その後、荻野貴司の故障で入れ替わりで7月23日に一軍に登録され、スタメンで一番センターで出場した。しかしその後は打率が1割台と状態が上がらず、スタメン落ちや打撃不調による登録抹消も経験する。9月23日に再登録されると、9月27日のソフトバンク戦では4安打3打点を挙げた[118]。, プロ入り前は高校通算38本塁打、50メートル走のタイムは6秒0、ベースランニング1周のタイムは14秒0の俊足だった[3][4]。通算盗塁成功率は8割を超える。, 元来左打ちだったが、高校3年の夏前に左投手が打てずスイッチヒッターに転向した[20]。2010年オフに秋山幸二監督の助言により左打ちに専念し、左腕対策としては川﨑宗則のアドバイスにより、ベースラインぎりぎりに立っていた打席を、ベースから少し離れて外角には思い切り踏み込むようになった[33]。, 2015年から2019年までソフトバンクのコーチだった飯田哲也は守備は「彼の守りはうまいだけでなく“攻めて”いるんですよ。最近は、ここでチャレンジしてほしいなって場面でも無難にプレーする選手が多い中、彼はアグレッシブに行ける選手です」、打撃は「彼は“エースキラー”なんです。なぜなら速いストレートをものともしない」と述べ、2016年、2017年と大谷翔平から本塁打を打っている[120]。, 千葉ロッテマリーンズとの1巡目指名競合となり、くじ引きの結果、千葉ロッテが交渉権獲得した。, 運命を分けた「2006年(高)ドラフト」 FA市場の目玉になった男と、育成から再出発の男, 2008年8月2日(土) 山形タカスタ (2008フレッシュオールスター・ゲーム), ホークス「元祖大谷キラー」福田がKO弾! オリックス・バファローズ 福田周平の応援歌を知りたいですか?本ページはオリックス 福田周平の歌詞、動画にて楽曲をご紹介。オリックス 福田周平の応援歌を知りたいならすぐにチェック!  するとソフトバンクは返す刀で福田を外れ1位で指名。大嶺を取られたことによる“報復”といわれた。鳥越ヘッドはかつてソフトバンクでコーチを務めていた。福田は「プロ野球選手として生きていく覚悟を決めるきっかけを作ってくださった」(福田のブログから)という。, {{ article.Series.name_short }} 相思相愛だった――。26日、ソフトバンクからFA権を行使した福田秀平(30)がロッテ入りを決断した。 【卓球】静かな所作から見えるトップ選手の闘志――Tリーグが今季のキービジュアルを公開. 福田 周平(ふくだ しゅうへい、1992年8月8日 - )は、大阪府阪南市出身のプロ野球選手(内野手)。右投左打。オリックス・バファローズ所属。 福田 秀平(ふくだ しゅうへい、1989年2月10日 - )は、神奈川県横浜市緑区(現:青葉区)出身のプロ野球選手(外野手、内野手)。右投左打。千葉ロッテマリーンズ所属。愛称は「福ちゃん」「秀平」。, 1989年2月10日に横浜市で生まれた[2]。3歳から水泳を始め、10歳の時に背泳ぎ部門でジュニアオリンピック代表候補になるほど成長した。同時期にサッカー部にも所属し、サッカー・水泳の指導者からの引き留めに会ったが最終的に野球を選択した[3][4]。野球は佐賀県唐津市出身で唐津東高校で3年時に佐賀県大会ベスト4に進んだ父からも厳しい指導を受けた[4]。横浜市立谷本小学校1年生の時に、藤が丘ファイヤーズに入って軟式野球を始め、投手と遊撃手を兼任し、6年生では主将も務めた[4]。横浜市立緑が丘中学校在学中は、世田谷ボーイズで硬式野球を始めて、主に遊撃手を守った。, 甲子園出場経験がなく、部員も20人ほどの多摩大聖ヶ丘高校に進学、1年秋から二塁手のレギュラーに定着した。3年春に本格的にスイッチヒッターに転向すると才能が開花しプロからも注目される存在となった[4]。3年夏の西東京大会では準決勝で3番を任され本塁打を放ったが日本大学第三高校に2対10で敗れた[5][6]。, 2006年9月25日のドラフト会議・高校生選択会議で大嶺祐太(八重山商工)の交渉権を獲得できなかった[注 1]ソフトバンクから1巡目指名を受け、同年10月19日に仮契約を結んだ[7]。