コミュ障に向いている仕事内容やおすすめの仕事をまとめて紹介。働く意欲はあるけど、人との関わりが苦手で、力を発揮できない。そんな方のために、対人関係が少ない仕事や職場・職種を教えます! ドラマの中でゼロ戦の後ろに映る格納庫は、太平洋戦争以前から建っている当分屯基地の倉庫で、昔の工場を思わせる連続した三角屋根が特徴です。 「超潜入!リアルスコープHYPER」 平成26年9月6日(土)19:00~19:57 フジテレビ系. [56]。, 2011年(平成23年)10月24日、ベトナムのフン・クアン・タイン国防相が来日し、防衛省で「日越防衛協力・交流に関する覚書」を交わし、海上安保における協力関係を確認した[57]。防衛大学校ではベトナム軍少尉候補生の交換留学の受け入れを継続的に行っている。, 2010年(平成22年)5月には、外薗健一朗航空幕僚長がフランスを訪問し、同年9月にはピエール・フランソワ・フォリシェフランス海軍参謀長が来日するなど、日本とフランスは友好的な交流を続けている[58]。, 2012年(平成24年)2月22日には、ヴァンデミエールが佐世保港へ入港[59]。2月27日、海上自衛隊およびアメリカ海軍と共同訓練をおこなった[60]。また、武器輸出三原則緩和を受けて、武器や防衛装備品の共同開発・生産を進める方向で調整されている[61]。, 2017年(平成29年)6月19日、 パリ航空ショーにP-1哨戒機1機が地上展示された。, 2018年(平成30年)7月13日 パリにおいて両国は「物品役務相互提供協定(ACSA)」に署名し、2019年5月27日に外交上の公文の交換を完了、6月26日発効した[62]。日本がACSAを結ぶのは、アメリカ、オーストラリア、イギリスに続き4ヶ国目である。, 2018年(平成30年)4月21日 トロントにおいて両国は「物品役務相互提供協定(ACSA)」に署名し、2019年6月18日に外交上の公文を交換、7月18日発効した[63]。日本がACSAを結ぶのは、アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランスに続き5ヶ国目である。, フィンランドとの防衛交流は1959年(昭和34年)に統合幕僚会議議長の林敬三陸将が同国を訪問して以来始まった。, 2012年(平成24年)6月、イタリアと「日伊防衛交流・協力の意図表明文書」に署名した。, 2009年(平成21年)12月、シンガポールは日本にとって東南アジアで最初の防衛協力・交流の覚書を締結した国である。拡大ASEAN国防相会議で防衛医学分野の専門家会合の共催。, 2012年(平成24年)1月、「日モンゴル防衛協力・交流の覚書」を署名した。また、モンゴルが主催したPKO多国間訓練「カーン・クエスト」に自衛隊が参加している[64]。, 2012年(平成24年)4月、バーレーンと「日バーレーン防衛交流に関する覚書」を署名した。, 2010年(平成22年)6月に北大西洋条約機構(NATO)と「日・NATO情報保護協定」を締結している[65]。, アフリカ・ジブチには自衛隊初の海外活動拠点がある。ジブチ国際空港の北側の土地約12ヘクタールを借り上げて、司令部庁舎・隊舎・P3C哨戒機の整備用格納庫・体育館などがある。, 日本政府は尖閣諸島は日本固有の領土であり、領有権問題は存在しないとしているが、1971年(昭和46年)に地下資源埋蔵の可能性が確認されて以降、中国政府は尖閣諸島の領有権を主張し、日本が沖ノ鳥島に排他的経済水域を設定していることに異議を唱えている。吉林省と新疆ウイグル自治区はミサイル基地が存在し、通常弾頭、核弾頭双方の中距離弾道ミサイル約25基の照準を日本の主要都市や在沖縄米軍基地へ向けている可能性が指摘されており[66]、アメリカ海軍の空母機動部隊の軍事プレゼンスを排除する目的で、対艦弾道ミサイルの能力向上と配備を推進している。また、日本領海内を潜水航行する原子力潜水艦を海上自衛隊が追跡した漢級原子力潜水艦領海侵犯事件の事例がある。中国人民解放軍の全兵力は約230万人である。, 2007年(平成19年)11月、中国海軍のミサイル駆逐艦「深圳」が中国艦艇では戦後初めて日本に親善入港した[67]。, 2008年(平成20年)に発生した四川大地震では海上自衛隊の護衛艦が海南島に援助物資を緊急輸送した。, 2009年(平成21年)11月、中国海軍の練習艦「鄭和」が江田島と呉に入港した[68]。, 2010年(平成22年)4月、東シナ海で中国海軍の軍事訓練を監視中の護衛艦あさゆきに中国海軍の哨戒ヘリが異常接近する威嚇行為事件が発生した。, 2013年(平成25年)1月、東シナ海で中国海軍フリゲートが護衛艦ゆうだちを射撃管制レーダーでロックオンする中国海軍レーダー照射事件が発生した。, 2019年(令和元年)10月、令和初の国際観艦式に招待されて初参加した中国海軍の艦艇が日本に寄港するも令和元年東日本台風(台風19号)で観艦式は中止となり[69]、8年ぶりかつ日本近海で初の共同訓練を海上自衛隊と行った[70]。, ロシアは日本と北方領土問題を有している。歴史的には日ソ中立条約の背信行為やシベリア抑留などが禍根となっている。不定期に電子戦機や爆撃機を日本領空付近まで進出させ、電子情報の収集などを行なっており、この場合は、航空自衛隊によるスクランブルを受ける。