愛知県 ジュニアチームは、レッズがこれまでに行ってきた育成活動をさらに充実させるもので、「育成での最長10年間の一貫指導」「ジュニア年代の選手や指導者との交流による地域活性化を含む貢献」、また「サッカーを通じた人づくり」の取り組みを狙いとします。 埼玉県 参加メンバーを詳細は以下のとおり。 gk 服部 茜汐香(jfaアカデミー福島) 野田 にな(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 前田 真唯(浦和レッズレディースユース) 大熊 茜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースu-18) df ジュニアサッカー大会『11月オータムCUP 柏レイソルAA長生×DREAM CUP』『第12回 DREAM CUPクリスマス大会in白子』参加チーム募集中!! 熊谷 美布(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 浦和レッズジュニア (埼玉県代表) 2013年に設立し、「育成での最⾧10年間の一貫指導」「ジュニア年代の選手、指導者との交流による地域活性化」「サッカーを通じた人づくり」を狙いとし、「いつでも、どこでも、誰とでも」サッカーができる「good player」の輩出を目指しています。 4種(小学生年代)で実績を残している埼玉県下の小学生を対象にセレクションを実施している。 三重県 浦和レッドダイヤモンズ(うらわレッドダイヤモンズ、英: Urawa Red Diamonds )は、日本の埼玉県 さいたま市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。 呼称は浦和レッズ(うらわレッズ)である。 広島県 2010、 鳥取県 富山県 京都府 愛媛県 前田 真唯(浦和レッズレディースユース) ※「ジュニアアカデミー」は旧浦和市内の少年団に在籍している小学5・6年生を中心にレッズのコーチが指導しています。さいたま市南部指導者協議会との連携のもと10年目を迎えレッズの育成ビジョンを地域の方たちと共有していきます。 試合結果報告(u13) 2020.11.06. 育成. フットサル 宮崎県 トレセン 茨城県 GK 2014、 静岡県 和歌山県 徳島県 西郡 茉優(ノジマステラ神奈川相模原ドゥーエ) 2020 s1ジュニアリーグ(u-11) 2020.11.08. 2019.09.07 福井県 2009、 JFA 千葉県 育成. 大山 愛笑(日テレ・東京ヴェルディメニーナ) 東京都 川船 暁海(AC長野パルセイロ・シュヴェスター) 2016, レッズと同じく、三菱グループ内のサッカー部を前身とする(或いは現在も同グループ内のサッカー部として活動する)クラブ, 前身のアジアクラブ選手権時代を含む。また、JリーグクラブとしてAFCチャンピオンズリーグ初優勝も成し遂げた。, 「Jクラブは、直接たると間接たるとを問わず、他のJクラブまたは当該他のJクラブの重大な影響下にある法人の経営を支配しうるだけの株式(, 日本国籍取得後の2007年に登録名を「セルヒオ・エスクデロ」から「エスクデロ・セルヒオ」に、さらに浦和退団後の2014年に「, 浦和サポがバルサやリバプールと肩を並べる…米メディア選定“世界トップ5”にランクイン (ゲキサカ), シャペコエンセ(ブラジル)へのビジュアルシート贈呈のお知らせ (浦和レッズ公式サイト), 浦和のACL制覇にブラジルからも祝福。飛行機墜落事故のシャペコエンセが「おめでとう」(フットボールチャンネル), 山中伊知郎 『浦和レッズはなぜ強くなったのか』 長崎出版、2004年、52-83、138-157頁, 2位の鹿島は残り5節は全勝した(勝点15を稼いだ)のに対し、浦和は残り5節で僅か勝点3しか稼げなかった。, 東日本大震災の影響で当初予定されていたグループリーグは行なわれず完全トーナメント制となった。, 降格したチームの中でスコアレスドローも含めた無失点試合は、大宮は5試合、新潟は7試合、甲府に至っては10試合である。