なお、セルビアはコソボの独立を2020年時点でも認めておらず、政治的・民族的対立は一部地域で現在も続いている。 治安維持などトラブルを未然に防ぐ事 %���� この辺りをしっかりと認識しないといけないのですが、なかなかそこまで認識出来る人は少ないようですね。 >> そのため、問題の解決のために、宗教対立に対処するのではなく、紛争に至った直接の問題の解決が必要です。 注意するべきは、イランの場合は、(1)の段階でしかないことにある。 /Type /Pages >明確な理由は無く経済力が弱ければイジメられるという話ですか? このような状態が1000年以上も続いたのですから、「ユダヤ人を迫害してもあまり問題は無い」という悪しき文化がうまれたのでしょう。 記憶で書いているので、内容の正確さについては自信がありませんが、おおむねこんな感じだったと思いますよ, 起源をたどるとローマ帝国の皇帝がキリスト教徒になり、キリスト教を国教にしたころまで遡れるそうです。 紛争当事国は、通常まず外交経路を通じて直接に互いの主張の調整を図り紛争解決を試みます。この最も一般的で原始的な形態が、外交交渉(diplomatic negotiation)または直接交渉と呼ばれるもので、法社会学的には「和解(なかなおり)reconciliation」または「妥協compromise」という概念です。しかしながらカシミール問題は、単なる領土問題だけで...続きを読む, 戦争をテーマにレポートを書こうと思っています 紛争の火種になっています (2) 外交的処理手段-「周旋」 /Pages 3 0 R 最近は厳しいのでしょうか。 << このように、相手の思考法やそれに裏付けられた行動は長い歴史の中ではぐくまれたモノであり、一見関係無いことのように見えて、実は深いところで繋がっていることも多々あります。 民族問題を、根本的に解決する事は、不可能です。 �zcP�נL��Y_�Q3�V��5&?��ڿΓ�p����fr���|~�Y>Q'g��Xœ���7�.�Y 冷戦後、世界は国家間の紛争よりも、国内の異なる民族、人種、宗教などによる武力紛争が頻発するようになりました。これらの紛争や内戦の多くが、アフリカや中東で発生したのです(注12)。 アフリカの内戦の解決策. ��*���|�.���ʯl�84����x j����YN�Y)e䆞�R�p@Y`G4_�F4_�ƫ ,�R�KL�,�ά%��Nȓ{�^n�/���������G5v��������](}�i g9�P8����Û]�� ��E�p@GmצL�a�pVs8 g5�y��zs7 g5�6wrVsms'g5����5}~|09k��ҽ��- ]cO��PN�� (�ؓ�6�f��Y (�]�[Le�������e:�e|8=>�~?����������ϯ�G�?s?~������~���-�����?��ǟ��h:ڟ��A#@C�A�r�Z��zk�A{Bn�����AqZ�{fЌ�z=�"�� }���A-y�,�j�s�:��|�����1h :zy1h� その他、歴史的に対立関係にあった民族間でも、問題となります。 以下は、中国人の方から聞いた話です。 x��]ˎ$9r��W�qti�$���� �(`�@� X,��? スイス、スウェーデン、台湾、韓国 しかし、ウクライナもソ連から離れると防波堤の役割がなくなり、ロシアにとっては脅威となる。 >> ルワンダやブルンジ、ジンバブエ、モルタビア、エストニア、クロアチアなどがそうです。 ロシアとウクライナのクリミア問題は解決しておらず つまり、言葉を表面的に訳すだけでは誤解が生じ、むしろ言語がコミュニケーションを阻害する結果ともなりかねません。 支配民族の習慣などを押し付けるたために起こった民族問題として、メキシコのチアパス、スーダン、ナイジェリア、アゼルバイジャンのナゴルノカラバフ、グルジア、トルコのクルド人問題などがあります。 そのことも関係して、...続きを読む, 20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。 三つの条件が重なったときに大きなもめ事が起きます。 2、歴史・文化の理解 パレスチナ問題にしても、本来は宗教問題ではなく、土地問題です。 質問文章に誤認があるので指摘しておく で、多くは「軽い謝罪」の意で訳されることが多く、それが日本人と中国人の認識の差を生み出していると言っておられました。 