また、情報収集艦を日本近海に配置して海上からも電子情報の収集および潜水艦を展開するための海洋観測をおこない、海上自衛隊による監視の対象となっている。ロシア軍の全兵力は約100万人である。, 1970年(昭和45年)陸上自衛隊第11戦車大隊は、占守島の戦いで赤軍(ソ連陸軍)の侵攻を撃砕した日本陸軍の士魂精神を受け継ぎ「士魂戦車大隊」と命名された。, 1996年(平成8年)に海上自衛隊艦艇がウラジオストクを訪問して以来、毎年艦艇の相互訪問を行っている。1998年(平成10年)以降は捜索・救難共同訓練を行っている。「日露海上事故防止協定」も結んでいる。, 2002年(平成14年)10月には、海上自衛隊50周年を記念した国際観艦式に招待されソ連海軍時代を含めて初めてロシア海軍の潜水艦の日本寄港があった。, 2012年(平成24年)に「日露防衛交流に関する覚書」を改定した。安全保障分野で日露両政府の協力関係を拡大する。, 北朝鮮は韓国およびアメリカ合衆国(国連軍)と休戦中であり、準戦時状態を維持していることから、事実上の軍事同盟国である日本も敵視している。また、北朝鮮の工作員による日本人の拉致が行われている。, また、北朝鮮は、国際的に非難を浴びた度重なる核実験の強行と、度重なる北朝鮮によるミサイル発射実験により、日本と高い軍事的緊張状態にある。日本は北朝鮮の船の入港禁止、および輸出入の全面禁止という経済制裁を実施しており、事実上、北朝鮮とは断交状態にある[71]。, 防衛白書では北朝鮮による核兵器や、化学兵器、生物兵器などの保有を「重大な脅威」と公式表明し、自衛隊は朝鮮人民軍を特に強く警戒している。, 2008年(平成20年)5月31日、人民軍上層部が「日本の反動勢力は、日本列島がわが革命的武装力の容赦ない打撃圏内にあるということをひとときも忘れてはならない」と警告し敵対姿勢を改めて鮮明にしている。, 日本国内には、北朝鮮のミサイル攻撃への抑止力となる先制攻撃能力と有事法整備を求める世論がある。, 2014年(平成26年)現在、北朝鮮は核弾頭の小型化に成功し、多数のノドンミサイルで日本を核攻撃できる能力を既に備えていることが米韓当局から確実視されており、更に日韓両国を黄海上から核攻撃できる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発もかなり進展しているとされ[72]、日朝の軍事関係は緊張が高まっている。, 日本と韓国とは竹島(韓国名:独島)の領有権問題を抱えている。一方、アメリカ合衆国を介した間接的な協力関係にもある。中曽根内閣時代に日米韓関係の強化が図られ、合同訓練、武官の交換や学生の留学、艦艇の派遣や音楽隊の派遣・招致など防衛交流がある。, 1994年(平成6年)から海上自衛隊と韓国海軍との間で艦艇の相互訪問が開始された。, 2013年(平成25年)日本政府及び自衛隊は国際連合、韓国軍からの要請により韓国軍南スーダンPKO部隊に弾薬1万発を供与した。, 2018年(平成30年)韓国国際観艦式に海上自衛隊の護衛艦の参加を要請されたが、参加条件として自衛艦旗の掲揚を自粛するよう韓国政府から求められたため、日本政府は韓国国際観艦式に参加することを中止した[73]。また、2018年12月20日には Jetzt kostenlos ansehen, Miraculous – Geschichten von Ladybug und Cat Noir, Lost in Space – Verschollen zwischen fremden Welten, Altered Carbon – Das Unsterblichkeitsprogramm, Lego Jurassic World: Die Legende der Insel Nublar, Odd Squad – Junge Agenten retten die Welt, Self Made: Das Leben von Madam C.J. Erfahren Sie mehr über unsere Verwendung von Cookies und Informationen. ]。, 政府見解は憲法9条第2項は「戦力」の保持を禁止しているという解釈のもと、これは自衛のための必要最小限度の実力を保持することを禁止する趣旨のものではなく、これを超える実力を保持することを禁止する趣旨であるとし[117][118][119]、自衛隊のような自衛のための任務を有し、その目的において必要相当な範囲の実力部隊を設けることは憲法に違反するものではないとしている[120]。, これに関連して、政府見解は交戦権を伴う自衛戦争と自衛権に基づく自衛行動とは異なるものであるとし[121]、憲法上自衛権は否定されておらず、国際法上、我が国を防衛するため必要最小限度の実力を行使すること(自衛行動権)は当然に認められているとの立場をとっている[122][123]。ただ、自衛行動の範囲については、2014年(平成26年)7月の閣議決定により集団的自衛権についても密接な関係にある他国への攻撃であり、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある場合などに限って必要最小限度の範囲で行使可能とする憲法解釈の見直しが行われている[111]。, 日本政府の見解は一貫して「自衛隊は、憲法上必要最小限度を超える実力を保持し得ない等の制約を課せられており、通常の観念で考えられる軍隊とは異なるものと考える。 