, 1994年第2ステージと1995年代1ステージは駒場のスタンド増築工事のため、暫定として大宮を本拠地とする, 登録上は駒場と本拠並列も、カップ戦(天皇杯除く)を含め、Jリーグ公式戦全試合を埼玉のみに会場を一本化, http://mainichi.jp/articles/20160512/k00/00e/050/249000c, http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20160609-OHT1T50204.html, http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/corporate/2016/news/detail5021.html, http://www.sankei.com/economy/news/161031/ecn1610310023-n1.html, http://www.urawa-reds.co.jp/clubinfo/%e7%ac%ac%e4%b8%89%e8%80%85%e5%89%b2%e5%bd%93%e5%a2%97%e8%b3%87%e3%81%ab%e4%bc%b4%e3%81%86%e3%80%81%e7%99%ba%e8%a1%8c%e6%b8%88%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e6%95%b0%e4%b8%a6%e3%81%b3%e3%81%ab%e6%a0%aa%e4%b8%bb/, http://www.urawa-reds.co.jp/clubinfo/%E6%A9%8B%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E5%B0%B1%E4%BB%BB%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%A6%8B/, 浦和、補強・総合力共にA評価。昨季の主力と期待の新戦力、複数タイトルを狙うシーズンに【2019年Jリーグ補強診断】, 2020シーズン ユニフォーム及びプラクティスウェアパートナーについて | クラブインフォメーション, 吉沢康一×椛沢佑一緊急対談『We are Diamonds』その意味、重さを知ることが重要だ。, 【2013シーズン始動!】浦和:新加入選手・新ユニフォーム発表記者会見での出席者コメント(13.01.15), 特別調査レポート 浦和レッズはなぜ成功しているのか? “11(イレブン)”のその秘密を探る〜プロスポーツと地域社会の在り方を通して〜, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=浦和レッドダイヤモンズ&oldid=80278658, 特記事項:1992年から2012年5月までの社名は、「株式会社三菱自動車フットボールクラブ」。, 1996年-1999年、2001年-2002年、2006年以降と過去に18シーズンでJリーグ観客動員1位を記録。2007年はナビスコ杯4試合、ACL6試合とカップ戦を含めた年間観客動員数がJリーグクラブでは初めて100万人を突破し、2008年はリーグ戦でJリーグ史上最高となる809,353人を動員した。2012年8月4日, 1人当たり動員単価が約2,900円(新潟:約1,700円)と比較的高水準である。これは、招待券による入場者が極めて少なく(同年度0.5%, 営業収入はチーム強化の他に事業運営の財源にも割り振られ、設備投資をはじめとした高度な地域貢献を可能にしている(参考:同年度事業運営費33億200万円)。2004年には4億5000万円をかけてクラブハウスを新築。2階にサポーターズカフェを設け、1階前面には197席の練習見学スタンドを設けた。クラブはこれを地元のファンを中心にした交流拠点としてさいたま市に寄贈している。また、少年サッカーの普及事業として、各種サッカー教室の開講をはじめ、クラブトップチームの優勝賞金の一部を用具などのかたちで地元の幼稚園・小中学校・, そのほか、2011年3月11日の東日本大震災の復興を支援するために「東日本大震災等支援プロジェクト」に取り組み、サッカーを通じて子どもたちの心のケアに努めている。, 2006年にイギリスのテレビ番組制作会社IMGロンドンによる、世界を代表する10クラブを題材にした番組「キングス・オブ・クラブス」の対象としてノミネートされた。同番組では、他に, 2014年、フランス『ラ・グリンタ』の「2013-14シーズンのコレオグラフィー・トップ10」で7位に選ばれた, 2017年、アメリカ『フォックス・スポーツ』による「最も筋金入りのファンを持つ5クラブ」に、, 1994年6月の第1ステージ・サントリーシリーズ後、駒場陸上競技場がJリーグ規格の15000人を下回るキャパシティ(当時約1万人収容)であり、Jリーグの勧告を受けるかたちで増築・改修を行うことを決め一時閉鎖。第2ステージ・NICOSシリーズ以後は大宮サッカー場(こちらも当時は約1万人収容でJリーグ規格外)でホームゲームを開催。, 同年サントリーシリーズは引き続いて大宮で主催試合を行ったが、NICOSシリーズが開幕する8月に駒場スタジアムの増築が完了し本拠地に復帰。, その後は中位にとどまることが多くなる。