ドラマ『死弊』のあらすじ 大学で経済学を学んでいる南由夏はある日妹より死弊という怪談話を聞かされる。 その死弊とは、お金が欲しくてたまらない人々の前に突如現れる一万円札の札束である。 それだ … すると画面には「手にした者は不可解な死を遂げるという呪われたお金『死幣』をさらに調べますか? 」 という警告文が表示され、「調べる」と「無音で調べる」の選択肢を迫られる。 10歳の時、莫大な借金を抱えた両親がガス中毒で無理心中を図り、自分だけが生き残ったことから「死幣の謎を解き明かすのは自分の天命」だと語っている。. 実は「死幣」の虜となり、自らの研究と論文の発表を目的として由夏たちゼミ生8人を「死幣」の呪いに巻き込んだ張本人。. 「yahooで死弊と検索してはいかない」なんて言説が、一時期ネット界に流れました。死弊とは? なんで検索してはいけないのか?そして、それにお関連して、「お金の呪い」によって金欠で苦しむ人が多いこと。「お金の呪い」と聞くとなんだか胡散臭く感じ 死幣-death cash-第3話 呪いの仕組み 一恵(吉岡里帆)は生活費のために働いていたが、クビになりお金に困る。残りわずかなお金をatmから引き出すと、取引を終えたatmがまだ動いていることに気付く。