ロッテ、西巻賢二の背番号「68」を発表 「気持ち新たに心機一転、頑張ります」 ロッテは18日、楽天を戦力外となりテスト入団し西巻賢二内野手の背番号が「68」に決まったことを発表した。 | アプリ一覧 球団: 背番号: 選手名: ポジション: 背番号情報: 選手名情報: その他備考: 巨人: 0: 増田 大輝: 内野手: 63から変更 巨人 | 西巻 賢二(にしまき けんじ、1999年4月22日 - )は、福島県会津若松市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。 new! Copyright © Full-Count. (1950年〜1951年), 石鉢 勝美 . このサイトについて | (1979年〜1988年), 柴田 竜拓 タイガース, 野球丼 (2014年〜2018年), 渡辺 直人 試合実況 ロッテ、西巻賢二の背番号「68」を発表 「気持ち新たに心機一転、頑張ります」 ロッテは18日、楽天を戦力外となりテスト入団し西巻賢二内野手の背番号が「68」に決まったことを発表した。 ファイターズ nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。, nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。すべての. (2017年〜2018年), 浅村 栄斗 (2014年〜2018年), 福山 博之 現役 | ロッテは18日、楽天を戦力外となりテスト入団し西巻賢二内野手の背番号が「68」に決まったことを発表した。 西巻は2017年にドラフト6位で楽天に入団。ルーキーイヤーの18年には25試合に出場し打 … 2019年12月18日 閲覧。 ^ ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2018年10月1日号 p.44. ドラゴンズ (1951年〜1953年), 小俣 秀夫 (2016年〜2018年), 吉持 亮汰 辰己涼介外野手 7→8 「楽天で伝説の背番号にしたい。死に物狂いでやる」 森原康平投手 52→13. (2019年12月18日). (1938春年〜1939年), 良川 昌美 (2011年〜2018年), 枡田 慎太郎 2018年には、春季キャンプから一軍へ帯同すると、オープン戦11試合に出場。レギュラーシーズンの開幕は二軍で迎えたものの、6月17日の対阪神タイガース戦(楽天生命パーク宮城)8回表から遊撃手として一軍公式戦にデビュー。 (1946年〜1948年), 森 雅功 千葉ロッテマリーンズ所属 ホークス 掲載情報の著作権は提供元企業等に帰属します。 球団一覧 | (1953年〜1953年), 村田 和哉 ^ “西巻選手 背番号決定について”. マリーンズ イーグルス ゲーム ^ 楽天 ドラ6・西巻賢二は頭脳 … | ロッテは18日、楽天を戦力外となりテスト入団し西巻賢二内野手の背番号が「68」に決まったことを発表した。, 西巻は2017年にドラフト6位で楽天に入団。ルーキーイヤーの18年には25試合に出場し打率.247をマーク。今季は2試合の出場にとどまり、シーズン後に戦力外となり育成契約を打診されたが断り、テスト入団でロッテに支配下選手として契約していた。, 西巻は球団を通じ「気持ち新たに心機一転、頑張ります。明るく元気にアピールをしてチームの勝利に貢献できる選手になりたいです」とコメントした。(Full-Count編集部). お客様のブラウザはジャバスクリプト(JavaScript)に対応していないか無効になっています。詳しくはサイトポリシーをご覧ください。, プロ野球選手の顔ともいえる背番号。今オフも背番号が変わった選手がいる。移籍先で新しい番号を付ける選手も。新人選手は初めての番号をもらった。新背番号をまとめてみました。(支配下登録選手のみ), 「来年は3という数字が多くなる。3連覇、3年連続ホームラン王という意味でいいんじゃないかと思います」, 「(18年につけていた)稼頭央さん(松井2軍監督)にはつけさせてもらいますと連絡させてもらいました。頑張ってほしいと言ってもらった。素晴らしい選手がつけてきた番号。自分のプレーを来年も思い切って続けていきたい」, 「バレンティンがたった1人で日本にやってきて、背番号4で活躍する姿をずっと見てきました。球団の方からは『4番は川島君につけていてほしい』と言っていただきましたが、僕とバレンティンと2人で話し合いをし、彼をリスペクトしているし、ホークスでもその姿を見せてほしいという思いから背番号を譲る決心をしました。ファンの皆さんには、僕の新しい背番号を覚えてもらって、99の川島グッズを買ってほしいです。そのために、バレンティンと一緒にしっかり頑張りたいです」, 「2年前に野村さんからつけてくれと直接言われて意識するようになった。今のままではダメなので結果を残さないといけない」, 「辰己くんに感謝の気持ちを言わせていただいた。全ての皆様に7番をつけさせてよかったと言ってもらえるよう頑張ります」, 「キャンプが終わったくらいに(10番台に)背番号を変えさせてくださいと言わせていただきました。やはり10番台というのは小さい頃から(の憧れ)ですし、プロに入ってからも憧れの番号だった。自分自身、ここ最近ずっといい成績を残せずにいたので、来年は背番号で野球をやるわけではないけど、心機一転というかガラリと変わる年にしたいと思っていた。一番は憧れが大きいと思う。(18に変更になり)びっくりです。