冬場の休養を明けてから、馬が元の状態に戻るまで数戦を要しましたが、その後3勝し、同時に2つのコースレコードを更新しました。 私自身、これから行われるレースに対して、また日本の生産界に対して大きな尊敬の念を抱いています。 COPYRIGHT 2020. 今回の出走ならびに遠征を成功させることに対して、私たちは大きな希望を持っておりますし、またこの機会がサンタアニタ競馬場・大井競馬場間の交流において新たなきっかけになることを願っています。, ソイフェットは6歳になりますが、私の厩舎に来たのは約1年半前からです。 TCK is a fun, fantastic and surprisingly economical way to spend on a nightlife event in Tokyo. ・1着賞金8000万円は地方競馬主催の重賞競走としてはJBCクラシックと並び最高額。, 2015 International Cataloguing Standards Book Japan, https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2019/12/30/kiji/20191229s00004049385000c.html, http://www.tokyocitykeiba.com/news/news.php?id=1996, http://race.sanspo.com/keiba/news/20151206/etc15120609270001-n1.html, 令和元年を締めくくるBIGレース「東京大賞典(GⅠ)」12月29日(日)フジテレビで初の生中継が決定!(BSフジでも同時放送), 東京大賞典2014年60回目はホッコータルマエが制し最優秀ダートホースとして認められる。幸騎手と西浦調教師は更なる高みを目指す。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=東京大賞典&oldid=79179509, 6歳以上の負担重量が4、5歳と同じく牡馬・騸馬56kg・牝馬54kgから牡馬・騸馬57kg・牝馬55kgに変更。, 日本のパートI国昇格に伴い、格付表記をJpnIに変更。同時に南関東グレードは併記しないこととなった。, 売得金が25億20万7900円を記録し、1レースの売上としては地方競馬史上最高となった。当日の入場者数も39000人を記録。, 2010年 - JRA所属馬の出走枠を5頭から6頭に、南関東所属馬の出走枠を8頭から7頭にそれぞれ変更。, 2016年 - 外国馬が出走しない場合の中央競馬所属馬の出走枠が1頭増えて7頭となる, 売得金が56億627万5800円を記録し、1レースの売上としては地方競馬史上最高となった。また、初めて同年の. 彼は新しい挑戦を好む馬で、様々なレースで我々の期待を大きく上回る活躍を見せています。 ソイフェットは速いペースを好む馬であり、またレース中は勝つための闘争心と意思を表に出して頑張ってくれる馬です。彼は非常にいい性格をしていて、自分が勝ってウィナーズサークルで賛嘆されることが嬉しく、またそれをよくわかっている馬です。私たちも彼のことを大変誇りに思っています。 第60回東京大賞典(GⅠ)に海外馬としてSoi Phet号(ソイフェット)を選定いたしました。Soi Phet号(ソイフェット)のプロフィール及びレナード・パウエル調教師のコメントは以下のとおりです。, まずは、大井競馬場関係者の皆様に、今回の東京大賞典にソイフェットを選定していただいたことに感謝しております。 ALL RIGHTS RESERVED. 彼は輸送も苦にしないですし、今回のような出走に際して、自身をそれにふさわしい挑戦者の気概に持っていける素晴らしいメンタリティがあります。 東京大賞典(とうきょうだいしょうてん)は、特別区競馬組合が大井競馬場で施行する地方競馬の重賞競走(ダートグレード競走)である。格付けはGI。競馬番組表では「農林水産大臣賞典(国際交流) 東京大賞典」と表記される[2]。