All Rights Reserved. 名門明治大学のエースナンバーを背負い、東京六大学リーグで通算14勝を挙げている大型左腕。最速151キロのスピードを誇り、制球・変化球ともにレベルの高い即戦力投手。190センチの長身から放たれるボールには角度があり、打者を圧倒する。大型でありながら身体能力が非常に高く、今後の成長にも期待できる。, 制球力抜群の社会人左腕。先発リリーフともにこなせる即戦力投手。クロスの角度のあるストレートと、フォークボールを武器に打者の左右を問わず手玉に取る。昨年のドラフトでも上位候補と評価されていたがチーム残留の道を選択。2014年アジア大会日本代表。, 140キロ台後半のスピードボール魅力。真上から力強いストレートとキレのあるスライダーを制球良く投げ込む。侍ジャパン大学代表に選ばれリリーフとして活躍した。ピンチでも動じない気持ちの強さはプロの世界で生き抜く条件の一つ。セットアッパー候補の即戦力右腕, 今春の選抜優勝投手。勝負強い投球でチームを優勝に導いた。投手としての才能もさることながら、打者としても非凡な才能の持ち主。ファイターズは野手としての適性を評価した。担当スカウトは能力に加えて「目標を決めてやり抜く精神力の強さ」に惚れ込んだ。, 150キロの即戦力豪球右腕。力強い投球フォームから角度、球威あるストレートで打者を圧倒するパワーアーム。がっちりとした体格とマウンド姿は威風堂々という言葉が似合うと担当スカウトは言う。頑健な身体と強いメンタリティーの持ち主。, 強打が持ち味の三塁手。豪快なバットスイングで、今秋は東京六大学記録に並ぶ4試合連続本塁打を放つ。長打力に加えて確実性も兼ね備え、貴重な右のスラッガーとして期待がかかる。侍ジャパン大学代表にも選出。, 高長身の本格派右腕。しなやかな腕の振りから投げる球質の良いストレートが持ち味。3年次に大学日本代表に選ばれ、昨年の全日本大学選手権ではエースとしてチームを13年ぶりの日本一に導いた。先発候補として伸びシロのある好素材。, 恵まれた体格とパワーの持ち主。今夏の甲子園では2回戦の九州国際大付戦で左越え本塁打を放った。小学生の時には水泳でジュニアオリンピックに出場したほどの運動能力を誇る。荒削りだがプロの世界で大きく化ける可能性を秘めている。. 2015年度新人選手選択会議(2015ねんどしんじんせんしゅせんたくかいぎ)は、2015年 10月22日にグランドプリンスホテル新高輪国際館パミールで行われた第51回のプロ野球ドラフト会議である。 大正製薬が特別協賛しており、公式名称は「プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」 プロ野球・北海道日本ハムファイターズオフィシャルサイトです。試合や選手はもちろん、チケットやイベント、ファンクラブに至るまで球団オフィシャルならではの公式情報をファンのみなさまに提供し … hisamoto_1, その前に、そもそもWARとは何なのか。WARは、セイバーメトリクス(野球においてデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法)の指標の一つです。, より具体的に言うと、WARは「そのポジションの代替可能選手(Replacement)に比べてどれだけ勝利数を上積みしたか」を表す指標に当たります。, 今回は2015年ドラフトで指名された選手の、2016年~2019年までの4年間のWARの合計値(通算WAR)を見ていきながら振り返ります。, さて、それではWARで2015年ドラフトを評価していきましょう!球団編、選手編の2つに分けて見ていきます。, まず球団編。まだドラフトから4年しか経っていませんが、12球団中8球団がWAR10を超えており、豊作ドラフトである様子を呈していますね~。, その中でもトップがオリックスのWAR17.9。2年連続で規定打席OPS.900越えを記録している吉田正尚選手が通算WAR15.4と荒稼ぎしていますね。近藤選手もWAR3.9と高い貢献をしています。, 一方、ロッテとソフトバンクの2球団は通算WARが1.0以下と、この年のドラフトで入団した選手はほとんどチームの勝利に貢献していないことが分かります。, 高橋純平投手と平沢大河選手の2人にこの年のドラフトの評価の双肩がかかっていると言っても過言ではないですね。, 次に選手編。ドラフトから4年しか経っていないので、通算WAR上位10人は大学・社会人で占めましたね。来年あたり高校からこの年のドラフトでプロへ入った選手たちがランクインするのかな?, 森友哉選手(西武)とか松井裕樹選手(楽天)みたいな傑出した選手は、高校からプロに入っても4年くらいで、その年のドラフトの通算WARトップ10に入ってくるんですけどね。