百折不撓・木村王位の必死の粘りを前にしても. 神童・藤井棋聖の牙城は揺るがず、形作りに留まり. 木村一基九段との王位戦に2勝した時点で、藤井二冠誕生の確率は95%というデータがあったそうです。そしてついに2020年8月20日、4勝0敗で王位を奪った藤井棋聖が、藤井二冠、藤井八段になりました。二冠も八段も、今回の18歳1か月+1日は、最 先手の猛攻を凌ぎ切ってから、藤井棋聖が寄せに入った. 王位戦/第4局の棋譜中継はこちら 【 投了図・80手目 7七角 】 投了図での持ち駒 . 藤井棋聖: 飛、桂 . #王位戦 第4局の2日目が再開しました。藤井聡太棋聖の封じ手は、ひょっとしてと言われていた8七同飛成。読み上げられた時、対局場内は静まり返っていましたが、筆者の心中ではどよめきが起きました。木村一基王位はすぐに同金。ここからどんな激闘が繰り 木村王位: 金、銀、歩3.