ゴールドドリームは、父ゴールドアリュール×母モンヴェール(母の父フレンチデピュティ)。3代母Statisticはジェイドロバリーの全妹にあたり、ジェイドロバリーといえば2014~2016年まで3年連続で好走したクリノスターオーの母の父でもある。ゴールドアリュールの母の父Nureyevとも同牝系の間柄で、同じ父の産駒で母系でもSpecialの血を引くパターンは2016年・3着、2017年・2着のクリソライトがいるだけに高齢でも侮れない。 東京11R 芝左2400m ... 2020年3月8日開催となる弥生賞ディープインパクト記念の予想を行っていきます。過去10年間のレースデータを基に傾向を探りつつ、消去条件などを決めていきますので、ご参考までにm(__)m ターコイズ... エリザベス女王杯2020予想【消去法】(阪神開催)過去10年間の傾向データと外厩情報. 本命予想 2019年9月22日(日)開催予定の神戸新聞杯の予想をしていきます。今回の記事で過去のレース傾向を確認し、次回の記事で勝ち馬のデータなど馬券に絡んだ馬の傾向を基に消去法を使って予想を組み立てていきます。 (文・シンヤカズヒロ), 第20回(2013年)に1月から5月に開催が移った京都のダート中距離重賞。第2回(1995年)の勝ち馬ライブリマウントは、翌年に日本調教馬として初めてドバイワールドカップに参戦(結果は6着)。第4回(1997年)はトーヨーシアトルとシンコウウインディによる同着という、珍しい決着を見た。なお、後者は次走のフェブラリーステークスを制し、G1馬の仲間入りを果たしている。ほか、G1馬もしくはのちのG1馬の勝利は、第11回(2004年)のタイムパラドックス、第20回(2013年)のニホンピロアワーズの例がある(地方交流G1を含まない)。, 会員登録(無料)するだけで、予想的中に役立つさまざまなサービスを無料で利用できます。, 平安ステークス2020レース結果・払戻:1着オメガパフューム(5.3倍)2着ヴェンジェンス(8.6倍)3着ゴールドドリーム(4.3倍). ウマニティに会員登録(無料)すれば、高精度スピード指数・U指数を重賞全レースでチェックできるほか、全国トップランカー予想家たちの予想閲覧、あなただけの予想ロボット作成機能など、予想的中・予想力アップに役立つ20以上のサービスを無料で利用することができます。, ◆アシャカトブ・小笠師 「反応、息遣いともに良かった。今回の舞台条件は悪くない」 ◆アッシェンプッテル・堤厩務員 「まずまずの仕上がり。前走のように外を回したい」 ◆ヴェンジェンス・菊沢助手 「馬場が悪く無理はしなかったようですが、順調にきています。自分の競馬でどこまで」 ◆オメガパフューム・安田翔師 「いい雰囲気。次(帝王賞)につながる、いい競馬ができれば」 ◆ゴールドドリーム・平田師 「7歳だけど衰えとかは感じない。コースも問題ない」 ◆スマハマ・猿橋助手 「ここ3週、しっかりと追い切ることができた。チークピーシズをつけて臨みます」 ◆スワーヴアラミス・須貝師 「良くなっているし、自分から動ける点は強みだね」 ◆ダンツゴウユウ・谷師 「仕上がりはいい。距離はもう少し短い方がいいかもしれないが、最近は折り合いがスムーズだからね」 ◆ハヤヤッコ・国枝師 「状態はまずまず。もまれなければ」 ◆ヒストリーメイカー・新谷師 「動きは良かった。ダート馬でも硬さがなく、いい馬」 ◆ヒロブレイブ・釘田助手 「具合は変わらず。重賞でペースが流れる方がいい」 ◆ミツバ・加用師 「元気いっぱい。ここでいいレースをして帝王賞へ」★平安Sの出馬表はこちら 調教タイムも掲載, 開催時期が5月に移動して距離も1900mに変更された、2013年以降の1~3着延べ21頭の所属を確認すると、すべて栗東所属馬。美浦所属の馬は疑ってかかるべきだろう。, 2013年以降の3着以内馬の馬齢をみると、4歳から8歳まで幅広い。