満26歳の誕生日を迎えた三段リーグまでに四段に昇段できなければ退会(三段リーグ勝ち越しによる延長規定あり). 年齢制限のプレッシャー. おまけに、21歳までに初段、26歳までに4段、という年齢制限があり、その年齢までに昇段できない者は奨励会退会となってしまう。羽生善治を筆頭とするライバルたちの存在。父親の死や母親の病など家族を見舞った不幸。年齢制限という重圧。焦燥感…。 あと意外だったのはアユムさんは奨励会の年齢制限(26才)を待たずに自ら退会しているようですね。 ご存知だと思いますがプロ棋士養成機関である奨励会は、 26歳までに4段に昇段しないと強制退会させられてしまう厳しい組織です。 詳しくは、プロフィールページをご覧ください。棋力などについても記載があります。, 囲碁と将棋では『初段』になるのが難しいのはどちらか? | 囲碁ブログ『日々ネット』. よろしくお願いします!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 日本将棋連盟公認、将棋普及指導員です。将棋を指す・観る・知るをもっと楽しく!をテーマに、将棋に関する様々な情報を発信しています。. 以前の記事で、プロ棋士の養成機関である奨励会の概要や入会方法について解説しました。, 最初に申し上げますと、奨励会は、全国各地から天才少年・天才少女が集まってしのぎを削る非常に過酷な世界です。, 私は、自身で奨励会に在籍した経験はありませんが、教え子や、指導をいただいた奨励会員の方の話をこれまで数多く聞いてきました。, 奨励会入会を検討しているお子さまの保護者の方には、奨励会がいかに過酷な場であるかについて、ご理解をいただければ幸いです。, 前の記事でお話した通り、奨励会は6級から三段で構成されており、大半は、6級(満15歳以下で受験可能)からのスタートとなります。, 例会は、第1・第3日曜日に開催されることが多いですが、平日に行われる場合もあり、開催日のルールは一定ではないようです。, 例会ごとに、級位者は3局、有段者は2局の将棋を指し、規定の成績を挙げると段級が上がります。(下がることもあります), 例会日の具体的な過ごし方は、元奨励会三段の石川泰氏のYoutubeチャンネルに詳しい解説動画がありましたので、参考にされると良いと思います。, 図の赤く囲った部分のように、6連勝や9勝3敗などの成績をとると1つ上の級に昇級します。, 級位者は月に6局(2例会×3局)指すので、最速だと1か月で昇級できます。伸び盛りで勢いのある会員だと、6連勝で昇級するケースも多いです。, 図の赤く囲った部分のように、8連勝や12勝4敗などの成績をとると1つ上の段に昇段します。, 有段者は月に4局(2例会×2局)指すので、理論上は最速2か月で昇段できるわけですが、対戦相手も強者ばかりの世界のため、8連勝で昇段するケースは少ないです。, 級位者にせよ有段者にせよ、集中的に勝つ必要があり、1勝1敗のペースをいくら続けても段級は上がりません。, 例えば、6連勝で昇級できる級位者の場合、せっかく5連勝で昇級に「リーチ」をかけても、そこからずるずると3連敗してしまうと、次の規定(9勝3敗)を満たすためには、4連勝が必要になるのです。, このように、何局か続けて負けてしまうと今まで積み上げた白星が無駄になるケースが多く、精神的にかなり厳しいのです。, 奨励会には昇級・昇段だけではなく、降級・降段も存在します。簡単に説明すると下のようなルールです。, 例えば、5級の「B」に落ちた奨励会員が、そこから6連勝しても、4級には昇級できません。, 6連勝のうち最初の3連勝は、「B」を「A」に戻すための勝ち星としてカウントされ、5級から4級に昇級できるかの判定は、「A」に戻った後の4局目から始まるということです。, 奨励会に入会する子どもは、地元ではだいたい負け知らずです。(東京都など、強豪が多いエリアは除く), 周りの強さを糧に奮起できれば話は早いですが、将棋で負けると本当に精神的にしんどいものがあります。, 将棋は、自分1人で勝敗の全責任を負う競技なので、ある意味チームスポーツよりも辛いです。, また、奨励会に入会すると、日本将棋連盟が管轄するアマ大会には出場できなくなります。, こうして、幾多の試練を乗り越えて三段に到達すると、関東・関西の会員が1つになって戦う、「三段リーグ」に入ることになります。, 三段リーグは、半年を1期として行われ、毎期、成績上位2名が四段に昇段し、プロ棋士としてデビューします。