背景には、三菱自工の経営不振で補強資金が減少したこともある。, 小野や福田、外国人選手の故障、前年に好成績を残したことにより補強はいらないというフロントの判断で成績は再び低迷。シーズン途中で経営陣は原を更迭、後任に, それまでのヨーロッパ流サッカーからブラジル流サッカーへ路線変更を図ったが、ブラジルに強力なコネクションはなく、監督の, 森孝慈GMの主導で、これまで教育の観点から運営してきたユース、ジュニアユース改革に着手。プロを育成するための下部組織として再出発し、翌2003年にサッカーの楽しさや心を育むことを目的とするハートフルクラブを発足させた。, 11月に再びナビスコカップ決勝で鹿島と対戦。試合は大雨の中で行われたが、4-0の快勝で前年の雪辱を果たすと同時に初タイトルを獲得した。, J1リーグでは第2ステージの第12節で首位に立ち、2つ目のタイトルを獲得するチャンスがあったが、FWエメルソンの出場停止が響いて2連敗し、またもステージ優勝を逃した。なお、この年をもってオフトが監督を退任した。, 3年かけてチームを強くしようとしたオフトの方針と早期にチームを結果を求める犬飼の要求に関して大きく揉めた。その結果、オフトは、シーズン終了後に解任された。, 駒場で行なわれたこの試合では、新聞紙290年相当分(約20トン)の紙吹雪を試合開始前に散らすという「史上最大の紙吹雪作戦」が展開された。, 12月5日・12日に開かれたサントリーチャンピオンシップでは、第1戦は横浜に0-1で敗れるも第2戦に, 入場料収入が19億5800万円と20億円に迫る拡大を見せる中で、クラブはグッズの開発に取り組み始めた。 グッズの売り上げは、初のステージ優勝効果もあって2002年の4億4100万円が、10億8600万円と2.5倍まで急増した。, 2005年度より損失の補填を補償する三菱自工との契約を解消。地域との結びつきを強めるための増資計画が公表されたが、2009年4月の時点で増資の予定は無いとリリースした, ホーム開幕戦で初期のJリーグを含めJ1主催試合観客動員数が500万人を突破した。これは, 前年はスタートダッシュの失敗が結果的にリーグ優勝を逃す要因となったが、この年は開幕から好調を維持して着実に勝点を積み上げ、第3節以降は常に3位以内をキープすると、更に第22節から6連勝して第25節に首位に立ってからは1度も明け渡すことはなかった。最終節は2位の, リーグ戦でのホームゲームでは15勝2分とJリーグ史上初のシーズンホームゲーム無敗を達成。また、優勝を決めた最終節の観客動員は62,241人と当時のJ1リーグ戦最多記録となった, クラブとファンが一緒になって優勝を目指す「ALL COME TOGETHER! 2015, 出典: 各年度のJ1 クラブ決算一覧。 子どもの「背が伸びない」悩みを食事で解決!! 試合結果報告(u13) 2020.11.06. 松窪 真心(JFAアカデミー福島) 2005、 浦和レッドダイヤモンズ(うらわレッドダイヤモンズ、英: Urawa Red Diamonds)は、日本の埼玉県さいたま市をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。呼称は浦和レッズ(うらわレッズ)である。, 三菱自動車工業サッカー部(1950年創部)を前身とするサッカークラブで、1991年にJリーグ加盟した10チーム(オリジナル10)の一つ。ホームタウンは埼玉県さいたま市(旧浦和市)。ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002[1]と浦和駒場スタジアム[1]、練習グラウンドは大原サッカー場である[1]。チーム名は「ダイヤモンド」の最高の輝き、固い結束力に由来し[1]、クラブカラーである「レッド」[1] と組合わせたものである。なお、三菱グループおよびそれらを前身とするスポーツチームには、三菱の社章である菱形=ダイヤモンドを冠したものがよく見られる。, 国内三大タイトル(J1リーグ、Jリーグカップ、天皇杯 JFA 全日本サッカー選手権大会)を全て獲得しているクラブの一つであり、Jリーグクラブで初めてAFCチャンピオンズリーグで複数回優勝を成し遂げたクラブである[注 1]。また、観客動員と営業収入においては、長年Jリーグ加盟クラブ中最高の成績を維持し続けている(当項目を参照のこと)。, 運営会社は「浦和レッドダイヤモンズ株式会社」。埼玉県さいたま市緑区の埼玉スタジアム2002内に本社を置く。, 三菱自動車工業(三菱自工)の全額出資により設立された(設立当初の商号は「株式会社三菱自動車フットボールクラブ」)。1996年の増資時に埼玉県と浦和市の出資を受けた。