多摩大聖ヶ丘高は進学校であり、福田は同校初めてのプロスポーツ選手となった[8]。2006年の高校生ドラフトで指名された平成生まれの選手は福田の他に延江大輔、土井健大、山田弘喜の3人がいる。他の選手より早く仮契約を済ませ、福田は平成生まれのプロ野球選手第1号となった。1989年生まれとしては2004年ドラフトで辻本賢人が指名されているが、まだ昭和64年だった1月6日に生まれたため、平成生まれのプロ野球選手には該当しない。背番号は37。, 2007年1月30日の必勝祈願で体調を崩し、2月1日に春季キャンプ初日を扁桃炎により欠席した[9]。2月4日に復帰して新人イベントを欠席して休日練習を行った。ウエスタン・リーグ公式戦では遊撃手・三塁手として37試合に出場したが失策も多く、打率.135、3盗塁と結果が出なかったが、フェニックスリーグで本塁打を打ち[10]、秋季キャンプはA組に抜擢された[11]。, 2008年は、2年目の春季キャンプはA組で迎えた[12]。オープン戦は2打数無安打で二軍降格となった[13]。5月6日のウエスタン・リーグ対阪神タイガース戦7回の守備中に右足を負傷し、西宮市内の病院で検査の結果、「右足腓骨骨折」と診断された[14]。7月に実戦復帰し、8月2日に山形県野球場で行われたフレッシュオールスターゲームは三塁の守備で途中出場した[15]。8月13日のウエスタン・リーグ対広島東洋カープ戦では城所龍磨・小斉祐輔とリーグ記録タイの3者連続本塁打を打った[16]。10月4日のファーム日本選手権に8番二塁手として先発出場し、三塁打から得点を記録し、チームの日本一に貢献した[17][18]。二軍では新たに二塁手にも挑戦し、43試合に出場して打率は.239まで上昇した。, 2009年7月3日のウエスタン・リーグ対広島戦の走塁で左足甲を傷めて「左足第5中足骨の疲労骨折」と診断され[19]、福岡市内の病院で手術を受けた。二軍では61試合に出場し、打率.277、13盗塁、13二塁打、5三塁打と長打も増え、守備率も向上した。秋季キャンプでは秋山幸二監督から集中的に指導を受けた[20]。, 2010年、1月は田中浩康に弟子入りして海外自主トレを行い[21][22]、春季キャンプはA組スタートとなったが、練習試合の守備でミスを連発してB組降格となった[23]。同年の二軍公式戦では3月から一塁手、5月7日から外野手として出場した[24]。4月29日に、4年目にして初めて出場選手登録され、4月30日の対千葉ロッテマリーンズ戦(福岡 Yahoo! 同じチームに入ってきたらどうなるんだろう」と想像しドキドキしていたという。, 確かに、同姓同名の選手が同じチームにいたらアナウンスなどに混乱が生じる可能性が高い。, そんな想像までしていたBs福田選手は2017年のドラフトでオリックスに入団。高校時代から知っているということもあり、SB福田選手も「 2019年現在、プロ野球界には「読みが同じで漢字が1字違い」という、同姓同名に限りなく近い2人の選手がいる。 その2人とは、福岡ソフトバンクホークスに所属する 福田秀平選手とオリックス・バファローズに所属する 福田周平選手のことだ。 1試合で7安打5打点1盗塁の大活躍!? nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. 2.1 福田周平選手のプロ入り前の活躍; 2.2 福田周平選手のプロ入り後の活躍; 3 福田周平選手の特徴やプレースタイルは? 4 福田周平選手が2年目でキャプテン就任って?その資質とかは? 5 福田周平選手の彼女や結婚や子供は?さわやかイケメンだけど! 福田秀平選手とオリックス・バファローズに所属する ドラマティック・サヨナラ賞」を受賞する[98]。8月31日の対日本ハム戦では、相性の良い大谷翔平から勝ち越し打となる3ラン本塁打を放つ[99]。9月1日の対楽天戦でジャフェット・アマダーが起こした乱闘騒ぎでは、身を挺して東浜巨を守るなど献身的な姿をみせる[100]。上林誠知の台頭などで激しい外野手のポジション争いがあったが、守備や代走、代打の起用が中心ながら過去最多の104試合の出場を果たした。