彼らは世の中には2種類の人間がいて、動物を愛する暖かい心の自分たちと、動物を殺す冷たい心の人間たちに分かれると思っているのでしょう。 1.北海道環境生活部 環境局自然環境課  札幌市は14日、市内の住宅地で今月上旬から出没を繰り返していたヒグマについて、人に危害を与える恐れがあるとみて猟銃で駆除した、と発表した。 札幌市コールセンター. Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved. ----------------------------------------------------------, 携帯を操作しながら自宅の玄関先を歩く男性。次の瞬間、前方に何かを見つけて一目散に逃げ出します。男性の行くてを阻んだのはなんとクマ。アメリカ・ロサンゼルス近郊で10日、住宅街に体重約180キロのクマが現れました。 この大地は人間だけの物では無い。総ての生き物の共有物。, Last updated  (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ©Copyright2020 Buzz Fixer.All Rights Reserved.  E-mail: ryoyukai@dream.ocn.ne.jp, 日本熊森協会の見解 ●午前6時に夢中になってクマが山菜を食べていたら、人を襲う恐れがあると勝手に判断されて射殺されてしまう。恐ろしいことです。空砲で逃がすなどの試みは一切取られていません。初めから殺すありき、これが北海道の現状です。 2012年4月20日(金)10時46分配信 共同通信 20日午前6時ごろ、札幌市南区藻岩下の山林で、地元の猟友会がヒグマ1頭を射殺した。住宅街から20~30メートルの場所で、付近では19日午後から目撃情報が相次ぎ、猟友会が警戒していた。 FAX (011)232-6790 E-mail: kansei.shizen1@pref.hokkaido.lg.jp  #blog_mainblock .entry-content #ss1409 .ss1409bgbk div, ●北海道では、ヒグマの駆除許可権限は、道庁が持っていることになっています。しかし、道庁自然環境課動物管理グループによると、実質権限は市町村に投げられており、道庁は関与していないそうです。今回の射殺で、道庁には多くの抗議電話がいったようで、お気の毒に担当者はお疲れのようでした。 電話: 0166-63-5210 クマは愛らしい姿とは裏腹に人間を襲う危険な動物であり、開拓時代には数多くの人が犠牲になっている。1915年の「. 市役所のどこに聞いたらよいか分からないときなどにご利用ください。 電話: 011-222-4894 ファクス:011-221-4894. 北海道札幌市に出没したヒグマの一件で、14日に札幌市が駆除(射殺)したことを明らかにしました。 この件で、札幌市には苦情が殺到。 14日お昼の時点で、苦情の件数は100件を超えたとされています。 , 北海道旭川市の銃砲店 シューティングサプライの来客スペースでは、ハンターたちのリアルな話が聞ける。, これはシューティングサプライとお付き合いの長い、H氏のリアルな出来事として、お店に入ってきたヤバ過ぎる話である。, H氏はよく1人で山に入り、熊や鹿を仕留めている。この話の日もいつもと変わらない1人でのハンティング。, 本当の話なんですよ!嘘だと思ったら旭川市の銃砲店シューティングサプライ、山口社長に聞いてみてください!, こんな凄過ぎるエピソードはめったにありませんが、基本的にはいつも明るくて楽しい話題に溢れているお店です。, お店の代表 山口社長は、とても紳士的な方で、銃、ハンティングの深い造詣を丁寧に楽しく教えてくれます。, まだまだおもしろい話はたくさんあり、伝説の店長のお話しなど爆笑ものです!銃やハンティングにご興味のある方は、ぜひ、お店にお越しください。, ちなみにH氏、この事件以降、より熊に対する思いが強くなってハンティングを続けていらっしゃるそうです。, それにしても北海道の大自然の奥深さには、畏怖の念を抱かずにはいられない物凄い話でした。, ※一般に北海道でハンティングされている方も、熊にはほとんど会えないそうです。 20日午前6時ごろ、札幌市南区藻岩下の山林で、地元の猟友会がヒグマ1頭を射殺した。住宅街から20~30メートルの場所で、付近では19日午後から目撃情報が相次ぎ、猟友会が警戒していた。札幌市によると、体長約1・5メートルの雄グマで、推定4、5歳。人を恐れるような気配がなく、人を襲う危険があるため殺した。市は19日から付近の遊歩道を閉鎖するなどして警戒、猟友会に出動を要請していた。 ●北海道では、わずかに知床財団だけが、知床のヒグマに対してゴム弾で追い払うなどのノウハウや人員を持っているそうで、他の所では、そのようなものは皆無なのだそうです。まして北海道には、いまだにクマの放獣体制などありません。 北海道札幌市に出没したヒグマの一件で、14日に札幌市が駆除(射殺)したことを明らかにしました。, しかし、一部の動物愛好家からは『駆除はひどすぎる』と、抗議の声が多数上がっているようです。, 札幌市は14日、市内の住宅地で今月上旬から出没を繰り返していたヒグマについて、人に危害を与える恐れがあるとみて猟銃で駆除した、と発表した。, 市によると、ヒグマは13日夜から14日未明にかけて、同市南区の住宅地に断続的に姿を現した後、午前4時半ごろやぶに入って姿が見えなくなった。市の依頼を受けた北海道猟友会のメンバーと警察官、市職員ら十数人が出動して追跡。姿を見失った地点から約400メートル南の山中でヒグマを発見し、午前6時6分に射殺した。体長140センチ、体重128キロの雌で、住宅地で頻繁に目撃されていたクマと同一の個体と確認した。, 報道にある通り、8月に入ってから連続で出没していた札幌市のヒグマが駆除されました。, 地元の猟友会などに駆除を依頼していることがすでに報じられていましたが、実際に駆除が発表されると、一部の動物愛好家から苦情が殺到しているとTwitterで話題になりました。, 当時の実際の報道がこちらです。(2012年4月に報じられたもの) 札幌事務所 〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西4丁目 道銀ビル10F HK・イノベーション・プラザ内; 011-596-9651 *不在の場合は必ずメッセージを残してください。 折り返しいたします。 info@elmt.jp; 旭川(ぴっぷ)事務所 〒078-0342 北海道上川郡比布町西町1丁目2-15