(18は金銭トレードで楽天に移籍した涌井が今季背負ったエース番号)やっぱり涌井さんが付けていたというイメージ。背番号は前に誰が付けていたかは気になるので、そういう意味では尊敬する先輩が付けていたので追いつけ追い越せの気持ちでいきたい」, 「手術もして来年、背番号を変えさせていただき心機一転、頑張りたいと思います。これまでいろいろな素晴らしい人が付けていた番号ですので、その流れに乗って結果を出していけたらと思います。来年はチームの勝利に貢献できるように精いっぱい、頑張ります」, 「素晴らしい番号。他球団ではエースナンバーでもある。自分もエース級の活躍ができたら」, 「ずっと30をつけていたので、復活を求めて30に戻って来られた。モチベーションは上がっている」, 「新しくマリーンズにお世話になって、1年間頑張ってやってきたので、その結果として来季支配下選手として契約させてもらってうれしいです」, 「その番号(1月5日は亡き母明美さんの誕生日)を背負うことで、母に元気だったり、勇気を伝えられるかなとつけさせてもらった番号。それをそのままつけさせてもらえるのはありがたい」, 「気持ち新たに心機一転、頑張ります。明るく元気にアピールをしてチームの勝利に貢献できる選手になりたいです」, 「18年間にも渡り、田中賢介さんのユニホームだけに刻まれてきた背番号3。賢介さんがアメリカに行かれた2年間も、他の誰もつけることがなかったと聞いています。大変光栄です」, 「ネコ(金子)さんがオリックスのエース番号を作ってくれた。ネコさんみたいな成績を残したいです」, 「18番はかっこいいなと。(歴代の)山口和男さん、酒井勉さん、岸田護さんはすごいお世話になっている方々。山口スカウトは自分をプロに入れてくれた方。一緒の背番号をつけて、恩返しできるように活躍したい」, 「大学2、3年のときにつけていて、いいイメージがある。今年はキャリアハイの成績だったので、来年また新たな気持ちでやっていきたい」, 「やっぱり内海さんというと左のエースというイメージがすごく強い。しっかり自覚と責任をもって、恥じない成績を残すことが大切」, 「ファイターズのときに30番だった。個人としては30という番号が好き。(30番の印象は)身近だと宮国が入団したときからつけている。30といえば江川さんのイメージが強い。僕はストレートが軸の投手。ストレートで押していけるように、江川さんのような力強い真っすぐが投げられる投手を目指していきたい」, 「偉大な先輩方がつけてきたんで、その先輩方に少しでも追いついて、追い越せるように頑張っていきたいと思っています」, 「あこがれの先輩(ヤクルト坂口)の背番号を背負って、気持ちも新たにチームの優勝に少しでも貢献できるように頑張りたい」, 「そこまでこだわりはなかったんですけど、若くしてもらったので、責任を感じます。期待に応えられるように頑張りたいです」, 「支配下登録されることを最初の目標にしていたので、大変うれしく思います。本当のプロ野球選手としてスタートラインに立つことができたので、自分の持ち味をアピールして、1軍の舞台で活躍できるように頑張ります」, (C)2020,Nikkan Sports News. (1954年〜1955年), 坂本 木雄 西巻 賢二(にしまき けんじ、1999年4月22日 - )は、福島県会津若松市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。, 会津若松市立小金井小学校2年時から野球を始めると、4年時から小名浜少年野球教室、6年時には東北楽天ゴールデンイーグルスのジュニアチームに所属した。, 小学校を卒業した後に、宮城県仙台市の秀光中等教育学校へ進学。軟式野球部で3年時に全国制覇を達成した[2]。前期課程の3年間を修了した後に、系列校の仙台育英高校へ進学した。, 仙台育英高校では、1年時春からベンチ入りを果たすと、夏には2学年先輩の佐藤世那、平沢大河、郡司裕也などと共に第97回全国高等学校野球選手権大会で準優勝。途中出場ながら決勝まで全試合に出場し、秋田商業高校との準々決勝では成田翔、東海大相模高校との決勝では小笠原慎之介から安打を放った。1年時の秋から正遊撃手へ定着すると、2年時の秋から主将へ就任[2]、3年時には、第89回選抜高等学校野球大会と第99回全国高等学校野球選手権大会で甲子園球場に再び登場した。夏の選手権大会準々決勝で中村奨成擁する広陵高校に敗れた[3]が、大会後の2017 WBSC U-18ワールドカップに日本代表として出場。在学中は、甲子園球場の全国大会で春夏を通じて11試合に出場し、打率.304(23打数7安打)、1打点という成績を残した。, 2017年のNPBドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスから6巡目で指名。契約金2,000万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した[4]。背番号は67。, 2018年には、春季キャンプから一軍へ帯同すると、オープン戦11試合に出場。レギュラーシーズンの開幕は二軍で迎えたが、6月17日の対阪神タイガース戦(楽天生命パーク宮城)8回表から遊撃手として一軍公式戦にデビュー。後に1試合出場しただけで出場選手登録を抹消されたが、抹消後の7月12日のフレッシュオールスターゲーム(弘前市はるか夢球場)にイースタン・リーグ選抜の一員として途中から出場した[5]。藤田一也の故障に伴って、8月4日から一軍へ復帰。