現在JavaScriptが無効になっています。Yahoo!ニュースのすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。JavaScriptの設定を変更する方法はこちら。, 開幕から1ヶ月半が経過したプレミアリーグ。フィールドの上では白熱した試合が続いているが、ピッチ外で注目を集めているのがアーセナルのMFメスト・エジルだ。, 今シーズンはベンチ入りすらなく、プレー時間はゼロ。欧州リーグの登録メンバーからも外れ、20日に発表されたプレミアリーグの選手リストにもエジルの名はなかった。国内リーグと欧州リーグの両大会で登録外となり、少なくとも来年1月に移籍市場が再開するまで、アーセナルでプレーできないことになった。完全に「戦力外」の扱いだ。, 元ドイツ代表MFが最後にプレーしたのは、3月7日に行われた昨シーズンのウェストハム戦。アーセナルでクラブ最高額となる週給35万ポンド(約4800万円=年俸にして約25億円)の超高額な報酬を手にしながら、来年1月までの10ヶ月間はトップチームのピッチに立つことはない。, こうした状況について、「まったく起用していない構想外の選手に、クラブトップの給与を支払うのは当然ながら意味がない。アーセナルは妥協案を探しているはず」と語るのは、英衛星放送スカイスポーツのケイビー・ソレコル記者である。気鋭のジャーナリストは、次のように言葉を続ける。, 「アーセナルとエジルの契約は来年6月まで。残りの契約期間の報酬として、アーセナルは約1300万ポンド(約18億円)の大金を支払う必要がある。まったく起用しない選手に対して、だ。, アーセナルのクラブ幹部は、残り給与の一定額を支払う代わりに、契約を解除するオファーを出していることだろう。『ここで契約を打ち切れば、君は自由の身だ。どこに行っても構わない』と協議しているのではないか」, ソレコル記者の見解から、もう少し突っ込んだ内容で報じているのが、英紙デーリー・メールだ。, 同紙によると、アーセナルはすでにエジルに契約解除の妥協案を示しているが、元ドイツ代表MFは申し出を拒否。契約最終日までの給与満額となる1300万ポンドは譲れないと申し出を断ったという。また、サウジアラビア1部アルナスルから2年契約のオファーが届いたが、こちらもエジルは拒否。アルナスルがアーセナルに提示した移籍金は、500万ポンド(約6億9000万円)だった。, エジルの考えはハッキリしている。スポーツサイト・アスレティックのインタビューの中で、「残りの契約をまっとうする。契約期間の最終日までアーセナルに残る。契約は尊重されるべき。わたしは決して諦めない。チームのために戦う」と語り、契約が終了する来年6月までチームに残留する意向を示した。報道によれば、北ロンドンでの生活に満足しており、出番はなくても契約期間は英国に留まる考えだという。, だがアーセナルは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う財政難に直面している。現在、プレミアリーグは無観客試合で行われているが、このままシーズンを通して入場収入がなければ、通常時に比べて9600万ポンド(約131億円)の減収になるという。マンチェスター・Uの1億1100万ポンド(約152億円)に次ぎ、プレミリーグでは2番目に大きい損失額だ。, 当然、アーセナルは1月の移籍期間でもエジルの受け入れ先を探すことだろう。しかし、ここでも壁が立ちはだかる。ソレコル記者は次のように言う。, 「移籍に向けて障壁は多い。アーセナルは放出したいが、この状況でエジルの受け入れ先が見つかるだろうか。移籍が実現するには、3つのハードルをクリアしなければならない。(1)移籍先のクラブが、半年以上プレーしていないエジルに先発の座を保証する。(2)その上で、彼の報酬を支払う。(3)そして、エジル本人が移籍に同意する。つまり、移籍先は彼がプレーしたいクラブでなければならない。この3点をクリアしないと放出できない。, しかも、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、各クラブが財政面で甚大な打撃を受けている。分かりやすい例が、ウェールズ代表FWのガレス・ベイルだ。レアル・マドリードは戦力外のベイルをレンタルでトッテナムに放出したが、移籍後も報酬の40%を支払うことになった。