伊藤健太郎さん出演予定だったほん怖の話が、放送なくなり。 ドラマ. 岡田結実 アイドルの兄とTV共演 © Shogakukan Inc. 2020, 岡田結実、兄と共演NGだった理由 あの番組オーデイションが溝を…「私だけ受かっちゃったなって」. NHK「アンという名の少女」の最終回を見逃しました… new! 五... エールで華は、この恋あたためますか、で森七菜の同居人と同一人物でしょうか。だとしたら面白い繋がりですね。エールであの娘は二階堂ふみの娘役。森七菜は二階堂ふみの妹役ですから叔母と姪の関係になります。, 一億円のさようなら(6)のロケ地はどこ?ですか。藤木波江 - 奥貫薫と加能鉄平 - 上川隆也がデート逢い引きしていた京都の清水寺の音羽の滝の道のような観光地です。東国の東日本の調布市のそば屋付近の界隈の辺りですか?, 松本清張ドラマ「けものみち」、ラストはどんな感じか、教えてください。 妻の嘘に気づいてしまった。追及すべきかどうか悩んでます。結婚2年目の夫婦子無しです。お互いフルタイムで仕事をしています。 櫻井翔 松本潤 二宮和也 相葉雅紀 大野智 アラフェス. 山崎努は名取裕子への愛を貫いたのでしょうか?, 姉ちゃんの恋人ってドラマ見てるけど、有村架純がオバQに見える…あんな顔だったかな?, 40代で300万円の貯金ってすごいんですか?先日、同棲してる彼氏が『親が300万円の貯金があるからスポーツカー(WRX)買うらしい』と言ってきました。それも自慢げに。 1話を見れてないので理解ができないのですが、、、 WRXなんか買ったら破産しませんかね…笑, バイデンが大統領になるの日本が終わる。。ってみんないってますがなんでおわるんですか?, 嵐大野智がファンよりもシングルマザーを選んだ理由は何ですか? こういう場合は再放送されるのでしょうか? © 2018 Kodansha Ltd. All rights reserved. 1話は見てません。友人の家で2話を見てハマってしまい、先日の3話を見て更にのめり込んでしまいました! うちのテレビは録画追跡機能がありません。, 姉ちゃんの恋人 あるのですか? 戸田恵梨香が主人公の陶芸家・川原喜美子を演じ、視聴率でも好調が続く連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)。今週月曜から、「スペシャル・サニーデイ」と題した特別編がスタート。朝ドラでは異例となる放送中のスピンオフに、視聴者から困惑する声が出ている。なぜこのタイイングでスピンオフなのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。, * * *  残り5週の放送と大詰めの朝ドラ『スカーレット』に異変が起きています。, 24日(月)から放送されている第21週「スペシャル・サニーデイ」にヒロインの川原喜美子(戸田恵梨香)はほとんど登場せず、メインは幼なじみの大野信作(林遣都)と妹の百合子(福田麻由子)夫妻。残りわずかの放送になったところで、喜美子の人生を描く本編ではなく、事実上のスピンオフを放送しているのです。, これを受けてネット上には、「何で喜美子がいないの?」「早く本編を進めてほしい」などと困惑の声が飛び交っていますが、無理もありません。ヒロインが不在である上に、放送は残り1か月のみ。また、穴窯の窯焚きが初めて成功したシーンのあと、陶芸家として成功するまでの7年間を省いたことが物議を醸していただけに、「肝心なところをすっ飛ばしてスピンオフを入れるのか!」と嘆く気持ちは理解できます。, 本来、朝ドラのスピンオフは、本編終了後に放送されているもの。だからなのか、制作サイドは第21週の放送を「スピンオフ」と明言していないようです。そのため、「本編の放送回数を削ってまでなぜ今これを放送しなければいけないの?」という不満が挙がるのは当然でしょう。, はたして本編放送中のスピンオフは、どんな意味があり、どんな未来を暗示しているのでしょうか?, 本編放送中のスピンオフが意味するのは、「本編の物語が減る」ということ。ネット上には「終了までの時間稼ぎ」「ネタ切れなのか?」などの厳しい声も飛んでいますが、これは本編に対する期待の表れにほかなりません。「スピンオフは本編を減らすほど面白い話なのか」と言いたいだけで、単に不満の声をあげているわけではないでしょう。「本編放送中にスピンオフをはさむ」は、それだけハードルの高い構成なのです。, また、視聴者の中には陶芸家として成功したところが『スカーレット』のクライマックスであり、2月5日の放送以降は「すべてサイドストーリーであり、スピンオフに近いもの」とみなしている人も少なくありません。