しょぼんアメリカの大統領選挙が「選挙人」制度な理由を紹介するよ!選挙人制度とは?しょぼん選挙人制度ってなんだっけ?モナー大統領選挙において、国民 ↓(選ぶ)選挙人 ↓(選ぶ)大統領という風に … ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。, 誰に何と相談していいかわからないあなた。私達が相談相手探しのお手伝いをいたします。. 候補者は得票に応じた人数の代議員を獲得することができ、最終的に獲得した代議員(支持者)の人数が多い候補者が事実上の党代表候補となる。, 日本に例えて言うならば、党代表候補に佐藤氏と鈴木氏が立候補していて、北海道には佐藤氏を応援する伊藤代議員と鈴木氏を応援する田中代議員がいるとする。 選挙人制度は2大政党制を強化するために、2大政党(共和党と民主党)のどちらも変更を支持する見込みがない 選挙人制度の結果、大統領候補は小さな(人口の少ない)州でも選挙運動を行う必要があり、多くの米国民はこの状況を支持している 駐日アメリカ合衆国大使館の運営する「アメリカンセンターjapan」では、選挙人制度が現在も維持されている理由を以下のように解説している 。 憲法に規定された制度であるため、修正が難しい。また、大半の米国民はこの制度を支持している。 大きく分けて、予備選挙と本選挙の2つの選挙を勝ち抜いた者が大統領となる仕組みだ。, 予備選挙(または党員集会)とは、二大政党(民主党と共和党)内でそれぞれ党を代表する公認候補として1名を選出する選挙を指し、1月の初めから7月末に掛けて行われる。, 日本人にはなじみがないため少し理解しにくいかもしれないが、予備選は州ごとの間接選挙となっていて、有権者は自身が大統領になって欲しいと考える候補者を”支持する代議員”に票を投じる。 米国第44代大統領にして同国史上初となる黒人大統領としても歴史に名を残すことになろう、バラク・オバマ大統領の就任6年目となる今年11月4日、上下両院の議員や州知事を選出する中間選挙の開票結果が全世界に報じられた。, 2009年1月に就任したオバマ大統領にとって2度目となる中間選挙は、2010年11月2日に行われた前回の中間選挙で共和党に過半数を奪われた下院を奪い返し、民主党が過半数を抑えている上院とあわせて”捻じれ”を解消するチャンスであった。, しかしながら、オバマ大統領が推し進めてきた失業率の改善等を始めとする経済政策の実績では米国民の支持を得られず。 下院議員の任期は2年で、2年ごとに行われる選挙のたびに全議員が改選される仕組だ。, 下院には、上院のような限られた権限はないものの、予算法案等で先議権(先に審議する権利のこと。ただし、日本の衆議院とは異なり、米下院は先議権こそ有しているものの優越権はない)を有している。, 4年ごとに行われる大統領選挙と2年ごとに行われる議員選挙のうち、大統領選と重複しない年に行われる議員選挙が中間選挙(大統領の任期の中間点であるため)と呼ばれ、この度米国で行われた選挙がこれに当る。, ※上下院と衆参の違い:日本の衆議院に優越権がある(より強い権限を持っている)ことと上院・下院という名称から、上院=衆議院、下院=参議院とイメージされることが少なくないが、実際は逆で、上院=参議院、下院=衆議院。ただし、本文中でも述べた通り、下院に優越権は存在しない。, 米国大統領に立候補することができる(被選挙権)のは、年齢が35歳以上で、米国生まれかつ14年以上米国国内に居住している米国民に限られている。 なお、投票する権利(選挙権)は、年齢が18歳以上で選挙人登録を行った者に与えられ、選挙権・被選挙権ともに米国籍を有している者に限られている(永住権者は選挙権も被選挙権もない)。, 大統領選挙は4年に一度、ほぼ1年を丸々使って行われる。 それどころか、ついに先進国でも感染患者が出てしまった「エボラ熱」や、シリアとイラクを跨いで残忍さをアピールしながら暴れまわる「イスラム国(Islamic State:IS)」等、ここ最近の世界的懸念事項に挙げられている問題への対応で後手に回り、世界のリーダーシップをとれなかったことが大きなマイナス要因となった。, オバマ大統領が自信満々で導入した医療保険制度改革「オバマケア」の失敗も尾を引きずり、支持率低迷に喘ぐ同大統領が率いる民主党は、下院を奪い返すどころか上院でも過半数を奪われ、議会の主導権を完全に共和党に握られるという皮肉な”捻じれ解消”が実現してしまった格好だ。, ※オバマケア(医療保険制度改革)とは、医療保険未加入者が社会問題となっている米国で、皆保険(国民全員が加入する保険)を目指してオバマ大統領が導入した制度のこと。