運動に支障をきたす疼痛では、月単位での運動休止と下肢の筋肉のバランス改善を目的としたストレッチングを行い、疼痛が消失してからトレーニングを再開する。 株式会社ゆうちょ銀行および日本郵便株式会社が発行するプリペイドカード・デビットカード。国際的なクレジット決済ブランドであるVisaの加盟店で利用できる。年会費は無料で、満12歳以上(小学生を除く)のゆ... 「コトバンク」は朝日新聞社の登録商標です。「コトバンク」のサイトの著作権は(株)朝日新聞社及び(株)VOYAGE MARKETINGに帰属します。 All Right Reserved. 「sports medicine library」は、2001年から雑誌「コーチングクリニックに連載され、その後ザムストブランドサイトに掲載し、多くの読者を集めたコンテンツ「スポーツの鉄人に聞け」を最新の情報に刷新・改訂したものです。自分のカラダのこと、スポーツのケガについてもっと良く知りましょう。 医学博士、日本リハビリテーション医学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本リウマチ学会専門医、JOC強化スタッフ、日本体育協会公認スポーツドクター, ジャンパー膝とは名前が示すごとく、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりするスポーツに多くみられる、オーバーユースに起因する膝のスポーツ障害です。, 大腿四頭筋の柔軟性低下が要因の1つに挙げられます。特に成長期の長身選手は、骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、結果的に筋肉が硬い状態を招いた結果、その負担が末梢の膝蓋骨周辺に蓄積するために起こる慢性障害です。, ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を頻繁に、かつ長時間にわたって行う場合、膝の伸びる仕組み(大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面にまで牽引力が加わる)に過度な牽引力が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こします(図)。病態は腱実質部に出血、浮腫、ムコイド変性(結合組織の粘液変性)、フィブリノイド変性(線維素様のものが組織に沈着して組織傷害や炎症を引き起こす)などの変化をきたし、微少断裂や、最重症例ではまれに完全断裂に至ります。, 図:ジャンパー膝のメカニズム 夏休みなどで練習量や練習時間が増えたときには自分の状態を把握し、必要に応じてストレッチングの時間を長くしたり、アイシングをしてください。選手同士でマッサージをすることもいいでしょう。特にアライメントや動作に問題がある場合には、十分な注意を払うことが必要です。 膝蓋骨骨折(しつがいこつこっせつ)とは、膝蓋骨が骨折した状態のことである 。 症状は膝前面の痛み、腫れ、打撲が挙げられる 。 人によっては歩けなくなることもある 。 合併症には脛や大腿骨や膝靭帯の損傷が挙げられる 。. 【Phase4】 膝の伸びる仕組み(大腿四頭筋が引っ張られることで膝蓋骨、膝蓋腱、脛骨粗面にまで牽引力が加わる)に過度な牽引力が繰り返し加わることで、膝蓋骨周辺に微細損傷を引き起こす, 罹患側に左右差はありませんが、チェックにて疼痛を訴えた選手の3分の1は、両側例でした。そのため、片側に痛みを感じた場合でも、反対側のチェックも重要です。, バレーボールナショナルチームのメディカルチェックにて、108名中35名が痛みを訴え、発生率は32.4%に及びました。, 運動時に発生する膝前面の疼痛と圧痛(写真1)、局所の熱感、腫脹を伴います。重要な所見として、腹ばいにして膝を曲げると、大腿前面の突っ張ったような疼痛から逃れるために尻上がり現象(写真2)が出現します。, 膝蓋骨下部から膝蓋腱付着部(約7割)、膝蓋骨上部から大腿四頭筋腱付着部(約2割)、膝蓋腱中央部から脛骨粗面付着部(約1割)です。, バレーボールチームのメディカルチェックを行った結果、腱の形態は、膝蓋骨下極を中心に全例肥厚像(健常例は3〜4mmの均一な帯状低信号)を呈しました。なかでも膝蓋骨下極で平均8.4mm(健常比227%)と最も太く、中間部で5.3(123%)、脛骨租面で4.9(113%)でした(写真3)。