馬個別の状態の良し悪しを知りたいという方は必見です。, 京都新聞杯2020の最終追い切り後の追い切り考察になります。 「1週前にコントレイルと併せてからグンと良くなった。ここでも力は上位と思っている」, 《27日(水)最終追い切り:栗東》【東スポ】 全体時計は平凡でしたが、馬なりでも直線の伸びは優秀です。 800m 52.5-38.8-25.5-13.0(一杯) 外・プライモーディアル(馬也)と5F併せで併入, 最終追い切り 第134回 目黒記念(GII)芝・左 2500m 10/30 栗東 坂 (稍重) 併せ一杯 52.1 – 38.1 – 12.5 ナイトバナレットに0.4秒遅れ 調子 終いの伸び不満. 近走は不振が続きますが、距離延長で改めて期待したい一頭です。, 坂道になっているコースで調教を行います。 レースが行われる競馬場では、坂が設けられており、本番で坂を苦にしないためにも役立ちます。, ダートのコース上にウッドチップを敷きつめているコースです。 木片がクッションとなり、ダートコースよりも脚への負担が少ないコースです。 基本的に、ウッドチップコースは、しっかり時計を出して、負荷をかけた調教を行うことができるコースです。, 脚へ負担をかけず全身運動を行えます。 体重が増えてしまった馬も減量や、休養明けの馬などで心肺機能を高くする目的で使用します。 また最近では精神面にリフレッシュ効果も図れるようです。. 【スポニチアネックス】【m.sponichi.co.jp】 ◆タイセイトレイル 『目黒記念. ウラヌスチャームの1週前追い切りは、南ウッド5ハロンから単走でサッと流して70・3―38・9―12・3秒。いい意味で馬体面に変化は見られず、脚さばきも実にスムーズだった。, 「前走(メトロポリタンS=1着)は外枠からスッと行けたように展開が向いた面はあるが、何よりジョッキー(横山典=今回は松山)がうまく乗ってくれた。ステイヤーで距離がさらに延びるのは良さそう。重賞とはいえハンデも軽いだろうからね」, 《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】 目黒記念の出走予定馬たちの追い切りタイムや関係者のコメントを見やすくまとめています。. . 6F 80.8-65.0-51.2-38.2-11.9(一杯), 最終追い切り 「1週前追い切りの動きはとてもいい雰囲気。同じような距離の昨年の青葉賞は8着だが、あれは位置取りが後ろ過ぎただけで直線は伸びていた。鞍上の和田はこの馬の特徴をわかっているので楽しみ」, 《1週前.追い切り・美浦》【東スポ】 フィリーズレビュー・G2』 が、2020年.3月15日(日曜 …, 【マーメイドステークス. 【スポーツ報知】【www.hochi.co.jp】 各馬の状態把握が馬券的中のカギを握る。. 【日刊スポーツ】【www.nikkansports.com】 内・ヴェルトライゼンデ(仕掛)と併せで0秒4遅れ, 最終追い切り こんばんは。キリツクバです。今回は目黒記念2020の予想と一週前追い切り・調教評価を書いていきたいと思います。中~長距離戦での実績有るオセアグレイトが中心か?やや安定感に欠けるが、状態良ければ。ステイフーリッシュは得意の 特に、最終追い切りは馬なりでも直線の伸びは鋭く、折り合いがスムーズなら好調と考えて良いでしょう。, また、併せ馬ではしっかり先着しているようなら、状態面の心配はいらないです。 「前走(メトロポリタンS=1着)は外枠からスッと行けたように展開が向いた面はあるが、何よりジョッキー(横山典=今回は松山)がうまく乗ってくれた。ステイヤーで距離がさらに延びるのは良さそう。重賞とはいえハンデも軽いだろうからね」, 《27日(水)最終追い切り:美浦》【スポニチ】 2020』の『最終/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 『目黒記念』 9着に終わった大阪杯以来となるステイフーリッシュは、坂路1本の調整。, 【藤田助手】 オールカマー・G2』 が、2020年.9月27日(日曜日)に、中山競馬場.芝2200m.で行われま …, 【中山記念. 「しまいの動きがしっかりして状態はいい。前回(メトロポリタンS5着)はもったいない競馬。天皇賞・春を自重して勝ちに来たレースなので結果を出してほしい」, 《28日(木)朝の表情:美浦》【東スポ】 「思ったほど前走(天皇賞・春=12着)のダメージがなかったので続戦することに。以前と違って、今は左回りのほうがスムーズに手前を替えてくれる。東京コースのハンデ戦、長丁場と条件は合うし、スタミナを問われる展開ならチャンスも出てくる」, 【関屋記念. ニシノデイジーは坂路経由で南ウッド5ハロンからマイネルユキツバキ(古馬オープン)と併入。シャープな伸びでラスト11・9秒をマーク。