朝ドラは近年、「主人公が仕事で成功を収めたあとの残り数週間をどう描くか」という課題を抱え、視聴者から「息切れ」「尻すぼみ」などと指摘されるケースが続いていました。, 視聴者のドラマを見る目が厳しくなり、民放の連ドラですら放送回数を減らす中、週6日で半年間放送するのは、やはり難しいのでしょう。だからこそ制作サイドが「それなら放送中にスピンオフをはさむ形はどうだろう」とトライアルするのも合点がいくのです。, さらに、スタッフサイドの事情として有力視されているのが、働き方改革の影響。このところ朝ドラは、クランクインの時期を早めたり、今春スタートの『エール』以降は週5日放送に減らしたりなど、働き方改革を踏まえて制作体制を変えています。, その上で第21週のタイトルバックを見て、「あれ?」と思った人は少なくないでしょう。脚本家がこれまでの水橋文美江さんから三谷昌登さんに代わっていたのです。ちなみに三谷さんは、「フカ先生」の二番弟子・磯貝忠彦を演じた俳優でもあり、過去には『あさが来た』のスピンオフ『割れ鍋にとじ蓋』の脚本も手掛けました。最も忙しいであろう水橋文美江さんと戸田恵梨香さんを1週間分、休ませることができたのです。, 本編放送中のスピンオフにおけるもう1つのポイントは“章立て”。民放の連ドラは「第1章、第2章、第3章、最終章と小刻みに章立てすることでクライマックスを増やし、視聴者を飽きさせることなく引きつける」という構成がすっかり定着しました。その点、『スカーレット』は明確に章立てしたわけではないものの、「章の合い間にスピンオフをはさむ」イメージだったのではないでしょうか。, たとえば、喜美子が陶芸家として歩きはじめた年末の第13週までが第1章。年末年始のインターバルをはさんで年明けの第14週から陶芸家として成功しながらも離婚してしまった夫との和解までを描いた第20週までが第2章。スピンオフの第21週をはさんで、第22週からの残り4週で最終章を描こうとしているのかもしれません。しかも、その第22週以降は、喜美子の息子・武志(伊藤健太郎)の闘病を描く重苦しい展開が予想されているだけに、その前に明るいムードのスピンオフを入れたのでしょう。, もし今回のトライアルが最終的に視聴者から評価されたら、本編放送中のスピンオフは今後も制作されるでしょう。また、定着するにつれて制作サイドは脇役たちの登場シーンにより注力するでしょうし、キャラクター造形のうまい脚本家が重宝されそうです。, ただ、「定着するか」と言えば、その「可能性は高い」とは言えません。毎日放送される朝ドラは「生活リズムの1つになっている」という人も多いだけに、「いきなり本編に関係のない話が入ってくる」という構成は受け入れられにくく、実際に「調子が狂う」という声も見られました。, そもそもスピンオフは、本編を最後まで見てくれた人へのファンサービス。やはり順番としては本編終了後の放送が妥当であり、終了前に放送するとしても「本編とは別の枠で見てもらおう」という配慮があったほうが視聴者を喜ばせるのではないでしょうか。, NHKがさらなる朝ドラ現場の働き方改革を進めるのなら、「スピンオフを合い間にはさむ」というより、放送回数はますます減らしていくのかもしれません。しかし、それらはNHKサイドの事情によるものだけに、今後も視聴者を納得させる形での着地点を探し続けていくのでしょう。, 【木村隆志】 コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。. 朝ドラスピンオフが初めて制作されたのは、「ちりとてちん」(2007年度後期)。 ... 配信元一覧. ドラマ【リモラブ】見てる方いますか? 鬼滅の刃コラボの炭治郎を変身させたいんですが元に戻ってしまいます。 朝ドラ『エール』(NHK)で、15日から放送されている第12週の内容に視聴者がザワついている。, 15・16日に放送された第56・57話の冒頭で、「あの世では、年に二回 今でいうジャンボ宝くじがある 一等はもちろんお金ではない 一泊二日地上に帰る権利である」というテロップが表示され、「音(二階堂ふみ)の亡き父・安隆(光石研)が閻魔様から2日間の滞在期間を与えられて、あの世から家族のもとへ舞い降りる」というファンタジーが放送された。, 続く17日の第58話では、喫茶バンブーのオーナー・梶取保(野間口徹)と妻・恵(仲里依紗)の出会い、18日・19日の第59・60話では、双浦環(柴咲コウ)のパリでの恋と成功が描かれるという。, 第12週のタイトルを見ても、「父、帰る」「古本屋の恋」「環のパリの物語」という3本立てであり、「今週は特別企画。