ただし、7~8歳で馬券に絡んだ馬には、いずれもダートのG1/Jpn1で5着以内の経験があった。その点には注意を払いたい。, ダート重賞らしく馬格のある馬が優勢。2013年以降、前走(国内のレースに限る)の馬体重が470キロ未満だった馬で複勝圏に入ったのは、2019年3着のオメガパフューム1頭のみ。該当馬に手を出すのはリスクが高い。, 2013年以降、前走が準オープンだった馬は【0.0.0.13】。前走条件クラス出走馬が、上位争いに食い込むのはかなり難しい。, 2013年以降の3着以内延べ21頭は、例外なく同年の2月以降に1戦以上を消化していた。前走が1月以前だった馬は割引が必要となる。, U指数は、ウマニティが独自に開発した競走馬の能力値「スピード指数」で、その精度の高さから多くのユーザーに支持されています。ウマニティに会員登録(無料)すると重賞レースの出走予定馬全頭のU指数をご覧いただけますので、是非お試しください。, 2014年以降、指数3~6位が5勝を含む7連対と好調。京都ダートで3着以内の経験がない馬(京都ダート未経験の馬を除く)を省くと、好走率は一段と上昇する。, 低指数馬の台頭がちょくちょくあるため軽くは扱えないが、指数97.0未満同士のワンツー決着はゼロ。低指数馬同士を組み合わせた2連勝馬券は控えたほうがいい。, 2014年以降、指数96.0未満で馬券に絡んだ馬はいずれも4~5歳馬。指数96.0未満の6歳以上は、まとめて軽視するのもひとつの手だろう。 葵ステークス(2020)データ分析! 2020年5月30日3回京都11日目 第3回葵ステークス(重賞)京都芝1200m 3歳 別定 葵ステークスは2018年に新設された3歳スプリント重賞。 それまではOP特別として行われてい … 2018年に重賞へ格上げされた3歳スプリントの「葵ステークス」。2009年まで京都の芝1400mで行われておりましたが、2010年に1200mへ変更となりました。重賞格上げに伴い賞金が上がったこともあり、これからレースの 名牝への第一歩を踏み出したい。 2017年12月10日、阪神競馬場で阪神ジュベナイルフィリーズ(GI/芝1600m)が行われる。近年の優勝馬... チャンピオンズカップ2018の競馬予想分析!ルヴァンスレーヴ、優勝への三要素とは?. 2020年5月30日、京都競馬場で葵ステークス(重賞/芝1200m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。 馬券を買う上で特に重要なのは「どの … 2020年6月7日開催の安田記念を消去法を使って予想していきます。直近10年間のデータを参照し、傾向や消去条件を決めていますのでご参考までにm(__)m本命予想↓↓↓↓穴予想↓↓↓↓※最終予想で変更となる可能性もあります安田記念2020のレ ┗三連複BOX:10点×1000円 ↓↓↓↓ 消去法予想記事を更新しました 基本的にはSecretariatやSeattle SlewといったBold RulerとPrincequilloをベースにしたダート血脈を評価できる傾向にあり、2015年にインカンテーション(父シニスターミニスター)が好時計で勝利を収めるほか、2018年クインズサターン(父パイロ)は5人気3着、2013年にはアメリカンウィナー(父Bernardini)が12人気4着と激走するなど、A.P. アシャカトブは、父シニスターミニスター×母ヴェリタスマリコ(母の父キングカメハメハ)。近親に2002年NHKマイルC勝ち馬テレグノシスがおり、母のいとこには2013年マーチS・3着のフレイムオブピースがいる血統。父の産駒は2015年にインカンテーションが勝ち馬となっており、2代母の父ダンスインザダーク経由でDinner Partnerの血を引く点も興味深い。4歳馬の大駆けが目立つ傾向からもマークしておきたい存在だ。 