そこで、翻訳されるときにどちらの意味で翻訳するかで相手(中国側)の受け取り方が変ってくると言えます。 << 注意するべきは、NPT条約(体制とも)に批准していない国への経済制裁はあまり盛んに行われない背景がある。 >> endobj 今、世界各地で民族紛争が起こっています。 イランのように制裁される国が存在するのはなぜですか? 端的にいえば、制裁措置は、国際社会の見方次第である。 支配民族の習慣を、強制的に被支配民族へ押し付ける。 /Length 7208 第一次世界大戦後の混乱を利用してナチスが成り上がるために利用したのがこういった差別意識(+自分たちは選ばれた人種なのだという選民意識)です。 endobj またその解決法はあるとおもいますか? ここらは仔細は補足が必要なら応じよう ���&H� チベット族による民族間紛争の解決に関する人類学的研究 ー中国青海省海東地区化隆回族自治県における事例から― 本論文は、紛争や紛争解決に対するグローバルな視点を盛り込んだ近年の研究、たとえ ば法学や政治学に船ける国際秩序の構築に関する議論や、メディアによる民族紛争の情報 例えば、表面的には世俗化し宗教的な面は裏側に隠れてしまっていますが、欧米人の言動にはキリスト教の影響が色濃く残っています。 仮に、NPT条約を破棄・未批准の状態での核保有を国際法的に全面的に批判することが出来ない。 ��F�X��K�z��Y㍹K�����^/I�;�ڟ�.2A��=���q�� ��EV�׌z])���� c�(͕Ac� /CropBox [ 0 0 570 809 ] 以下は、中国人の方から聞いた話です。 経済的不満をなくす事 何回か停戦交渉を行っているが、原因はガサ地区でイスラエル青年が誘拐殺害された事件がきっかけ。もともとこの地域はユダヤ(イスラエル)にとっては、ユダヤ王国があった聖地であるが、そこにはすでにアラブ系のパレスチナ住民が住んでおり、第1次世界大戦以前はオスマントルコの支配下でユダヤ人は入植すらできなかった。しかし第1次世界大戦でイギリスがトルコに勝つために現地のアラブ人の力を借りるため独立を保障し、かつユダヤ財源をあてにするためユダヤ人にもこの地での独立を保障。いわゆる二枚舌外交を行った。しかし第1次世界大戦後、イギリスはこの約束を反故にし、ユダヤ人の入植を制限、アラブ人の独立も行わなかった。ナチスドイツの迫害も拍車をかけ世界で迫害されたユダヤ人が現在のイスラエルへ集まりはじめていた。第二次世界大戦後、ユダヤ人の入植やアラブの独立の力をイギリスが食い止められず、イギリスは撤退。 独立をした後、ロシアが天然ガスの供給元であったため、ウクライナもその恩恵にあずかるべく親ロシア派の政権であったが、シェールガス革命等でロシアの天然ガス供給の恩恵がなくなると親ロシア派...続きを読む, 多文化社会に(異文化コミュニケーション)における最重要だと思う3つの問題点とはなんだと思いますか? /Type /Page �&H����&�{� �'5�� ؔ0�g���5l*�|�^�>�,!d����z��p��'SV>:rf��0а� �l0�C3�뽳����M��T��"N� また日本は民族紛争に対してナニが出来るのでしょうか? つまり、全ての国家は核武装権を持っている、というのが国際司法の見解である 核保有ということでの制裁は一般的ではない。 お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. 質問文章に誤認があるので指摘しておく しかし、西側諸国はそれがロシアの領土拡大と警戒するようになったが、マレーシア航空撃墜事件でさらに西側諸国はロシアを警戒するようになった。 支配民族と被支配民族の交代は、そもそも民族問題は存在していたのですが、それが一気に拡大する契機となります。 �X�;t���� 40j�?|ک?S�s�N-�׌S=��!� d�yJcF����AŌ_��LҐA��z��B��AQ�IGEe�����ӊ�� ��̠9��N��ڙ]ck���0�x�i������6��OP3l*��xgN�Z��@`أ2e�C�:��Ac�i5&k�`ؔ����^7�.��a���η���c�ʴO�CA���3"�騟#0h9t��Tr����}=:���5���:��PY�-[beݟL�1��������F�3�� 上記の歴史や文化の理解と通じる所があるのですが、無意識な思いこみや偏見が相手を理解するときの妨げになる事もあります。 