, 写真2 ジャンパー膝である選手を腹ばいにして膝を曲げると、疼痛から逃れるために臀部が上がる「尻上がり現象」がみられる, 疼痛の程度によって治療が異なるため、病期を4段階に分けます。最近では予防、再発防止用に装具の使用が勧められています。, 【Phase1】 ・内臀のストレッチ   練習を禁止するほど強い症状が出ているときには必ず医療機関を受診しますが、ただ休むだけでは症状の緩和につながらないので、ドクターの指示のもと、消炎鎮痛剤を塗布したり内服したりしながらアイシングを行うことが基本です。患部の炎症が治まれば、大腿部についてはホットパックなどで筋肉を緩める処置を行うと効果的です。, ドクター編でも紹介されているように、ジャンパー膝用のサポーターは市販されています。これらのサポーターは、膝蓋腱の起始部や付着部に過大な力が加わらないように設計されています。 こんにちは、かじです。 今回は靭帯と腱と筋肉についてお話しします。実は分かりそうでよく分からないのがこれらの違いではないでしょうか。これらの違いについてできるだけ分かりやすくお話ししていくのでぜひ参考にして下さい。 …上下ともに明りょうな境界はないが,医学的には,膝蓋骨の上端から手の幅だけ上方の部位でひいた水平線を上界とし,膝蓋靱帯(じんたい)が脛骨に付着する脛骨粗面(膝蓋骨直下の脛骨が出っぱった部分)の直下を通る水平線を下界とする。ひざの前面は前膝部といい,このうち膝蓋骨に相当した部分を膝蓋部(いわゆる膝頭)という。また後面を後膝部といい,この中央にはへこんだ膝窩(しつか)popliteal fossa(いわゆる〈ひかがみ〉)がある。…. スポーツドクター、トレーナーなどの専門家からの知識・助言を設計に反映するともに、各種競技者の生の声を取り入れて、ケガ・障害の予防・再発予防およびパフォーマンス向上の手助けとなる製品・サービスの提供を信条としてまいりました。その品質・機能性は、トップアスリートをはじめスポーツ愛好者から、多くの支持をいただいております。. ・膝下筋のストレッチ 大事に至る前の予防措置が、ジャンパー膝を防ぐポイントですので、痛みに我慢しすぎると、選手の寿命を縮めることにつながりますので注意しましょう。, ・大腿のストレッチ また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 方形靱帯 (ほうけいじんたい) 関節上腕靱帯 (かんせつじょうわんじんたい) 膝蓋靱帯 (しつがいけん 、 しつがいじんたい) 底側楔舟靱帯 (ていそくけつしゅうじんたい) 歯尖靱帯 (しせんじんたい) 時間をかけてストレッチをかけるのがポイントです。, 「ザムスト-ZAMST」は、医療メーカーとして整形外科向け製品を45年にわたり開発・製造する日本シグマックス株式会社が1993年に設立した、スポーツ向けサポート・ケア製品のブランドです。 運動後に疼痛が生じる場合は、大腿前面のストレッチと局所の練習後のアイシングを徹底する。サポーター装具をつける。 ・しっかりと時間をかけてストレッチする また、ジャンパー膝にキネシオテープを利用するトレーナーも多く見かけます。ジャンパー膝に限らずオーバーユースの障害に共通して言えることですが、使いすぎになる前に練習量や練習時間を調整することが大事です。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved. 【Phase2】 世界大百科事典 第2版 - 膝蓋部の用語解説 - 上下ともに明りょうな境界はないが,医学的には,膝蓋骨の上端から手の幅だけ上方の部位でひいた水平線を上界とし,膝蓋靱帯(じんたい)が脛骨に付着する脛骨粗面(膝蓋骨直下の脛骨が出っぱった部分)の直下を通る水平線を下界とする。 ZAMSTのヒザ用サポーターはこちら, 写真5、6 運動後に疼痛を感じる場合は、大腿四頭筋と腸腰筋をストレッチしよう。いずれも股関節が過伸展されていなければ効果が少ないので、股関節が十分にストレッチされているかどうかをチェックしよう, NATA公認アスレティック・トレーナー、日本体育協会公認アスレティックトレーナー、JCCA(日本コア・コンディショニング協会)会長, 普段から、スポーツの前後にきちんとウォームアップとウォームダウンを励行することがオーバーユースの障害を予防する基本となります。