2020年6月7日開催の安田記念を消去法を使って予想していきます。直近10年間のデータを参照し、傾向や消去条件を決めていますのでご参考までにm(__)m, 【おすすめ直近の的中】 地方競馬ファンが待ちに待った復帰! 火曜の金沢10R・千里浜砂像特別で金沢競馬現役最強馬・ナムラダイキチが復帰戦を勝利しました。 3歳時に中... 阪神ジュベナイルフィリーズ2017の競馬予想分析…ソシアルクラブ、4つの期待と3つの不安. ↓↓↓↓ 葵ステークスの過去のレースを分析し、騎手、馬の順位、勝率、連対率、複勝率、前走情報を掲載。レース直前の木曜日の夜に出馬情報、予想、オッズ、買い目、馬場、コース分析情報を掲載。 競馬予想のウマニティが平安ステークス2020を徹底予想!出走予定馬の最新情報・過去10年の結果(動画)・データ分析・レース傾向・無料予想・プロ予想・オッズ・u指数などの情報満載! 2018年12月2日、中京競馬場でチャンピオンズカップ(GⅠ/ダート1800m)が行われる。 最大の注目は、3歳のルヴァンスレーヴ。ここまで... 2018年6月10日、東京競馬場でエプソムカップ(GⅢ/芝1800m)が行われる。グリュイエールは、もともとクラシック候補としても名前が挙が... 2019年3月2日、阪神競馬場でチューリップ賞(GⅡ/芝1600m)が行われる。今回の予想考察では、過去10年のデータと傾向を振り返って軸馬... 2017年12月24日、中山競馬場で有馬記念(GI/芝2500m)が行われる。キタサンブラック、スワーヴリチャード、シュヴァルグラン、ミッキ... オーストラリアの豪州のロイヤルランドウィック競馬場で4月4日に行われるドンカスターマイル(GI/芝1600m)にリアルインパクト(牡7)とワ... 2019年1月6日、京都競馬場でシンザン記念(GIII/芝1600m)が行われる。JRAは開催に際し、出走馬と枠順を確定した。 今回は発表さ... 3連複の買い方!あなたは1、2、3番人気が全頭馬券から消える確率を知っていますか?. 穴予想 記事執筆時点では発表となっていないデータもある... 2020年8月2日開催となるクイーンステークスを消去法を使って予想していきます。過去10年間のデータを基にして、消去条件を決めていくので、ご参考までにm(__)m ヴェンジェンスは、父カジノドライヴ×母スペシャルクイン(母の父スペシャルウィーク)。年を重ねるにつれて距離適性が伸びたのか、みやこSで重賞初制覇。A.P.Indy系種牡馬のカジノドライヴ産駒であるとともに、母系でもChief's Crown経由でSecretariatの血を引く。血統からも京都はベストコースで、ひと雨降れば更に良い。 過去データを基に、主に消去法を使った予想を毎週公開しています。TwitterやYoutubeもやっているので、宜しければフォロー、チャンネル登録などして頂けると嬉しいです♪, 過去レースのデータから傾向を探り、消去法を使った推奨馬や外厩、騎手適性、過去馬券データなどの情報を公開しています, タワーオブロンドン,ノームコア,ペルシアンナイト,ミスターメロディ,ロードクエスト,ヴァンドギャルド,ケイアイノーテック,ストーミーシー. Indy系種牡馬の産駒が活躍することにも頷ける部分がある。 オメガパフュームは、父スウェプトオーヴァーボード×母オメガフレグランス(母の父ゴールドアリュール)。ダート馬としては小柄なタイプではあるが、1900m以上の距離でパフォーマンスを上げているようにスタミナは申し分なし。昨年は59kgを背負いながら大外から早めに捲る強気な競馬で見せ場十分の3着。リピーターが目立つ傾向からも軽視はできず、昨年ほどタフな馬場にならなければ前進も見込めるだろう。 2020年5月30日、京都競馬場で葵ステークス(重賞/芝1200m)が行われる。