12月1日、福岡ヤフオク!ドーム内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、500万円アップとなる年俸2,800万円(金額は推定)でサインした[101]。, 2018年も、前年同様、激しい外野手のポジション争いの中、開幕1軍を勝ち取る。左の代打、代走、内外野の守備固めなどの起用が中心でありながら、怪我人の多かった開幕1軍メンバーの中で1回も2軍降格することなく、前年を上回る自己最多の110試合に出場を果たす。また、前年とあまり打席数が変わらないながら、自己最多の7本塁打をマークするなど、ここ一番の勝負強さや持ち前のパンチ力を見せつけるシーズンとなった。5月16日の楽天戦では自身初の1試合4安打を記録した[102]。10月2日のロッテ戦では自身初の2打席連続本塁打を記録した[103]。12月27日、球団事務所で契約更改交渉に臨み、800万円アップとなる年俸3,600万円(金額は推定)でサインした[104]。, 2019年、開幕一軍を勝ち取るもスタメン争いには敗れた。4月10日に7番・レフトで同年初のスタメン出場。4月14日の対楽天戦では5番・レフトでスタメン出場するも、9回の第5打席でスイングした際に左脇腹を痛め[105]、翌4月15日に登録抹消された[106]。5月25日に再登録され、同日の試合で7番・ライトでスタメンとして復帰したものの[107]、5月28日の試合では負傷箇所である左脇腹の張りを訴えて途中交代した[108]。その後も試合出場は続けるも状態は上がらず、球宴明けは出場出番がないまま7月20日に登録抹消された[109]。8月10日に再登録され、同日の試合で8番・センターでスタメンとして復帰[110]。その後はシーズン終了まで1軍に帯同した、2度の登録抹消もあり出場は80試合にとどまったが、9本塁打、26打点は自己最高を記録。10月20日、読売ジャイアンツとの日本シリーズ第2戦では本塁打を放った[111]。オフシーズンの10月26日に国内フリーエージェント権を行使し[112]、宣言前から残留要請をしていたソフトバンクの他、埼玉西武ライオンズ、中日ドラゴンズ、東京ヤクルトスワローズ、千葉ロッテマリーンズ、東北楽天ゴールデンイーグルスの計6球団と交渉の席に着いた[113]。ソフトバンクからは4年契約5億円の提示がなされ、他球団からは、楽天の4年7億円プラス出来高で総額10億円にも上る破格の条件をはじめ、5球団全てが、4年5億円だったソフトバンクを上回る条件を提示した[114]。, 2019年11月26日、福田は自身の後援会公式ブログ内にて千葉ロッテマリーンズの移籍を表明した。ロッテへの移籍を決めた要因について、福田はドラフト会議の数日前に当時の担当スカウトが多摩大聖ヶ丘高校を訪れ、福田を高く評価した上で「彼を指名したい」という旨を伝えており[注 2]、その担当スカウトが現在は球団本部長で福田のFA交渉の場にも同席していたこと[7][115]、プロ2年目の2008年6月に父親を心筋梗塞で亡くした際、野球を辞めようとまで考えていたところ、その直後の同年7月に乳癌で夫人を亡くした鳥越裕介2軍内野守備走塁コーチ(当時。現千葉ロッテヘッド兼内野守備コーチ)に励まされたことで「プロ野球選手として生きていく覚悟を決めるきっかけを作ってくださった」という経緯があり、同コーチから「5回以上」電話で熱烈に口説かれたことを理由として挙げている[114][116]。年俸は4年4億8000万円プラス出来高(金額は推定)となり、3,600万からの大幅アップとなった[1]。, 2020年、移籍初年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が約3ヶ月遅れ、6月19日の開幕戦、福田の古巣・ソフトバンク戦に1番中堅で先発出場したが、4打数無安打1四球に終わる。翌日、福岡市内の病院で診察を受けたところ、去る16日の練習試合の対巨人戦で藤岡貴裕から受けた死球による右肩甲骨の亀裂骨折と診断され、21日に1軍登録抹消となった[117]。