“突飛な設定”や“裕一と音が出ない回”もございますが、いつもと違う『エール』をお楽しみください」というナレーションもあった。良く言えば「遊び心がある」、悪く言えば「視聴者不在」の思い切った仕掛けと言っていいだろう。, 主人公・古山裕一(窪田正孝)の物語を中断して突然スピンオフを放送し、しかも中心人物が小刻みに変わるオムニバスであり、好評の主題歌とタイトルバックもカット。前週は古山家の関係修復が描かれ、父・三郎が息を引き取るシーンに涙を誘われた視聴者が多かっただけに、唐突な路線変更に「なぜ?」と面食らうのも当然だろう。, さらに視聴者の疑念を加速させそうなのは、22日からの第13週も、佐藤久志(山崎育三郎)や御手洗清太郎(古川雄大)が歌手オーディションに挑む様子が描かれ、そのままコロナ禍の撮影休止に伴う放送中断に入ること。, スピンオフをオムニバスで放送したまま中断に入ることを知った人が、「これは本編を中断してまで放送するものなのか?」「コロナの中断だけでも調子が狂うのに、その前にも本編を中断するの?」などと疑問の声があがっているのだ。もちろん「これはこれでアリ」「思っていたより受け入れられた」という肯定の声もあるが、本編の物語を求める声と比べると少数派に見える。, もっと言えば、コロナ禍の影響がなければ29日から放送される予定だった第14週も、音の妹・関内梅(森七菜)らの物語を描くスピンオフ。つまり、制作サイドは当初から12~14週の3週連続でスピンオフをオムニバスで放送する予定であり、そこにコロナ禍の撮影休止が重なったことで、視聴者にとってかなりややこしい事態になってしまったのだ。, 振り返れば、朝ドラは前作『スカーレット』でも、残り5週になった大詰めの段階で本編を中断して突然スピンオフを放送し、「何で今やるの?」「終了後にしてほしかった」などと視聴者を当惑させていた。2作連続で、さらに今回はオムニバスで3週に渡って放送することから、「朝ドラは放送中のスピンオフを定着させていきたい」という狙いが透けて見える。, ただ視聴者にしてみれば、熱心に見ている人ほど、「楽しんでいた物語が途切れてしまう」「本編の放送回数が減らされる」「これを放送するくらいなら本編の物語をもっとじっくり描いてほしかった」と思ってしまうだろう。, スピンオフを放送する理由は、「魅力的なキャラクターの脇役が多い」「ストーリーがひと段落したときに箸休めのようなものを入れたい」「メインのキャストやスタッフを休ませられる(働き方改革)」「回想シーンを入れて時間と経費を抑えたい」などがある。, 実際、制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサーは、「第11週で裕一の人生で1つの節目を迎え、また物語の後半では戦争など激動の時代に突入するので、その前にちょっと遊びの週があってもよいのではないかと思い、企画しました」などとスピンオフの意図をコメントした。, しかし、あくまでそれは全体の物語を把握している作り手の感覚であり、第1話から順番に見ている視聴者の心に響くかどうかは別問題。もともとスピンオフは、「本編の物語を最後まで楽しんでくれた人へのファンサービス」という位置づけのものだった。だからこそ本編終了後の放送が自然であり、放送中なら「土日など本編とは別の時間帯で見てもらう」などの配慮があったほうが、NHKが目指す「視聴者に寄り添う公共放送」と言えるのではないか。, 裕一は第10週でようやく作曲家として独り立ちし、第11週で家族との関係を修復。まさに「さあこれから」というタイミングでのスピンオフと中断だけに、視聴者の混乱や落胆は避けられず、なかには視聴をやめてしまう人もいるだろう。, だからこそ一般的なスピンオフの概念を超えるような質の高いものを放送するとともに、放送中断中や再開時にどんな工夫で視聴者を引きつけるのか。制作サイドにとっては腕の見せどころになりそうだ。, コラムニスト、テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。ウェブを中心に月20本強のコラムを提供し、年間約1億PVを記録するほか、『週刊フジテレビ批評』などの番組にも出演。取材歴2000人超の著名人専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、地上波全国ネットのドラマは全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。, 本サイトに掲載されているすべての文章・画像の著作権は講談社に帰属します。他サイトや他媒体への無断転載・複製行為は固く禁止します。.