9/27が誕生日だった事もあり、家族や、仲間達にサプライズでお祝いしていただきました 毎回何か感じ取れるのですが、今回は全然気づかず年をとったせいか 1893年 4月15日、和歌山県 西牟婁郡 田並村(現・串本町)で小野常右衛門の次男として生まれた。 小野伸二。久保建英という天才がいる今なお、小野を超える天才はいないと言われていますが、何故ですか? ... 本来なら、例えば家族3人で4000円... 6. 小野 真次(おの しんじ、1893年4月15日 - 1974年1月3日)は、日本の政治家。和歌山県出身。初代和歌山県公選知事(1947年4月19日 - 1967年4月22日)として5期を務めた。, 1893年4月15日、和歌山県西牟婁郡田並村(現・串本町)で小野常右衛門の次男として生まれた。県立田辺中学校に入学し、県立耐久中学校に転校して耐久中学校卒業後、京都高等蚕糸学校で学んだが、帰郷して海運業に従事した。, 1920年、田並村会議員に当選し、翌1921年には西牟婁郡会議員に当選した。1927年に推されて田並村長となり、1931年3月まで在任した。また、1935年12月には田並村長に再任し、1937年4月まで務めた。, 1931年9月、和歌山県会議員に西牟婁郡から選出され、3期(14年6ヶ月)務めた。在任中の1933年11月と1935年11月に参事会員、1941年12月には和歌山県会副議長に当選した。, 1946年4月、第22回衆議院選挙に和歌山県全県区から立候補して当選したため、和歌山県会副議長、県会議員を辞職し、日本自由党所属の衆議院議員として国政に参画した。, 1947年、衆議院議員を辞職して地方自治法の施行による初の和歌山県知事選挙に出馬し、第1回投票では元和歌山知事の川上和吉に敗れたが、第1位の川上の得票数が法定得票数の8分の3に達しなかったため、2週間後に決選投票が行われることとなった。小野は決選投票に向けて、和歌山県農林部長の菅原清六や朝日新聞社出身で日本社会党の支持を得た石尾市太郎と民主三派連合を結成し、決選投票では川上を破って当選した。, 在任中は南紀豪雨による紀州大水害や伊勢湾台風などの災害が相次ぎ、戦災からの復興と災害復旧に追われたが、1959年には明治以来の悲願であった国鉄紀勢本線の全通を迎えるなど、着々を成果を上げていった。住友金属工業和歌山製鉄所の誘致に成功し、「阪和合併」を提唱するなど先進性もあったが、道路整備の遅れや公害が問題となった。, また、鋭い眼光とちょび髭の威厳を持つワンマン知事ということもあって小野に対する反発は高まり、4選を目指した1959年の選挙では副知事の荒木和成に善戦されてしまった。5選を目指した1963年の選挙には山口喜久一郎や大野伴睦、河野一郎といった国政の実力者たちが出馬の意向を示したため自由民主党内では調整が進められ、最終的には小野の5選を支持した。しかし、県議会議長の平越孝一が日本社会党・日本共産党の支持を取り付けて出馬し、小野を1万6,000票差まで追い詰めたため、「写真判定」という言葉が和歌山県の流行語になったほどの大激戦であった。, 1967年4月22日に5期目の任期満了を迎えて勇退した。初代公選知事として5選したのは、神奈川県の初代公選知事の内山岩太郎と並んで最多タイである。県議会は退職にあたって感謝決議を行い、1967年11月に和歌山県名誉県民となって勲一等に叙せられ瑞宝章を受章した。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=小野真次&oldid=79797188. ――だが、小野伸二は「家族がいても変わらない」とも語る。小野伸二にとって「変わらないこと」とは、いったい何を意味するのだろうか。 僕 小野 伸二(おの しんじ、1979年 9月27日 - )は、静岡県 沼津市出身のプロサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。jリーグ・fc琉球所属。元日本代表。 アスリートが高いパフォーマンスを実現するためには、家族のサポートは不可欠とも言われる。家族がアスリートを支え、アスリートは家族のためにプレーする……と、モチベーションを高める。