トライアル競走(トライアルきょうそう)とは、公営競技の主要競走の出走順位の決定、あるいは優先出走権獲得を目指すいわゆる予選相当の競走のことをさす。単にトライアルと表記する方が多い。 No.1競馬サイト「netkeiba.com」が菊花賞(G1)2020年10月25日京都の競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・出走予定馬・払戻・注目馬・見どころ・調教・映像・有力馬の競馬最新情報をお届け! 東大ホースメンクラブ 約30年にわたる伝統をもつ東京大学の競馬サークル。現役東大生が日夜さまざまな角度から競馬を研究している。現在「東大ホースメンクラブの愉快な仲間たちのブログ」でも予想を公開中。, ISMS認証登録番号:ISO/IEC 27001認証取得 No.ISA IS 0311. 夏競馬もいよいよ最終週となった。9月に入ると菊花賞トライアルのセントライト記念・神戸新聞杯、秋華賞トライアルの紫苑S・ローズSが行われる。4レースはいずれも牡牝三冠最終戦への切符をかけたレースだ。過去10年のデータをひもとき、菊花賞・秋華賞の好走条件を探る。, 秋華賞はトライアルを使った馬が連対馬20頭中16頭を占めるなど中心。しかし菊花賞と違うのはトライアルで4着以下だった馬が2勝するなど活躍していることだ。 《ライタープロフィール》 菊花賞 (きっかしょう )は、日本中央競馬会 (JRA)が京都競馬場で施行する中央競馬の重賞競走 (GI)である。 たとえ優先出走権を獲得できなくてもそれだけで見限るのは悪手と言える。以下の表はトライアルで人気を裏切った後、本番で巻き返した6頭のデータだ。, 優先出走権を得られなかった馬で馬券になった計6頭。そのうち、13年3着のリラコサージュを除く5頭は①前走と同騎手、②5番人気以内、③GⅠもしくはGⅡの連対経験あり、の3条件を満たしていた。トライアルでよもやの凡走を喫し、手頃な人気になった場合はむしろ狙い目といえる。ちなみにこの3条件を満たしていた馬は過去10年で13頭いて、該当馬は連対率31%・複勝率39%を記録。複勝回収率も100%を超えている。, 今年の菊花賞はロジャーバローズの電撃引退でダービー馬不在となり、混戦ムードの中行われることが濃厚になった。過去10年でダービー馬がトライアル・菊花賞ともに出走しなかったのは半数の5例。, 5例のうち4例に共通しているのは、トライアル勝ち馬がそのまま菊花賞も制している点。この条件下において、トライアル勝ち馬の菊花賞成績は【4-0-1-4】。4割を超える勝率をマークしており、ダービー馬がトライアルに出走した他の5例【1-1-0-5】と比較すると違いが一目瞭然だ。つまり、今年のトライアル勝ち馬は例年より、菊花賞でも信頼が置ける存在ということになる。 本番を的中させるための重要なヒントとなるトライアル競走。最後の一冠を手にするのは春のクラシックを沸かせた実績馬か、はたまた夏に力をつけた新興勢力か。激戦を期待したいところだ。 Copyright© SPAIA | スポーツデータAI予想解析メディア All Rights Reserved. gⅠ獲得は、騎手はもちろん、厩舎側サイド、馬主等、競馬に関っている人なら誰でも目標とするところです。ですから、同じ目標を持つもの同士がしのぎを削りながら目指しているその過程も重要で、どのようなレースを経てきたかがカギを握ります。有力馬ともな サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。. 夏競馬もいよいよ最終週となった。9月に入ると菊花賞トライアルのセントライト記念・神戸新聞杯、秋華賞トライアルの紫苑s・ローズsが秋競馬の始まりを告げる。4レースはいずれも牡牝三冠最終戦への切符をかけたレースだ。過去10年のデータをひもとき、菊花賞・秋華賞の好走条件を探る。