『8000億円~9000億円超(日立化成の時価総額は足元で約7000億円)とかなりの高値で応札したようだ』と書かれてました。. 日立化成の発行済み株式は2億836万株ですが、日立はその51.2%を保有。. 新事業・サービスの開発や中期計画策定に役立つ 親会社日立の、「ルマーダ」との相乗効果が見込めないという判断から、売却の方向で進んできた日立化成の入札。先週11/15をもって2次入札も締め切られました。米投資ファンドのベインキャピタル、カーライル・グループと日東電工、昭和電工の4陣営が入札に進んだといわれています。, 日経ビジネスがこの話題を取り上げていました。一次入札では、投資ファンドや韓国企業が、かなり高い価格で応札したとか。『8000億円~9000億円超(日立化成の時価総額は足元で約7000億円)とかなりの高値で応札したようだ』と書かれてました。, 今回入札されるのは、日立が保有する日立化成株式ですよね。日立化成の発行済み株式は2億836万株ですが、日立はその51.2%を保有。1億670万株です。この1億670万株に8000億円も投入するんでしょうか。一株当たり8000円ですよ。これはいくら何でも高すぎますよね。, 先ほどの引用部分に、カッコ書きで日立化成の時価総額が比べられているので、発行済み株式すべてを取得することを前提に8000億円と言ってるんでしょうか。まぁ、こちらのシナリオの方がまだ現実味ありますね。一株4000円ほどになります。, ところが日経ビジネスでは、「株価には買収によるプレミアムが上乗せされる。そのプレミアムは通常2~4割のところ、日立化成では2倍前後まで膨らんでいる」と書いてます。となると、やはり前者の考え方なんですかね。いやいや、春先の株価から現在は2倍になっている、、、とも読めなくはないですが。, 筆頭株主の株式売却。おそらくM&Aにおける買収と同じような手続きで進んでいるものと思われますが、kuniにはM&A実務の経験がないもので、、、日経ビジネスの記事、感覚的によく分かりません。最後の方でディスカウントTOBもあり、、、なんてことも書いてるので、おそらく全株式取得で8000億円程度という意味だと思うんですが。. 日立、上場子会社の日立金属を売却へ-FA起用し入札準備 堀江政嗣 2020年8月20日 13:07 JST 更新日時 2020年8月20日 13:29 JST 1億670万株です。. 1次入札ではカナダの投資ファンド、ブルックフィールドや韓国のロッテケミカルなどが8000億円~9000億円超(日立化成の時価総額は足元で約7000億円)とかなりの高値で応札したようだ。 Copyright © 2020 Nikkei Business Publications, Inc. All Rights Reserved. 日経BPのテクノロジーを核とした商品をご紹介します。, 受講者3000名以上!超・実践型マネジメント研修 6日間講座、異業種交流をしながら、真のリーダーシップを学ぶ!ミドルマネジャーに必要となる「知識・スキル・マインド」を徹底的に鍛えます!. 日立製作所が上場子会社、日立金属を売却する検討に入ったことが明らかになった、と日経BPが20日、報じた。売却に向け外資系証券会社をファイナンシャルアドバイザー(FA)として雇い、入札の準備に入ったとしている。, 日経BPの報道によると、今秋にも買い手候補を募る入札を開始する計画。日立は「選択と集中」を旗印に上場子会社の整理を進めており、その一環としている。日立広報担当の久永禎氏は当社から発表したものではなく、コメントはないと述べた。, 報道を受けて日立金属の株価は一時、2009年1月以来の日中上昇率となる前日比15%高の1740円と大幅に上昇。日立株も同1.9%高の3590円まで買われた。, 日立はコーポレートガバナンス上で問題があるとされる「親子上場」の解消の狙いもあって、上場子会社との資本関係の整理を進めてきた。昨年12月に発表された昭和電工による日立化成の公開買い付け(TOB)では、日立は保有株をすべて売却。今年1月には逆に日立ハイテクノロジーズにTOBを実施し、総額5311億円で完全子会社化すると発表していた。