特に激しい練習や試合後には、リカバリーヒート(運動直後のまだ体温が高い間)の段階で十分なストレッチングを行うように心がけてください。 運動前後に疼痛が現れる場合は、上記に加えてジャンプ動作の休止、膝と股関節を中心とした下肢の運動療法と局所のアイシングを行う。 スポーツ中に起こりやすい怪我である膝蓋靱帯炎(しつがいじんたいえん)について解説してきます。, 膝蓋靱帯炎は別名が非常に多い怪我ですが、膝蓋靱帯炎の別名としては膝蓋腱炎・ジャンパー膝・ジャンパーズニーなどの呼び名があります。, 膝蓋靱帯炎は、ジャンパー膝と呼ばれるようにジャンプ動作の多いスポーツで起こりやすい膝の怪我です。, ただストップ動作などでも起こる怪我ですので、ジャンプを多くしなくても膝蓋靱帯炎になる可能性は十分にあります。, 膝蓋靱帯炎の別名は、「ジャンパー膝」「ジャンパーズニー」「膝蓋腱炎」など多くの呼び方があります。, その為、この組織は膝蓋腱とも呼ばれることがあり、ここの怪我も膝蓋靱帯炎・膝蓋腱炎と呼び名が複数存在してしまいます。, そしてただでさえややこしい怪我なうえに読み方も難しいですが、「膝蓋靱帯炎」の読み方は「しつがいじんたいえん」です。, こちらのページでは、膝蓋靱帯炎で統一して表記しますが、ジャンパー膝・膝蓋腱炎とイコールと思って頂いて問題ありません。, 膝蓋靱帯炎は別名「ジャンパー膝」と呼ばれることもあるように、ジャンプ動作で負傷しやすい怪我です。, その為、バスケットボール・バドミントン・バスケットボールなどで起こりやすい怪我と言えます。, ジャンプ動作と言ってもジャンプの着地動作で負担がかかりやすい怪我ですので、ストップ動作でも同じような負担がかかります。, その為、サッカー・ラグビー・アメフト・ハンドボールのようなストップ動作や切り返し動作の多いスポーツでもよく起こる怪我です。, 膝蓋靱帯とは膝のお皿の下にある靱帯ですが、ここは大腿四頭筋肉という太ももの筋肉に繋がっています。, この大腿四頭筋が過度に使われるオーバーユースが起こることで、膝蓋靱帯炎の怪我が起こります。, 最初はジャンプの着地時のみ痛みが出るケースが多いですが、徐々にランニングやジャンプの飛ぶ前の動作などでも痛みが出てくるようになります。, 膝蓋骨の下に腫れや熱感(熱くなる)などの症状が出てくることもありますが、その場合は膝蓋靱帯炎の症状がかなり強いと言えます。, これはスポーツ障害の一つですので、運動のし過ぎや負担のかかり過ぎで起こる怪我です。, 特に膝蓋靱帯炎は10代のスポーツを行う学生に多くみられ、男性の方が比較的起こりやすい怪我です。, 部活動でバレーボールやバスケットボールなどのジャンプ動作が多いスポーツを行い、その運動強度が高すぎたり、休みが少なかったり、大腿四頭筋や膝蓋靱帯に過度な負担がかかる動きの癖があると膝蓋靱帯炎の原因となります。, ジャンパー膝(膝蓋腱炎(膝蓋靭帯炎)/大腿四頭筋腱付着部炎)の発症メカニズム 1.ジャンプやダッシュなどによる膝関節の屈伸動作を頻繁に、かつ長時間にわたって行うことにより、膝蓋腱に繰り返しの過度な伸張ストレスがかかり、微小な損傷が腱線維に生じ、炎症症状が引き起こされ、力学的な脆弱性、腱の変性がもたらされます。, 2.膝蓋腱周囲に新生血管の増生や炎症性のサイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質)の放出が局所で起こり、腱の変性へと至リます。, 3.着地時などでKnee in(膝が内側に入る動き)傾向になると膝蓋腱内側にねじれを伴った伸張ストレスが加わり、さらに屈曲が増すにつれて同部位への伸張ストレスも増大し疼痛につながります。, 基本的には使い過ぎで起こるということですが、さらに正しい動きが出来ていないと負荷が増すのは間違いなさそうです。, さらに、膝蓋靱帯炎は成長期に多い怪我ですので、身長が急激に伸びている際に起こりやすいと言えます。, 成長期では骨の成長に筋肉がついていかず、相対的に筋肉がかなり固く短くなる状態が生まれます。, 成長期の怪我として有名なオスグッドもこの膝のお皿の下に痛みが出ますが、オスグッドは骨に問題が起こります。, 膝蓋靱帯炎もオスグッドも怪我の原因としては似ていますが、骨に問題が起こるのがオスグッドで、靱帯に問題が起こるのが膝蓋靱帯炎と言えます。