同月8日の対北海道日本ハムファイターズ戦(札幌ドーム)に「9番・二塁手」として初めてスタメンに起用されると、3回表に迎えた一軍公式戦初打席で村田透から安打を放った。楽天の高卒新人選手が一軍公式戦の初打席で安打を放った事例は、西巻が初めてである。さらに、茂木栄五郎も故障で戦線を離脱してからは、手薄な二遊間を埋めるべくスタメン出場の機会が増加。一時は、3割以上の打率を記録した。一軍公式戦には、通算で25試合に出場。シーズン終盤に打率を.247まで落としたものの、ドラフト会議での下位指名を経て高卒で入団した野手としては及第点の実績を残した。, 2019年には、春季キャンプのスタートを二軍で迎え、レギュラーシーズンの大半を二軍で過ごした。7月11日のフレッシュオールスターゲーム(楽天生命パーク)に、前年に続いて同リーグ選抜で途中から出場している[6]。一軍公式戦への出場はわずか2試合(1打席)のみにとどまったが、イースタン・リーグ公式戦にはチームトップの106試合に出場。リーグの規定打席へ到達し、打率.233、1本塁打、25打点を記録した[7]。打率はリーグ15位であったが、8月以降は打率.373を記録するなど存在感を放った[8]。シーズン中は大きな故障に見舞われず[9]、イースタン・リーグ公式戦でもチームトップの出場機会を得ていたが、秋季練習期間中の10月18日に球団から支配下選手契約の解除を通告された[10]。球団によれば「チーム編成上の措置」とのことで、育成選手としての再契約も打診されたため、通告の直後には「NPBの他球団から支配下登録選手として獲得する旨のオファーがなければ、育成選手として楽天に残留する」という意向を表明[11]。秋季練習への参加も続けていたが、11月13日から千葉ロッテマリーンズの秋季キャンプへ参加し、3日間の予定で入団テストに臨んだ[12]。, 2019年11月14日に、ロッテの入団テストに合格し、支配下登録選手として入団することが発表された。仙台育英高校時代の先輩である平沢とチームメイトになり、入団が決まった直後には、「テストに合格したことも、憧れの(平沢)大河さんとまた同じチームで野球ができることも嬉しい」とコメントした[13]。12月2日付でNPBから自由契約選手として公示され[14]、ロッテとの間で支配下選手契約を正式に締結した。背番号は68[15]。, 2020年の開幕は二軍で迎えたが、腰の張りで抹消されたブランドン・レアードに代わって8月5日に一軍に昇格した[16]。同日の対オリックス戦で代打として移籍後初出場を果たした。8月23日に登録抹消となったが、10月6日、一軍選手複数名が新型コロナウイルス陽性判定を受けて離脱したことにより、「感染拡大防止特例2020」の代替指名選手として一軍再昇格を果たした[17]。10月9日の福岡ソフトバンクホークス戦(福岡PayPayドーム)で9番・遊撃として移籍後初先発出場。起用に応え、第2打席でマット・ムーアからセンター前へ移籍後初安打を放った[18]。, 50メートル6秒1の俊足と安定した守備が武器の内野手[2]。高校時代は投手としても活躍した。, 2018年シーズン終盤の記事によると、静物画が得意だが、何もない所から頭でイメージして書くことは苦手。硬筆も得意であり、見たものを手本にそのまま書くことには大体向いている。ただ、得意なのはそれだけであったため、学生時代は美術の成績はそれほどよくなかった[19]。ルービックキューブを揃えられる[20]。, 【楽天】ドラフト6位西巻、海鮮料理店で入団基本合意 現在は1日300~500本振り込み, “U-18代表の西巻賢司(東北楽天)、甲子園3度出場の岡崎大輔(オリックス)も戦力外に【野球人生の岐路に立った甲子園球児たち】”, https://www.hb-nippon.com/news/36-hb-bsinfo/39007-bsinfo20191024003, “楽天西巻が戦力外に…高卒2年目“清宮・村上世代”の今 中日は全5選手が1軍経験”, https://full-count.jp/2019/10/20/post579056/, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910180000911.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911120000418.html, https://www.marines.co.jp/news/detail/00004979.html, https://www.marines.co.jp/news/detail/00005050.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/08/05/kiji/20200805s00001173269000c.html, https://www.nikkansports.com/baseball/news/202010060000331.html, https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/10/09/kiji/20201009s00001173323000c.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=西巻賢二&oldid=80114312, 初打点:2018年8月9日、対北海道日本ハムファイターズ16回戦(札幌ドーム)、8回表に.