, 日立の河村芳彦最高財務責任者(CFO)は7月30日の決算会見で、上場子会社との関係については数カ月後に方向性を出すと述べていた。. 今回入札されるのは、日立が保有する日立化成株式ですよね。. M&A(合併・買収)交渉をしていることが明らかになったとき、買われる企業の株価が一定のプレミアム(上乗せ分)を期待され上昇するのは世の中の常だ。しかしそれも「程度もの」かもしれない。期待が膨らみ、株価が高くなり過ぎれば、買収交渉そのものに影響を与えかねない。そう懸念される事態が足元で相次いでいる。, 代表例が、日立製作所によって売却入札にかけられている上場子会社、日立化成だろう。日立が日立化成を売却するという報道は今年の春頃から出始めた。それ以前の日立化成の株価は品質不正問題の影響もあり、2000円を割り込んでいた。だが日立による売却報道がなされた後はここまでほぼ一本調子で上昇を続け、足元では3600円前後で推移している。上昇率は2倍に迫る勢いだ。, 市場は買い手が相応のプレミアムを付けて応札すると期待して買い上がってきたのだが、それにしても2倍近いプレミアムはそうそう付くものではない。とはいえここまではまだ想定の範囲内ともいえる。問題はここからだ。, 日立化成は10月28日に業績の下方修正を発表した。2020年3月期の連結純利益(国際会計基準)の見通しをそれまでの8%増から23%減と一転減益予想に変えたのだ。にもかかわらず翌日の株価は1%高。下方修正を嫌気する売りもあるのだろうが、「プレミアム期待の買いにかき消されている」(国内大手証券)。, こうした市場の期待はさておき、買収を考えている当事者にとっては大きな問題が発生しているようだ。交渉関係者によると、数多くの応札者の中から今は投資ファンド2陣営、事業会社2社の計4陣営にまで買収候補は絞り込まれたとされる。次の入札は11月中旬に設定されているもよう。4陣営は当然、次の入札で改めて買収価格を提示するわけだが、今回の下方修正により日立化成の稼ぐ力、つまり企業価値は従来よりも低く見積もらざるを得ない。それが買収者の共通認識だ。ところが株価が全く下落しないものだから、下手をすればディスカウントTOB(株式公開買い付け)になりかねないというのだ。, ディスカウントTOBとは株価よりも低い価格でTOBをかけること。つまりプレミアムの逆だ。ある外資系証券会社のアナリストは、今回の下方修正を受けて日立化成の目標株価を2270円と設定した。このあたりが適正な企業価値と仮定すると約6割のプレミアムを付けてやっと足元の株価に届く水準だ。M&Aでのプレミアムは一般的に2~4割あたりが最も多いとされる。現状では相当なプレミアムを付けないとディスカウントTOBになりかねないということになる。, しかし現実にはディスカウントTOBの事例は数少ない。当然ながら株式市場、投資家からは不平不満が出るため「今後のレピュテーション(評判)に響く」(投資ファンド幹部)として、買い手もなかなかこの荒業は繰り出しにくいのだ。今の日立化成の状況は、株価が高すぎるためフェアバリューで買収しにくい状況ともいえる。, 今回の交渉に携わっているある証券会社関係者は「このままだと高値つかみを避けたいファンドが交渉から離脱する可能性、もしくは想定より低い価格を提示された日立が交渉を延期、破談させる可能性が出てきた」と指摘する。市場の買収期待による株価上昇が、そもそもの買収交渉を破談に追い込みかねないリスクが出てきたというのだ。, 少し形は違うが、ユニゾホールディングス(HD)を巡るTOB合戦も似たような状況だろう。今夏にエイチ・アイ・エス(HIS)による敵対的TOB(1株3100円)で幕を開けたユニゾ争奪戦は、米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループによる対抗TOB(同4000円)、そして米投資ファンド、ブラックストーン・グループによる1株5000円でのTOB提案と広がりをみせてきた。