0000002645 00000 n 0000042720 00000 n ★日本の輸入額に占めるアメリカの割合(1941年) 機械 66% 石油 77% 鉄類 70% 東南アジア進出を行っている日本、ドイツと対立しているため日本との衝突を避けたいソ連は、お互いに戦争を 太平洋戦争開戦直前の日本は、石油の9割以上を輸入に依存する状況となっていました。昭和16年(1941年)、米・英・オランダは対日石油輸出を全面禁止にし、日本はこれを契機に同年12月、太平洋戦争に踏み切ります。 0000002962 00000 n 0000013678 00000 n アジアとヨーロッパの境とされたカフカス山脈を中心とする地域、 【米国と石油】 太平洋戦争が起こった原因と敗戦の理由を教えてください。太平洋戦争は狂人ルベルトが引き起こしたもの。アメリカも認めている。1937年12月12日揚子江航行中のアメリカの砲艦パネー号が日本軍機に撃沈された。パーネ号はアメリカの国旗を 0000001327 00000 n 130 0 obj <>stream 中国や満州にあったのでしょうか。 1926年、それまで国内での石油探鉱開発にあまり興味を示さなかったイタリアは、 107 24 0000015448 00000 n 申し入れることになりました。  第3 は、太平洋戦争の開戦に向かう過程でなされた米国による石油禁輸 や在米資産凍結などの対日措置が、開戦当時の日本では「経済封鎖」又は「経済断交」と 呼ばれていたが、今日の日本では「経済制裁」と呼ばれていることである。 第一次世界大戦後、ドイツの復興とヒットラーの新たなる戦争、ヨーロッパ征服に必要な石油は、 0000014270 00000 n 石油確保の生命線のプロエシュティ油田をソ連側に失われることをおそれていたヒトラーは、 参考URL:http://www.ne.jp/asahi/masa/private/history/ww2/country/romania.html, 簡単に説明いたします。 ルーマニア、アルバニア、ソマリアで探鉱活動を続けながら僅かな石油を確保していました。 戦前、この戦前というのは西暦1941年(昭和16年)12月にアメリカとの戦争が始まりますが、その前の時期ということです。戦前に米国は日本に対し石油輸出禁止という経済制裁をおこないました。石油輸出禁止という制裁は1941年の8月1日におこなわれます。この石油輸出禁止という対応は侵略国に対しおこなうと米国は表明するのですが、このアメリカが侵略国と見なす国の中に日本国も入っていました。それまでにも米国は日本に対し経済制裁をしています。この石油の輸出を禁止する前には米国内に存在する日本の資産を日本が自由に処理することが出来ないようにしました。在米日本資産の凍結です。7月25日に凍結されています。また前年1940年の10月には日本に対するくず鉄の輸出を禁止しました。これは1940年の9月に日本がドイツやイタリアと日独伊三国同盟という軍事同盟を結んだことや日本がインドシナ半島のフランスが領土としていた一部地域に駐留したことが関係していました。米国の意向に反する行動を日本がとるたびに米国は日本に対し経済制裁をしていたわけです。, 第二次世界大戦がおこなわれていた時代も石油は大変重要なエネルギーでした。日本は石油の産出が全くないということではないものの(秋田や新潟で産出されていました。現在もされています。少ないとはいえありがたい話です。)、産出量は必要量に比べればかなり少ないため、日本国が必要とする石油の多くを輸入していました。1940年の日本国内石油生産量は331キロリットルで同年の石油輸入量は2292キロリットルでした。国内生産量は全体の12%位にしかなりません。必要な石油の大半を輸入に頼っているというのは現在の状況と同じです。ただ現在と輸入相手がだいぶ異なっていました。当時の日本が一番石油で頼っていた国は米国でした。その次に多かった輸入相手先がオランダでした。米国はアメリカ大陸本土で石油がたくさん取れていました。またオランダは当時東南アジアに自国領を持っていました。植民地ですね。その植民地となっていた地域では石油が産出されており東南アジアのオランダ植民地からも日本は石油を売ってもらっていました。1939年に日本が石油を輸入した量の約8割をアメリカが占め、オランダは約14パーセントでした。圧倒的にアメリカからの輸入に頼っていたことがわかります。, 米国が特定の国(米国の言う侵略国家)に石油輸出を禁止するといっても時期から見て一般的には日本に対する制裁であると見られていたようです。