, 【高木調教師】 中・エターナルボンド(馬也)を5Fで1秒8追走・1F併せで併入, 最終追い切り この記事ではアルテミスステークス出走予定馬の中間の内容から最終追い切りまで考察しています。 5F 66.6-52.5-38.4-13.0(仕掛) 攻め動くタイプの馬ではありませんが、行きっぷりは抜群で直線も鋭い伸びを見せています。 「CWコースで長めにやって、いい動き。仕上がったと思う。東京との相性は悪くないし、何とかいい競馬を」, 《28日(木)朝の表情:栗東》【東スポ】 美浦・南W・稍重 2020 All Rights Reserved. 目黒記念2020 追い切り情報 目黒記念2020 追い切り情報 5月31日(日)東京芝2500m オセアグレイト 追い切り評価:B 1.この馬の追い切り傾向 普段は一週前追い切りで強めに追われ、最終追い切りで軽めに調整されることが多いです。最終追い切りに併せ馬で気合い付けをして、追走同入や先着しているレースは好走率が高 2020』の『1週前/追い切り後/調教師コメント』をまとめています。 Meguro Kinen (G2), 最終追い切り 速い時計を出す馬ではありませんが、美浦Wで5F66秒台の時計が出ていれば優秀です。 「少し体に余裕があったので直前(27日)はウッドで追い切ったけど、動きは良かった。ここを目標にいい仕上がりですね。近走は大崩れなく走れているし、ハンデ56キロと斤量もそれほど背負わない。東京コースにも良績があるので、リズム良く運べればチャンスがあっていい」, 《1週前.追い切り・栗東》【東スポ】 坂路コースは、豊富な運動量を得れ、スタミナ作りとしてはトップクラスです。 坂を登るパワーを付けることも目的ですが、馬券においての注意点は、坂路では体重減が可能ということです。 坂路調教により放牧後体重が絞れない馬の、重め解消の役割を果たします。 この役割を活用する危険なパターンとして、放牧後の調教で予定より太め残りの場合、 今までのレース前に坂路調教を行わないにも関わらず、レース直前に坂路を使うことがあります。 この場合は、太め残りと判断し、当日の馬体重には要注意です。, 日々の調教から坂路調教をこなす馬は、当然坂が得意と判断してOKです。 坂路以外での調教がメインの馬が、レースの坂道でふらふらしていても、坂路慣れしている馬はしっかり伸びることができます。 特に、最後の直線に大きな坂が設けられているのが、中山競馬場、阪神競馬場、中京競馬場です。 この競馬場では、坂路調教馬が強いです。, 通常ウッドチップコースで調教を積んでいる馬が、急に坂路へ変更する場合は何かしらの理由があります。 坂のあるコースを対策するために使うなど、目的がファンにも明確であれば問題ありませんが、 坂路で馬なり調教などをしていたら、どこか馬に心配な点があると判断できます。, ウッドチップコースでは、負担が掛かりにくいため早い時計を出せます。 同一レース出走馬ならどうしても時計で判断したところ。 しかし、それだけで判断するのは危険です。 1週前追い切りで仕上げて、最終調整が理想とされていますが、レース直前の調教で早い時計を出して走りすぎると、調教がピークになってしまったり、馬の闘争心に火がついて、レースではどんどん前に行きたくなってしまい、騎手と折り合わなくなってしまうことがあります。 単純に時計で判断するのではなく、その過程にも注目してみましょう。, プール調教は、コース追いと比較して、馬への負荷は軽減されます。 怪我から復帰する場合や脚部が弱い馬などのリハビリ効果がメイン。 レースが近いのに、プール調教で、ゆったりとやっている場合は、レース本番でしっかり動けるのか注意が必要です。 また、この場合は体重が絞り切れていない場合が多いので、当日の馬体重もチェックしてみましょう。, 放牧から戻ってきて、しっかり乗りこまれた後に、プールを使う馬もいます。 ゲート難がある馬に、解消の為にプールを使ったりする場合もありますが、そのパターンは稀で、上記に挙げたように、体重が絞れない状況がほとんどです。 レース間近でのプールは要注意です。. 馬個別の状態の良し悪しを知りたいという方は必見です。, YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。, 中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、併せた相手に遅れはしたものの、攻め駆けしないこの馬なりには動けていましたし、悪くない動きだったと思います。中2週と間隔は詰まっていますが、出来自体は引き続き良いと思いますし、力は出せる仕上がりにあるとみています。, 中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、良い時は非常に迫力のある動きに映りますし、推進力もあるように映りますから、好調時と比較するといくらか物足りない内容に感じてしまいます。