加入申し込みを受け付ける政府系Webサイトが用意されたものの、受付初日から保険加入システムにトラブルが続発したことや、低所得者向けの補助金が莫大な政府負担となることが批判され、現状、同制度は”失敗”の烙印が押されている。, 日本の衆議院・参議院制度と同様に米国も上下院の二院制(両院性とも呼ばれる)をとっていて、下院(合衆国代議院:House of Representatives)が日本で言うところの衆議院、上院(合衆国元老院:Senate)が参議院にあたる。, 上院議員の定数は、米国50州からそれぞれ2名ずつの100名が、各州を選挙区とする小選挙区制度選挙で選ばれる。 次いで、米国の大統領選挙制度を解説する。 米国大統領に立候補することができる(被選挙権)のは、年齢が35歳以上で、米国生まれかつ14年以上米国国内に居住している米国民に … 選挙人制度は2大政党制を強化するために、2大政党(共和党と民主党)のどちらも変更を支持する見込みがない 選挙人制度の結果、大統領候補は小さな(人口の少ない)州でも選挙運動を行う必要があり、多くの米国民はこの状況を支持している 北海道に住んでいる有権者が「佐藤氏に党代表になって欲しい」と思った場合、北海道の予備選にて佐藤氏を”支持する伊藤代議員”に投票する。そして、見事、伊藤代議員が得票数で田中代議員を上回れば、佐藤氏は北海道選挙区にて代議員を1名獲得したことになる。, これを北海道から沖縄まで都道府県ごとに順番に行っていき、最終的に自分を応援してくれる代議員の獲得人数が多かった候補者が党公認の大統領候補として指名される、といったイメージだ。, 民主党と共和党の両党で決まった党代表候補と、二大政党以外の党の候補者から実際に大統領を選出するのが11月初旬にかけて行われるのが本選挙である。, 当該本選挙も間接選挙が採用されていて、有権者は各州の選挙人を選んで投票する。 米国の大統領選挙制度. 米国大統領には、両院を通過した法案を拒否する”拒否権”があるとはいえ、批判の多い「オバマケア」等の政策に共和党から改正案が提出されるとの見方が専らだ。, 「エボラ熱問題」も「イスラム国問題」も予断を許さない状況を迎えた今、任期満了となる8年目まであと2年のオバマ大統領は、非情な正念場に立たされることとなった。, 本記事は、2014年11月07日公開時点での情報です。個々の状況によっては、結果や数値が異なる場合があります。特別な事情がある場合には、専門家にご相談ください。 任期は6年間で、2年ごとに上院議員の1/3ずつを改選していく形だ。, 特徴としては、「弾劾裁判権」「条約の批准承認権」「大統領指名人事」といった上院のみに与えられた権限がある点が挙げられる。, 一方、下院は議員定数が435議席で、州ごとの定員は、10年に一度行われる全米規模の国勢調査で算出される人口比率によって配分される。 米ギャラップの最新の世論調査によると、人口などに応じて各州に割り当てられた選挙人が大統領を選出する「選挙人団」制度について、廃止を支持する米国民が61%にのぼった。2011年以来、約10年ぶりの高い水準となっている。劣勢が伝えられるドナルド 代議員と同じく、選挙人も「どの党を支持しているか」を予め公にしているので、自身が「大統領になって欲しい」と考える候補者が所属している党を”支持する選挙人”に票を投じるわけだ。, こうして、最も多い選挙人を獲得した党の代表者が次期米国大統領となる仕組みとなっている。, ※選挙人登録とは、居住している自治体にて本人自らが有権者として登録する米国の制度のこと。米国には住民登録制度が存在しないため、日本のように自動的に選挙権が与えられるわけではない。, ※米国憲法によって、連続して10年を超えて大統領を務めることが禁止されているため、任期は最大で2期=8年となる。, ※二大政党(民主党と共和党)以外からの立候補者は、一定数の有権者による署名を必要としているため、両党以外から立候補するためにはより高いハードルを越えなければならない。, 基本的に、二院制を採用している国で法案を成立させるためには、同法案が両院を通過する必要がある。, この際、同じような目的を持った1つのグループ(党)が両院において過半数の議席を取得している場合、グループ内で調整することで、比較的容易に両院を通過させて法案を立法化することが可能だ。, しかし今回の中間選挙前の米国のように、上院の過半数が民主党、片や下院の過半数が共和党となっていると、1つの法案を両院が通過するのが難しくなる。これが”捻じれ現象”だ。, 中間選挙で民主党が大敗し、上下院ともに共和党が過半数を握ったことで、この”捻じれ”は解消された。しかしながら、オバマ大統領は民主党であり、米国のトップである大統領と立法を担う議会の間の溝はかえって深まってしまう皮肉な”捻じれ”解消となってしまっている。