週中は火曜日に1ミリ、木曜日にパラつく程度の雨が降っただけ。土曜日の芝コースは良馬場(JRA発表)でスタートした。早朝の含水率こそ高めだったものの、競争に大きな影響を与えるほどではなく、マズマズ走りやすいコンディションだったと推察される。 回顧 回顧-G1. 6着 16 シュヴァルグラン 牡7 57 福永 1.3/4 135.4 有馬記念・G1』 が、2019年.12月22日(日曜日)に、中山競馬場.芝2500m.で行われました。 1着馬は、2番人気リスグラシュー(D.レーン騎手)。2着馬は5馬身差で、3番人気サートゥルナーリア。3着馬はさらにクビ差で、4番人気 日曜日の空模様は微妙だが、予報を確認する限り、14時あたりまでは何とか持ちそう。降ったとしても少量の見通しなので、路盤が急激に悪化することは考えづらい。ただし、4週連続のAコース開催ということもあり、見た目以上に内めの芝部分と路盤が傷んでいるのは確か。レースが重なるにつれ、内ラチ沿いの劣化が進むことを考慮しなければならない。 主な勝ち鞍:宝塚記念(G1)(2019) 1着 6 リスグラシュー 牝5 55 レーン 02:30.5 6.7 2着 10 サートゥルナーリア 牡3 55 スミヨン 5 7.8 3着 7 ワールドプレミア 牡3 55 武豊 クビ 13.4 4着 5 … 単勝 670円 馬連 2,990円 ワイド 850円. 2019年 有馬記念 レース結果・動画・払戻金 . 直近の中山開催ならびに近年の有馬記念の傾向をまとめると、父ヘイルトゥリーズン系、なおかつノーザンダンサー系種牡馬あるいはネイティヴダンサー系種牡馬を母父に配している馬が優位といえそう。そのなかでも、直線急坂コースの非根幹距離重賞で連対経験のある馬を重視したい。 1着 6 リスグラシュー 牝5 55 レーン 02:30.5 6.7 レース発走前に無料予想をご覧になるには 会員登録(登録無料)が必要です。, ※右端の数値はウマニティ独自開発のスピード指数「U指数」です。各年度のレースレベルを簡単に比較することが出来ます。, U指数はウマニティが独自に開発した高精度スピード指数です。 10着 3 エタリオウ 牡4 57 横山典 クビ 85.0 5着 11 キセキ 牡5 57 ムーア クビ 27.1 表はスクロールすることができます. とはいえ、外差しの過信は禁物。隊列が横に広がるぶん、外から進出する馬同士の不利が発生しやすくなる。ただでさえ、外を回す馬には厳しいコンディション。馬場の良いところを先んじて通りそうな馬、あるいは内めの枠(1~3枠)に対する意識を強めたほうがいいだろう。 有馬記念 中山2500芝 12/22. 今年の出走馬で、血統面および先述した馬場傾向(1~3枠)の要点を満たしているのは、③エタリオウ、⑤フィエールマン、⑥リスグラシュー。当欄では、この3頭を注目株として推奨する。 2019年12月22日 中山11R 芝2500m 良 有馬記念の予想はこちら. 16着 12 クロコスミア 牝6 55 藤岡佑 クビ 207.1, 勝ち馬:リスグラシュー 母:リリサイド 第64回有馬記念・G1. 5回中山ならびに土曜日の中山芝のレース結果、近年の有馬記念の結果をもとに、馬場や血統のバイアスを考察していきます。予想の際にお役立てください。 13着 4 スティッフェリオ 牡5 57 丸山 2.1/2 133.4 7着 8 レイデオロ 牡5 57 三浦 1.1/4 35.8 8着 14 ヴェロックス 牡3 55 川田 1 33.7 2019年 2-9馬券収支; 世間の感想・評価・回顧; 有馬記念 中山2500芝 12/22. 母父:American Post, 参照:http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1576996497/. 2019年12月22日(日)に行われた有馬記念のレース結果、動画、払戻金をご紹介します。 第64回 有馬記念 - GI 2019年12月22日(日)15時25分発走 中山競馬場 第11レース 芝2500m 16頭立て 1着賞金:3億円 2着:1億2000万円 3着:7500万円 4着:4500万円 5着:3000万円 … また、近5年の有馬記念をみると、良馬場開催では父ヘイルトゥリーズン系が好調。なかでも、母父にノーザンダンサー系またはネイティヴダンサー系(ミスプロ系とキングマンボ系を含む)の種牡馬を配した馬が毎年のように上位を賑わせている。他系統も奮戦しているが、父ヘイルトゥリーズン系の牙城を揺るがすまでには至っていない。 有馬記念2019【結果・回顧・勝因敗因分析】リスグラシュー . 