, 膝蓋靱帯炎の原因がオーバーユースですので、オーバーユースが無くなれば痛みは減ります。, ただ、太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋の短縮も膝蓋靱帯炎の原因となるため、治療法としては、大腿四頭筋のストレッチも併せて行われます。, また、膝蓋靱帯炎の程度が軽ければアイシングの処置やサポーター・装具の使用などで痛みが減る場合があります。, それでも膝蓋靱帯に負担がかかる状態が変わらなければ徐々に膝蓋靱帯炎の症状が悪化していきますので、しっかりとリハビリを行う必要があります。, 膝蓋靱帯炎の症状が重く、膝蓋靱帯の断裂が見られる場合は手術となる可能性があります。, 膝蓋靱帯炎で手術となるケースは少ないですが、サッカー選手の内田篤人選手が膝蓋靱帯炎の手術を行ったことで有名です。, 内田篤人選手は復帰までかなり時間がかかっていますので、膝蓋靱帯炎で手術となる場合は相当な重症と言えそうです。, また、内田篤人選手のケースでもそうですが、膝蓋靱帯炎につながる前に他の怪我がある場合が多いです。, 特に足首怪我や膝の怪我、太ももの怪我などが膝蓋靱帯炎の原因となるケースが多く、ハムストリングス肉離れ、足関節内反捻挫、膝半月板損傷などの怪我後には膝蓋靱帯炎に注意が必要です。, また、大腿四頭筋の柔軟性がいくら上がっても大腿四頭筋に過度な負担がかかる動きの癖が変わらなければ膝蓋靱帯炎の根本的な解決にはつながりません。, 膝蓋靱帯炎のリハビリ方法としては、膝蓋靱帯に過度な負担をかけないようにすることが必要です。, 膝蓋靱帯炎になる原因に、太もも前の筋肉である大腿四頭筋への過度な負担が挙げられます。, 股関節がうまく動かずに、膝関節が過度に動くと結果的に大腿四頭筋に過度な負担がかかります。, 特に股関節の屈曲動作がスムーズにでき、可動域がしっかり確保出来れば膝蓋靱帯炎のリスクを軽減できます。, 股関節の屈曲動作がうまくできないと、いわゆるスクワットの動作で股関節でなく膝関節が優位に働き膝蓋靱帯に過度なストレスがかかります。, このような動作パターンでジャンプの着地やストップ動作を繰り返していると、膝蓋靱帯炎の原因となります。, 膝蓋靱帯炎のリハビリは身体の柔軟性や筋力などをしっかり分析してから行うことで、安全かつ効果的にリハビリを行えます。, 膝蓋靱帯炎のリハビリはパーソナルトレーナーや理学療法士など身体の専門家の指導のもと行うことがお勧めです。, 膝蓋靱帯炎は10代の学生アスリートに多くみられる怪我ですが、スポーツ選手にも見られる怪我です。, フィギュアスケート・浅田真央選手 左膝の怪我でトリプルアクセル回避。膝蓋靱帯炎の可能性が高そうです, 肉離れの種類・症状・原因・治療・全治・処置・予防方法などをパーソナルトレーナーが解説します。, 肩鎖関節脱臼の分類・手術・リハビリ方法・全治などをパーソナルトレーナーが解説します。, シーバー病の症状・原因・治療・ストレッチ・対策方法をパーソナルトレーナーが解説します。. No reproduction or republication without written permission. 膝蓋靱帯炎の別名は、 「ジャンパー膝」「ジャンパーズニー」「膝蓋腱炎」 など多くの呼び方があります。 これらの呼び方は全て同じ怪我です。 膝蓋靱帯とは膝のお皿の下にある靱帯のことで、腱のように強固な靱帯です。 断裂例では縫合手術が必要である。, 写真4 運動後に疼痛が生じる場合はサポーター装具をつける 膝蓋骨は平べったい円盤状の骨で、直径が数cm。種子骨には数mmの骨が多いので、種子骨としては例外的に大きい。膝蓋骨の後面は大腿骨の 膝蓋面 と接して関節をつくる。  ジャンパー膝に関しては、大腿四頭筋に筋肉痛が起こる、階段の昇降がつらい、膝下に痛みが出始める前に大腿部になんらかの兆候(脚全体がパンパンに張るなど)を感じているものです。その段階で下記などの処置をして症状を進行させないことが大事です。 ・腸脛のストレッチ ・アイシングやアイスマッサージを行う ・マッサージをして揉みほぐす, 基本的には、痛みを感じている部位のアイシングを行います。ただし大腿四頭筋が酷使されて緊張しているときには、同時に大腿部全体のアイシングを行います。 Copyright©2018 NIPPON SIGMAX Co.,Ltd. 【Phase3】