民族間の所得格差 もともとロシアとウクライナはソ連連邦の構成国同士であったが、ソ連崩壊でウクライナはロシアと袂を分かちあった。 しかし、歴史的に見ればイスラム教は他宗教に寛大であり信仰の自由を認めてきました。 (むしろ、異教徒を認めないのはキリスト教の方がきつい) 北朝鮮への制裁措置は(2)であって(1)ではなかった。 日本も独自制裁を実施している。したがって、インドの核保有は制裁があった事例と考えるものであって、質問文章は適切ではない しかしながら、”NPT条約に批准し、自ら核保有を放棄している”という状況に対する政治責任が重く判断されるのである。 最良の方法は、対立する両民族以外の、圧倒的力を持つ民族が、強制力を持って支配する事です。 チェチェンとオセチア、アルバニアとセルビア、ギリシャとトルコ、などなど。 日本語では「ごめんなさい」という言葉は、軽い謝罪から深い謝罪まで使える表現ですが、中国語では軽い謝罪と深い謝罪は違うらしいです。 << e09K�E�j��~�=gm�'MÇZ���Q'g�Q_�2a,�W������BsY=1-�k؈&�޼�=*�b47l�{M�Z|�89��������Y���L�����:9kC3��5������Y�,����5�䬝]i�����3�����|E<9k�J׮��|;9k�'em`�Q� 私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、 stream (4) 国際裁判 ユダヤ人に対する差別や迫害はヨーロッパ(というよりキリスト教圏)全体でよくあることだったそうですが、その中で一番激しかったのがドイツのあたりだったそうです。 アメリカも移民対立が深まってきており場合によっては内戦になるかしれません 私は宗教・文化・利害関係などの違いで起こっているのだと思っていますが 3、思いこみや偏見の壁を取り払うこと 例えば、日本人が中国人に謝ったとします。 際裁判には仲裁裁判と司法的解決(司法裁判)の2種類がありますが、いずれも紛争当事者の合意を基礎にしています。一般的には、紛争当事者の間の力関係が均衡している場合には、裁定手続の合意が成立する必要条件が満たされますが 、インドとパキスタンの国力比はおおむね5対1の実力差であることから、圧倒的な優位に立ち、かつカシミール問題を二国間問題として処理する姿勢を取り続けるインドが、裁定手続に合意する可能性は低い、と考えられます。ただしカシミール紛争において重大な犠牲の回避、印パ間の平和・友好の関係の維持など新たな局面が出現した場合は、裁定による紛争処理の可能性が出てくることは考えられます。 また、民族問題を予防することはできるのでしょうか?, 個々の状況が違いますから、一概には言えませんが、多いのが、 (1)核開発のレベルでの制裁措置 例えば、「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージがあります。 という内容の本を昔読んだことがあります。 何世代もそういう教えが伝えられた結果、「ユダヤ人はキリスト教の敵」ということが常識になってしまいました。 /Contents 5 0 R ���R�Q�[�j�U�j���j�*8�w�`+~�"T�|exr� /I0 13 0 R ヨーロッパ全体では100年単位でアラブ系住民と衝突をくりかえし キリストを処刑したのはローマの執政官だったのですが、それではローマ帝国が悪いということになってしまいます。 何故宗教=キリスト教・仏教・イスラム教・ユダヤ教の人々は神を信じているの?見たこともないのに? しかし、ソ連時代からわかるようにソ連時代はポーランドや東ドイツがロシアにとっての西側諸国からの防波堤になっていたのにソ連崩壊以降、ウクライナが防波堤になっていた。 やはり、これは必要ですね。 特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。 >> キリストを処刑したのはローマの執政官だったのですが、それではローマ帝国が悪いということになってしまいます。 以上, >アメリカやインドなど、核を保有していても国際的に制裁されない国と、イランのように制裁される国が存在するのはなぜですか? 非公式では、ブラジル・ベトナムも開発している、と見られている まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。 