, 副賞は農林水産大臣賞、特別区競馬組合管理者賞、日本中央競馬会理事長賞、地方競馬全国協会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、東京都馬主会理事長賞、日本地方競馬馬主振興協会会長賞(2019年)[3]。, 大井競馬はもとより、日本のダート競馬の1年を締め括る総決算レースである[4][5]。, 1955年に「秋の鞍(あきのくら)」の名称で創設[6]され、春の鞍(のちの東京ダービー)・春の特別(のちのアラブダービー)・秋の特別(のちの全日本アラブ大賞典)とともに大井競馬場の四大競走として位置付けられた[7]。第1回はダート2600mで施行され、1着賞金は100万円であった[注 1]。その後、競走名は1964年に現名称となり、施行距離は幾度かの変遷を経て、1998年からはダート2000mで定着。南関東公営競馬では1978年に新設された帝王賞と共に、サラブレッド系古馬の2大競走としても位置づけられている。, 開催時期は1964年から12月下旬で定着。1999年からは開催日も12月29日で固定され、南関東公営競馬のみならず日本競馬の1年を締め括る競走として定着した[10]。, 1995年より中央・地方全国交流競走に指定[11]され、日本中央競馬会(JRA)および他地区地方競馬所属馬も出走可能になった。1997年には統一GI(南関東G1)に格付け、2011年からは外国馬も出走可能な国際競走に指定され、あわせて地方競馬で施行する競走としては初めての国際GIに格付けされた(後述)。, 現名称となった1964年は、有馬記念を模したグランプリ競走[注 2]として、ファン投票で出走馬を選出した。, 2019年には売り上げがKEIRINグランプリを上回る56億627万5800円に達し[14]、1レースの売り上げとしては中央競馬を除く三競オートの中では最大の規模に成長した。, 特別区競馬組合は2010年10月18日に、本競走を2011年から国際競走として施行すること、および日本グレード格付け管理委員会から国際GIの格付を受けたことを発表した[15]。国際GIに格付けされた競走は、地方競馬として初めてとなる[16]。, 2011年現在の規定では、ジャパンカップダート(現:チャンピオンズカップ)に予備登録した外国調教馬は東京大賞典にも自動的に予備登録され、輸送費及び帰国時の渡航費用などは外国馬関係者の自己負担としていた。ただし、ジャパンカップダートと本競走に連続で出走する場合に限り、帰国時の輸送費や渡航費を特別区競馬組合が負担するとしていた[17]。, 地方競馬所属馬は、同年に行われる下表の競走で所定の成績をあげた馬に優先出走権が付与される[2]。, 浦和記念で他地区地方競馬所属馬が優先出走権を得た場合、南関東所属馬の出走枠を減らすことが定められている。, 1着8000万円、2着2800万円、3着1600万円、4着800万円、5着400万円[2]、着外手当30万円[18]。 その後4連勝を達成するなど、彼は私たちの期待に応えてくれました。ブリーダーズカップ・クラシック前哨戦のGI、オーサムアゲインステークスにも3着に入線。そのレースに優勝したムーチョマッチョマンは、後にBCクラシックを優勝しています。 TOKYOCITYKEIBA. 我々が愛しているように、ソイフェットが日本のファンの皆様からも愛され、また応援して頂ければ、これ以上の喜びはありません。, ~ヤングジョッキーズシリーズ トライアルラウンドが終了~TCK所属の吉井章騎手と仲原大生騎手がファイナルラウンドに進出決定!, ~楽しむよろこびを皆さまに思い出していただくために~「日本は、楽しむことをおそれるな。」 の広告掲出について, スポーツ配信チャンネル「DAZN」でのレース中継11月3日(火・祝)JBC当日からスタート!. 第60回東京大賞典(GⅠ)外国馬情報について 第60回東京大賞典(GⅠ)に海外馬としてSoi Phet号(ソイフェット)を選定いたしました。 Soi Phet号(ソイフェット)のプロフィール及びレナード・パウエル調教師のコメントは以下のとおりです。 東京大賞典(とうきょうだいしょうてん)は、特別区競馬組合が大井競馬場で施行する地方競馬の重賞競走(ダートグレード競走)である。格付けはGI。競馬番組表では「農林水産大臣賞典(国際交流) 東京大賞典」と表記される 。