, 三段というと、プロ棋士の一歩手前まで近づいているように聞こえる方がいるかもしれませんが、実際には「三段リーグ」が最も厚い壁で、「三段リーグまできてようやく半分」とも言われています。, リーグの前半戦で4~5敗すると、基本的に昇級は難しくなり、また半年後に再チャレンジしなくてはならなくなります。, 意外に多く見えるかもしれませんが、自分の人生の全てを賭けた1局1局の戦いは、精神を限界まで、いや限界をとっくに超えて擦り減らすものです。, 奨励会の厳しさを象徴するものとして「年齢制限」が挙げられます。ルールは下の2つです。, また、奨励会を経験した訳でも無い私に、年齢制限の厳しさを伝えることなんて、とてもじゃないけどできません。, その方は22歳くらいで三段リーグに昇段し、年齢制限のプレッシャーと戦いながらひたむきに四段を目指していました。, もちろん、奨励会の内情をこちらから訪ねたりはしませんでしたが、目を見て、会話をするだけでも、彼がいかに厳しい世界に身を置いているのかは伝わってくるものがありました。, アマチュアとの練習将棋でも一切の手抜きはなく、感想戦もこれまた手厳しいものでしたが、おかげ様で私はだいぶ鍛えられました。, 最近でこそ、YouTuberに転身して、奨励会の経験談を話す方も出てきていますが、大変勇気がいることだと思います。, そうした無数の若者の夢の上に、華やかなプロ棋士の世界があるのだということは、将棋ファンの方にも知っていただけると嬉しいです。. 将棋界の最年少記録を次々と更新している藤井聡太二冠。彼の華々しい活躍は多くの人の注目を集めている。だが、勝者がいれば、必ず敗者もいる。藤井聡太二冠のような天才棋士がいる一方で、プロ棋士を目指しながらも夢やぶれて将棋界を去っていく者もいるに違いない。, 大崎善生著『将棋の子』(講談社)は、プロ棋士になれなかった青年たちの苦闘の日々と、その後の人生を描き出したノンフィクション作品。大崎善生氏といえば、雑誌『将棋世界』の元編集長であり、29歳で亡くなった棋士・村山聖の生涯を綴った『聖の青春』でも知られる作家だ。『将棋の子』は、将棋界を長く取材し続け、多くの棋士たちと信頼関係を築き上げてきた大崎氏だからこそ描けた作品といえるだろう。将棋界を去ることになった青年たち。その挫折の先に待ちかまえている非情な生活に、大崎氏は優しい眼差しを向ける。, この物語の中心として描かれるのは、大崎氏の同郷、札幌出身の成田英二。彼は母とともに上京し、日本将棋連盟のプロ棋士養成機関・奨励会の会員となった。そこは、全国各地から将棋の“神童”たちが集まる場所。入会するのにもかなりの実力が必要だが、入会できたとしてもプロになれるのは、1年間でわずか4名。おまけに、21歳までに初段、26歳までに4段、という年齢制限があり、その年齢までに昇段できない者は奨励会退会となってしまう。羽生善治を筆頭とするライバルたちの存在。父親の死や母親の病など家族を見舞った不幸。年齢制限という重圧。焦燥感…。結果、奨励会を退会することになった成田は、その後、どんな人生を歩んだのか。大崎氏が11年ぶりに成田との再会を果たした時、成田は40歳。借金を重ね、すっかり行き詰まっているところだった。, 奨励会員には、学歴もなければ、資格もない。将棋しか知らないのに、その夢も破れてしまえば、その先どうすれば良いのかもわからない。大きな挫折の後、どう這い上がるのか。この物語を読めば読むほど、夢破れた者たちにとって、将棋とは何だったのだろうかと考えさせられる。将棋とは悪なのか。つらい挫折を味わった彼らの姿をみるとそんな考えが頭をよぎるが、成田はどうしてか明るい。, 「将棋がね、今でも自分に自信を与えてくれているんだ。子供のころから夢中になってやって、大人にもほとんど負けなくて、それがね、そのことがね、今でも自分に自信をくれているんだ」, そんな成田の予期せぬ言葉に思わず涙腺が熱くなるのは、きっと私だけではないだろう。そして、それに続く大崎氏の言葉にも胸が温かくなる。, アマであろうとプロであろうと奨励会員であろうと、将棋はそれをやるものに何かを与え続けるばかりで、決して何も奪うことはない。しかも、それに打ち込み夢を目指した少年の日の努力や鍛錬は、大きな自信となって彼らの胸の中で生き続けているのだ。, 天才棋士たちの活躍の裏には、多くの人の涙があったに違いない。この本を読み、奨励会員たちの苦悩を知れば知るほど、今、プロとして活躍している棋士たちの強さが身に染みてわかるようになる。