2020/9/27 更新. 2020/10/27 更新. 横浜トレセンのセレクションは、2日に分けて行われました。 何といっても、サッカー少年の数では日本一なのではと思われる横浜市です。 人数も多ければレベルも高い 実際ピータンの頃は、全小(全日本少年サッカー大会)の優勝や準優勝など上位に、横浜市のチームが輝いていました 区によって日にちが分けられます それでもすごい人… Tweet. 実際ピータンの頃は、全小(全日本少年サッカー大会)の優勝や準優勝など上位に、横浜市のチームが輝いていました, なのでその半分の250人ほどが一緒にセレクションを受けていたということですよね…, ピータンもポンポンと何回もシュートを決めていましたが、残念なことに誰もコーチが見ていません, そしてコーチが談笑していたりバインダーに何か書いているときは、もちろんコートを見ていないのです, セレクションの時は、ピータンのプレーよりもコーチの反応を見ているようになっていました(どうなんでしょうね~でもなかなか面白いんです✨), そんな感じで、ピータンのプレーをチェックしているコーチがいないまま、ミニゲームは終わってしまいました, でも、1度、後ろからサイドをドリブルで駆け上がり、ゴール前に絶妙なボールを上げました。, 後から知ったのですが、この時ピータンのことを書き込んだ方は、コーチではなくサッカー協会の偉い方でした✨, 3回のセレクションを経験して思ったのは、セレクションは運も大きいなぁということです。, あのプレーを見てもらえてなかったら、ピータンは合格しなかったかもしれないと思いました。, なので、もしセレクションに落ちてしまっても、それは良いプレーのときに、たまたまコーチが見てくれていなかったのかもしれません。, さて、9月のうちに横浜トレセンの活動が始まりましたが、横浜トレセンには、1次合格と2次合格、そして6年生での追加募集があります。, J下部ジュニアユースと勉強の両立、セレクション、トレセン、スペシャルクラスなど、経験を書いていきたいと思います。よろしくお願いします。, ahiru1224さんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 平成27年度 セントラルトレセン u-14→1名 川崎地区トレセン u-13→2名 u-14→7名 u-15→4名. 広告を非表示にする. 2020/10/27 更新. u-12jfaリーグ2020後期 リーグ戦 日程・結果. トレセン. 県トレセン9地区→横浜s・横浜n・湘南・県西・県央・中・横須賀三浦・相模原・川崎 fc川崎champジュニアユースからのトレセン実績 平成26年度 セントラルトレセン u-13→2名 川崎地区トレセン u-13→8名 u-14→4名 u-15→5名. u12. 横浜市青葉区のジュニアサッカーチーム 2020年8月29日(土) 03:47 40 8150 ; ヴェルディ相模原 2020年8月29日(土) 03:45 16 3065 ; 横浜市栄区のジュニアチーム 2020年8月29日(土) 02:48 9 758 ; 第39回松村杯pumaカップ争奪秋季少年少女サッカー大会 2020年8月28日(金) 13:33 0 420 今回のU11の市内トレセン選考会で選ばれれば、ここからU12まではさらに人数を増やす選考会はありますが、よっぽどのことがない限りはU12まで続きます。, また、ここで選考されていることが前提で、さらに上のトレセンへの挑戦が可能となります。, 私は選考委員とかではありませんが、少しお手伝いをするコーチとして中に入っていました。, 事前情報では、現トレセンメンバーの入替は18名中、数名ありで最終22名~24名ほどになるだろうとのこと。60名中22名で3人に1人は選考されます。, 公ではありませんが、現トレセンメンバーのうち15名ほどはそのままの可能性が高いので残り7個から9個くらいの席を45人で争うような構図です。, 鋭い眼光でチェックをする十数名のコーチたちに、おそらく子供でなく親がその緊張感を感じているだけなのかもしれません。, 子供たちはというと、ほとんどがU10 のトレセン選考会を経験しており、また、現トレセンメンバーに限ると、, 自分たちのチームメイトを含め現トレセンメンバー18名も仲良くなっており、分けられたチームに3,4人は友達がいるため、まあまあ和気あいあいとしておりました。, 長男ともう一人U10トレセンに選ばれている子は、多少雑なプレーになっても問題ないだろうというレベル。, 事前のチーム内のコーチたちと話している感じでは、二人とも難しいのでは、、という印象でした。, この子は身体能力が高く一つ上の学年でもしっかりスタメンで活躍しております。うちのチームではディフェンスの要。, 理由はボールが入った際の状況判断が遅く、適当にボールを蹴ってしまうという印象が強かったのが原因だったとのこと。, それがこの半年で改善されたかといえば、かなりましにはなりましたが相変わらず判断が悪いときがあるのも事実。, この子は基本技術はかなりのレベルで決定力高いシュートと無尽蔵の体力が武器です。リフティングは数えきれないくらいできます。, この子も前回参加で落選しました。理由は、インテリジェンスのないプレーが多いという面。要は次のプレーを予測していないと判断されることが多かったということです。. 