【G大阪×鹿島】ハイライト動画&詳細マッチスタッツ(ポゼッション、空中戦勝率、デュエル勝率etc.) MF MF 15 井手口陽介 6.5 現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, 【警告】G大阪=なし 鹿島=エヴェラウド(67分)【退場】G大阪=なし 鹿島=なし【MAN OF THE MATCH】東口順昭(G大阪), [J1リーグ20節]G大阪2-0鹿島/10月3日(土)/パナソニックスタジアム吹田 J1名古屋グランパスでクラブスペシャルフェロー、アカデミーダイレクター補佐でアカデミーのGKコーチも務める元日本代表GK、楢崎正剛氏(44)が31日までに、独自にJリーグのここまでのベストセーブを選定し、自身のインスタグラムで発表した。, 引退後、日本サッカーへの恩返しの意味合いもあり、次世代のGK育成を掲げて、静かに、それでいて着々と活動を続けている。, オンラインも活用しながら、日本のGKの底上げを目指し、現役選手や指導者対象の勉強会を定期的に開催している。, そのサロンメンバーで話し合い、まさに玄人の目で、今季ここまでのベストセーブを選出したという。, 「満場一致」でガンバ大阪の東口順昭の、J1第7節ヴィッセル神戸戦(ノエスタ)、後半31分のセーブを選出している。, 東口は、イニエスタのスルーパスからの古橋の強烈なシュートを驚異的な反応で阻止している。まさに守護神という働きをみせたシーンだった。, フリーで走り込んできた関根が、がら空きのゴールに向かって放った強烈なシュートに反応し、左へ横っ跳び。最後は倒れ込みながら残した足で防いだ、神懸かり的なビッグセーブが受賞した。, もともと楢崎氏は中村を、その立ち姿や雰囲気、振る舞いも含め高く評価し期待を寄せてきた。, このワンプレーに「細かい準備がしっかり感じられるセーブが自分にとっての好セーブです。ただこれはその見方とは少し違いますが、試合の中でも絶体絶命のピンチを防いだという点で、とても貴重なセーブでした。そうした成功体験は重要で、GKとして勢いにも乗れるようなプレーです」とコメントをつけ、プロ中のプロの目で評している。. 劣勢の前半、高い位置に顔を出し、崩しにも変化をつけた。終盤まで、気の利いた動きは健在だった。 元PRIDE コールマン氏が心臓発作 宮本恒靖 6 監督 1 東口順昭 7 1失点はしたものの、積極的な飛び出しも見せ、劣勢の時間帯を耐える。キックもセーフティにこなした。 df 13 菅沼駿哉 6 前半はミスもあったが、徐々に安定。得意な形の守備に持ち込み、ベテランらしく老獪にプレーした。 27 髙尾 瑠 6 MAN OF THE MATCH 【チーム採点・寸評】 守勢に回る時間帯が多かったが、周囲との連携の中で、致命的な破綻は許さなかった。 前半はL・シルバにボールを奪われ、後半もJ・アラーノに振り切られた。しかし、それ以外では強さを見せた。 21 矢島慎也 ―(88分IN) エヴェラウドに切り返され、決定機を献上するも、要所で強さを見せた。昌子との関係性も上々だ。 jリーグの正守護神である東口順昭選手が、ロシアw杯に選出されました。近代的なゴールキーパーとして、日本をけん引する存在として、注目されています。今回はそんな東口選手の家族について解説していきます。【本人プロフィール】名前:東口順昭(ひがしぐ 10 倉田 秋 6(88分OUT) 3 昌子 源 5.5 DF G大阪 6.5 疲弊した相手に対し、個の仕掛けは効いた。前線でボールをキープし、2点目を演出する突破もキレがあった。 ´ç¿’する猫, 新型コロナウイルス感染症対策分科会. ※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。, 奥川雅也の代表初合流は見送りへ…JFAも所属クラブの感染状況を認識「陰性でも難しい」, 巨人は山田哲人ら「獲れる選手は獲るべき」 OB篠塚氏が持つ“チーム強化”の考え方〈dot.〉, 怪物・井上尚弥、“豪傑・パッキャオ”の域を目指し、次戦はWBO王者カシメロ? それとも…, 坂本勇人「あのときの長野さん、自分のことのように喜んでくれて…」塁上で感極まったワケ, 「ボールを奪われすぎだ」なぜデヨングはバルサで伸び悩んでいるのか? 母国のレジェンドたちも辛口評価【現地発】, 【G大阪×鹿島】ハイライト動画&詳細マッチスタッツ(ポゼッション、空中戦勝率、デュエル勝率etc.), 【G大阪】調子上向きの昌子源がそれでも“完全復調”と実感できない理由「ここで潰したら俺、退場になるかも…」, 宮本ガンバが粘りに粘って難敵・鹿島を撃破! 