アーセナルも似たような負担を強いられるだろう」, エジルが起用されなくなった明確な理由は明らかにされていない。コロナ禍で全選手に12.5%の給与カットを求めたクラブの方針に対し、元ドイツ代表MFが同意しなかったことが原因との見方は強い。もしくは、前線からの献身的な守備を求めるミケル・アルテタ監督の構想から単純に外れたとの見方もある。いずれにせよ、真相は闇のままだ。, 「稀代の名手」と謳われたエジルも、まだ32歳。錆びつく年ではないだろう。筆者もピッチで躍動するエジルの姿をもう一度見たいが、本人の意向を踏まえると、アーセナルでの現状はかなり厳しいだろう。, はたして、出番のないまま来年6月の契約終了日を迎えるのか、あるいは移籍の道を選ぶのか──。エジル騒動は、どう決着するだろうか。, 1976年生まれ。埼玉県さいたま市出身。中央大学卒。2001年より英国ロンドン在住。香川真司のマンチェスター・ユナイテッド移籍にあわせ、2012〜14年までは英国マンチェスター在住。ワールドサッカーダイジェスト(本誌)やスポーツナビ、スポルティーバ、Goal.com、AERAdot. 「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。, 久保が所属するビジャレアルと、乾・武藤が所属するエイバルが対戦 [写真]=Getty Images, 2試合連続の“ジャパンダービー”は実現なるか――。19日に行われるリーガ・エスパニョーラ第2節では、ビジャレアルが本拠地『エスタディオ・デ・ラ・セラミカ』にエイバルを迎える。ビジャレアルには久保建英が所属し、エイバルには乾貴士に加えて、武藤嘉紀が加入。リーガで初めて、3人の日本人選手が同時にピッチに立つ可能性が生まれた。, ここでは注目の日本人対決から両クラブの共通点まで、キックオフ前に知っておくと、より試合が楽しめる8つのトピックを紹介しよう。, この試合で武藤が出場すれば、日本人選手13人目のリーガ1部デビューとなる。リーガ1部史上初の日本人選手は、さかのぼること20年前に誕生。当時横浜F・マリノスに所属していたFW城彰二氏が、2000年1月にバジャドリードへレンタル移籍し、同16日に行われたヌマンシア戦でデビューを飾った。以来、数々のサムライ戦士たちが世界最高峰とも称される舞台に挑戦。今季の開幕戦では、ウエスカに所属する岡崎慎司がビジャレアルを相手に1部初出場を果たしていた。武藤は18日(金)に初めてチームの練習に参加したばかりだが、招集メンバー入り。まさに“ぶっつけ本番”で試合に臨む。果たして、出場機会は訪れるだろうか。, 久保と乾にとっては、主役の座を狙う一戦になるだろう。というのも、どちらも相性の良い相手との試合になるからだ。昨季マジョルカに在籍した久保は第27節でエイバルと対戦し、シーズン3点目となる得点をマーク。チームにアウェイ初勝利をもたらした。対する乾も、ビジャレアル戦は過去9試合に出場して、5勝1分け3敗。2017年4月と2019年3月に行われた試合ではゴールを奪っている。いずれも『エスタディオ・デ・ラ・セラミカ』で決めた得点であり、今回の一戦も大いに期待できるだろう。なお、久保がトップ下や右サイドで出場すれば、左サイドでの出場が濃厚な乾とのマッチアップが実現する。どちらが今季初勝利をチームにもたらすだろうか。, 今回の試合は“日本人対決”というだけでなく、“ドリブラー対決”としても楽しめそうだ。日本屈指のテクニシャンとして知られる乾が対峙するのは、「ロッベン二世」とも称されるナイジェリア代表MFサミュエル・チュクウェゼ。スピード抜群で体が強く、複数人に囲まれても前進していく、いわばゴリゴリ系のドリブラーだ。一方、乾のドリブルはリズミカルで、スルスルと相手を抜いていく。ゾーンに入ったときは余分な力が入っておらず、マーカーの逆をとる上手さもある。前を向いてボールを持ったときの2人はどちらも脅威であり、タイプの異なるドリブラーの技をぜひ堪能したい。, “日本人対決”に大きな注目が集まるが、両チームにとっては今季初勝利を目指す重要な一戦だ。ただ、“スロースターター”のビジャレアルに大きな期待は禁物だろう。第1節のウエスカ戦は1-1のドロー。彼らがシーズン初戦に勝てなかったのは、6年連続のことになる。さらに第2節も、過去4年連続で勝利を逃しているのだ。