といった事が多いと思います。 注意するべきは、NPT条約(体制とも)に批准していない国への経済制裁はあまり盛んに行われない背景がある。 燃えるもの:国民の不満(主に経済的不満) 第三者が単に間に立つだけでなく、上に立って客観的に審査判断する地位と権限が与えられ、さらに和解案の提案権をもつ場合、調停(conciliation)と呼び、第三者として国際委員会がこれにあたります。カシミール紛争のための国際委員会として、国連安全保障理事会が担当してきましたが、長い間、安全保障理事会によるカシミール紛争の処理は停滞しています。その細部の理由は、ここでは省きますが、これは国連憲章上の問題に起因します。 独立をした後、ロシアが天然ガスの供給元であったため、ウクライナもその恩恵にあずかるべく親ロシア派の政権であったが、シェールガス革命等でロシアの天然ガス供給の恩恵がなくなると親ロシア派が退陣、ウクライナは親eu政権が樹立する。 上記した段階に応じて制裁が行われ、段階に比例して制裁措置の荷重も変わる スペインのカタルーニャも独立に向け紛争になるかもしれません <<  みなさんの、仮定のもとの想像~希望~具体策、などいろいろな意見いただけたら幸いです。奇抜、突飛な意見などもお待ちしております。, 紛争の平和的処理手段の考え方としては、「外交的処理」、「国際裁判」、「国際機構による政治的処理」があります。 しかし、この単純なイメージが誤解や偏見を生んでいると言えます。 日本だって沖縄が本気で独立云々いいだしたら、内戦になってもおかしくありません。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 5 0 obj 明確な理由は無く経済力が弱ければイジメられるという話ですか?, >アメリカやインドなど、核を保有していても国際的に制裁されない国と、イランのように制裁される国が存在するのはなぜですか? 第三次世界大戦がどのように行われるかは私にはわからない。だが、第四次世界大戦が起こるとすれば、その時. /Rotate 0 紛争当事国は、通常まず外交経路を通じて直接に互いの主張の調整を図り紛争解決を試みます。この最も一般的で原始的な形態が、外交交渉(diplomatic negotiation)または直接交渉と呼ばれるもので、法社会学的には「和解(なかなおり)reconciliation」または「妥協compromise」という概念です。しかしながらカシミール問題は、単なる領土問題だけでなく、重要な内政問題を含有していますので、印パ間の和解または妥協による紛争解決は、極めて困難でしよう。 単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。 そこで教会はユダヤ教徒(=ユダヤ人)が執政官に強硬な働きかけをしたために、ローマは「しかたなく」殺してしまったということにしてしまいました。 >> しかし、ウクライナという国は西側は第二次世界大戦以前はポーランド領土でもあったため、どちらかといえば、ウクライナ人やポーランド系住民が多く、東側はロシア系住民が多い。 M��4 z���r� そこにアメリカの侵攻もあり反米、親米対立も入るようになった。 特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。 中国は内モンゴル、チベット、ウイグル、台湾を支配下にあるとしてしてますが 宗教とは信仰している人によってどのようなものであるか。最近の紛争宗教の溝によって起こることが多く、なぜそのようになってしまったか。この紛争を解決するにはどうすればいいか。この3点について皆さんの意見をお願いします。少し難しくてすみません。, 宗教が直接の原因となって紛争が起こる事は、まずありません。 フセイン大統領が倒された後当然ながらシーア派の政権が握るようになったが、そうなると気に入らないのがスンニ派であり、またイラクの北ではクルド人が生活しておりクルド人の領域はイラクにとどまらず東トルコ、シリアにも広がっており、それが反政府勢力の拠点(シリア内戦でもそうであった)となっている。 核保有については、保有状況次第で判定するのが適切なのだが、核武装論が行われない日本国では、その当たりの知識が欠如しているようではあるが・・・ なお、参考までに核開発に至った国でも知られていない国を紹介しておこう つまり民族問題と宗教問題と反米問題が重なり合って今の内戦となっている。 