米国が8月1日に石油輸出禁止をおこなう前の月、7月には米国が反対する考えを示していたフランス領インドシナの南部へ日本軍がフランス政府の了解のもとで進駐をおこなっています。アメリカに駐在している日本大使の野村吉三郎さんから今後日本軍が仏領インドシナ南部に進駐することに関して米国政府に説明をした際に、アメリカ政府の高官は日本に対し南部仏印への進駐をした場合は石油の輸出を禁止する可能性があることを野村大使側に伝えました。日本軍の南部仏印進駐とアメリカによる石油輸出の禁止は直結していたようです。アメリカが8月に入ってこのような制裁をおこないましたが、オランダはそれよりも早く7月28日に日本とオランダとの間で結ばれていた石油民間協定を停止するという行動に出ています。この28日は日本軍が南部仏印に進駐した日でした(この時期は近衛文麿さんが首相を担当した第3次近衛内閣が日本の政治を仕切っていました)。オランダも日本への石油輸出にブレーキをかけたこととなるわけで対日石油輸出相手として規模の大きさで1位(米国)と2位(オランダ)の国々から制裁を受けることとなって日本は大変つらい状況になります。, 今回は1941年の石油輸出禁止について取りあげました。アメリカのこの制裁が日本を対米開戦に向けさせたと言われているそうなので当時の日本にとってどれほどの痛手だったのか確認したく調べてみることにしました。石油全輸入量の8割を占めるアメリカが輸出してくれなくなることは日本社会にとって死活問題だったと言ってよいのではないでしょうか。日本国内の石油産出量が石油輸入量と合計した量の大半を占める状況であれば日本はそれほど困らなかったでしょうが、実際のところ日本が自前で産出する石油量は必要量の約12パーセントにすぎなかったわけですから。首をかしげたくなるのは南部仏印進駐を実施する前にアメリカから野村駐米大使に石油輸出禁止の具体的な警告が出されていたにもかかわらず日本政府が方針を修正しなかった点です。アメリカからの石油輸出が禁止されたらどういうことになるか内閣の大臣たちがわかっていたのなら南部仏印進駐を何故強行するのでしょう。石油が輸出されなくなるのも当然困りますが、日米交渉も更にうまくいかなくなってしまいそうなのは簡単に予想出来そうなものです。合理的な対応が全然出来ていないように見えてしまうのは現在から歴史を眺めているからなのでしょうか。でも野村大使は進駐実施以前から南部仏印進駐によって日米関係が国交断絶するほど悪化することを懸念していたようです。当時でも見える人には十分見えていたということになります。, 今回の記事は以上となります。最後までご覧いただき誠にありがとうございました。  <(_ _)>, 参考文献 戦争と石油(1)~太平洋戦争編~ 岩間 敏 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)石油・天然ガスレビュー 2006年1月20日刊行内 45頁-64頁, 対日経済制裁と関係する日本の行動について触れている話「日本軍による北部仏印進駐とは?進駐した理由についても」はこちらです。, 石油禁輸の引き金とも言われる日本の動きについての話「北部仏印進駐の翌年に行った南部仏印進駐とは?進駐の理由も」はこちらです。. 0000543867 00000 n 当時の国際連盟(国際連合の前身)は経済制裁を決議しましたが、 0000000776 00000 n 戦争中、米英連合国によりあらゆる対日輸送ルートは遮断されていたそうです。 よろしくお願いします。, 「日本 石油」に関するQ&A: ロシア産の石油を「赤い石油」と呼ぶのはなんでですか? 共産主義の赤? あと日本の石油元売りが赤い石油, 「フィリピン 戦争」に関するQ&A: 太平洋戦争でのフィリピンにおける戦死者, 「アメリカ 石油」に関するQ&A: アメリカが戦争を起こしたら、石油の先物で利益が得られるのか。, 「フィリピン 戦争」に関するQ&A: 日本軍がいた国で、なぜ親日国と反日国があるのですか, 「製品 石油」に関するQ&A: 暖房器具を使うなら、石油、ガス、電気・・・結局安いのは?, 「アメリカ 石油」に関するQ&A: 70年前の日本は、なぜ戦争を決断したのでしょうか?, 日本は石油などの輸入を全面禁止され太平洋戦争に突入した、ということですが、当時ドイツやイタリアも輸入制限されていたのでしょうか?輸入できていたのなら、どこからのルートでしょうか?もしくは自国で産油できたのでしょうか?, 簡単に説明いたします。 当時のドイツは国内の消費量の60%はソ連とルーマニアからの輸入でした。 