昨季と一昨季に関しては、シーズン初勝利を第4節まで待たなければならなかった。今季はエメリ監督を新たに招へいし、チームを一から構築中。バレンシアで主将を務めていたダニエル・パレホをフリートランスファーで確保するなど、移籍市場での立ち回りのうまさは特筆すべきだが、チームとしてはまだまだ未完成である。新戦力として加わった久保も新たな環境に順応している最中であり、その過程を楽しむことが重要になるだろう。, 両チームがリーガ1部で顔を合わせるのは、今回で13回目。過去12戦の対戦成績は、ビジャレアルの5勝、エイバルの4勝、そして引き分けが3つと、ほぼ互角となっている。ただし、ビジャレアルはホームでのエイバル戦、ここ3試合連続で完封勝利を飾っており、ここでシーズン初勝利を掴みたい。一方、エイバルが敵地でのビジャレアル戦で勝利を挙げたのは、2016-17シーズンの第29節までさかのぼる。2017年4月に行われた試合を3-2で勝利。殊勲の3点目を挙げたのが乾だった。, ビジャレアルとエイバルの共通点と言えば、どちらもスモールタウンを本拠地としていることだろう。スペイン南東部に位置するビジャレアルの人口は約5万人。一方、エイバルの人口も3万人に届かない。日本で例えるなら、ビジャレアルは茨城県のつくばみらい市、エイバルは戦国大名の毛利元就の本拠地として知られる広島県の安芸高田市ほどの規模である。とはいえ、ビジャレアルは2005-06シーズンにチャンピオンズリーグでベスト4に進出し、ヨーロッパリーグでも4強まで勝ち進んだことがある。エイバルも3部から2年連続の昇格を成し遂げ、今季で1部7年目のシーズンを迎えた。両者ともに「奇跡のクラブ」と呼ばれた過去があり、彼らの対戦はフットボールのロマンを感じさせる。, クラブだけでなく、両指揮官にも共通点がある。ともにバスク自治州の出身なのだ。ビジャレアルのウナイ・エメリ監督(48歳)はフランスとの国境に接するオンダリビア、エイバルを率いるホセ・ルイス・メンディリバル監督(59歳)はエイバルに程近いサルディバルで生まれた。2つの街は車で1時間ほどの距離にある。しかし、25年以上の監督キャリアを誇り、エイバルで6年目となるシーズンを迎えたメンディリバル監督と、パリ・サンジェルマン、アーセナルといったビッグクラブを経て、4年ぶりの母国凱旋を果たしたエメリ監督とでは、置かれた立場がまるで違う。試合中の振る舞いも好対照で、常に感情を爆発させるメンディリバル監督に対して、エメリ監督は腕組みをしながら静かにゲームを見守ることが多い。ピッチ脇で戦況を見つめる両監督からも目が離せない。, 先週末の開幕節では、岡崎のリーガ1部デビューが大きな話題となったが、今回の試合でも待望のデビューを果たす人物がいる。それが主審を務めるホルヘ・フィゲロア・バスケス氏だ。セビージャ出身のバスケス氏は1980年生まれの40歳。2007年にリーガ3部で主審デビューを果たすと、2012年から2部を主戦場とし、昨季はスペインサッカー連盟が選出する2部最優秀審判に選ばれた。その実績が評価されて、今季から1部に昇格。今回の試合で念願のトップリーグデビューを果たすことになる。父や叔父も元審判だというバスケス氏にとっては、史上最大のビッグマッチと言えるだろう。ピッチ上の主役はもちろん選手たちだが、晴れ舞台に立つ主審にも注目してほしい。, 【LEGEND STADIUM×SOCCER KING オリジナル動画】日本代表のために今だから話せること, Jクラブも支援!クリエイティブスキルが学べる 「CREATIVE GYM」が11月開講クラスの申込受付中!, アストン・ヴィラFWワトキンス、アーセナル戦2発に歓喜「アーセナルファンなんだ。嬉しくてたまらない」, PKでハット達成のC・ソレール、同僚からの温かいサポートを明かす「絶対に入ると…」, ユーヴェOBがC・ロナウドを痛烈批判!「彼は無知」「イタリアに2年間住んでいるのに…」, ついに本領発揮の久保がコメント「個人としても満足」…一方リーガでの先発への思いも?, 高校選手権、第16代応援マネージャーは本田望結さんに決定「選手の気持ちが分かるからこそ、お伝えできたら」, 久保建英、ELデビューで1ゴール2アシストの大活躍!…ビジャレアルは5発で乱打戦制す, 「制御不可能」「先発を確保しないわけが…」鮮烈パフォーマンスの久保を現地紙が絶賛!.