更に2000年に埼玉県内の複数の企業および三菱グループ他社など計27社[注 2]から出資を受け、三菱自工は引き続き株式の過半数(50.625%)を保有する筆頭株主であった。, しかし2016年、三菱自工が燃費試験の不正問題に起因する経営難から再建を図る際に日産自動車(日産)が株式を34%保有する単独筆頭株主となったため、日産が株式の約75%を保有する横浜F・マリノスとの間で、Jリーグクラブの親会社が他クラブの親会社の株式の保有を禁じるJリーグ規約第25条(5)の規定[注 3]に抵触する可能性が生じた[7]。これについて、Jリーグチェアマンの村井満が2016年6月の臨時理事会後に「クラブライセンス交付第1審機関 が(レッズが日産及び三菱自の子会社・関連会社に該当するかを)認定するためJリーグ側では認定できない」とした上で「現状ではJリーグの規約に抵触する可能性が高い」との見解を表明した[8]。, 三菱自工およびクラブ側で株式の委譲などを検討した結果、2016年10月31日に、三菱自工が三菱重工業と共同出資して持株会社「ダイヤモンドF.C.パートナーズ株式会社」を設立し、同社にクラブの全株式を譲渡することを発表[9]。これにより三菱自工の間接出資比率が19.8%となったことで問題を解消した[10]。, 2017年1月に1億1280万円の第三者割当増資を実施し、新たに15社[注 4]が株主に加わり、株主数は43社・2団体となった[3]。なお、ダイヤモンドF.C.パートナーズも増資を引き受け(410株)、同社が過半の株式を保有する状況に変わりは無い。, 浦和市(当時)は当初、日本サッカーリーグ(JSL)1部所属の本田技研工業サッカー部を誘致し[18]、本田技研工業狭山サッカー部と統合した新たなサッカークラブ作りを構想していた。しかし本田技研工業本社がJリーグ不参加を表明したために、JSL2部所属のNTT関東サッカー部(現大宮アルディージャ)の誘致を試みたがJリーグ不参加を理由に断られた。埼玉県にはJSLに所属し大きな資金協力の見込める大企業のサッカー部が他になかったため、当時プロリーグ検討委員会委員長だった川淵三郎に相談したところ、三菱自工の森孝慈を紹介された。森は当時、三菱自工内でサッカー部のプロ化に奔走していた[19][20][21]。, 三菱自工はサッカー部の活動の中心であり、本社と三菱養和SCが所在する東京都を本拠とする予定であったが、Jリーグが国立霞ヶ丘陸上競技場をホームスタジアムとして認定しない方針を打ち出していたことや、江戸川区陸上競技場の客席増設や同競技場近辺の練習場確保が困難であったことからJリーグ加盟の要件を満たせず、代替候補地の選定を急いでいた。フジタ(現湘南ベルマーレ)が大神練習場を使用し活動していた神奈川県平塚市や、三菱重工サッカー部の初期の活動中心地だった兵庫県神戸市とも交渉したが、いずれも自治体から満足な協力を引き出すまでに至らなかった。, こうした浦和と三菱自工両者の経緯から生じた縁談は、堅実なチームを作っていこうという両者ビジョンの一致を軸に折り合い良く話が進み、時間を待たずに浦和レッズ誕生へと結実した[20][21]。1991年、浦和レッズはJリーグ参加10団体(オリジナル10)の一つに選出された。, ホームスタジアムは埼玉スタジアム2002と、Jリーグ加盟当初からのホームスタジアムであった浦和駒場スタジアムの2か所である。駒場はJリーグ公式サイト上ではホームスタジアムとして記述が残されている[1] ものの、レッズ主管試合の開催は2010年を最後に行われていない(天皇杯で使用した実績はあるが、天皇杯はレッズ主催ではない)。なお、Jリーグ発行のファンズガイドでは2011年より駒場はホームスタジアムの紹介から外れている。過去のホームゲーム開催スタジアムは「当項目」を参照のこと。, なお、2020年のJ1リーグでは、埼玉スタジアムが2020年東京オリンピックの男子サッカーの会場となっていることから、7月5日に北海道コンサドーレ札幌戦をリーグ戦としては2009年以来となる駒場での開催が本来は予定されていたが、全世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響によりJリーグ主催大会の日程が長期中断したことや、東京五輪自体も2021年7月(予定)へ1年順延されたことから、日程の空きが生じたことを受け、駒場での開催はなくなり、その前日・7月4日の鹿島アントラーズ戦は駒場ではなく埼玉スタジアムでリモートマッチ(無観客試合)として行われた。, 2003年に別々であった育成と編成を統合。以降、アカデミーの充実に力を注ぐことになる。, 2016年、矢島慎也がアカデミー出身選手として初めてオリンピック日本代表に選出され、本大会出場を果たし得点も決めた。