今回は過去のデータやレース傾向を振り返り、当レースの危険な人気馬を予想していく。, 馬券を買う上で特に重要なのは「どの馬を買うか」ではなく「どの馬が消しか」を見極めることだ。, 人気馬を「買わない」と判断できれば、余った資金を軸馬の買い足しや穴馬の追加購入に回すことができる。そして人気馬が馬券圏外になれば配当が跳ね上がる。, 「人気だから押さえようかな」と毎回人気馬を買ってしまうと回収率は落ちていく。だからこそ「買わない人気馬」を見つけることがカギになってくるのだ。, 果たして、人気が想定されるエレナアヴァンティ、アルムブラスト、ケープコッド、ビアンフェ、ワンスカイらの中で危険なのはどの馬なのか。しっかり考察していこう。, 重賞に昇格したのは2018年だが、オープン時代を含めた過去10年のデータを参考にする。, 過去10年のデータを見ると、1番人気は3勝、2着は1回、3着はなし。重賞になってからも傾向はそんなに変わらないため、人気の信頼度はそこまでではない。, オッズ的には伏兵馬が結構来やすい。ただ、2倍台までの馬は過去10年で3頭おり、すべて勝利。今年はダントツ人気が想定される馬がいるだけに、どうか。, 3歳牝馬が夏のスプリント戦線を見据えてギアを上げる最初の時期というのもあるのか、牝馬が明らかに優勢であることがうかがえる。, 桜花賞の惨敗組、橘ステークスで3着から5着だった馬、このあたりが狙い目としては面白く、目をつけにくい部分と言える。, 該当するのは、ケープコッドのみ。エレナアヴァンティは7番人気でマーガレットステークスを勝っており、これが物足りない。, 牡馬の斤量は56キロ、牝馬は54キロの葵ステークスだが、去年は斤量がそれぞれ1キロ増えた馬が3着までを独占している。穴を開けてるのはいずれもこのタイプだ。, 裏を返せば、人気馬の斤量増はあんまりうまみもなく、不安要素が強い。今年の該当馬は3頭だが、穴馬になりそうなのはマイネルグリットで、エレナアヴァンティ、ビアンフェはどうか。, ビアンフェの場合は、人気になるほど走れているわけではなく2歳戦のお釣りがある。エレナアヴァンティはマーガレットステークス以外がパッとしない, 上がり3ハロン1位の馬が差し切れるという環境ではなく、前目の馬が押し切るようなケースが多く、豪快な差し切りは展開次第の部分が大きい。, 前を主張したい馬が多いので、今年は展開が早く、後ろの馬でも差せる環境にもしかするとなるかもしれない。, 元々1列後ろでレースをする事が多い、ケープコッドが面白いか。ここでもエレナアヴァンティが引っかかる。もうおのずと結論は出たか。, エレナアヴァンティは人気になる見込みだが、マーガレットステークスだけで結果を出している点が少し引っかかる。結果を出したのは2歳の夏まで、マーガレットステークスは展開がハマっただけと考えると、ここで上位を狙うのは厳しいかもしれない。葵ステークスの好走条件に合致せず、危険な人気馬の一頭になりそうだ。, また、ビアンフェは2つ目の消しデータに合致している。2歳重賞で勝ち負けだったタイセイビジョンが一定の成績を残した分、人気が上がったパターンだが、休み休みに使わざるを得ないのが痛い。, 反対にケープコッドは危険なデータに一つも当てはまらない。桜花賞の惨敗は馬場が原因だろうが、惨敗とは言うものの、シンガリ人気だったわけだから13着でも十分。元々は1200で結果を出しており、距離短縮はむしろプラスだ。人気馬の中で最も不安要素が少ないのが、ケープコッドと言えそうだ。, ※写真提供は随時募集しております。お問い合わせフォームからご連絡いただければ幸いです. ↓↓↓↓ ※最終予想で変更となる可能性もあ... 2019年12月14日開催となるターコイズSの予想を行う為、過去のレースデータを参考に傾向を探っていきます。