将棋ブームの今だからこそ、勝者だけでなく、敗者の物語にも目を向けてみてほしい。将棋界の厳しさを知れば知るほど、将棋の奥深さを知れるような気がする。, 史上初の女性棋士は誕生するか? 将棋に全てを懸ける若者たちの群像劇『盤上に君はもういない』綾崎隼インタビュー, 型破りな天才少女が将棋界に殴りこみ! 『響〜小説家になる方法〜』の作者が描く、闘う将棋漫画, 『からかい上手の高木さん』作者が描く、好きなのに「好き」とは言わない男女の攻防戦!【次にくるマンガ大賞2020「コミックス部門」3位】, 藤井聡太、ひふみん、羽生善治… 空前絶後のブームが到来した「将棋」のレビュー総復習, 小学生名人戦準優勝 レジェンド・中井広恵女流六段が、稚内から上京して内弟子になった小6のころ, 「研究が足りていなかった」“将棋の強いおじさん”木村一基九段が三段リーグで悩んでいたころ, 前代未聞の将棋ミステリー! プロ棋士の夢を捨てきれなかった男の末路を芥川賞作家が描く, 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 奨励会の厳しさを象徴するものとして「年齢制限」が挙げられます。 ルールは下の2つです。 満21歳までに初段に昇段できなければ退会 1級で規定の成績を上げると初段となります(入品 にゅうぼん といいます)。そしてここが一つの折り返し地点といえるでしょう。. 級位一次試験免除者. 連盟は82年、奨励会の年齢制限規定を30歳から25歳に引き下げました(81年までの入会者は従来の30歳)。当時の奨励会は三段以下が合体された制度(年間の四段昇段者は不定数)でしたが、87年から現行の三段リーグ戦の制度(年間の四段昇段者は4人)に変わりました。 年齢制限という重圧。焦燥感…。結果、奨励会を退会することになった成田は、その後、どんな人生を歩んだのか。大崎氏が11年ぶりに成田との再会を果たした時、成田は40歳。借金を重ね、すっかり行き詰まっているところだった。 © KADOKAWA CORPORATION 2020, プロ棋士になれなかった若者たち…『聖の青春』作者が描く元奨励会員のその後の人生とは. みなさん、初めまして。いつつブログをはじめて投稿する荒木隆です。 簡単に自己紹介を致しますと、私は元々、奨励会というところに在籍しており、昨年の9月まで奨励会員でした。今はいつつ将棋教室神戸元町校の講師として日々楽しく働 ※奨励会三段リーグに編入後に退会した者も受験可。 受験級位 【級位・師匠推薦あり】 年齢による受験級位を下記の通りとする。 満15歳以下 6級以上 満16歳以下 5級以上 満17歳以下 4級以上 満18歳以下 3級以上 満19歳 1級 【級位・師匠推薦なし】 6級. 奨励会入会試験での受験する級ごとの年齢制限の違いや初段入会について 2018年8月26日 2020年9月7日 将棋 プロ将棋に興味ある将棋ファンならば、プロ養成機関である「 奨励会 」について知りたい、という想いがあると思います。 将棋ポケットさん(@shogipocket_52)がシェアした投稿 – 2019年10月月5日午前4時55分PDT, 18年4月に初段への昇段を果たした中七海さん。昇段後も勝ち越しのペースで進んでいるので、勝敗のゆくえや結果が気になります。今回は18年5月19日に行われた奨励会の結果と、成績・日程を速報します。, 奨励会員の西山朋佳三段にはお姉さんがいますが、誰でどんな人なのでしょうか?なんと、囲碁のプロ棋士で名前は静佳さんといいます。そこで西山静佳さんの情報をまとめました。, 西山朋佳さんは女性で唯一奨励会三段リーグに所属していますが、プロ公式戦や女流タイトル戦にも出場しています。そこで、西山朋佳三段のプロ公式戦・女流タイトル戦と奨励会の成績をまとめました。, 西山朋佳女王が絶好調!奨励会三段リーグで上位につけているのはもちろん、女流タイトル戦で里見香奈女流四冠相手に「女流三冠」を達成しました。今回は、「奨励会三段リーグの成績」「女流三冠」「囲碁棋士の姉とのタイトルの可能性」の3つを特集します。, 将棋のプロ養成機関である奨励会に、実質的な下部組織にあたる研修会があります。4地域(関東東京・東海愛知・関西大阪・九州福岡)にあり、主として少年少女の棋力向上の場になっています。女子は誰がいてレベルと成績はどんな感じでしょうか?プロ・奨励会への年齢制限・女流棋士の可能性と合わせてまとめました。