まだ良化の余地を残していると思いますし、その中でどういった競馬が出来るかでしょう。, 中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大幅に上向いた印象はありませんが、跳びの大きな走りで迫力を感じますし、引き続き状態は維持出来ていると思います。前走は色々と恵まれた感はありますし、多頭数、重賞になってどうかだと思います。再度流れ等が向くようなら怖い存在になっても不思議ないと感じます。, 中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、大幅に上向いてきた様子はありませんが、引き続き前走時の状態はキープ出来ているという印象です。終い13秒台というのは案外でしたが、促されてからの反応も悪くなかったですし、動きには活気がありましたので、力は出し切ってくれるとみています。, 中間の内容からみていきますと、YouTubeでも取り上げさせて頂いたように、凄く良い内容を消化出来ていると思います。1週前追い切りは馬也で猛時計をマーク出来ていますし、それ以外にも坂路で負荷をかけられていますので、ここに向けてどんどん上昇しているイメージです。1週前追い切りの内容からもスピードと持久力がありそうなタイプに感じていますので、この舞台は合っていると思いますし、今の勢いなら良い勝負になって良いと感じております。最終追い切りは軽めだと思いますが、最後までしっかり見ていきたいと思っております。その最終追い切りですが、1週前追い切りでしっかりと追っているということもあり、終い重点の内容にはなりましたが、ブレの少ないフォームで良い動きだったと思いますし、状態の良さを感じてきます。これならレースでも期待出来ると思いますし、個人的には好走に期待している1頭です。, 中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、攻めは常に動くタイプとはいえ、今回も良い動きでしたし、ここに向けて順調な仕上がりにあると感じます。併走馬も動く馬でしたから、レベルの高い併せ馬になったと思いますし、大きく追走して馬也で同入を果たせたという点は評価したいです。前走は久々の東京競馬場で変身しましたし、引き続き競馬場は同じですので、自慢の末脚が生きるようなら展開なら見せ場があっても良いと思っています。, 中間の内容からみていきますと、中2週のため軽めの調整が目立っています。最終追い切りに重点を置いて評価していきたいです。その最終追い切りですが、併走馬もかなり動いていたとはいえ、坂路追いで併せ馬に遅れをとるということは珍しいことですから、動きは悪くないものの1つ気になる点ではあります。引き続き状態は悪くないと思いますので、間隔が詰まっている中でどういった競馬が出来るかでしょう。, 中間の内容からみていきますと、乗り込み量は少ないものの、トラックでハイレベルな併せ馬を消化出来ている点は好感が持てます。まだ良化途上という感じもしますが、動き自体も悪くなかったですので、このひと追いで最終追い切りどこまで良くなるか注目したいです。その最終追い切りですが、坂路でいつも通りの動きだったと思いますし、久々ですが力は出せる出来にあるとみています。アメリカジョッキークラブカップでも少ない本数で2着に来ましたから、攻め量はあまり気にしなくても良いタイプだと思いますし、あとは東京競馬場が向くかどうかでしょう。, 中間の内容からみていきますと、中2週にしては負荷のかけられた内容を消化出来ていますし、引き続き好調を維持しているという印象です。坂路でしっかりと動けていますし、最終追い切りで更に上向いてくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、反応の悪さを見せて併せ馬で遅れをとってしまいましたし、近走の動きと比較するとやや物足りなさを感じます。かなり一杯に追われても反応は案外でしたので、このひと追いで当日気配が上向いているのかチェックしたいところであります。近走の中では最も見劣る追い切りだったということは頭の片隅にいれておきたいです。, 中間の内容からみていきますと、好内容を複数本消化出来ていますし、ここに向けて良い仕上がりにあるとみています。攻め駆けするタイプとはいえ、状態は良いと思いますし、最終追い切りでもう一段階上の動きを披露してくれるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻め駆けするタイプではありますが、悪くない動きだったと思いますし、力は出せる仕上がりにあるとみています。まだ良くなりそうな雰囲気はあるものの、現状でもある程度走れると思いますし、この舞台でどういった競馬が出来るのか注目したいです。, 中間の内容からみていきますと、久々に攻めでしっかり動いてきたという印象です。