戦争による国別犠牲者数. 次世界大戦 太平洋戦争戦跡地 戦没者の60%強140万人は餓死であった 2013年9月 Minade Mamoru Nowar 出典:藤原彰著 『餓死(うえじに)した英霊たち』 青木書店 2001年5月発行 簡単ながら、日本が降伏に至るまでの経緯をなぞってみましょう。 1944年6月マリアナ沖海戦で敗北した日本は、同年7月にサイパンを失陥します。これにより、日本本土は米爆撃機B29の行動圏内に入りました。 1944年11月からは本土空襲が始まり、日本の戦争経済は急速に崩壊していきます。 (この時点で日本に勝ち目は無くなりました。ちなみに7月6日には、中部太平洋方面艦隊司令長官、南雲忠一海軍中将*1が自決しています。) サイパンの失陥を機に、岡田啓介らを中心とする重臣グループは東条 … リーズ No.1210, → 都道府県分布マップへ(塗り分け日本地図でデータを可視化), 都道府県市区町村の人気メニューのご紹介. <関連サイト> 日中戦争(地図) 日中戦争(資料) 太平洋戦争(地図) 太平洋戦争(資料) 731部隊 この資料は、ホロコースト地図 年表・資料 ホロコースト概要 個別収容所詳細 日中戦争 太平洋戦争などと合わせてご覧ください! 第二次世界大戦の国別人的犠牲者数 出典:Wikilpedia 死者数14万人 太平洋戦争初期の日本軍によるイギリス領マレー・シンガポールへの侵攻作戦。 この作戦は世界の戦史上まれに見る快進撃であった。 植民地支配に反対する多数の地元民衆の支援を受けたおかげで大本営の期待を上回る成功を収める。 この戦争でアジア・太平洋地域の人々に与えた惨害はじつに膨大で、 死者の数は約2000万人 をこえ、それは日本人の死者数310万人をはるかにうわまわるものであった。 そして、精神的、物的被害もこれにまさるものがあった。 第二次世界大戦の犠牲者(だいにじせかいたいせんのぎせいしゃ)では、第二次世界大戦における軍人・民間人の犠牲者数の統計について記述する。なお、以下に記述する「被害者数」、「犠牲者数」、「人的損失数」とは、特記しない限り、「死者数」を意味しており、傷病者数を含まない数字である。 日清戦争 : 1894 º7月~ 1895 º3月:の死者 日本 清 備考 1万 3800人 3万 5000人 清軍の 死亡 者は不明な点も 多い 日露戦争 : 1904 º2月~1905 º9月:の死者 日本 ロシア帝国 備考 11万 5600人 4万 2600人 第 1. 東京大空襲・戦災資料センター(東京都江東区)の調査資料をもとに東京新聞が大図解シリーズで公開した太平洋戦争における都道府県別の空襲被害による死者数です。 太平洋戦争戦跡地 戦没者の60%強140万人は餓死であった 2013年9月 Minade Mamoru Nowar 出典:藤原彰著 『餓死(うえじに)した英霊たち』 青木書店 2001年5月発行 米国での新型コロナによる死者数がベトナム戦争での死者数を上回った。そのほか、過去の戦争での死者数と比較してみると、新型コロナの恐ろしさが見えてくる。