, 大学生が豊作年だったので、上位1~5位は大学からプロへ入った選手で独占。1位は吉田正尚選手のWAE15.4、2位がDeNAのエース今永昇太選手で12.2、3位が楽天のフランチャイズプレーヤーである茂木栄五郎選手・11.2でした。. 2020.05.10 プロ野球ドラフト会議のニュース、写真、候補者などを掲載 - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)。 夏の甲子園3本塁打、U-18でも主力打者として活躍。完成度の高い打撃、俊敏な動きが光る遊撃守備とどれも華を感じさせるプレイヤー, 常識を超えた走塁・守備でファンを魅了するスーパースター!新世代を代表するプレイヤーになれるか?, 驚異的な俊足で二塁打、三塁打を量産し、抜群の強肩をウリとした三塁守備が魅力のプレイヤー, 大学ラストイヤーで7本塁打を放ったスラッガー。軽快な三塁守備、俊足も魅力で、走攻守すべてに期待が持てるプレイヤー, テイクバックが大きい迫力感あるフォームから繰り出す常時140キロ中盤の速球、曲りが鋭い変化球で勝負する, 侍ジャパンを経験した強打の捕手。ここぞという時に飛び出す勝負強い一打を見せ、守っては安定したキャッチングと1.9秒台の強肩が光る, 最速147キロの速球、スライダー、カーブできっちりと投げ分ける本格派左腕。4年は調子を崩したが、しっかりと立て直し即戦力での活躍を誓う, 最速150キロを超えるストレートと、落差あるスライダーのコンビネーションで勝負する剛腕右腕, 俊敏な動き、軽快なグラブさばきが光る大学生トップクラスのショートストップ。プロでも守備の名手を目指す, 始動からフィニッシュまで惚れ惚れする投球フォームから投じる140キロ前半の速球、キレのある変化球を投げる本格派, 長打力は千葉県ナンバーワンの大型打者。打撃面では迫力、思い切りの良さを全面に出していきたい, 高校時代から140キロを投げる投手として注目された田村丈。大学でも、速球派右腕として活躍していたが、大学卒業後は特に所属することなくプレーを続けていた, 4年秋のリーグ戦で三冠王を記録した大学生トップクラスの技量を誇るスラッガー。大舞台で力を発揮できる勝負強さをプロの舞台でも発揮する, 躍動感ある投球フォームから繰り出す140キロ台後半の速球、カットボール、フォークで翻弄する速球派右腕。即戦力での活躍を誓う, 東京六大学通算111安打、36盗塁を記録する俊足巧打の遊撃手。走塁の独自のこだわりに注目, 140キロ台の速球、キレのある縦横のスライダー、カーブで翻弄する右腕。プロでは体力面を鍛え上げていきたい, 甲子園準優勝投手となり、U-18でもアメリカを完封した本格派右腕。プロの舞台でもフォークを武器に快投を見せる, 大学時代から守備範囲の広さが光っていたショートストップ。社会人入りしてからもその守備は健在で、さらにしぶとい打撃にも磨きがかかっている, 右オーバーから140キロ後半の速球は威力抜群。プロでは速球を武器に活躍をしていきたい, 高校、大学から140キロ後半の速球を投げ込む速球派右腕として注目された好投手。プロでは投球の完成度を磨き、即戦力での活躍を目指す, 青学大時代からパンチ力溢れる強打で圧倒する右のスラッガー。プロでは確実性を磨き、一軍を目指す, 最速152キロ右腕。最後の夏は肉離れの影響で1試合登板に終わったが、U-18で復活の兆しを見せた。焦らず、大投手の階段を一歩ずつ登っていく, 最速151キロのストレート、スライダー、チェンジアップ、カーブで勝負する高校生ナンバーワン左腕。目指すは球界を代表する剛腕左腕だ, 強打のHondaを引っ張る大型遊撃手。速球、変化球にもしっかりと打ち分ける打撃と軽快な遊撃守備が光る, 昨年、甲子園出場し、高卒で徳島インディゴソックス入り。1年目からエース格として活躍した本格派右腕, 173センチと投手としては大きくないが、最速148キロのストレートで勝負する速球派右腕, 大きく体を沈み込ませたフォームから繰り出す150キロ前後の速球、曲りが鋭い変化球が決まった時は手が出ないと思わせる凄味がある剛腕投手, バランスの良いフォームから繰り出す140キロ台の直球、多彩な変化球を投げ分ける好右腕, 左腕から130キロ後半のキレのあるストレートにカーブ、スライダー、チェンジアップと変化球も多彩, ここぞという時は、150キロ近い速球とキレ味鋭いスライダーで圧倒する大学球界を代表する速球派右腕, 開きが遅く、出所が見難い140キロ前後の速球、スライダー、チェンジアップを駆使する左腕。