「台北のホテルどこにしたら良い〜?」という友人の質問が、... 台北には色々夜市が有りますが、当然有名なのは「士林夜市」ですね!規模・知名度ではダントツですね! 羽田空港旅客ターミナル公式サイトです。 menu. 「シャネル」「ディオール」などのブランド化粧品の日本国内での免税価格は、市内価格と比べてどのくらい安く?お得なのか? 検索する ... 海外からの到着時、入国手続きを終えすぐにお買い物ができる到着時免税店です。 到着時にも免税商品がお買い求め頂けます。 ※ 取り扱いは酒、タバコ、チョコレートのみ. ョン時間は参考です The navigation time is for reference.Internet Explorerには対応しておりません Internet Explorer is not supported. 外への出国が確認できるもの)が必要です。, 電子決済 ※10月から導入予定 :WeChatPay、ALIPAY, 免税店でのお支払いは日本円、クレジットカード、または、銀聯カード・アリペイ・ウィチャットペイでお願いいたします。. 東京国際空港ターミナル株式会社. 空港型市中免税店の最大のメリットは、時間に縛られることなく海外旅行前に免税価格でショッピングを楽しめること。 ロッテ免税店銀座の場合、羽田空港もしくは成田空港から60日以内に出国予定があれば、誰でも免税価格で買い物ができます! 羽田の免税店を完全ガイド!おすすめのブランド・化粧品・営業時間など! みなさんは免税店でショッピングを楽しんだ経験はありますか?今回は羽田空港にある免税店に関する情報や営業時間、お得で便利な予約サービスについてなどさまざまな情報をご紹介します。 羽田空港の免税店は? ここまでくると日本に居住する日本人は免税店の利用価値が低いのでは、と考える読者もいるでしょう。 しかし、値引きやポイント制度があるんです。 羽田空港にある免税店の店舗形態もあわせて見ていきましょう。 tiat duty free shop 羽田空港、国際線ターミナルが2015年で拡張工事完成しました。免税店コーナーも変貌を遂げて充実しましたね! 羽田空港国際線ターミナルの免税店にどんなショップが有るか?国内価格と比較して、どれだけ安いのか?徹底的に調べました。シャネル、グッチを初め各ブランドの割引率や人気商品の入荷情報。台湾、桃園国際空港との価格比較情報も載せました。 羽田空港、国際線ターミナルが2015年で拡張工事完成しました。免税店コーナーも変貌を遂げて充実しましたね!, 消費税が8%になって、ますます免税店の魅力が高まってます。円安で海外の免税店より国内の免税店のほうが安いケースが多いようです。当然、為替のレートを常に注意する必要が有りますが、、、国内価格と比べる分には、面倒くさい為替の事考えずに、お得にブランド物購入できるのは、国内免税店の大きな魅力です。, 日本国内価格と免税価格が各ブランドごと、どれぐらい安いのか? 徹底的に調べました!, 羽田空港国際線ターミナル免税店、にユニクロが入ったり、日本国内には、まだ出店されていない、アメリカの下着から始まったブランド、ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)も免税コーナーに出店しているのも、羽田空港の国際線ターミナルの面白い所です。, 2016年2月現在のブランドマップです。一通りの人気ブランドは出揃いました。主要ブランドで出店が無いのが、プラダ、ミュウミュウぐらいですかね?, 東京駅にある六厘舎お店は、いつも大行列ですが、ここでは並んでませんよ。すぐ食べれます!つけ麺ファンには超オススメです。, 消費税が上がって、ますます免税店での買い物は魅力的になってます。まず、日本の市内の価格とどれぐらい違うのか、それぞれのお店で確認してきました。, 基本的には、消費税分が安いだけではありません。プラス、輸入時の関税費用等もかかりませんので、ブランドごと違いますが、15%前後日本国内価格より安く設定されてます。, シャネルは国内店舗と商品の流れが違うので、新製品が市内の店舗よりも早く入ってきたりするそうです。扱いも全然違う流通の流れということでした。日本国内の直営CHANEL(シャネル)ブティックの価格より、羽田空港免税店の方が15%安いとのことです。, 日本国内の直営店舗のBOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)ブティックの価格より、羽田空港免税店では、20%安いとのことです。これは結構お得です。「品揃えも新作も含めて、在庫は豊富です」と言うことでした。, こちらも、日本国内の直営店舗のGUCCI(グッチ)ショップより免税店の方が20パーセント安いです。ただ、こちらも物流の関係で、新作の入荷が、まちまちだったり遅かったりしています。, 一般に知られてませんが、欲しい商品が入荷しているか?金額が市内価格と比べて、どのくらい安いか?直接電話で確認することが出来ます。もし、GUCCI(グッチ)に欲しい商品が有って、海外に行く予定が有る場合は、取り置きも可能のようです。, カルチェは、最も免税店の価格が市内の価格と近い、通常8%しか安くなりません。ただし、2016年2月末までは、初めての値引き月間で、通常8%のところが12%安くなってます。, HERMES(エルメス)通常の商品は、市内価格より10%安いです。品揃えも、革小物の欠品が目立ってました。