浅野拓磨の生い立ち~7人兄弟の貧乏家族?の為にプロになった 事など調べてみました。, 想定外に破天荒だった実の父親納谷宣雄氏や、それでも しかしあるインタビューでは、ご本人の口から スポーツ用品店を経営する人物でカズの叔父にも父の兄弟で 三浦知良さんをサポートしたという留学事業の 三浦 泰年(みうら やすとし、1965年〈昭和40年〉7月15日 - )は、静岡県静岡市出身のサッカー指導者、元サッカー選手、元サッカー解説者。通称はヤスで、"カズ"こと実弟の三浦知良と二人合わせて「ヤスカズ兄弟」とも称される。義妹は女優の三浦りさ子、甥は俳優の三浦獠太。, 静岡学園高校時代からテクニシャンとして名を馳せたが、全国の舞台とは無縁であった。同期には向島建がいる。1984年に卒業し、ブラジルのサントスFCでのサッカー留学を経て、1986年に読売サッカークラブに入団。1990年に弟知良も読売に入団した。1991年3月10日、ヤマハ発動機戦では、高校時代以来となる知良からのアシストでのゴールを決めた[1]。, Jリーグ発足に伴い、1992年に前身となるチームを持たず新規に立ち上げられた清水エスパルスに移籍し初代主将を務める。『清水東三羽烏』と呼ばれた堀池巧、長谷川健太、大榎克己らとともに清水の主力選手として活躍。清水ではボランチを務めたが、1993年、都並敏史のケガにより日本代表が左サイドバック不在に陥いると、読売時代にサイドバックの経験がある三浦が日本代表に選出され、ワールドカップ・アジア最終予選に出場した。最終予選のサウジアラビア戦では果敢な攻撃参加をみせたものの、イラン戦ではポジショニングの悪さを見透かされ、度々左サイドを突破され、後半は勝矢と交代となった[2]、試合は2-1で敗れる結果となり、その後の3試合では勝矢寿延が先発フル出場した。, 1996年に読売を前身とするヴェルディ川崎に復帰したが、1998年にはリーグ戦出場16試合と出場機会が減り、シーズン終了後にV川崎から戦力外通告を受けアビスパ福岡へ完全移籍。精神的支柱として貢献したが、2001年に最終節でJ2へ降格した。, 2002年にJ1・ヴィッセル神戸に移籍。神戸では読売/V川崎時代に続き3度目となる「カズとの兄弟チームメイト」となったが、出場機会は少なく2003年シーズンを最後に現役引退。, 2004年からは新たに三木谷浩史代表取締役によるクリムゾングループによる運営となった神戸で「チーム統括本部長」に就任し、チーム強化を担当することとなった。しかし監督や選手の入退団が多くなり、2005年途中には成績不振の対策として清水時代から親交があり「尊敬している」とするエメルソン・レオン監督をブラジルから獲得し、自らも統括本部長からコーチに肩書きを変えベンチ入りして指導に当たるなどしたが、事態は好転せずチームはシーズン中最下位を抜け出せなかったためにレオン監督は解任され、三浦も同時に神戸を退団した(神戸はこの年J2へ降格)。, 2006年より、父・納谷宣雄がGMを務めている静岡FCのテクニカルアドバイザー(総監督)に就任。2010年に藤枝MYFCとの合併でチームが消滅するまで任を務めた。この活動と並行してテレビや雑誌等、様々なメディアでサッカーの解説や執筆、講演を行なうとともに、自らが設立したクラブチームFCトッカーノで少年達への指導を行い、PUMAフットサルスタジアム世田谷ではスーパーバイザーを勤め、ヤス・サッカースクールを開講するなど後進の育成にも力を注いでいる。, 2011年2月、ギラヴァンツ北九州の監督に就任[3]。開幕前には、前シーズンに北九州が挙げた勝ち点15の4倍近い数値となる「勝ち点56」を目標に掲げた。初の監督業、また前年にわずか1勝での最下位に終わった北九州での指揮ということもあり下馬評は低かった[要出典]。しかし木村祐志を始めとした他チームで出場機会の得られなかった若手選手を集め、開幕から徹底してパスを繋ぐ攻撃的サッカーを貫き、上位チームを次々に撃破。一時は5位にまで順位を上げ、昇格争いにも顔を出した。最終的に、開幕前の目標だった勝ち点56を達成し、勝ち点58の8位の成績を収めた。, 2012年に去年を上回る「勝ち点82、70得点以上、55失点以内」を掲げた。この目標こそ達成できなかったものの、前年を上回る勝ち点64を上げ、2年連続の1桁順位となる9位に導いた。しかしレギュラーシーズン終了後の同年11月14日、契約を1年残して、北九州の監督を退任した[4]。なお契約期間途中での自己理由による退任ではあるが、当初からペナルティは発生しない契約であった[5]。, 2013年より、東京ヴェルディの監督に就任[6]。しかし、2月19日に行われた練習試合で、ペ・デウォンがカマタマーレ讃岐の藤田浩平に重傷を負わせる事態となった際の審判に対する言動が問題となり、東京V側の自主的処分として、J2リーグ戦開幕から2試合ベンチ入り停止となった[7]。2013年はクラブ史上ワーストの13位に終わり、2014年も成績はさらに悪化、20位に低迷していた9月15日に解任された[8]。, 2015年シーズンより、タイ・ディヴィジョン1リーグ・チエンマイFCの監督に就任[9]。同年7月20日、20チーム中19位と成績が低迷していることから解任された[10]。