鮮やかな4連勝で一気に4位へジャンプアップ!, 「タケ!」スタジアムに響いた久保建英への“叱責”…らしくない5分で2度のボールロストに、エースも注文, 「お金が問題なら…」香川真司が契約解除したサラゴサへの“苛立ち”を告白「戦うための準備はしていた」, 「殺される…」ネイマールと“衝突”としたマルセイユDFが騒動後の苦悩を吐露「彼は自分の影響力を分かってない」. 犬飼の激しいマークに手こずったが、PKをゲットして流れを変えた。冷静に決め切った点も評価したい。 GK MF 「満場一致」でガンバ大阪の東口順昭の、j1第7節ヴィッセル神戸戦(ノエスタ)、後半31分のセーブを選出している。 東口は、イニエスタのスルーパスからの古橋の強烈なシュートを驚異的な反応で阻止している。 8 小野瀬康介 6.5(88分OUT) 交代出場 29 山本悠樹 6 ※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。 new! 33 宇佐美貴史 5(80分OUT) 1 東口順昭 7   日頃から心身のコンディショニングに気を配っているサッカー選手は“おうち”でどのように過ごし、どのようなことを考えているのか。緊急事態宣言下で迎えるゴールデンウィ…(2020年5月4日 12時0分56秒… 【G大阪|採点・寸評】 gk man of the match 1 東口順昭 7 試合前にj1・300出場を祝われた。 後半、J・アラーノとの1対1を止め、試合の流れを変える。 鹿島に押し込まれる時間が長く続いたが、守備陣は奮闘。勝負強く勝ち切り、4連勝を飾った。 これでは、東口順昭(まさあき)の復活の意味が、薄らいでしまうよ。一体、アルビレッジで何を話し合って、準備しているんでしょ?みなさん御承知の通り、アルビレックス新潟のゴールキーパー東口順昭選手の大きな武器は、精度がこの上なく高いキック。 4 藤春廣輝 6 鹿島にトドメを刺す2点目も見事だが、今季の4得点は全て途中出場によるもので、勝負強さもさすがだ。 eaffe-1サッカー選手権2017決勝大会・中国代表戦から一夜明け、日本代表は13日に都内でトレーニングを実施した。中国戦でフル出場し、1対1のピンチも防いだ…(2017年12月13日 15時31分7秒) 鹿島の勢いと激しさに飲まれ、攻撃で存在感は少ない。ただ、守備で危険な場面は抑えていた。, 自ら得たPKを冷静に沈め、貴重な先制ゴールを挙げたパトリック。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部), FW Copyright(C) 2020 日刊スポーツ新聞社. 19 キム・ヨングォン 6.5 18 パトリック 6.5(80分OUT) 中村憲のバースデー弾が決勝点! “多摩川クラシコ”制した川崎Fがリーグ戦12連勝を飾る, 【J1ベストイレブン】2ゴールを挙げた川崎の鉄壁CBを今節最高評価! 圧勝の浦和からは初選出の3名|23節, 【Jリーグ月間表彰】「あのプレーは正解」 元日本代表GK楢﨑氏が称賛、9月の「J1ベストセーブ」とは?, 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。   FW 前節のような輝きはなかったが、キャプテンマークを巻き、守備などで役割をこなした。 9 アデミウソン 6.5(80分IN) 鹿島の強度の高い守備に苦戦し、ミスも目立った。それでもパトリックのPK奪取をパスで演出した。 勝ち切りたい展開のなか、サイドハーフで無難にプレー。2点目につながるボール奪取も見事だった。 14 福田湧矢 ―(88分IN) 【G大阪|採点・寸評】  FW 39 渡邉千真 6.5(80分IN) ※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。 見せ場は前半早々の枠内シュートのみ。カウンターのチャンスでもペースダウンし、キレを欠いた。 試合前にJ1・300出場を祝われた。後半、J・アラーノとの1対1を止め、試合の流れを変える。 空中戦で手こずることもあったが、シュートブロックなどで身体を張った。守備ではミスが少なかった。 狙いとする内容での勝利ではなかったが、東口に救われた。交代は機能し、理にかなっていた。 逃げ切る展開で疲れの見えた倉田に代わってピッチに。自分の色を出す時間帯ではなかった。