特にキーホルダーとかは在庫無かったです。2016年1月末確認時点。, TIFFANY(ティファニー)は少し複雑で、通常の商品は、市内価格より20%安いです。しかし、ダイヤモンドなどの鑑定書がつくものに関しては、10%のみ安い価格とのことです。, COACH(コーチ)の免税価格は市内価格より、20%値引きです。種類は豊富に揃ってるとのことです。, OMEGA(オメガ)の免税価格は市内価格より、13%値引きです。種類は豊富に揃ってるとのことです。, BURBERRY(バーバリー)の免税価格は市内価格より、10%~13%値引きです。商品によってまちまちな値引率とのこと、その都度、確認をしたほうが良いようです。, ROREX(ロレックス)での免税価格は、市内の標準小売価格より、10パーセント程度安いです。ただし、スポーツタイプの物の在庫はほとんど有りません。, 私が見た2016 年1月中頃から、毎週台北に行っていたのですが、行くたびに覗いてみると、エクスプローラー、サブマリーナ、ヨットマスターは在庫無し。ミルガウスは在庫が有りました。, 「サブマリーナに関しては、1〜2ヶ月に1、2本の入荷が有ります。」との事。入荷したら連絡をもらえるシステムが有りましたが、現在は行ってないとのことです。, ただし、店員の方から、名刺をもらうと、現在の在庫情報を教えてもらえる仕組みがあります。どうしても欲しい方はマメに連絡を取るのも一つのやり方かもしれません。, デイトナに関しては、「過去1度も入荷したことは、ありません!」きっぱり言われました。, ユニクロが入ったり、日本国内には、まだ出店されていない、アメリカの下着から始まったブランド、ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)も免税コーナーに出店しているのが、羽田空港の国際線ターミナルの目玉です。, ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)は成田空港にも、小さいショップが、第二ターミナルサテライト側にオープンしました。, 下着ブランドから、雑貨、小物、香水まで、女の子には楽しいブランドですね!品揃えも結構充実していますよ!, ヴィクトリアズ・シークレット(Victoria’s Secret)のショップは大きいスペースを利用した売り場です。商品も以外と充実してます。, 意外に知られてませんが、免税店もセールが色々とあるのです。そんな情報も、ツイッター、フェイスブックに随時アップしていきますので、フォローして貰えば、リアルタイムで情報を送ります!フォロー宜しくお願いしますね!, ビクトリアシークレットの免税店もセール中だった!75%オフスタート!#ビクトリアシークレット pic.twitter.com/q2cilOLZa8, 化粧品、タバコ、お酒、おみやげコーナーは、ホントにいつもアジアの方々の爆買いで、朝の飛行機出発ラッシュ時間は最近はいつも長蛇の列です。時間に余裕を持って買い物しましょう。, 国内免税店でタバコを買うと、メヴィウス(MEVIUS) 1カートンが2700円です。, 2010年8月1日から香港税関は、18歳以上の訪問者が香港に持ち込めるたばこ製品の免税範囲の変更を発表しました。, 紙巻タバコ19本、葉巻1本(もしくは複数の葉巻の総量)25グラム、その他のタバコ25グラムまでのいずれか一種のみ, 羽田空港・成田空港、共に帰りの飛行機到着してからは、免税店は有りません。商売上手な台湾の国際空港には、到着してからも免税店が有ります。, 上手に利用すれば、色々とメリットが有りそうです。タバコ、お酒など、台湾旅行中に使うものは、到着してから購入できるのも嬉しいですね!, タバコも売ってます。メビウス(MEVIUS)も有ります。羽田の免税店で買うより、安いです。, 台湾、桃園国際空港の免税コーナーです。こちらは一通りのブランドがすべて揃ってます。, 羽田空港国際線の免税店には無い、プラダ、ミューミューも入っています。サンローランも有ります。, 定番中の定番商品、BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)のジップアラウンドウォレットの免税価格を羽田空港の免税店と台湾の桃園国際空港の免税店にて、チェックしました。, 台湾の市内の標準価格だと、28000台湾ドルです。桃園国際空港の免税店だと25200台湾ドルです。, 最近、急速な円高ですが、仮にレートを2016年1月の後半のレート3.6で計算してみます。, 25200×3.6=90720円ですので、日本の免税価格より、10720円も高いことが判明しました。驚きです!, アジアの皆さんが、日本で爆買いするのが、わかりますね!ただ、これは2016年1月現在の情報です。為替はどんどん変化しますので、注意が必要です。, ちなみに円高の時は最大台湾ドルのレートは、2.7まで行きましたので、その時買ったとすると、25200×2.7=68040円ですので、日本の免税価格より、11960円も安い時が有ったのです!ヤッパリ、為替次第ですね!注意しましょう!, 2016年1月末現在、羽田空港国際線ターミナルの免税店は、日本国内のブランドショップより随分安く買い物が出来ます。上手に使って、ブランド品を買いましょう!, 2016年1月末現在、羽田空港国際線ターミナルの免税店は、台湾桃園国際空港免税店より安いものが多い。これも覚えておきましょう。.