データは過去10年分をピックアップしていますので、ご参考までにm(__)m ■11月8日(日) ┗結果:2-5-3 ┗払戻し:22,200円(回収率222%), 1着1人気が1.4倍と低オッズだった為、配当は20倍程度ですが、2着以下が4~5人気と中穴を的確に狙った買い目で見事に回収率200%超。無料で貰える情報の精度としては充分ですね。, 10月を通してみても毎週的中を重ねており、穴をしっかり的中させ、無料の情報としてはかなり高い5万円以上の配当も出ています。今後毎週欠かさずチェックしておきたい内容です(笑), 直近の10年間では荒れる結果となる事も多く、特に2015年以前は10人気以下も多く馬券内となっています。直近でもこの4年間は人気薄馬が1着となる事が多くGⅠの中ではかなり荒れ傾向の強いレースと言えます。, 今年については実力馬が多く登録しており、人気上位馬はどれも一線級の馬ばかりとなっていますので、混戦模様となりそうです。, 過去10年間では1人気の複勝率は高めで60%と信頼度はまずまずです。3人気も50%と高い数値ではありますが、こちらは過去1着は一度ないという結果になっています。, ただ全体的に馬券内となった馬はばらけており、8~9番人気が5度連対しているなど、低人気馬の激走もある為、人気薄馬も軽視はできないレースと考えられます。, 枠別では5枠の勝率が突出して高く、4度の1着で勝率20%という結果になっています。複勝率では1枠の26.3%が最も高いですが、1着は一度もありません。, 5枠の1着と4枠を除くと顕著な差は少なく、有利不利はやや見えにくい結果となっています。, 前走着順では1着だった馬の勝ち傾向は強く、勝ち馬の傾向としては前走で4着以内だった馬となりそうです。, また前走10着以下と大敗した馬についてはほぼ馬券外となっていますが、今年の登録馬では前走10着以下の大敗馬は該当がありません。, こちらも前走着順と同様に、前走で4人気以内だった馬の勝ち傾向が強めとなっています。10人気以下だった馬については[0-0-0-15]という結果になっていますが、登録馬での該当はありません。, 前走クラスではOPEN、GⅢからの出走となる馬の勝率が高めとなっており、出走数は少ないながら過去4勝という結果になっています。登録馬では唯一クルーガーのみが前走GⅢでこちらに該当をしています。, 前走距離では最も馬券内が多いのは前走1800mだった馬の数値が高めで、複勝率で36.4%となっています。また2000mからの出走となる馬も複勝率はやや高めとなっている為、前走がこの辺りの距離に該当する馬は伏兵馬として考えていけそうです。, 前走開催地では東京競馬場だった馬は数値としては低めですが、過去9度の連対があり勝ち傾向があります。次点で出走数の多い京都や阪神は複勝率では高めとなっていますが、連対率ではやや低い為、勝ち傾向としてはやや弱めと考えていいでしょう。, 前走着差で注目したいのは前走1.0秒以上の負けとなった馬で、合計[0-0-0-23]となっており、全て馬券外です。後述の消去条件で触れますが、直近の5年間のみのデータでみた場合、0.5秒以上の負けもそのほとんどが馬券外となっている為、前走で着差のついた負けを経験した馬についてはやや信頼度が低めと考えられます。, 馬齢別では8歳以上の馬が全て馬券外となっていますが、それ以外では複勝率で大きな差が見られないという結果となっています。, 8歳馬のクルーガーはこのデータから消し候補となりますが、その他の馬については馬齢での評価は難しそうです。, 所属別では美浦所属馬が栗東の半分ほどの出走数ながら馬券内となった数はほぼ同一という結果となっており、かなり美浦所属馬の勝ち傾向が強い事がわかります。, 今年の人気上位が予想される馬でもアーモンドアイ、ダノンキングリー、グランアレグリアなどは美浦所属となる為、評価としてもプラスと考えられます。, 下記データが今回の消去条件とクリア馬です。