, 2016年に入会後、現在は5級の今井絢さん。その後も白星がたまり始め、昇級が視野に入りつつあります。今日は、18年5月19日に行われた奨励会の勝敗速報と成績・結果をまとめました(18年12月4日更新)。, 将棋プロ2枚の切符をかけた戦い「三段リーグ」が4月28日から開幕します。今日は、対戦カードを元に、見どころをまとめてみました。, 関西奨励会の対局が、18年5月3日に行われました。中七海さんや今井絢さんと同じく将棋プロ棋士を目指している磯谷祐維さんの結果はどうなったのか?気になる成績の速報と今後の情報をまとめました。, 里見香奈・西山朋佳(奨励会三段,三段リーグに所属)の活躍で、にわかに注目を集めている女性将棋プロですが、「現在で一番強い・最強は誰なのか?」気になるところです。活躍した年代が違う方と比較は難しいのは承知で、女流タイトル戦(女流棋士)・奨励会員最高位の実績の2つの視点で比較してみました。人数もまとめています。, 奨励会三段リーグの西山朋佳女王は、6勝2敗とトップ集団を走っています。12月21日に関西奨励会の対局が終わり全三段が8局を終了しました。そこで三段リーグの成績最新速報の19年12月24日更新版として、西山朋佳女王を含む成績上位の三段の対戦相手を分析し、昇段の可能性が高い三段は誰かをまとめました。, src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">, 女性初のプロ棋士へ向けて、三段リーグで挑戦を続けている西山朋佳三段。最新の三段リーグの最新速報と年齢制限までの時間や、過去の昇段者の年齢やレーティングなどを分析しました。, Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます). Copyright© I-tsu-tsu Co. Ltd. All Rights Reserved. 第18回三段リーグ当時、26歳の奨励会三段。 26歳といえば奨励会の年齢制限ギリギリの年齢ですが、三段リーグは26歳を超えてもリーグ成績が勝ち越せば退会せずに参加し続けることができます。 簡単に自己紹介を致しますと、私は元々、奨励会というところに在籍しており、昨年の9月まで奨励会員でした。今はいつつ将棋教室神戸元町校の講師として日々楽しく働いているわけですが、今の私の本当に簡単な自己紹介を見て、多くの方がきっと、「え、奨励会って何………(゜Д゜)?」と思われたことかと思います。, そこで今回の記事では、謎のヴェールに包まれた「奨励会」について、元奨励会員の私がちょこっとどんなところなのか紹介しようと思います( ´ ▽ ` )ノ, 実はそもそも「奨励会」とは略称で、正式には公益社団法人日本将棋連盟付属新進棋士奨励会と言います。う〜ん…長いですね( ;´Д`)長すぎて毎回、言ってられないので、みんな「奨励会」と呼んでいるわけですね。たぶん私も含めて、この正式名称をちゃんと覚えている人は誰もいないのではないでしょうか、笑。, さて、そんなことはさておき、この奨励会が一体何を目的とする組織かというと、将棋のプロ棋士の養成機関です。養成機関というと何だか物々しい響きですが、要するに将棋の専門学校みたいなものですね。, 将棋の棋士になるためには、必ず奨励会に入会しなければならず、あの羽生善治さんや、いま話題の藤井聡太さんも奨励会に在籍していたのです。, それでは、奨励会に入るにはどうすればいいのかというと、毎年8月に開催される奨励会試験を受け、合格しなければなりません。試験は年に一回しかないので、もし不合格の場合、次の8月まで待たなければいけません。いわば受験のようなものですね(>_<) 試験方法は2段階になっており、まず一次試験では受験者同士での対局を6局行い、4勝すれば通過、3敗すると失格になってしまいます。一次試験を勝ち抜くと、今度は二次試験が待っており、ここでは現役の奨励会員を相手に3局指し、1勝でもできれば、ようやく合格となります。 受験者は一日につき3局ずつ、3日間かけて戦うわけですが、「たかが3局されど3局」、年に一回しかチャンスがないのですごくプレッシャーがかかり、想像以上に疲れます。 ちなみに、毎年の受験者は年によっても変わりますが、およそ30~40人、合格するのはおよそ1〜2割です。自分でいうのもなんですが、倍率も決して低くなく、入るだけでもなかなか大変なんです。