なるべく強いチームに入ってレギュラー争いを頑張るか、絶対レギュラー取れそうなチームに行くのではどっちがいい??, いざ、セレクションの時期が来たときに同じように思っているならできる限り息子の希望に沿ったチームが見つかるように協力してあげようと思います。, 今はまだ人数も少なくスーパーな子たちを自除外した4枠を6人くらいのレギュラー軍で争うという、多少希望が見える競争ですが、4年生の終わりから5年生のあたまにかけてどんどんうまい子が移籍してくる我がチーム。, 今後すべての枠がスーパーな選手で埋まってしまい、自分もスーパーにならなければ試合に出られないようになったとしても、同じことを言えるか。, 息子のサッカーがうまくなりたい気持ちがどれほど本物か、どこまでストイックでいられるのか。見守りたいと思います。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 「努力は夢中に勝てない」という言葉を初めて聞いたとき、僕はもう大人になっていたのですが、その言葉がとても腑に落ちて「そうだよなぁ。」と深く頷きました。, 僕も好きなことは色々とありますが、どれも努力と夢中の中間にいるような感覚があり、むしろ努力をしている事に自体に満足感を覚えているフシがありました。, 努力と成功体験が結びつくことで、夢中に近い状態になることはできますし、息子にはサッカーを通してそういったことを経験してほしいと常々思っています。, しかし、若くして大きな成功を収めている人たちを見ると、努力を努力と思う暇もなく夢中で駆け抜けた結果、非凡な能力を手に入れているように思えたのです。, 欲を言えば、息子にもそっち側まで行ってほしいな~と思っています。(非凡ではなく夢中の部分で), さて、夢中という点に注目して少年サッカーを見てみると、子どもたちは大人よりもずっと目の前のことに夢中で取り組む才能を持っていることがわかります。, さらに、上手な子ほど、サッカーをすることだけではなく、サッカーで勝つことに夢中になっているように見えます。, スーパーな子たちは自分たちのプレーに勝敗がかかっているという責任感が無意識に生じているのかもしれません。本当にゴールを決めること、ゴールを守ることに夢中です。, いつか、息子もそうなってほしいなと思いつつ、まずは、息子にサッカーが好きで楽しくて自分でやりたくてやっている気持ちをしっかりと持っていてもらいたくて、僕はサッカーから帰ってきた息子にいつも質問することにしているのです。, 息子が一日の終わりに、「今日もサッカーが楽しかった」と振り返ることができるように。, 些細なことだとは思いますが、僕自身、高校生のころにはサッカーが楽しいという感覚は消え失せていて、完全にやらされているものになっていました。, そんな反省もあり息子には、中学生になっても高校生になってもサッカーを楽しくやってほしいという親心です。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. 新型コロナは2020年6月現在でいくつかの有効な治療薬が見付かったものの、根本的には未だにワクチンが作られていないという問題があります。 特に育成年代のサッカー少年をお持ちの親御さ […] ブログランキング参加中!! 少年サッカーブログ第一話はこちら⇒ スーパーじゃない息子が強豪街クラブに入るまで. 少年サッカー(主に4種、時々3種や2種も)に関する事を中心に、親の目線、指導者の目線、4級審判員の目線を交えながら、グダグダと書き殴っていきます。 少年サッカーを見守るブログ・シン. サッカー少年と新型コロナ!病気の特徴をきちんと理解しよう. 穏やかに見守りたい方はこちら! 強豪街クラブで少年サッカーを頑張る"スーパー"じゃない息子のポジティブな見守り方を提案 ついついイライラしがちな我が子のプレーを暖かく見守る考え方について、僕なりに考えてみました。 2年後のいまごろの全日予選には、息子は戦力としてチームに残っているのか。それとも完全な圏外まで離脱してしまうのか。そしてなによりビビりが直って、A戦だろうとB戦だろうと安心して試合を見に行けるようになるか。, チーム内での状況もさることながら、もう一つ気になるのはジュニアユースのチームです。, 今のチームの監督は常々、ここでレギュラー取ることよりも、中学、高校と進んだ時にしっかりと個人でやっていける選手になることが大事だと言っています。, これだけ入れ込んでいる今のチームなので、僕個人としてはジュニアユースの進路よりも、6年生の時に公式戦に出られる方が嬉しいと思ってしまう、なんて事は秘密ですが、やはり周りを見るとジュニア時代の成果としてどれくらい強いチームのセレクションに受かるかということも重要なようです。, さて、そうはいってもこれまでセレクションなど無縁だったスーパーじゃない息子と我が家が2年後にはいろいろなリームのセレクションを受けて合否に一喜一憂したりする日が来るなんてまだ信じられません。, そもそも僕は、ちょっと前まで中学では部活が多数派と思っていたほど最近のジュニアサッカーに疎かったのですが、今では当たり前にお受験する気になっているので怖いものです。, 我が家の方針としては、第一条件は家から近いこととしたいのですが、息子の希望や、実際に受け入れてくれるところがあるかという問題もあるので、まったく着地点が見えないところからのスタートになります。, ただ、今のチームでレギュラー争いで劣勢を強いられている息子自身としては、ジュニアユースでは、もっと楽してレギュラーになれるチームに行きたいんじゃないか、という思いもあったので、先日息子の現在の希望を聞いてみました。, Q. そして昔のパパ同様まったくサッカーに興味ゼロのママに「またサッカーの話なの、、、?」と毎日うんざりされています!(笑)でもママもちょっとずつ興味出てきたかな? というわけでブログがすっかり少年サッカーブログになってしまいました! 熊本の少年サッカー、ジュニアサッカー、ジュニアユース、ユースの大会やチーム情報を集めたサイトです。各チームのブログの更新情報や大会情報、リーグ戦情報や会場情報も集めています。気になる情報はチェックしてください!