, 2018年、原口元気がアカデミー出身選手として初めてFIFAワールドカップ日本代表に選出され、本大会出場を果たし得点も決めた。, 2008年の高円宮杯全日本ユース(U-18)サッカー選手権大会で優勝するなど、ユース世代のチームとしても頭角を表してきている。, 2013年よりジュニアが新設され活動を開始している。 浦和レッズジュニアチームに入るには?費用やセレクションについてのまとめ . 2008、 天野 紗(INAC神戸レオンチーナ) ャルサイト, https://www.urawa-reds.co.jp/reds_ikusei/, 日本クラブユースサッカー(U-15)選手権大会 優勝, 日本クラブユースサッカー(U-15)選手権大会 決勝トーナメント1回戦, 日本クラブユースサッカー(U-15)選手権大会 関東予選, 高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権大会 関東予選, 高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権大会 優勝, 日本クラブユースサッカー(U-15)選手権大会 3位, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ(前期/後期) 3位/5位, 日本クラブユースサッカー(U-15)選手権大会 ベスト16, 高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権大会 ベスト8, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ 5位, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ 優勝, 高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権大会 グループリーグ, 高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 ベスト8, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ 4位, 高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 2回戦, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ 10位, 高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 関東予選, 高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 優勝, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ(1部) 4位, 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ベスト16, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ(1部) 優勝, 高円宮杯全日本ユース(U-15)サッカー選手権大会 ベスト16, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ(1部) 10位, 日本クラブユースサッカー(U-15)選手権大会 ベスト32, 第28回 高円宮杯 全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東予選, 関東ユース(U-15)サッカーリーグ(1部) 7位, 第23回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 3回戦, 第32回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ベスト4, 第29回 高円宮杯 全日本ユース(U-15)サッカー選手権 関東大会 代表決定戦, 第24回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 3回戦, 第33回 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 ベスト32, 高円宮杯 JFA 第30回全日本U-15サッカー選手権大会 ベスト4, 第25回 関東クラブユースサッカー選手権(U-15)大会 2回戦, 高円宮杯 JFA 第31回全日本U-15サッカー選手権大会 1回戦.