明治大学時代は主将を務めながら木塚敦志とバッテリーを組み、アマチュアNo.1捕手と評価された。東京六大学リーグは通算60試合出場、205打数50安打、打率.244、本塁打3、打点18で、ベストナインを2回受賞している。 1999年のプロ野球ドラフト会議において、福岡ダイエーホークスから3巡目で指 … 番号 広島東洋 カープ 阪神 タイガース 横浜DeNa ベイスターズ 読売 ジャイアンツ 中日 ドラゴンズ 東京ヤクルト スワローズ 背番号の変遷 No.21~40. 的場 直樹(まとば なおき、1977年 5月9日 - )は、大阪府 大阪市 住吉区出身の元プロ野球選手(捕手、右投右打)。現在は、千葉ロッテマリーンズ一軍戦略コーチ兼バッテリーコーチ補佐。 00~20 | 21~40 | 41~60 | 61~80 | 81~100 | 101~120 | 121~140 | 141~160 8 大塚明外野守備走塁コーチの経歴や実績(背番号80) 9 的場直樹戦略兼バッテリーコーチ補佐の経歴や実績(背番号72) 10 楠貴彦コンディショニングディレクターの経歴や実績(背番号95) 11 菊地大祐ストレングスコーチの経歴や実績(背番号97) 今あの選手が着ている背番号の、歴史を追います。※データは1989年以降のものです. 背番号は26→67で、2009年までは「26」。 打率は2割を超えたことがなく、出塁率は.250を超えたことがなく、打撃難であった。 リードなど守備の評価が高い選手。 通算盗塁阻止率は.197と低く、2000年は3割を超えるが、2007年以降は1割台が続く。