, さて、奨励会の試験に無事にパスして、晴れて奨励会に入会できたところで、後は悠々自適にプロ棋士の未来へまっしぐらかというと、決してそうではありません。むしろ、入会してからの方が、より一層熾烈を極めた戦いが待ち受けており、大変といえるでしょう。, 奨励会では、まず6級からスタートします。月に2回の対局日があり、そこで規定の成績を納めれば昇級(昇段)することができます。6級→5級→4級…..と昇級していき、1級で規定の成績を上げると初段となります(入品 にゅうぼん といいます)。そしてここが一つの折り返し地点といえるでしょう。そこからさらに昇段し、二段→三段と昇段し四段になればプロ棋士になることができます。, ここで、三段から四段への昇段について詳しくお話ししたいと思います。三段から四段への昇段するには、「三段リーグ」と呼ばれる同じ三段同士でのリーグ戦を戦い、上位2名に入る必要があります。「三段リーグ」の参加人数は約30人。半年かけて18回の対局を行います。, 「三段リーグ」を勝ち抜かなくてはいけないということ自体が、プロ棋士になる上でとても高いハードルなわけですが、さらに奨励会員にとっての障壁となるのが、年齢制限の存在です。満21歳までに初段。満26歳までに四段へ昇段しなければならず、もしそれが達成できていないとすると、強制的に退会となります。タイムリミットがある中で、良い成績を取らなければいけないわけですね。ちなみに、奨励会へ入会した人が棋士になれる割合は、約1〜2割程度です。つまり、奨励会試験を受け、合格した人の中でプロ棋士になれる人は一、二人しかいない計算になります。こうやって文章にしてみると、改めて競争の厳しい世界であることを実感しますね。, なお、話が少し前後するのですが、奨励会試験を受験するときにも年齢制限があり、原則として15歳以下でなければ試験を受けることができません(ただし、ここでは触れませんが、例外も存在します)。, さて、ここまでスタートは6級、四段になればプロ棋士になれる、「三段リーグ」は大変などなど、奨励会について色んなことを書いてきましたが、果たしてこれらが具体的にどのくらいの実力を示すものなのか、いまいちピンと来ないかと思います。, もしかすると、6級というと、「なんだ大したことないじゃん」と思われるかもしれないのですが、実は奨励会の6級とはプロの視点から見た6級であり、アマチュアの6級とは全く異なります。アマチュアの段位に換算すると、大体四段くらいです。将棋のアマチュア四段がどれくらいのレべルかというと、甲子園に出場する高校球児くらいのレベルです。, 一番下の6級でそれだけ高い技量があるのですから、奨励会の有段者にまでなれば、どれだけ強いかはもう言うまでもないと思います。最も、プロの棋士になればそれ以上に強い人たちが待ち受けている訳ですが……笑, 私は14歳の頃に6級で入会しました。昇級のペースは決して速くはなかったものの、18歳の頃に初段になり、22歳の頃に三段まで昇段しました。, しかし、ここで私に大きな壁が立ちはだかります。それが前述にもある「三段リーグ」でした。私は22歳のときに三段になったので、26歳の年齢制限までチャンスが8回あったわけですが、上位2名に入ることはできず、結果として奨励会を去ることになりました。, プロ棋士になれなかったことは非常に残念ではあるのですが、自分なりに精一杯、頑張ったので悔いはありません。それに、奨励会に在籍し、将棋に一生懸命打ち込んだことで得たものもたくさんありました(^_^), それは礼儀作法であったり、目標を達成するために前向きに努力したり、思い通りに行かないときに辛抱や忍耐することだったり、数え上げればキリがありません。, 今いつつでは、テキスト作成のサポートをしたり、将棋教室を通じて子どもたちに将棋の楽しさを伝えるといった活動をしています。, これからは、長い奨励会生活で培ったものを今後の人生やいつつでの活動に活かしていけるよう、あのときの気持ちを忘れずに、日々を歩んで行きたいと思います( ´ ▽ ` ), いつつ将棋教室の選抜コースは奨励会を目指すための講座です。ご興味のある方はぜひ体験会にお越しください。, 1990年生まれ。滋賀県大津市出身。平成16年9月森信雄七段門下で「新進棋士奨励会」に6級で入会。三段まで進み、平成28年9月に退会。平成29年3月株式会社いつつに入社。奨励会員時代の将棋教室やイベントで、子どもたちへの指導の経験は豊富。, いつつへのお仕事の依頼やご相談、お問合せなどにつきましては、こちらからお問い合わせください。.