甲子園、U-18でも活躍を見せた, 侍ジャパンを経験した左の巧打者。俊敏な動きが光る遊撃守備、俊足を生かした走塁技術もウリ, 真上から振り下ろす140キロ中盤の速球、スライダー、ツーシームで勝負する速球派左腕, 甲子園、U-18、国体での活躍により一気に自信を深めたドクターK。140キロ台の速球、縦スラ、チェンジアップは一級品, 右サイドから常時140キロ中盤の速球、スライダー、チェンジアップで勝負する実戦派サイドハンド, 投げては140キロ中盤、フォークを圧倒する本格派。打っては広角に鋭い打球を連発する逸材。エネルギッシュなプレースタイルで観客を躍動させる, 大学時代は150キロを超える速球で勝負していた速球派右腕。プロでも自慢の速球をさらにパワーアップできるか, 力のある投手陣の持ち味を引き出すリードとそして打っても4番打者として活躍。静岡学生リーグを代表する好捕手, 東京六大学通算131安打を記録している走攻守三拍子揃った外野手。1年目から即戦力を期待できる完成度を誇っている, しなやかな腕の振りから繰り出す140キロ前後の速球が魅力で、まだ若くさらに伸びる可能性を秘めた本格派右腕, 190センチの長身から振り下ろす角度ある直球と縦の変化を武器にする大型左腕。大化けを期待したい存在, 出所が見難いフォームから140キロ前半、スライダー、チェンジアップで翻弄する技巧派左腕, がっしりとした体型から140キロ後半の速球と縦スライダーで勝負。走者を出してからの粘り強さがウリ, 選抜優勝投手。投げては140キロ台の速球、多彩な変化球で勝負。打っては巧みなバットコントロールを披露。抜群の野球センスの高さをプロの舞台でも発揮する, この秋、史上最多タイとなる4試合連続本塁打を記録。本塁打へのこだわりが強い右のスラッガー, 最速147キロのストレート、スライダー、チェンジアップ、カーブをしっかりと投げ分けゲームメイクを展開する大型右腕, 大阪偕星に転校後、投打でメキメキと才能を伸ばしたプレイヤー。プロではどちらで勝負するのか, 真っ向から振り下ろす140キロ中盤の速球、カーブ、スライダーをテンポよく投げ分ける好右腕, 190センチの長身から繰り出す最速148キロのストレート、フォークがウリ。目指すは大魔神・佐々木, 最終学年で能力を開花させた本格派左腕。さらに自分を厳しく追い込んでレベルアップする姿勢を見せられるか, 高校、大学時代から強肩強打の捕手として活躍。社会人入りからでもパワフルなプレーを見せてきた。必死の努力で一軍入りを目指していきたい, BCリーグ3球団目にしてついにNPB入りの夢を掴んだ速球派右腕。ここぞというときに投げ込む140キロ後半の速球、キレのある変化球で勝負, 年々成長を見せていってNPB入りを掴んだ苦労人。今季はリリーフとして53試合に登板し、防御率1.16の好成績を残した, 右サイドから145キロ前後の速球を武器にする速球派右腕。そして先発として17試合に登板して4勝。投球術を磨き、支配下登録入りを目指す。, バットコントロールの良さと粘り打ちで追い込んでいく打撃スタイルと二塁までのタイムがを計測する強肩巧打のキャッチャー, 185センチの長身から投じる140キロ前後のストレートと落差ある変化球で勝負する本格派右腕, 高校通算97本塁打を放ったスラッガー。勢いに乗れば、本塁打連発の爆発力を武器に、プロでは自慢の長打力を最大限に発揮したい, 投手としては140キロを超える速球を投げ、野手としてもセンス溢れる動きを見せるプレイヤー, 左腕から140キロ前後の速球、スライダー、カーブでテンポよく投球を組み立てる好左腕, 190センチを超える長身から投じる140キロ前後の速球が魅力。まだ体ができておらず、大化けを期待, かつて甲子園で活躍した本格派右腕。伸びのある速球、キレのあるスライダーで勝負。スタミナもあり、完投能力も高い, 速球に振り負けないヘッドスピード、ダイナミックな動きが光る大型遊撃手だが、魅力は常に気持ちが前に出せるメンタリティの強さ, 俊足巧打の外野手。特に守備範囲の広い守備とあっという間に二塁、三塁に到達する走塁は注目。, 横浜創学館 (神奈川)編「安打記録を塗り替えた秋山翔吾を中心に野手の逸材が目立つ横浜創学館のつながり!」, 東海大望洋 (千葉)編「徹底的なフィジカル強化で強豪にのし上がった東海大望洋のつながり」. Copyright © Hokkaido Nippon-Ham Fighters. 島根出身の長身シューター大崎翔太選手(中央大学④)と特別指定選手で契約合意!!!【島根スサノオマジック】, 野球太郎 No.017 2015ドラフト総決算&2016大展望号No.017 2015ドラフト総決算&2016大展望号【電子書籍】.