hބ�K�&9r���+�R���h�W`K27�.T�,��;���a�d�U. 兵器、軍用プラントを提供することを決めました。 大正時代に入ると、近代産業の発展にともない、東京駅の開業、タクシーの営業開始など、交通網がさらに発達していきます。ガス、電気、水道などのインフラ整備も本格化しました。百貨店の登場、洋服や洋食の普及なども含め、今日に通じる都市生活の原型はこの頃できあがったのです。 一方で、この時代は、日露戦争、第一次世界大戦、第二次世界大戦と戦争が続いた時代でもありました。工場や軍艦の動力であるエネルギ… 石油確保の生命線のプロエシュティ油田をソ連側に失われることをおそれていたヒトラーは、 ルーマニアのプロエシュティ油田でした。 檜山良治 講談社をお読みください。 0000544180 00000 n 戦前、この戦前というのは西暦1941年(昭和16年)12月にアメリカとの戦争が始まりますが、その前の時期ということです。戦前に米国は日本に対し石油輸出禁止という経済制裁をおこないました。石油輸出禁止という制裁は1941年の8月1日におこなわれます。この石油輸出禁止という対応は侵略国に対しおこなうと米国は表明するのですが、このアメリカが侵略国と見なす国の中に日本国も入っていました。それまでにも米国は日本に対し経済制裁をしています。この石油の輸出を禁止する前 … さらにソ連がルーマニアを攻撃しないようにと先にイギリスを叩き、 大東亜戦争とは、大日本帝國と英米蘭中などの連合国との間で発生した戦争に対する呼称で、1941年に東條内閣が日中戦争も含めて「大東亜戦争」とすると発言。 敗戦後にはGHQによって「戦時用語」として使用が禁止されましたが、一方で大東亜戦争の名前を用いるべきという主張もあり、歴史認識問題という点でこの戦争の呼称については議論されています。 要するに、太平洋戦争と日中戦争を合わせた呼び方が「大東亜戦争 … 太平洋戦争中、国内に必要な石油はどうやって調達してたんですか? おおまかな一つの資料ということで。1942~1945年の国内石油生産/輸入総量約650万キロリットル(オランダ領インドネシアからの還 … %%EOF 0000016032 00000 n 0000042265 00000 n a�;��4e���pȚ�T�Ҁ���8gB�r��*ʚ�I��8U��V�d4(1��[ �\%X$�Qּl����g�ϔÖ��~���O��"��IK��� � �Ј\r�J�2:����A�l@ ガソリン一滴は血の一滴といわれていたとか。 h�b```�BVng��2�0pL`� ͏0�c�c`�b0H`]͠!���A�������������MS��� � �Er������0}` 形勢を有利にした後、イギリスと講和を結び、その後、 米国のイラク攻撃は、国際政治では石油を確保し、 ルーマニアと経済協定をむすび、軍事使節団という名目でドイツ軍を派遣し、 兵器、軍用プラントを提供す...続きを読む, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 107 0 obj <> endobj 国際連盟(当時)は経済制裁を遂に発動できませんでした。 ルーマニアと経済協定をむすび、軍事使節団という名目でドイツ軍を派遣し、 当時のドイツは国内の消費量の60%はソ連とルーマニアからの輸入でした。 0000001686 00000 n わが国政府は石油産業を始めとする基幹産業の国策化を推進、「石油の一滴血の一滴」の合言葉のもと、民間の石油製品の消費を厳しく統制、非常時に対する準備が推進される中、1941年12月の太平洋戦争開戦となります。 アメリカが日本にとった石油禁輸措置戦前、この戦前というのは西暦1941年(昭和16年)12月にアメリカとの戦争が始まりますが、その前の時期ということです。戦前に米国は日本に対し石油輸出禁止という経済制裁をおこないました。 ルーマニア領土の安全保障に責任を負うこと、 0000002723 00000 n 中東の地域において、 0000014843 00000 n <]/Prev 1098295>> 価格は2倍の相場のようでした。 【コーカサスの石油】 わが国政府は石油産業を始めとする基幹産業の国策化を推進、「石油の一滴血の一滴」の合言葉のもと、民間の石油製品の消費を厳しく統制、非常時に対する準備が推進される中、1941年12月の太平洋戦争開戦となります。 0000013082 00000 n こった場合には、需給の適正化を図るため、国が石油精製業者などに指示したり、消費者に対して石油使用の制限を行うことができると定めています。.