走破タイムを元に今回のレースでどのくらいの能力を発揮するかを推定した値を示しています。U指数が高いほど馬の能力が優れており、レースで勝つ確率が高くなります。 有馬記念 2019 結果 動画 ↓ コメントを入れる. レース・馬・騎手など; ピックアップ; ツイートする. 14着 15 アエロリット 牝5 55 津村 6 107.1 2019/結果】 『第64回. レース結果; 特別レース登録馬 ; 競走馬検索 ... 有馬記念 ・ レース映像 ... 有馬記念. ★予想評価1位のリスグラシューが2番人気で1着となりました。 1位→3位. つまり、内&先行優勢の状況ながらも、決して軽い馬場ではないということ。少なくとも非力な差し馬が外を回して届くようなコンディションではない。その点はシッカリと頭に入れておくべきだ。 『怪奇!単複男』へ御訪問頂きありがとうございます。 血統面については、5回中山開催の芝2000m以上の結果を検証すると、父方ではヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系とロベルト系)が堅調。父キングマンボ系の上位進出も多い。両父系ともに、ノーザンダンサー系やミスプロ系の種牡馬を母父に配している馬の好走が目立つので、条件を満たす馬には相応の警戒が必要だ。 3着 7 ワールドプレミア 牡3 55 武豊 クビ 13.4 11着 13 アルアイン 牡5 57 松山 2.1/2 160.6 成績:22戦7勝 競馬予想のウマニティが有馬記念2019を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 2019年12月5日. ウマニティ重賞攻略チーム, 13開催連続プラス収支を達成した予想神『スガダイ』の重賞展望をお届け!完全収支公開のガチンコ勝負を勝ち抜いた本気予想は必見です!, アエロリット・菊沢調教師「状態は高いレベルでキープしている。自分のリズムで走れれば…」 アルアイン・松山騎手「距離はやってみないと分からない。コースは合うし、ロスなく運んで」 アーモンドアイ・ルメール騎手「いい状態。中山ではスムーズさが必要だが、彼女は心配ない」 ヴェロックス・猿橋助手「放牧でリラックスできたことが精神的によかった。いい動きで順調」 エタリオウ・友道調教師「春まで使っていた深いブリンカーを着けたら前向きさが出てきた」 キセキ・小滝助手「有馬記念に向けて徐々にアップ。何がなんでも前ではなく自分のペースで」 クロコスミア・西浦調教師「状態は上向いている。コーナー6つなのでうまく息を入れたい」 サートゥルナーリア・小滝助手「体はいいころの感じになってきた。あとは当日のテンション」 シュヴァルグラン・友道調教師「いい動きだった。前2年ともに3着の舞台で頑張ってほしい」 スカーレットカラー・喜多助手「輸送があるので直前は馬なり。折り合っていい動きだった」 スティッフェリオ・音無調教師「デキに不安はないが、今回はメンバーが強力。どこまで」 スワーヴリチャード・庄野調教師「追い切りは真っ直ぐパワフルに走れていたし、いい動き」 フィエールマン・手塚調教師「精神的なダメージもなく、重心の低い日本仕様の走りに戻った」 リスグラシュー・矢作調教師「追い切りで負荷をかけていいと判断。悔いを残さない調整」 ワールドプレミア・友道調教師「菊花賞の疲れはない。馬体に張りがあって迫力が出てきた」(夕刊フジ)★有馬記念の特別登録馬(想定騎手入り)はこちら 調教タイムも掲載, 最強の予想家決定戦「予想コロシアム」から厳選した予想家の無料予想を続々と公開! このブログは、重賞レースの単複候補を、毎週まったり発表している競馬予想ブログです。, 『第64回. 有馬記念・G1』 が、2019年.12月22日(日曜日)に、中山競馬場.芝2500m.で行われました。, 1着馬は、2番人気リスグラシュー(D.レーン騎手)。2着馬は5馬身差で、3番人気サートゥルナーリア。3着馬はさらにクビ差で、4番人気ワールドプレミアが入りました。, 「アーモンドアイなど強い馬が相手でしたが、この馬に乗るのは3度目で、矢作調教師が"コックスプレートの後もさらに成長しているよ"と言われたので、今日は自信満々で乗りました。いいペースの流れになるだろうと思っていましたが、レースはその通りで、ラチ沿いのいいポジションをロスなく行けました。うまくスペースも出来て進んで行けました。本当に強い勝ち方をして、これが引退レースとは残念です。素晴らしい有馬記念に参加することが出来てありがたく思っています。特に、特例で騎乗出来る措置を取ってくれたJRAには感謝しています。皆さん、ありがとうございました」, 「感無量です。