ジップラインとは、森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降りていき、絶景を楽しめスリルを味わえる、世界的にも人気のあるアクティビティ。日本でも徐々に人気が出てきており、ジップラインが楽しめる施設も増えてきています。大自然の空中散歩は今までにない爽快感。 ジップラインアドベンチャー予約受付中! 花だより13号10月7日 配信中! ウィンターシーズンスタッフ募集中! 当施設における新型コロナウィルスの感染予防対策について. アドベンチャー パーク. ジップラインは、張られたワイヤーロープをハーネス付きのプーリー(滑車)で駆け巡るアドベンチャーアクティビティです。 たった1本のワイヤーですが景色は360度に広がり、天候や速度によって毎回違った体験ができます。 人気は「牛乳パン」!長野のアンテナショップ「銀座NAGANO」のおすすめを徹底紹介!, 【前日までの購入限定・最大200円割引】極楽湯 福井店 入浴クーポン(入浴券+レンタルタオルセット), 2016年4月福井県に新たなアトラクション「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」がオープンしました。緑豊かな敷地の中に、森あり、川あり、一日では回りきれないくらいのアトラクションが目白押し!中でも話題を集めているのが、山を2つまたぐ「メガジップライン」なのです!, こちらの施設の目玉は、なんといっても国内最大級の「メガジップライン」。山の尾根間に張られた往復約1kmのワイヤーを滑り降りるアトラクションです。その高さは最高で60m! 20階建てのビルと同じ高さから滑り降りていく視界は、まさに絶景!!鳥になった気分?いやいやそんなに簡単にこの爽快感は手に入りません。, そんなジップラインを楽しむためには、森の中の散策を楽しみつつ、第1スタート地点の森の中の107段の階段を上がらなくてはなりません。いよいよ滑空。480mの往路を滑り降ります!そして次に、第2スタート地点までの108段の階段…ついに出会える日本最長の510mの復路滑空!苦労して登ったからこそ味わえる爽快感!アウトドアの醍醐味ですね♪, <メガジップライン>【料金】3,800円※電話・インターネットでの完全予約制、当日空きがある場合は現地で申し込み可※身長140cm以上、体重100kgまで※強い雨、強風、落雷発生時は運行中止, 豊かな森を冒険するのがこの「アドベンチャーパーク」は、樹上3m~12mに設けられたさまざまな足場を次々に乗り移りながら進みます。スリル満点の「ディスカバリーコース」や、子供だけでチャレンジできる「キッズコース」、クライミングで木に登って大きな樹間をスウィングする「ツリークライムコース」など自分に合った内容を楽しめるようになっています。, ちょっとは、ゆっくりしたいです。という方におすすめなのは「ピクニックコース」。100年杉のハンモックで寝ころんだり、ツリーハウスで景色を眺めたり、ゆったりした時間を過ごすことができますよ。, <アドベンチャーパーク>ディスカバリーコース料金:3700円、キッズコース料金:1100円、ピクニックコース料金:3200円、ツリークライムコース料金:2800円※電話・インターネットでの完全予約制、当日空きがある場合は現地で申し込み可※身長140cm以上、体重100kgまで(キッズコースのみ身長110cm以上、体重40kgまで)※強い雨、強風、落雷発生時は運行中止, 足羽川の源流を下る、全長2.1kmのミニラフティングコースです。家族や仲間でゴムボートに乗り込んで、力を合わせてゴールを目指します。浅瀬の川なので、身長100cm以上であればお子様でも安心して参加することができます。, <アドベンチャーボート>【料金】10,000円※電話・インターネットでの完全予約制、当日空きがある場合は現地で申し込み可※身長100cm以上、体重100kgまで※強い雨、強風、落雷発生時は運行中止, もちろんアウトドアの定番、バーベキューを楽しむ施設も用意されています。宿泊できるコテージは8棟、ユニットバスやミニキッチンが完備されているので、ちょっとしたリゾート気分が楽しめます。森のテラスハウスでは池田町でとれた有機野菜をふんだんに使ったハンバーガーなどが提供されており、ぺこぺこになったお腹を十分満たしてくれます。, アドベンチャー気分がたっぷり味わえる「ツリーピクニックアドベンチャーいけだ」いかがでしたか。普通のアスレチックでは物足りなくなったあなたへおすすめです!. ジップラインアドベンチャー 「マウンテンツアー」営業中 !. アドベンチャー ボート. アドベンチャー ボート. 新潟県; 上越・糸魚川・妙高; 10歳から 1時間30分 ~ 人気のプラン 【新潟・妙高・ジップライン】全長約1,501mを飛ぶ空中の旅へ出発!ジップツアー. 予約に進む. メガジップライン. 大阪のボルダリングジムおすすめまとめ。初心者でも安いお値段で体験ができるコースがあるジムや、合コンを行っているジムなども!福島やなんば... バンジージャンプが体験できる全国のスポットをまとめました。関東、関西をはじめ、日本一の高さのスポットもご紹介!気になる料金や事故につい... YAMA HACK運営&記事編集担当。登山をきっかけに自然の力に魅了される。山で飲むコーヒーが大好き。何かあれば必ず山に行き、心身共に整える。