植松哲平、Saku、サイプレス上野、ファーストサマーウイカ、じゅんご、高橋茉奈がFMヨコハマにて月曜から金曜生放送!Tresenの番組情報はこちらから。 第4回横浜市18区選抜少女サッカー大会 組み合わせ. 市のトレセンに入ったくらいで、チームメイトに対して偉そうな態度をとりだすと、その子の成長はそこで止まります。これは間違いありません。 落選した子には、 温かい声をかけ、何が足りなかったのか確認させて、次に選ばれるよう練習や試合でのパフォーマンスの向上を促さなくてはい� 今回のu11の市内トレセン選考会で選ばれれば、ここからu12まではさらに人数を増やす選考会はありますが、よっぽどのことがない限りはu12まで続きます。 また、ここで選考されていることが前提で、さらに上のトレセンへの挑戦が可能となります。 選考会へは現トレセンメンバー18名を含 … レアッシのスタッフは誰もトレセンに携わっていませんが、福岡支部の小学生を見た時に、「この子は支部トレだろうな」とか「この子は支部トレまでは行かない」ということが何となく分かります。 また、「この子はとても素晴らしい能力があるがトレセンには受からないだろうな」ということも何となく分かります。 (※「うちの子トレセンに受かりますか?」という質問はしないで下さいね笑。トレセンの選考はあくまでも … 関連記事 2019-06-17 小5冬 J お問い合わせ ... 第17回横浜市18区代表u11サッカー大会プログラム . GK 高橋 楓 (鹿島アントラーズ) GK 竹本 悠人 (鹿島学園) DF 山口 諒真 (鹿島アントラーズ) DF 福原 陽向 (鹿島アントラーズ) DF 小林 栞太 (鹿島アントラーズ) DF 溝口 修平 (鹿島アントラーズ) DF 速水 紀之 (水戸商) DF 渕 伸平 (鹿島学園) MF 中熊 岳琉 (明秀日立) MF 伊藤 龍之介(鹿島アントラーズ) MF 村山 剛琉 (鹿島アントラーズ) MF 淵上 涼太 (鹿島アントラーズ) MF 山口 永遠 (鹿島学園) FW 飯塚 輝 (鹿島アントラーズ) FW 松村 尚樹 (鹿島学園) FW 菊池 快 (鹿島アントラ… 横浜トレセンの合格者 横浜市トレセン③ ... この2次セレクションで16名合格し、最終的に42名で横浜トレセンU11 はスタートしました 【ピータン小5秋】 【ブログに興味のある方】 ahiru1224 2019-03-19 10:56. 2019年度 (2019年4月~2020年3月) 合格者18名 ※コロナウィルスの影響拡大で、2019年度内に行われる予定でございました最終セレクションやセレクション練習会およびスカウト練習会が延期になっております関係で、6名の選手の皆様の ブログを報告する. | 各種選抜. ((c)2006 一般社団法人横浜サッカー協会 〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-6-3 dsm新横浜ビル7f tel:045-474-4315 市のトレセンに入ったくらいで、チームメイトに対して偉そうな態度をとりだすと、その子の成長はそこで止まります。これは間違いありません。 落選した子には、 温かい声をかけ、何が足りなかったのか確認させて、次に選ばれるよう練習や試合でのパフォーマンスの向上を促さなくてはいけません。まずは身近な目標として、そこを目指すよう努力させることが� Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. お知らせ . Jクラブを除いた全チームの選手を対象に、平成28年度からは川崎地区が南北統一されたため、9地区に分けて開設。U-13・14・15 の各カテゴリーで約20 〜25 名の選手を招集している。, また、さらにその上には、県の代表であるセントラルトレセンも開設されている。これは9地区の県トレセンからの推薦選手の中から20名程度を選考し、8月から月1 回のペースでトレーニングを行い、マッチデーに実施される関東交流戦に臨むというパターンで活動している。また、選考会後に伸びた選手や埋もれていた選手がいれば年度途中でも追加招集して参加できる柔軟な体制で運営されている。, セントラル トレセン U-15.14.13→下記の地区からの推薦選手にセレクションで20名程度選出, 平成26年度  セントラルトレセン U-13→2名                    川崎地区トレセン U-13→8名 U-14→4名 U-15→5名, 平成27年度  セントラルトレセン U-14→1名                    川崎地区トレセン U-13→2名 U-14→7名 U-15→4名, 平成28年度  セントラルトレセン U-13→1名 U-14→1名  川崎地区トレセン U-13→4名 U-14→3名 U-15→6名, 平成29年度  セントラルトレセン U-13→3名 U-14→1名  U-15→1名  川崎地区トレセン U-13→11名 U-14→5名 U-15→3名, 平成30年度  セントラルトレセン U-13→2名 U-14→4名  川崎地区トレセン U-13→9名 U-14→10名 U-15→5名, セントラルトレセン U-13→0名  U-14→2名  U-15→1名 川崎地区トレセン U-13→6名 U-14→11名 U-15→10名. 各種選抜.