また、自衛隊が国際法上『軍隊』として取り扱われるか否かは、個々の国際法の趣旨に照らして判断されるべきものであると考える[124] 」となっている。, 「国際法上の軍隊」として取り扱われるか否かについては、中山太郎外務大臣の国会答弁において、「自衛隊は、憲法上必要最小限度を超える実力を保持し得ない等の厳しい制約を課せられております。通常の観念で考えられます軍隊ではありませんが、国際法上は軍隊として取り扱われておりまして、自衛官は軍隊の構成員に該当いたします[125]」と述べた。「軍隊」という語は多義的で、防衛庁長官の国会答弁においても、「近代戦を有効に遂行し得る意味の軍隊ではないのでございます。ただ、防衛的の、防衛力を発揮できるという意味におきまして、もし軍隊とおっしゃるならば、おっしゃってもよろしいというのが従来の防衛庁、政府の発言でございます[126]」と述べ、「自衛隊は軍隊か」という問題は、軍隊の定義如何の問題に帰結するのであって重要な問題ではないとしている。, 日本国憲法9条2項後段は交戦権の否認について規定する。政府見解では同項の「交戦権」とは「交戦国が国際法上有する種々の権利の総称」を意味するもので、このような意味の交戦権が同項によって否認されていると解しており[122]、一方で自衛権の行使に当たっては、国際法上、我が国を防衛するため必要最小限度の実力を行使すること(自衛行動権)が当然に認められているのであって、その行使は交戦権の行使とは別のものとして憲法上許容されているという立場をとっている[122][123]。, この点について、1969年(昭和44年)の参議院予算委員会において高辻正己内閣法制局長官(当時)は「あくまでも憲法の第九条二項が否認をしている交戦権、これは絶対に持てない。しかし、自衛権の行使に伴って生ずる自衛行動、これを有効適切に行なわれるそれぞれの現実具体的な根拠としての自衛行動権、これは交戦権と違って認められないわけではなかろうということを申し上げた趣旨でございますので、不明な点がありましたら、そのように御了解を願いたいと思います」と述べている[127]。, 自衛隊の身分がこうした「憲法の解釈」によって保証されているという曖昧な状態に対し、憲法を改正して自衛隊保持を明記すべきという意見もある(憲法改正論議)。, 第二次世界大戦中の軍国主義への反発、戦後の連合国軍占領下でのアメリカによる思想操作、また憲法9条2項に基づく解釈から、軍事的武力組織である自衛隊は違憲の存在として扱われてきた。吉田茂は首相辞任後の1957年(昭和32年)2月初旬頃、吉田邸を訪ねた卒業間近の防衛大学校第一期生の学生3人に対して「君たちは、自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり、歓迎されたりすることなく自衛隊を終わるかも知れない。非難とか誹謗ばかりの一生かもしれない。ご苦労なことだと思う。しかし、自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされる事態とは、外国から攻撃されて国家存亡の危機にある時とか、災害派遣の時とか、国民が困窮しているときだけなのだ。言葉を変えれば、君たちが日蔭者であるときのほうが、国民や日本は幸せなのだ。一生ご苦労なことだと思うが、国家のために忍び堪えて貰いたい。自衛隊の将来は君たちの双肩にかかっている。しっかり頼むよ。」と語ったと、3人の内の一人である平間洋一は証言している[137]。, 日本政府が2006年(平成18年)に行った世論調査では、回答者の84.9%が自衛隊に対する印象が「良い」(「良い印象を持っている」37.9%、「悪い印象は持っていない」47.0%)とし、過去最高を記録した[138]。また、内閣府所管の世論調査機関である中央調査社が2008年8月に行った調査[139] によれば、自衛隊は調査対象となった組織のうち、医療機関と並んで最も信頼度が高かった[139][140]。, さらに、2012年(平成24年)1月の世論調査では、「良い印象を持っている」とする者の割合が91.7%(「良い印象を持っている」37.5%+「どちらかといえば良い印象を持っている」54.2%)、「悪い印象を持っている」とする者の割合が5.3%(「どちらかといえば悪い印象を持っている」4.5%+「悪い印象を持っている」0.8%)となっていて、前回の調査結果と比較して見ると、「良い印象を持っている」(80.9%→91.7%)とする者の割合が上昇している[141]。, 2012年(平成24年)3月10日、内閣府が公開した「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」では、東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)での自衛隊の活動を評価するとした回答は97.7%、自衛隊に好印象を持つという回答も91.7%で、過去最高を記録した。災害派遣活動を「全く評価しない」とした回答はゼロであり、東日本大震災における自衛隊の活動が多くの国民に認知された形となった。他、自衛隊の存在目的では、中国軍の軍備増強による影響で「外国からの侵略防止」が78.6%となり、前年比8%増加した[142]。