(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 2019年の決算では8年振りの318億の赤字。原因は1,119億円の持分法による投資損失(米ライドシェア、Lyft等)この損失が無ければ単純計算で801億円の黒字。が、それでも, ライバルであるZホールディングス(Yahoo)のPBRは2倍以上。単純比較であれば楽天は割安, 配当利回りは0.5%程度。株主優待は最近改悪されてしまったものの、100株保有で500円相当の電子マネー、2,000円相当の国内宿泊クーポンがもらえます。両者を合わせた利回りは3.5%近く。, 2017年にはプラスワンマーケティングからFREETELを約5億2000万円で買収。約40万回線増。2019年にはDMM mobileから約23億円で、24万回線を買収。両者を平均すると1人辺りの獲得単価は約4400円。非常に安価な値段で契約回線を増やすことに成功。MVMO契約数では業界No1へ。, 送料が分かりやすくなり、楽天市場の利便性向上。安価な配送料金による店舗売上向上が狙える物流革命。, メルカリの利用者数は2,216万人、対してラクマは1,115万人と業界1位には及ばないものの、順調にダウンロード数を増やしており、間近1年では300万人近い利用者を獲得。, 意図が誤解され、送料無料化問題と騒ぎに。独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会からの立ち入り検査が行われる。アマゾンは物流をコントロールすることで、送料無料、また安価な配送サービスを実現済み。アマゾンに追いつくには成功必須。, メールアドレスの入力だけで、これから上がる株を教えてもらえるらしい。ということで試しに登録してきました。, 掲載情報は投資判断の参考として載せているものであり、投資の勧誘を目的としたものではありません。. 楽天(株)(4755)のリアルタイム株価チャート。日中~10年のチャートがラインチャートや4本足チャートなどで閲覧可能です。 楽天(4755)の将来性に興味があります。携帯通信事業の参入で、楽天の株価は今後どうなると予想できますか?楽天の最近の業績や将来性、今後の株価の見通しについて知りたいです。 今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。 楽天のみんかぶ目標株価は「1,191円」で【買い】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】(理論株価 970円)、証券アナリストによる予想では【中立】(予想株価 1,239円)、個人投資家による株価予想では【買い】(予想株価 1,404円)と判断されています。楽天は、【モバイル通信販売、eコマース、光免疫療法】などのテーマ銘柄です。 2020/11/10 - 楽天 (4755) の株価、目標株価、チャート、関連ニュース等、個人投資家が知りたい情報を掲載しています。楽天のみんかぶ目標株価は「1,193円」で【買い】と評価されています。みんかぶリサーチによる株価診断では【割高】(理論株価 970円)、証券アナリストによる予想では【中立】(予想株価 1,239円)、個人投資家による株価予想では【買い】(予想株価 1,413円)と判断されています。楽天は、【モバイル通信販売、eコマース、光免疫療法】などのテーマ銘柄です。, 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。, 【2020年最新版】クレジットカードおすすめ人気ランキング|今年もっとも選ばれているTOP5を公開. 楽天の企業分析や投資に役立つ最新情報を提供しています。 【楽天】[4755]株価/株式 日経会社情報DIGITAL | 日経電子版 メニューを閉じる 楽天(銘柄コード:4755)の株価やチャート、ニュース、株主優待等をご覧いただけます。楽天グループは、インターネットサービスとFinTechという2つの事業を運営する会社である。 結果、今後、楽天の株価は長期的に見て株価は順当に上昇、現在800円近い株価は1200円近くまで上昇していくと予想します。 楽天には強力なライバルが多く存在する為に、先行きに不安を覚える投資家が … 楽天(株)(4755)のリアルタイム株価を掲載。チャート、配当、関連ニュース、決算情報、株主優待、掲示板、関連銘柄など、個人投資家の銘柄選択と売買の検討に便利な情報を掲載しています。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 結論から言うと、長期的に見て株価は順当に上昇、現在800円近い株価は1200円近くまで上昇していくと予想します。, では楽天の株価予想。分析・今後の見通しについて、早速解説を始めていきたいと思います。, EC市場は2025年度に27.8兆円規模、オムニチャネルコマースは80.6兆円市場へ【NRIの予測】, 野村総研の推計では、2019年度の「BtoC EC」の市場規模は19兆5000億円。2020年度以降は20兆8000億円、22兆1000億円、23兆4000億円、24兆9000億円、26兆3000億円と成長が続く見通し。, 以上、楽天の株価にプラスの影響をもたらす要素、マイナスの影響をもたらす要素をリストアップしました。, 結果、今後、楽天の株価は長期的に見て株価は順当に上昇、現在800円近い株価は1200円近くまで上昇していくと予想します。, 楽天には強力なライバルが多く存在する為に、先行きに不安を覚える投資家が多い。が、、私は楽天1人負けという状況は想定しにくく、市場拡大に伴う旨みを各社で分け合う状況を予想しています。, EC事業ではYahooがZOZO買収等を含め、攻勢を強めているものの、楽天はSPU、会員ランク制度により、既存顧客を強く囲い込んでいる。それはダイヤモンド会員数の推移からも見て取れます。, Yahooショッピングも好調だが、それは楽天からのユーザー移転ではなく、これまでネットショッピングの経験数が少ないライトユーザーの増加。楽天市場とYahooショッピングは正面からぶつかり合っているように見るかもしれないが、お互い掠り傷程度です。, 携帯事業においてもドコモ、au、ソフトバンクは確かに強力。これも真っ向から戦っているようには感じられない。MVMOからスタートしたモバイル事業の初期ターゲットユーザーはコスパに対する意識の高いユーザー。, コスパに対して意識の高いユーザーはMVMOの会員数の伸びを見ても多く存在しており、他社MVNOから楽天モバイルへの乗り換え需要は未だ多く顕在。 ※楽天モバイル MVMO1位なものの、シェアは約25%, ドコモ、au、ソフトバンクからシェアを奪えるのか?を焦点にしたとしても、料金体系の分かりやすさ、SIMロックフリー端末、違約金無しといったメリットはユーザーに伝えやすい。何より、あれだけ報道してしまえば世間の注目必須。, 楽天の株価は現在、PBR 1.45倍。KDDIは1.71倍、NTTドコモは1.96倍、ソフトバンク4.32倍, 楽天モバイルが一定のシェアを獲得する前に、ヤフーとラインの経営統合、及び楽天経済圏を超えるようなヤフー・ソフトバンク経済圏が確立されてしまった場合、楽天は相当苦しい状況へ追い込まれます。, ヤフー・ソフトバンク経済圏にはTポイントが存在。証券口座No1のSBI証券はTポイント。2020年3月30日にはSBI証券とヤフーIDが連携をスタートさせており、両社の結びつきはより強固となる可能性が高い。ここにPayPayとも上手く連携が取れるようになると、まさにYahooの目指すスーパーアプリが完成してしまう。, 現時点では楽天経済圏 > ヤフー・ソフトバンク経済圏だが、既に逆転できる地盤は整い済み。, 2004年頃からトレーダーとして活動中。株、FX、指数先物、商品先物なんでもござれ。日商簿記1級等保有:お金のプロ。運営者へのお問い合わせプライバシーポリシー. い物をする, 楽天市場でポイントが2倍貯まるクレジットカードを申し込む, 一般社団法人金融先物取引業協会, 一般社団法人第二種金融商品取引業協会, 一般社団法人日本投資顧問業協会.