小野伸二にとって家族とはどんな存在なのだろうか。, 実は僕、ドイツのときから単身なので、かれこれ12年くらいずっと“単身赴任”なんですよ。そんな僕が言うのはおかしいかもしれませんが、仕事と家族は別といった考えに対して、僕はあまりそういったことを考えたことがないんです。むしろ「自分には家族がいる」ということで、今の自分が存在しているんだな……ということを頭のどこかで意識できているんじゃないかなって思います。, 今も単身で沖縄に来ているので家族とは離れています。でも、離れていてもいつも応援してくれていると感じています。だから、家族とは離れていても、いつも結ばれているという思いがあるんです。僕が安心してサッカーをやれる、集中できる環境があるのも、やっぱり家族のおかげです。だからこそ、より頑張らなくちゃいけないんだなと。, もちろん、家族と一緒にいられたらそれに越したことはないです。でも、離れているからこそ、家族の大切さをより感じられるのかなとも思います。, ――こうしてサッカーができるのも家族があってのことと語る小野伸二。家族の存在はかけがえのないものに違いない。, 移籍なども含めて、僕が決めることに対して、家族が何かを言ってくることってあまりないんです。相談はしますが、最終的には自分で決めます。でも、僕がやると決めたことに関しては、すごく応援してくれます。だから自分としても責任を持って決めなければいけないという思いはあります。まぁ、奥さんにとっては、あまり単身で行ってほしくないみたいですけどね(苦笑)。, でも、僕が普段家にいない分、奥さんがきちんと役割を果たしていくれていることについては、本当に感謝しています。そして、常に僕のことをリスペクトしてくれていることも、僕にとってはすごく嬉しいことです。最近では、奥さんのそういう気持ちが子供たちにも伝わっているのが、とても嬉しいんです。, 子供たちがだんだんと大きくなってくるにつれ、嬉しいことにパパがサッカー選手だということを誇りに思ってくれていたりします。そして、ありがたいことに僕たちに対してそういった感謝の気持ちを伝えてくれたり……。そんな子供たちの姿を見たら、自分も頑張ってやっていかなくては、という気持ちが自然と芽生えますよね。, ――だが、小野伸二は「家族がいても変わらない」とも語る。小野伸二にとって「変わらないこと」とは、いったい何を意味するのだろうか。, 僕はシーズン中だろうとオフだろうと、子供たちといても一人でいても、何も変わらないんです。家族と一緒にいるからこうしよう、子供たちがいるからこうしなきゃダメだ……みたいなことは考えていないんです。「僕は僕」という考えとでもいうんでしょうか。離れていても、一緒にいても家族を思う気持ちは変わりません。だから長いこと単身でもできるのかもしれませんね。, もちろん、家族がわざわざ足を運んで試合を観に来てくれたときはいいプレーを見せたいという思いはあります。でも、家族が来ているから自分が劇的に変わるとも思ってはいないんです。僕がそうだからなのか「人間は変わらない」という考えが僕の中にあって、逆に変われる人はすごいなぁって思うくらいです。, ’79年、静岡県沼津市出身。’93年にU-16日本代表に選出され、その後も各年代の代表として活躍。清水商業卒業後は浦和レッズに入団。その後、オランダ、ドイツ、オーストラリアなどのチームを渡り歩き、昨年8月に北海道コンサドーレ札幌からFC琉球へ移籍した, ―[短期集中連載 FC琉球・小野伸二40歳「好きなことで生きてきた~信念のつくり方~」]―, この記事内のリンクから商品を購入されるとマイクロソフトはアフィリエイト広告収入を得ることがあります, 新しいFacebookアプリで友達とのコミュニケーションを快適に楽しんで頂けます。. 小野 真次(おの しんじ、1893年 4月15日 - 1974年 1月3日)は、日本の政治家。 和歌山県出身。初代和歌山県公選知事(1947年 4月19日 - 1967年 4月22日)として5期を務めた。. 3月29日、小野伸二が所属するウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(以下WSW)は、アウエーでのニューキャッスル・ジェッ… 経歴.