山について新しい視点を与えられるような記事作りを心がけて日々執筆活動を行う。, 150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる! アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる! お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!, ジップラインは、森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降りる海外で人気のアクティビティです。近年、日本でも広まってきており、日常では味わうことのできない, 各施設で様々なコースが用意されており、スタートからゴールまで仲間と楽しく滑ることができます。施設のHPに上記のようなコースの紹介動画があるので、そちらをチェックしてみると、イメージが湧きやすく参考になりそうですね。, 女性はスカートやワンピースは避けた方が良いでしょう。靴はサンダルは避けましょう。また、ヘルメットを着用するので、髪は下の方で縛るように意識しておくとスムーズに楽しめます。, ホテル・レジデンス棟建設工事に伴い、2019年はジップラインの営業を休止します。(2020年夏に再開予定), 会津たかつえスキー場の「森を飛ぶ」をテーマにしたジップラインアドベンチャー。コースは全6コースで子供から大人、家族から友達まで「冒険隊」としてエキサイティングできるような作りとなっています。非日常体験を共有することで、一体感が生まれ思い出深い体験をすることができます。ヒウチラインでは、東北最高峰の「燧ケ岳」を一望できるので、登山好きの方にもおすすめのスポットです。, 1本の長さでは日本最長の445mのジップライン。ゆったりとした滞空時間で「飛ぶ」という感覚を味わうことができます。ワイヤーが2本あり併走できるので、カップルにおすすめのスポットです。いつもとは違ったデートを楽しみたい方、ぜひ足を運んでみてください!, コースは全部で9つで全長1.3kmあり、森の中を探検するかのように、滑り下りていきます。朝日岳眺望Lineでは、朝日岳の絶景を楽しめます。水上の自然を存分に満喫でき、都心からも行ける距離なので、非日常を味わいにぜひ!「, 国際レーシングコースのグランドスタンド上部に設置されており、最大高低差約20mの国内最大級のジップラインです。他にも「森のジップライン ムササビ」があり、こちらも人気のあるプログラムで、午前中で定員に達してしまうこともあるそうです。練習ラインがあるので、不安な方でも安心してご利用できます。, 那須りんどう湖のジップラインは、片道220mと日本最長クラスで湖の上を滑空できるので、ここならではのスリルを味わうことができます。ジップラインの他にも、動物ふれあい公園などもあり、子連れの家族や、カップルなどに人気のスポットです。, 足柄森林公園丸太の森に出現した「飛天狗」は、全8コースで全長1,060mとなっており、日本最大級のジップラインです。四季折々の足柄の森を満喫しながら、みなさんの憧れ、夢である「動力を使うことなく空を飛翔する」ことを体験してみませんか?, 湯沢高原アルプの里には、四季が存分に満喫できるよう、大自然をステージに様々なアトラクションがあります。ジップラインだけでなく、遊・食どちらも楽しむことができ、遊んだ後は、「コマクサの湯」で疲れを癒しましょう。, 斑尾高原のジップラインは、昼間だけでなく、夜も楽しむことができる「ナイトライダー」がおすすめです。全11コースとコースの種類も豊富で、1回だけでなく、何度でも楽しめるスポットです。, 伊豆ぐらんぱる公園は、アスレチックやゴーカート、遊園地などを備えたレジャー施設で静岡の人気観光地の一つです。中でもジップラインとウォーターバルーンは、子供から大人まで人気があり、ジップラインは時速25〜30kmとスリル満載で、日頃味わうことのない爽快感を味わえます。, 滋賀県のレジャーの拠点となっている「びわ湖バレイ」。7つのコースがあり、7種類の絶景が楽しむことができます。山頂には、琵琶湖の絶景を楽しみながら食事ができるレストランやカフェがあり、食も楽しみたい!という方にもおすすめのスポットです。, 近年、イルミネーションで注目を集めているハウステンボス。ジップラインの長さは300mで丘の上から運河を越えて滑り降りることができ、スリル満載です。アトラクションも多く、イルミネーションで有名な「光の王国」もあるので、ファミリーからカップルまで存分に楽しむことができるスポットです。, ジップラインにはたくさんの魅力が詰まっています。日常では味わうことのできない疾走感や爽快感、ちょっとしたスリルや四季折々の絶景を楽しむことができます。自然豊かな場所で心も開放的になり、良い気分転換になりますので、家族や友達同士でぜひ遊びに行ってみてはいかがでしょうか?, 「高尾マナーズ」から考える、登山者とトレイルランナーは「山で共存できるのか?」問題, 最初に行くべき《キャンプ場×山》ベスト5!レベルアップしながら目指す山上でのテント泊, みんなと一緒のメスティンじゃつまらない!山ごはんには「1100ml クックセット」がオススメなんです, マンガ『クマ先輩とオレ』なら、難しそうな登山のマナーや安全に関することを楽しく知ることができます。.