, 2012年(平成24年)4月30日、FNNは世論調査を行い、憲法改正をした場合、「自衛隊の位置づけを明確にするべきだ」と「思う」は71.7%、「集団的自衛権を認め、明文化するべきだ」と「思う」は62.1%だった[143]。同年6月5日にアメリカの世論調査機関ピュー・リサーチ・センターが発表した調査によると、「日本国民の約89%が自衛隊は国の方向性に良い影響を与えている」と回答した[144]。, 「その他」は国家の承認を得る国が少ない、または無い国であり、国際連合非加盟。国家承認を得た国連非加盟の国と地域の一覧・独立主張のある地域一覧も参照。 自衛隊. Großartige Unterhaltung wird nicht nur im Kino geboten. 一方、1995年(平成7年)3月の地下鉄サリン事件と合わせ、自衛隊の危機管理における機能が注目され、国民の自衛隊に対する好感が震災以前と比べて格段に高まり、自衛隊が必要であるという世論も大きくなった。 tv番組・ドラマ. Indem Sie auf „Akzeptieren“ klicken, akzeptieren Sie die Verwendung aller Cookies und Ihrer Informationen für die oben genannten Zwecke. Erfahren Sie mehr über unsere Verwendung von Cookies und Informationen. Netflix und Drittanbieter verwenden Cookies (warum?). でもその理由ってもう働きたくないから、という方も当然いますが今と同じ条件では働きたくても働けないからという理由で辞める人が大半なのではないでしょうか?, 育休も取れ、なおかつ仕事に復帰後しばらくは時短勤務が可能であるなど融通のきく会社は少ないです。, 藤さんは日本初の旅客機の女性機長になった方ですが、日本初の女性パイロットの誕生はもう少し前になります。, 飛行学校で操縦や整備を学んだ兵頭さんですが、当時は女性が飛行学校に入る事自体がめずらしく在学中から注目を浴びていました。 櫻井翔 松本潤 二宮和也 相葉雅紀 大野智 アラフェス, パズドラ初心者です。 1 ヨーロッパにも分類され得る。, この朝日新聞の指摘に対しては、直近に行われた調査結果である「6割」(違憲にあたる+可能性がある)と安倍晋三発言の「7割」では大した違いではなく、屁理屈の言い訳の揚げ足取りに過ぎず、なにより日頃自衛隊を否定するような意見を出しておきながら、なぜ「自衛隊廃止論者」であるとみられることに反発するのか理解に苦しむという見方も存在する, このうち遂行不能説においては憲法9条第1項の趣旨を受けて同条第2項により「戦力」の不保持が定められている結果として全ての戦争が放棄されていると解釈するため、この立場をとる場合には憲法9条2項によって保持できないとされている「戦力」がどの程度の実力組織を指すとみるべきかという点が特に重要となる, 自衛隊が日本国憲法第9条にてその保持が禁じられている「陸海空軍その他の戦力」に当たるか否かに関しては長らく議論が交わされてきた。現在の通説では戦力を“軍隊および有事の際にそれに転化しうる程度の実力部隊”と解釈し、目的と実体の二つの側面から「軍隊」と「警察力」を区別する。後者を越えるものが「戦力」に該当すると考える者もいる。現在自衛隊が保持している戦闘艦や戦車、ミサイルなどの武力を考えれば、有事の際に軍隊に転化しうる戦力に該当するといわざるを得ず、自衛隊は日本国憲法9条2項の戦力に該当し、違憲であると主張する者もいる, 自衛隊法第3条第1項は、自衛隊を「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる」組織であると表現している。, 「自衛隊」の定義について規定する自衛隊法第2条第1項には「政令で定める合議制の機関並びに防衛省設置法(昭和二十九年法律第百六十四号)第四条第二十四号又は第二十五号に掲げる事務をつかさどる部局及び職で政令で定めるものを除く」との除外規定が含まれており、防衛省に属する機関のうち独立行政法人評価委員会、防衛人事審議会、自衛隊員倫理審査会、防衛調達審議会、防衛施設中央審議会、防衛施設地方審議会、捕虜資格認定等審査会、防衛省地方協力局労務管理課については「自衛隊」の範囲から除外されている(自衛隊法施行令第1条第1項・第2項)。従って、「自衛隊」と「防衛省」とでは組織の範囲が完全に一致するわけではない。, 朝日新聞「自衛隊50年」取材班 (著) 『自衛隊 知られざる変容』 朝日新聞社 p.3-4, 読売新聞。新聞記事内ではアメリカ陸軍大学戦略研究所の2007年版「中国の核戦力」を出典とする, 少将 (フランス海軍は中将) を軍人の恒久的な最高位の階級とし、それより上は役職に応じた地位としているアメリカ軍やフランス軍などの例もある。, 但し、海将の袖章は今日までと同じ1本の金太線と2本の金中線であり、肩章も1960年3月まで袖章と同じデザインであった。