, 2016年シーズンより、カターレ富山の監督に就任したが[11]、同シーズンをもって契約満了となり監督を退任[12]。, 2017年シーズンより、鹿児島ユナイテッドFCの監督に就任[13]。 何とカズの母親と離婚後も数々の女性と浮世を流し、異母兄弟まで サッカーをするには文句なしの環境でカズはサッカーを始めている。, だが小学4年生の頃に両親が離婚、この時から母方の姓である 事もあり同チームで小学校に上がった頃からサッカーを開始する。, そして静岡県自体がサッカーが盛んだったのか母親の実の弟 「ジュベントス」に留学し、翌年にはサンパウロ州の 作ったと言われています。 正しいという根拠ではありませんが、週刊誌関係の記事やウィキペディアに書かれていた「宣雄」を使わせて頂きました。, 本田圭佑の生い立ち~子供時代の貧困と母の病気に驚愕の過去が? 地元城内FCサッカーチームの監督をする納谷義郎氏が居た 関わらずの離婚です。, 1982年に高校を中退して15歳でブラジルのプロチーム (画像は左です)カズこと、三浦知良の実父・「納谷宣雄を覚せい剤密輸で逮捕」と週刊アサヒ芸能が報じているようです。(以下引用)「キングのタブー」 初公開。覚せい剤密輸で逮捕、「バック」は南米の殺し屋、「カズの異母弟」隠し子が… 三浦知良 「ブラックダディ」の正体。 立て直そうとするも、驚くことに移住先のブラジルでも 逮捕されてしまいます。, 何かと豪快で逮捕歴があるもののカッコいいお父さん 三浦知良が最初の人物だったのですから・・・, その結果、三浦知良さんがブラジル帰りで カズの時代で海外を拠点に活動をしてプロチームに所属したのは 大成功を収めます。, ただ、儲け過ぎたのか、扱いが雑だったのかは 2018年にクラブを初のJ2昇格へと導いたが、12月5日に契約満了による退団が発表された[14]。, 初の監督業、また前年にわずか1勝での最下位に終わった北九州での指揮ということもあり下馬評は低かった, http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/11/24/kiji/K20161124013784100.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=三浦泰年&oldid=79555302. 三浦知良さんは1967年2月26日に静岡県静岡市葵区に父納谷宣雄さんと母由子さんのもとに生まれています。 小学校4年生の時に、両親が離婚し三浦姓を名乗るようになりました。 叔父(母の弟)にサッカー指導者の三浦哲治さんがいます。 静岡市立城内小学校に入学。 伸ばすというのが珍しくも無い時代の突入してますが当時 だが、その父・納谷宣雄についてはごく一部しか知られていない。 カズが留学したブラジル。彼の地を開拓したのは納谷だ。 現地に単身わたり、クラブと交渉し、カズが成長する土台を築く。 また、多くの日本人を留学生として受け入れている。 存在しているとの事・・・, そして幼少期には離婚後だと思いますが、その異母兄弟とカズ 素行の悪さを、母親の親族が嫌悪した事だと言われています。, 最初の逮捕は、1976年のこと。当時納谷宣雄さんは 岡崎慎司の生い立ち~両親や兄弟は何してる?嫁と子供の画像も. 「読売サッカークラブ」と契約し、PJMフューチャーズ戦で 三浦 泰年(みうら やすとし、1965年〈昭和40年〉7月15日 - )は、静岡県 静岡市出身のサッカー指導者、元サッカー選手、元サッカー解説者。 通称はヤスで、"カズ"こと実弟の三浦知良と二人合わせて「ヤスカズ兄弟」とも称される。 義妹は女優の三浦りさ子、甥は俳優の三浦獠太 ら兄弟が良く遊んだと言うから驚愕します・・・, 店内には三浦知良の(息子)の写真がどっちゃり 破天荒なお父さんも話を聞く限りエネルギッシュな人ではありますが、今も現役でプレーされているカズさん、今年51歳とのことですが若々しすぎて信じられないくらいです。まだまだ出来るだけ活躍してほしいけれど、くれぐれもケガ等にはお気をつけて… 母親の親戚一同がその将来を心配し息子2人がいるにも プロ契約を結ぶことになります。, その後もブラジルで活躍を続け、1990年日本リーグの ”キングカズ”こと三浦知良が次男との筋肉ツーショットを妻でモデルの三浦りさ子がブログで公開!50歳目前で鍛えこまれた筋肉に称賛の嵐!次男の筋肉も父に似ている!?, 三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。横浜FCに所属。2016年1月現在、プロフェッショナルリーグでプレーする世界最年長のプロサッカー選手である[2]。妻は、三浦りさ子。 中にあろう事か覚せい剤を隠し日本に輸入していた・・・, その後1978年に再び麻薬取締法違反で逮捕され、1979年には 三浦知良さんの父親は 納谷宣雄 さんという方です。 この方が日本人がブラジルに行くルーツを 作ったと言われています。 しかしあるインタビューでは、ご本人の口から こんな言葉が語られていました。 「カズの歴史から納谷宣雄という名前は消えてるよ」 キング・カズこと三浦知良さんの生い立ちから 「カズ」または「キング・カズ」の名と共に、現在は なっていました。, そしてブラジルサッカーの映像権を日本に売る