, しかし実際のユニゾの株価は「もっと高値の買収者が出てくるに違いない」という思惑から常にHISやフォートレスのTOB価格を上回り続け、HISのTOBは失敗、フォートレスもこのままでは失敗するため期限延長を繰り返して様子を見ている。株価はここ1週間でようやく下落基調になってきたとはいえ、これまではブラックストーン提案の5000円すら上回ってきた(1日終値は5020円)。, M&A交渉中の案件が世の中に明らかになると、プレミアムが未確定の中、思惑や期待で株価が上昇するのは仕方ないことだろう。しかし難しいのはその塩梅(あんばい)だ。株価が上がり過ぎた故にM&A案件そのものがブレイクしてしまっては元も子もないからだ。実際、海外の一部機関投資家は日立化成の株をもう売り始めているという。「日立化成の下方修正直後に売り注文が来た。プレミアム狙いはもう危険、ここで利益確定しておこうという、ディールブレイクに備えたヘッジかもしれない」(外資系証券)。, 一般的にM&Aのプレミアム期待で株価がつり上がる局面においては「株主の顔ぶれが弱気主体から強気主体に代わってくる」(大和総研の鈴木裕・政策調査部副部長)という。つまり企業価値がもっと上がると思っている投資家が今の日立化成の株主の多数派になってきているということだ。下方修正という現実に投資家はどう折り合いをつけるのか。そして買収候補者たちは、どの程度の株価水準なら許容するのか。様々な思惑が絡み合いながらディールは最終局面に向かっていくことになる。, 旬の話題やニュースを分かりやすく手短に解説。フォロー機能を設定すると、「1分解説」タグが付いた記事が配信されると画面上で通知されます。「#1分解説」でフォロー機能を設定できます。, 話題のニュース、トレンドの「読み方」について、日経ビジネス記者がタイムリーに解説します。, 日経ビジネス電子版のコメント機能やフォロー機能はリゾームによって提供されています。. 一次入札では、投資ファンドや韓国企業が、かなり高い価格で応札したとか。. 「誌面ビューアー」は、紙の雑誌と同じレイアウトで記事を読むための機能です。ウェブブラウザーで読みやすいようにレイアウトされた通常の電子版画面とは異なり、誌面ビューアーでは雑誌ならではのビジュアルなレイアウトでご覧いただけます。スマートフォン、タブレットの場合は専用アプリをご利用ください。 詳細を読む, 「クリップ機能」は、また読みたいと思った記事や、後からじっくり読みたいお気に入りの記事を保存する機能です。クリップした記事は、メニューから「マイページ」を開き「クリップ」を選ぶと一覧で表示されます。 詳細を読む, 日経ビジネス電子版では、閲覧を制限している状態を「鍵が掛かっている」と表現しています。有料会員としてログインすると、鍵の有無にかかわらず全ての記事を閲覧できます。登録会員(無料)でも、月に一定本数、鍵付き記事をお読みいただけます。 詳細を読む, 記事の内容やRaiseの議論に対して、意見や見解をコメントとして書き込むことができます。記事の下部に表示されるコメント欄に書き込むとすぐに自分のコメントが表示されます。コメントに対して「返信」したり、「いいね」したりすることもできます。 詳細を読む, 記事末尾の「投票」ボタンを押すことで、その記事が参考になったかどうかを投票する機能です。投票できるのは1記事につき1回のみ。投票の結果はすぐに反映され、トップページの記事リストなどにも表示されます。評価の高い記事を選んで読むといった使い方ができます。 詳細を読む, 「この連載の続きが読みたい」「この議論の展開を見届けたい」と思った時に便利な機能です。「連載をフォロー」「シリーズをフォロー」は、その連載の新着記事が配信された際に、「議論をフォロー」は、その議論に新しいコメントがついた際に通知されます。 詳細を読む, 優れた戦略立案は確かな情報源から。 日立化成およびHAICは、2020年4月1日付で、対象事業を、HAICが新たに設立する承継準備会社(以下、新会社)にそれぞれ会社分割により承継させ(以下、個別に又は総称して本会社分割)、同日付で新会社の株式の全てをJianghaiに譲渡(以下、本株式譲渡)する予定です。