トラックと坂路併用で良い内容を複数本消化出来ていますし、ここに向けて状態は上がってきていると思いますので、最終追い切りで更に良くなってくるようなら楽しみです。その最終追い切りですが、攻めでは動くタイプではありますが、非常に素軽い動きに映りましたし、ここに向けて状態は良いように感じます。2年前ではあるものの、このレースにも好走歴がありますし、内前で流れに乗れるようなら見せ場があっても不思議はないと感じます。, 中間の内容からみていきますと、間隔が空いている割には平凡な内容が目立ちますし、特に強調したい点もありません。最終追い切りでどこまで上向いてくるのかに注目したいです。その最終追い切りですが、時計は地味ではあるものの、時計以上に良く見せてきたと言いますか、動きに活気を感じました。攻めで地味なタイプにしては動けていると思いますし、このひと追いである程度態勢は整ったとみていますので、人気薄なら面白い存在になりそうです。, 中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないですし、坂路でも自己ベストを更新している点は良いと思います。ただ、ウッドチップコースでの追い切りが1本も消化されていないというのは大変珍しいことですし、良い時と比べるとパンチに欠ける調整内容にも感じますので、最終追い切りでは迫力が増してくることを期待したいです。その最終追い切りですが、動きは地味ではありますが、時計的には自己ベストですし、状態は悪くないとみています。坂路で追い切る事自体珍しいため、この自己ベストもアテにしづらいですし、近走は攻めで動いてもという感じですので、そんな中で引き続きどういった競馬が出来るかでしょう。, 中間の内容からみていきますと、良い内容を複数本消化していますし、ここに向けて好仕上がりにあるとみています。ウッドチップコース主体の調整過程に戻ったという点にも好感が持てますし、状態引き続き良いと思っていますので、最終追い切りの動きにも注目して見ていきたいと思っております。その最終追い切りですが、元々攻めでは動く馬ではあるのですが、今回も引き続き動きは良いですし、力を出せる出来にあると感じます。坂路主体ではなくなったという点も良いですし、この厩舎の好走パターンですので、善戦に期待しても良いと思います。, 中間の内容からみていきますと、こなしている内容は悪くないものの、良い頃と比較するとやや見劣る内容が目立つ印象です。久々ですし、ここを使ってから良くなりそうな雰囲気もありますが、一先ず最終追い切りでどこまで上昇してくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、ポリトラックコースという点は気になるものの、数字的にはそこまで悪くない攻め内容ですし、状態としては水準くらいの出来にはあると感じます。瞬発力勝負だと分が悪いと思いますので、ある程度展開が流れてくれるのであれば、見せ場は作れるのではないでしょうか。, 中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化出来ておらず、状態維持に努めているという印象です。良い頃と比較しても物足りませんし、もう少し攻めた内容を消化してきて欲しいというのが本音ですので、最終追い切りではそういった点が改善されていれば良いと思います。その最終追い切りですが、攻めで好時計が出てもレース結果に繋がらないというのがこの馬の特徴ですので、あまり評価はしたくありません。状態は悪くないと思いますが、近走のレース内容からも、大幅な変わり身はどうかと思っています。, 中間の内容からみていきますと、特に目立つ内容は消化出来ておらず、引き続き状態維持に努めているという印象です。長丁場をコンスタントに使われていますので、さほど良化はしていないと思いますし、最終追い切りでどういった内容を消化してくるかに注目したいです。その最終追い切りですが、動き自体は悪くないですし、力は出せる仕上がりにあると感じます。相変わらず動きには活気があるように映りますし、ダイヤモンドステークスを勝った時と遜色ない動きは出来ていると思います。距離も長いところが合うと思いますし、展開次第ではなだれ込む可能性も少しは考えられるとみています。, 中間の内容からみていきますと、中2週にしては攻めた内容を消化出来ていますし、前走以上の気配を感じます。その前走は追い切りであまり動けていなかったようにも映っていましたから、その中で7着は頑張ったと思っていますし、使って上積みがありそうな今回は最終追い切りの動きにも期待したいです。その最終追い切りですが、攻めで動けなかった前走と比較すると、いくらか上向いているように感じます。それでもまだ良化の余地は残されていると感じるのですが、完調でなかった前走でもある程度走れていましたので、やや上向きと感じる今回は人気薄なら抑えたいと感じます。.