, 1999年(平成11年)9月13日、参議院予算委員会における大森政輔内閣法制局長官の答弁, 1999年(平成11年)3月15日、参議院外交・防衛委員会における秋山收内閣法制局第一部長の答弁, 樋口陽一・佐藤幸治・中村睦男・浦部法穂『注釈日本国憲法上巻』(1984年)青林書院、177頁, 1999年(平成11年)9月13日、参議院予算委員会における大森内閣法制局長官の答弁を参照, 1969年(昭和44年)2月22日、参議院予算委員会における高辻正己内閣法制局長官の答弁, Military Expenditure and Arms Production>data on military expenditure>The 15 major spender countries in 2018(table), World Factbook>Country Comparison>Military expenditures, SIPRI Programme on Military Expenditure and Arms Production>SIPRI Data on Military Expenditure>SIPRI Military Expenditure Database, https://www.sankei.com/politics/news/130330/plt1303300023-n1.html, http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/295523, http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120420/k10014603091000.html, http://mytown.asahi.com/kumamoto/news.php?k_id=44000001203300002, http://web.archive.org/20120306002058/hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20120305-OHT1T00249.htm, http://www.jsgoal.jp/official/00134000/00134254.html, http://www.wasedasports.com/shooting/120510.php, https://www.sankei.com/politics/news/140618/plt1406180004-n1.html, http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010051901001178.html, http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100519/plc1005192103014-n1.htm, http://sankei.jp.msn.com/world/news/120222/amr12022217590005-n1.htm, http://www.asahi.com/articles/ASH7C66JTH7CUTFK00D.html, http://www.asahi.com/politics/update/0410/TKY201204100557.html, https://www.sankei.com/politics/news/130302/plt1303020004-n1.html, British troops exercise in Japan for the first time, http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0EAE2E1878DE0EAE2E0E0E2E3E08297EAE2E2E2, http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM29005_Z21C13A2MM8000/, http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012030301001471.html, http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120424/plc12042408000008-n1.htm, “フィリピン台風被害 自衛隊「サンカイ作戦」同行取材 駐在官の情報基にきめ細やかな支援”, http://www.asagumo-news.com/homepage/htdocs/news/newsflash/201312/131227/13122701.html, 防衛省・自衛隊:大臣臨時記者会見概要 平成28年5月2日(17時47分~18時00分), http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20120223ddlk42040459000c.html, http://www.asagumo-news.com/news/201203/120301/12030109.html, http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012070601002061.html, 