例えば、日本人...続きを読む, アメリカやインドなど、核を保有していても国際的に制裁されない国と、 くらいですかね。, ・ウクライナの内戦 金を借りて返せないと逆切れして暴力をふるう人は今以上にいたのですが、その大義名分として先の理由がつかわれるようになります。 湾岸戦争にしても、イラク戦争にしても、石油の利権の争奪にしかすぎません。 外国勢力による分断として、旧ユーゴスラビア、アフガニスタン、リベリア、アンゴラ、モザンビークなどなど。 �,�CS���r�;��^��o��)4=�⠃ �J�*�A�)t�QMEG}6�z4�Y֞�8G���?������ �n��‚��y����m$_Ο+����p� =�ɠ�(4����"�z��^�vߡ����Ƞ'�{h�[������C��b���:�`0h� ��ɠ�uY1��}V�+ ��z�tKY�Z�3ϊ`� ここらは日本社会では正しく理解されていないが、核保有のリアリズムはNPT体制との兼ね合いで思慮するものであるし、思慮されているのが現実である /XObject << やはり、「異文化」と言うとおり、相手の事を理解しようと思うと、歴史や文化は理解しなければなりません。 ふと思ったんですけど、どうしたら紛争ってなくなるんですか? パスポートもありません。 日本も独自制裁を実施している。したがって、インドの核保有は制裁があった事例と考えるものであって、質問文章は適切ではない 単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。 紛争が起こる条件もこれに似ていると思います。 一般的には、(2)(3)の段階になれば国際政治的には制裁されることが多い 民族解放は、新たな民族問題を引き起こすだけにしかすぎません。, 個々の状況が違いますから、一概には言えませんが、多いのが、 なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか? Ӣ�n!����1�BZ�W��Pz�W�� #��׮G4��� M� /Type /Catalog 直接交渉によって解決できないとき、第三国の介入を求めることがあります。第三国が単に紛争当事国に直接交渉の再開を勧め、通信の便宜や、会談場所を提供するなど外面的援助しかしない場合に、これは周旋(good offices)と呼ばれます。ここでの第三者の役割は、紛争当事者間のコミュニケーションを可能ならしめ、また促進することです。印パは、3度に渡る戦争を通して相互に敵対心をあらわにしていますから、紛争の感情的場面の外部にいる第三者の媒介によって、両国のコミュニケーションの閉塞が緩和ないし打破されることが期待されるます。しかしながら英国植民地からの分離・独立時の激烈な内部闘争に起因した印パ間の対立関係を、単に周旋だけで好転させえると期待することは現実的でないとの指摘もあります。むしろ次に述べる、第三国による仲介および調停の方がより効果的でしょう。 こういう騒ぎが暴動に発展して、ユダヤ人が略奪&虐殺されることはナチス以前から多くあったそうです。 生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪ 私が考える以外に他の原因があるのでしょうか? 単純なイメージを全体に当てはめて考えてしまうと、相手とのコミュニケーションの妨げになるでしょう。, 1・言語能力 現在イランが批判されているのは、政治的な問題であって、NPT批准国でなければ”国際法としての糾弾は出来ない”とも言えよう。 (それが原因でユダヤ人の多くが金持ちになってしまいました。これもユダヤ人に反感を持たれるようになる原因の一つです) (3) 外交的処理手段-「仲介」、「調停」 もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。 民族間の所得格差は、北アイルランド、アフリカ諸国、中南米諸国などにみられます。 戦争を煽る勢力を引き離す事 30年戦争も、北アイルランド紛争も、十字軍もすべて宗教対立から生じたものではなく、双方の当事者が、紛争に宗教を持ち込んだにすぎません。 ユーゴスラビア紛争(ユーゴスラビアふんそう)は、ユーゴスラビア連邦解体の過程で起こった内戦である。 1991年から2001年まで、主要な紛争が継続した。.