをサポートするサイト. 『アフィリエイトの始め方~初心者さんの為に分かりやすく解説~』へお進み下さい。 なんてことにならないように、ぜひお役立て下さいませ。, FXに挑戦してみたいけど、どうすれば始められるのか分からない・・・。 とお悩みの初心者さんは FXを始めるにはFX会社で口座開設が必要です。オススメのFX会社をご案内します。, FXを始めたのは良いけれど、分からない言葉が多すぎる・・・。 米大統領選挙の投票が3日行われた。ところで、前回、2016年の米大統領選挙の投票日は11月8日だったが、時差の関係で開票が進む日本時間の9日は、歴史的な大逆転劇が演じられ大乱高下の主舞台となっただけに、本4日の値動きも注目度が高まりそうだ。, よく知られているように、2016年の大統領選挙では、開票が進む中で、「まさかのトランプ勝利」の可能性が高まることで、事前の一般的な見方に沿って株も米ドルも暴落に向かった。11月9日、105円台で取引が始まった米ドル/円は、ずるずると101円まで下落した。米国のエリア・マップが、共和党のシンボル・カラーのレッドが広がる中では、100円割れすら通過点に過ぎないムードが広がっていた。, ただそんなムードは、世界のマーケットのメイン取引が、アジアから欧米に移る中で豹変に向かった。欧米株価が軒並み上昇に向かう中で、米ドル/円も踵を返し、この日のNY市場終値では105円台を回復、僅かではあったものの寄り付きを上回る「陽線引け」となったのである。, 結局、この日の米ドル/円は約4円の値幅を往復する大相場となった。そして、結果的な米ドル大逆転の「陽線引け」は、後から振り返ると、その後の1ヶ月半程度で、118円まで米ドル一段高、「トランプ・ラリー」と呼ばれた大相場の始まりだったのである。, さて、あの日から4年過ぎたものの、まだ「トランプ・ラリー」大相場の記憶も強く残っていると思われるだけに、大統領選挙後の相場の動きはしばらく注目されることになるのではないか。, レポート・コラムの感想をお寄せください。今後の内容検討等に参考にさせていただきます。 ※は必須項目です。, 大手の投資情報ベンダーの編集長、社長などを歴任し、国際金融に関する情報発信の分野で活躍。, 当社の口座開設・維持費は無料です。口座開設にあたっては、「契約締結前交付書面」で内容をよくご確認ください。, 当社は、本書の内容につき、その正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。, 前回、2016年の米大統領選挙では、勝敗が大逆転劇となったこともあり、開票が進む中で、マーケットは大乱高下となった。, 前回の「選挙後」乱高下の記憶も残る中だけに、当面相場の動きは注目度の高い状況が続きそう。.