やはり有馬記念は競馬ファンにとって1年の集大成ですし、日本人として特別な思いがあります。言葉では言い表すことが出来ません。コックスプレートの後は有馬記念に向けて逆算してやってきましたし、また一段と馬体が成長していました。悔いを残さないように、先週、今週と併せ馬をして、最高のパフォーマンスを見せてくれたと思います。宝塚記念もコックスプレートもレーン騎手で勝ちましたし、リスグラシューの鞍上に一番いいのはレーン騎手だと思って、JRAに申請をしました。(申請が通った時には)JRAはやるな、と思いました(笑)。スタートがカギだと思っていましたが、駐立する格好を見ていて、これは大丈夫だと思っていたら出てくれましたし、道中は(騎手に)任せていたので安心して見ていられました。オーストラリアで勝って、5歳の暮れにしてさらに進化していると思いましたが、自分の見立てが間違っていなかったと分かって嬉しいです。年度代表馬のタイトルを一生に一度は取ってみたいと思っていましたが、それが近づいたと思います。リスグラシューは史上稀に見る名牝です。ありがとうとしか言えません。スタッフもよく考えてやってくれて、牧場スタッフの皆さんもよくやってくれました。みんなのおかげです」, 「勝った馬は強すぎました。大事なのはいかにレース前に冷静でいられるかでしたが、それはうまく行きましたし、ゲートに入った時に、"よし、これは"と思いました。強いて言えば、もう少し前のポジションが取れれば良かったのですが、ただ、仮に前から伸びていても、リスグラシューが来ていたのではないでしょうか。勝ち馬はこれで引退ですし、来年はこの馬が日本で一番強いということになるのではと思います。最後まで止まっていませんが、2500mよりは2000mの方がいいのかもしれません。この馬は日本でトップクラスの馬であるという気持ちは変わりません」, 「落ち着いてレースをしてくれました。右回り、左回りは特に気にしていなくて、それよりも落ち着きの方がポイントでした。現段階の力は出し切ることが出来ましたが、勝った馬が強かったです。次走については未定です」, 「ラストはいい伸びでした。ある程度、決め打ちするしかチャンスはないと思って、じっくりとためるだけためて行きました。4コーナーからの伸びは良かったですし、来年が楽しみです」, 「今日は勝ちに行く競馬をしました。1周目のスタンド前でしっかりとポジションを取ることが出来て、アーモンドアイをマークしながらレースを進めて、勝負どころから仕掛けて行きました。4コーナーではいけるかもと思いましたが、自分よりさらに後ろにいた馬に交わされてしまいました。直線はジリジリとなりながらもよく踏ん張っています。勝ちに行っての4着ですから、フランス帰りでもよく頑張っています」, 「いい競馬でした。勝ちに行って、オッと思わせるほどでした。まだまだこれから良くなるでしょうし、これくらいの距離は合っています。池添騎手がうまく乗ってくれました」, 「形としては悪くありませんでしたが、勝負どころで内にモタれて苦しいところを見せていました。それでももう1回ファイトしてくれて、最後までしっかり走ってくれました」, 「うまくゲートを出ることが出来ず、後ろからになってしまいました。それでも最後はよく来ていますし、よく走ってくれました」, 「いい雰囲気でレースに臨めて、この馬としてはいい形で競馬を組み立てることが出来ました。この経験が今後に生きればと思います」, 「スタンド前で冷静さを欠いてしまいました。2500mでリラックスしていないと最後は疲れてしまいます。アーモンドアイも最後は疲れてしまいました。フィジカルや状態は大丈夫でしたが、リズムが良くありませんでした」, 「レース前の精神状態は良く、スタート直後もいい感じに見えました。ただ、1周目のスタンド前で他の馬が動いたこととファンの歓声に反応してしまい、ポンと外へ出てしまいました。そこから1周スイッチが入ったままになってしまい、ガス欠になりました。あの位置でもリラックスしていれば良かったのですが、気が入っていていつもの走りではありませんでした。レース後、馬に異常はなかったです。今は呆然としていて、次走については何も考えられていません」, 「状態が良くなっていて、気性の悪さも気にならなかった。直線で先頭に立つ場面もあり、最後まで頑張ってくれた」, 「自分のペースで行けた。2周目の3、4コーナーで馬場の荒れたところを通り、脚を取られたりしたが、自分の競馬は出来た」, 「内枠でポジションを取りに行って、うまく折り合うことも出来ました。この馬のレースは出来ました」, 「3番手は想定通りでした。厳しいペースになって、最後は一杯一杯になってしまいました」.