情報及び資料の保護に関する日本国政府と北大西洋条約機構との間の協定(略称:日・NATO情報保護協定),日本国外務省, https://www.mod.go.jp/msdf/navcol/SSG/topics-column/col-012.html, https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50952570T11C19A0PE8000/, https://mainichi.jp/articles/20191021/k00/00m/030/194000c, http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120312/plc12031223050013-n1.htm, “【朝鮮半島ウオッチ】金正恩政権の武器がイスラム国に渡っている…核弾道小型化成功情報も「2015恐怖のシナリオ」”, https://www.sankei.com/premium/news/141223/prm1412230019-n1.html, https://www.sankei.com/politics/news/181005/plt1810050045-n1.html, http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080313/plc0803131934007-n1.htm, http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-101095-storytopic-86.html, http://www.taiwanembassy.org/ct.asp?xItem=144115&ctNode=3591&mp=202, http://www.mod.go.jp/j/press/news/2010/06/24a.html, http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014040101124, http://mainichi.jp/select/news/20140404k0000m010138000c.html, http://www.asahi.com/articles/ASG436F94G43UTFK01M.html, http://www.asahi.com/topics/word/%E5%AE%89%E4%BF%9D%E6%B3%95%E6%A1%88%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88.html, “(ファクトチェック 2017衆院選)憲法学者の4割「自衛隊は違憲」、15年調査”, http://digital.asahi.com/articles/DA3S13166350.html, https://kotobank.jp/word/%E9%81%95%E6%86%B2%E7%8A%B6%E6%85%8B-685402, http://www5.sdp.or.jp/special/kenpo/49teruya.htm, https://www.sankei.com/west/news/160720/wst1607200007-n1.html, 大田区主催・後援等の行事、イベント等への自衛隊参加の中止を求める申し入れを行いました, NHKスペシャル 60年目の自衛隊~現場からの報告~ - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス, http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3003L_Q4A630C1MM8000/, http://www.nishinippon.co.jp/wordbox/word/7745/10511/, 内閣参質一〇三第五号 参議院議員秦豊君提出自衛隊の統合運用等に関する質問に対する答弁書 - 1985(昭和60)年11月5日, 平成11年6月23日から7月3日までの大雨による被害状況について(第47報)消防庁, http://www.mod.go.jp/j/library/bouei-mondai/1-index.htm, http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120311/plc12031101020000-n1.htm, http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00222314.html, http://jp.wsj.com/japanrealtime/blog/archives/11672/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=自衛隊&oldid=80276266, 外部からの侵略に対しては、将来国際連合が有効にこれを阻止する機能を果たし得るに至るまでは、, 将官に関しては、上記のほかに補職によりアメリカ軍の准将~大将の取り扱いを受ける、いわゆる対外的な階級区分が内在している, 自衛官募集相談員を務めた人物の証言によれば、自衛隊創設直後は、一部市民から石を投げられたりするため、自衛官は, 自衛官の配偶者や子供の中には差別を恐れ、配偶者や親の職業を隠さざるを得なかった例もある, 自衛隊の公共施設使用に対する、法的根拠のない妨害や抗議。例:自衛隊音楽会で市民会館を使用しようとしたところ市民団体「.